湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

今日は湘南子どもフォーラム懇談会の月例会です/&雑感

2005-06-30 05:21:09 | 引きこもり
 「Cafeすばる」(藤沢)にお邪魔して、「懇談会通信ピックアップ」の見学記の取材を半分済ませてきました。半分というのは、今回は閉店後だったので、ランチの切り盛りの様子を拝見できるとのことで、再度お邪魔してから記事にしようという話なのです。

 しかし、考えぬいた運営・店の構造に感心しました。詳細は通信発行時までお預けということで。

 場所は467号線沿い。東京電力藤沢営業所から市役所方向に歩いてすぐです。OKのビルのそばの架橋の下あたり、「英那第一ビルの2F」にあります。お昼時、カレーやランチを食べに行ってみて下さい。順待ちのようですよ。

     -*-*-*-

 「湘南子どもネットワーク」の学習会のこと、「ああ、ここもか」という落胆の中で書きました。懇親会が会終了後にありましたが、こちらが本命ということなら、私の発言が的外れということになりますね。でもそれなら、はじめから懇親会でいいと思うんですが。

     -*-*-*-

 明日は「湘南子どもフォーラム懇談会」(偶然なのです、名前が似てますね。)です。時間帯が14時~16時/場所が藤沢市市民活動推進センターB会議室というわけなのですが、夏期企画、なんとかならないか思案中。プール遊びサポート無理かなあ。

 茅ヶ崎のコミセンの調理室、一度使いたいところ。可能なら親子夕食会をやれないかなと。料理得意派青年いないか…。闇が作れると面白いことが出来るんだが。今日の話はこれ、


《6月月例会》

日 時:6月30日(木)14時~16時
場 所:藤沢市市民活動推進センター・B会議室
主なテーマ:1)引きこもり領域の会(リロード・シンポ)に参加して
      2)夏期・秋期企画を煮詰めよう
         ・自閉症の子と横浜上郷・森の家に行こう
         ・全身を使った湘南鬼瓦のアートスクール
         ・糸電話楽器Stringraphy演奏会
      3)藤沢の関連団体との接点会合>見通し
      4)飛田の利用法を考える(月例研)<品定め
      5)多目的喫茶訪問レポート(?)
      6)おせんべいは焼けたか?
         >コミセン親子夕食会は可能か。
      7)茅ヶ崎養護学校の諸企画に応えられる
        呼びかけ体制を
      8)茅ヶ崎保健所の要請に答えられないか
      9)箱根彫刻の森高いけれど行きませんか?秋
     10)etc. <一番しんどかったりする。

--- 野次馬歓迎。


以上
コメント

わかるけどわからない話(ライフサイクルからみたAD/HD 学習会に参加して)

2005-06-30 02:59:18 | 引きこもり
 今日は「Cafeすばる」にお邪魔した後、湘南子どもネットワーク主催の「ライフサイクルからみたAD/HD」の学習会に行ってきました。(さて私の本職は何でしょう?笑。)茅ヶ崎市役所分庁舎6Fのコミュニティホール会場に130名を越える「関係者」が集まりました。講師は練馬光が丘病院精神科医長・NPOあではで神奈川理事大賀健太郎氏でした。

 対象が保育園・幼稚園・福祉施設・学校等こどもに関わる職種、俗に言う教育・療育関係者ということで当人の活動情報は期待していなかったものの、実践が多少とも反映しているかと思って参加したのですが、甘かったというのが感想です。

 AD/HD(注意欠陥/多動性障害)とはどういう症状かとか、大人の症状はどのような特徴が有るかというような紹介的な話題に終始しているのは、いただけません。腕組みして、正面向かないで横から話しているなんて、心閉じて話していますよね。またまたディズニーと坂本龍馬ですよね。

 LD学会が生まれ、各地に軽度発達障がいの関連活動が拡がってきたというここ10年来の活動のスタイルが、啓蒙活動からまるっきり変わっていないのは、何でなんでしょう?親御さんの活動がありますが、当人の声がほとんど聞こえてきませんし、親御さんの実践レポートが上がってこないのは、不思議でなりません。

 百歩さがって、支援活動に関わるものとして、日常活動でぶつかる様々な問題を、カンファレンスのような場で経験交流したいと思っていても、それはカウンセリング窓口のようなカウンセラーと親子のような関係の場しかなく部外者として弾かれたり、いざプロ・セミプロの講座のような場でも、指導者「養成」講座の形で高額でありかつ、教科書的な「知識伝授」であったりするということで、場がないのです。

 関係職の場合、守秘義務があります。今回の集まりもQ&Aの場面で、得体の知れないやり取りがありました。抽象的なぼかした質問に対し、情況がつかめないと講師側から質問の中身を確認しようと発言すると、質問者がなにやらもじもじしている。それは守秘義務に触れてくるので言えないという具合で、実は今までの会でもこういう場面はしょっちゅう出くわしています。これでは話になりません。「例えばこういうケースの場合,皆さんはどうされますか?」「またそれはどういう判断から行っていますか?」というようなケーススタディすら見たことがありません。

 啓蒙活動があり、その連続をもって活動とするのは食傷気味なのです。関係者にも親にも同じ話を聞かせる講師も何ですが、このディスコミを何とかならないのかと思って10年たってしまっています。変化しませんか、いい加減。

 …とまあ、この傾向、うんざり顔していたら、知り合いのTさん、私を捕まえて「ニキ・リンコさん講演会 in 座間」というチラシをくれました。12/4ふむふむ…2千円…行かない。高いよと文句言おうとしたら、もう姿が消えていました。Oさん、私の席近くにいらして、「何むくれてんだろ」と思っていたでしょう?質問がんばっていらしたけれど、SOAAの話が出てましたけれど、当人が患者の立場を踏み越えて動き出さなければ、ほんと不毛。そう思いませんか?守秘の霞の彼方、そっとつまみ食いにきて、私の不満は、さらり「受容」してしまうんでしょうか。ほんとわからないよね。

コメント

自学教材ヒント集に《落語を読む・聴いてみる》を載せました

2005-06-29 07:00:13 | フリースクール
--- 今回は《落語を読む・聴いてみる》。以下を覘いて「ヒント集」を見てください。また「書庫」に移したものもありますから、そちらもご覧下さい。

●自学教材ヒント集《落語を読む・聴いてみる》

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=tobipub2

理屈っぽい落語紹介ですが、要はコミュニケーションの輪の中に醸し出される香りを嗅ぎわけようというもの。ひとの「臭み」と、「ずらしの技(おとしどころ)」の話です。
コメント

昨日は子どもフォーラムの転機かも…

2005-06-29 05:22:24 | 引きこもり
 TOTOにおっさん3人がお邪魔。正面玄関警備室前にいる様は、地元住民の皆様の感じ。

 今回は提案団体の枠組みが出来ていないので非公式なもの。しかし、出るわ出るわ問題の数。対策を持ち帰ることで、それでも数歩前進なり。7月1日&6日の集まりに舞台は移動。

 帰りに藤沢・亀井野の療育センターに寄る。ともしびショップ アズ・ア・バード(センター店)の閉店時間に飛び込み取材。「懇談会ピックアップ」の記事にまとめたいので許可をお願いして、滑り込みセーフ。Kさんに育成会への取次ぎをお願いして帰ってきた。

 昨日は茅ヶ崎養護学校の夏期企画について、地域ボランティアさんたちと、親御さんの代表、養護学校関係教職員の方々の調整会だった。午後、養護の教員の方から電話が届いた。「湘南子どもフォーラム懇談会」が紹介され、今後の企画などの連絡がくるようになったとのこと。感謝。

 心身障がい領域との社会参画の連携を深めていくことを通じて、多様な活動への芽を作っていく。この話がやっと、先方が違和感なく話せるようになりました。しかし、ことは入れ物作りではなく、内実のこもった活動として押し上げていく道をどう開くかです。

 今回、プール遊びサポート企画には間に合いませんでしたが、やって当人にも開放感のある企画を作っていかなければと思っています。ともあれ昨日は、活動の実質が一段ステップアップしたように思います。

メモ:
 寒川に粒子の大きさ指定や、米の素材指定ができる上新粉製粉店を見つけた。醤油は選定済みなので、とりあえず盆に乗る6枚ほどを作ってみることにした。寒川には7月中旬、店に行ってみることにした。

コメント

今日は午後からTOTOドロノワ倶楽部にストリングラフィー演奏会の協力依頼をします

2005-06-28 05:07:56 | 引きこもり
茅ヶ崎サポセンのおっさん3人、さて結果やいかに。

話が終わったら善行をまわります。詳細は夜に。

コメント

煎餅の作り方資料を集めています で お願い…

2005-06-28 05:03:38 | フリースクール
「煎餅の作り方」の資料をあたっています。

なんとも少ない。製菓関連の雑誌やお料理コラムなどに織り込まれているんでしょうが寂しい限りです。

国立国会図書館の Webcat Plus を使ってみても市販のものは、

●「老舗煎餅 : 創業百年以上」
●「田子作帖?塩せんべい味な出会い」
●「親子でつくろう!簡単おやつBOOK」

の3点が出てくるだけです。このうち「老舗煎餅 : 創業百年以上」は、老舗店舗と煎餅紹介だけで「作り方」は出てきません。

 「田子作帖?塩せんべい味な出会い」は、

MBC21千葉南支局;東京経済〔発売〕, 1992.7.11刊。

 長島百里さんの自伝的な経営譚で、レシピがあるようには見えません。地域図書館にも置いていないものでした。

 そして最後の「親子でつくろう!簡単おやつBOOK」だけが辻堂図書館にありました。家庭料理レシピ集のおやつ作りのひとつに取り上げられているだけです。

 この他には、公的な資料集が2点あります。ただレシピは含まれていないと思われます。

●「草加せんべい : 味と歴史」草加市史編さん委員会編
●「東海道神奈川宿名物亀の甲せんべい資料集」横浜市神奈川図書館編

 これらは地域の産業の歴史の記録に主眼があるので、目次を見る限り、製造法は入っていないようです。

 食品学・栄養学・食品文化学あたりから出てこないかと検索を繰り返しますが、2チャンネルのグルメ薀蓄にみやげ物紹介が見受けられる程度です。

 八戸の「せんべい汁」はヒントとして面白いのですが、これもレシピではないという具合です。

 この中で草加煎餅の


●志免屋HP 製造工程
http://www.shimeya.com/make.html

は貴重です。

Kさんから教えていただいた

●創作せんべい「富士見堂」(東京都葛飾区青戸)HP
http://www.fujimidou.com/index.html

こちらは「掲示板」があって、質問しやすそうです。


 先に書いた市販書籍「親子でつくろう!簡単おやつBOOK」の詳細は


イー・マザーズ・ネット著 -- メイツ出版, 2002.2刊
ISBN: 4895774317

藤沢市民図書館辻堂図書館
-----------------------------
資料ID 所蔵館 禁帯 請求記号
2002269922 辻堂館   596.6


結局煎餅屋さんを捕まえるのが早道のようです。あとはこつこつ材料と対話していく道です。

情報があったらぜひ、ご紹介ください。

>  tobita@@mbm.nifty.com (@をひとつ取ってください。)
コメント

夏期予定の訂正です

2005-06-27 05:48:59 | 引きこもり
主催団体が逆になっていました。

【訂正】

        (誤)           (正)
上郷・森の家 ドーナツの会      茅ヶ崎・寒川やまびこ
湘南鬼瓦   茅ヶ崎・寒川やまびこ    ドーナツの会

Uさん、すみませんでした。

コメント

県自閉症児・者親の会連合会の講演会に行ってきました

2005-06-27 05:34:37 | 引きこもり
 昨日は、県自閉症児・者親の会連合会主催の「改革のグランドデザイン・障害者自立支援法を考える」に行ってきました。私にとっては軽度発達障害の子たちとの細々と続いている通信塾やSOFとの関わりをあれこれ考えながら、見通しを立てていく上でかなり刺激的な話だったのですが、自分の今の立場からすると手足を縛られた状態で眺めているような感じがつきまといました。ま、口が有るわなとうそぶいてみたもののというところです。

 行きがけの海老名駅で茅ヶ崎市議の大関さんと会いました。長文コメントを頂戴し、応答が出来ていない非礼を詫びつつ、応答の語りの熱っぽさに気おされて会場に入りました。小ホール半分弱ぐらいの参加者。しかし雰囲気はお互いよく知った方ばかりという独特のムード。親の会ではよくあるのですが。

 講師の室津 滋樹氏、大幅遅刻でも慌てずのムード。(主催者は裏でかなり焦っていたそうな。)遅刻詫びのリップサービスもなく、自立支援法の解説に突入という実のある語り。案の定後半は時間切れでしたが、要点はかなり鮮明になりました。事例に則し矛盾を明らかにしていく話法でした。大きな構造を見失いがちになる方法なのにさじ加減は丁度、場慣れしているなというところでした。

 軽度発達障害が公的サービスのエア・ポケットに陥りそうな事例を聴いてきました。私の視点が当事者のまなびと社会参画に向いているので、生活からの視点は刺激的だったのです。しかし、この話は、引きこもり・ニートのような領域と接点はありつつも、はみだした領域は抱えきれない歯がゆさもあります。

 尻切れトンボで終わった会でしたが、なかなか。

 帰りに海老名サンマルクのパンを買いながら、娘さんたちのパンつくり実演を眺めて帰ってきました。品質が安定しているのは材料の選択、練りと寝かせの基礎作業、焼きの工程管理によるものが多そうだなと、ちょっと実演者の方には失礼な眼差しを向けていたのでした。あ、こんな若い子と、これから製菓の実習やるんだなどという不埒な考えは持っていませんよと蛇足、本当かな。
コメント   トラックバック (1)

横須賀猿島企画は、申請が間に合いませんでした/大関さん!

2005-06-26 05:23:17 | 引きこもり
移動はマイクロバスが不可欠なのですが、バス利用申請期限が間に合いませんでした。
このバス、前回は24人乗り、いっぱいの状態でした。

このため企画を変更し、「横浜・上郷森の家」に行くことにしようと思います。「ドーナツの会」の企画に参加します。

-----

大関さん、力の入ったコメントありがとうございます。

コメントへの応答、そして「スペアちがさき」掲示板のご質問応答等は、少々お待ちください。
では。
コメント

藤沢の柳谷さんの喫茶を、ご存知ありませんか?

2005-06-26 04:10:26 | 引きこもり
昨日は二箇所のボラ喫茶をまわってきました。

ひとつは、藤沢の県合同庁舎のそばにあるという、精神障がい領域の活動をされている柳谷さんの喫茶。こちらを人づてに聞き、それではと周辺を巡回してみたのですが、見つからないということがありました。そこで藤沢市市民活動推進センターに情報がないか問い合わせ、石上駅の近くにリサイクルショップがあるとの情報を得ました。

いざ石上に行ってみるとこちらも…ない。液の近くという以外電話番号も住所もわからないので、出会った80代前半位の男性に「リサイクルショップやボランティア喫茶はないか」を質問。「リサイクル」の意味が通じないで話がどんどんずれてしまうので無念、パス。その後の通行人3人とも知らないという話。結局話の出所の方を良く知っている方に電話して、喫茶とのつながりはわからないが住所が近い、全然商売が違う看板製作ボラ関係の「すばる工房」を教えてもらい、この工房で情報を得ようとしました。ところが土曜日休業ということらしく、事務所と車を発見したものの、電話番号の記載もなく、空振りしました。

もうひとつは藤沢亀井野の療育センター内の「アズ・ア・バード」。こちらは土曜日午前中は、やっているとの情報で、行ってみたらお休み。警備の方とおしゃべりして帰ってきたという次第。電話確認しない甘さが災いという次第。

六会に出て、町田からトラブルのあった子の家にお邪魔。これはすでに冷戦状態で解決(?)済みということであっさり終わり、ともあれ経過を当人からききつつ、様子をつかんできました。こちらは生業。

というわけで、全く空転の一日でした。

コメント

PCの故障はノートンユーティリティの保護者機能ファイルが壊れたためでした

2005-06-26 03:49:20 | 引きこもり
空白が出来てすみません。

急に接続しているのに、PCからすべてのサイトへのアクセスが出来なくなり、焦りました。再起動かけても直らないので、冷や汗をかきました。もしやと思い、ノートンの更新をしたら復活しました。担当している不登校の子の父親との喧嘩(類似新聞記事がきっかけ)収拾とタイミングが重なり、更に今日作業所喫茶巡回のトラブルと重なりと、昨日は「悪魔のまばたき」があったかのようでした。

空白、重ねてお詫びします。

コメント

メインテナンスに阻まれて

2005-06-25 04:54:47 | 不登校
PCが4時からメインテナンスで、まだアクセ出来ません。
今、携帯から書き込んでいます。昼間外から
記事を書きます、すみせん。

コメント

夏期企画:横浜上郷森の家に行こう/湘南鬼瓦アートスクール・ボラしませんか

2005-06-24 06:19:23 | 引きこもり
(懇談会通信ピックアップ 番外号の記事です。)


★★上郷・森の家の一日をサポートしてもらえませんか★★
(主催:茅ヶ崎・寒川やまびこ 支援:湘南子どもフォーラム懇談会)

 「湘南子どもフォーラム懇談会」から
      引きこもり経験者へのお願いです。


まだ詳細が決まっていないのですが、8月24日(水)に自閉症の子と横浜の「上郷・森の家」に行きます。一日、遊びと食事のサポートをしてもらえませんか。(主催:ドーナツの会 詳細7月号)

前回、相模湖に遊びに行ったときは、市のマイクロバスで移動しました。今回もそうなると思います。JR茅ヶ崎駅からの往復交通費を保証しますが、金欠団体なのでバイトという形は出来ません。人数数名。自閉症の子は、年齢が小学生~高校生です。親子参加の形です。


 ///打ち合わせ///               
日時:6月30日(木)14時~16時 
場所:藤沢市市民活動推進センター・B会議室
会場TEL:0466 (54) 4510


ここで懇談会の月例会をやります。参加してもいいかなという人は、ここにきてください。日取りの確認をしたいのです。

「上郷・森の家」にいく行事は、初めてではないでしょうから細かい様子は省略しますが、JR大船駅から8番の神奈中バスに乗って「源氏ケ丘」で降ります。バスで20分位です。

集合場所は茅ヶ崎市役所駐車場か、JR大船駅になると思います。これも相談しましょう。


●横浜市民ふれあいの里 上郷・森の家
http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/ygf/morinoie.html


☆上郷・森の家☆
〒247-0013 横浜市栄区上郷町1499-1
電話 045(895)5151
受付時間 午前9時から午後5時まで


--------- 2面へ -------------

★ ★湘南鬼瓦の屋上でお絵かき教室を手伝いませんか★★
(主催:ドーナツの会 支援:湘南子どもフォーラム懇談会)


予定は8月6日(土)10~12時。茅ヶ崎甘沼の「湘南鬼瓦」にて。6月30日に話し合いましょう。

自閉症児・ダウン症児たちと絵を描きます。ボディペインティングなどかなり過激で楽しめます。

当日茅ヶ崎駅からマイクロバスが出ます。完全にボランティア。

連絡先は飛田まで。
------------------------------
e-mail: tobita@@mbm.nifty.com <<<"@"をひとつ取るべし。
------------------------------

(資料)

知的障害者更正通所施設[湘南鬼瓦]
身体障害者デイサービス事業[湘南鬼瓦]


〒253-0004 茅ヶ崎市甘沼123-2 TEL0467-52-1005  FAX0467-54-0731
JR茅ヶ崎駅北口より神奈中バス(①乗場)、
湘南台駅行又は文教大行又は湘南ライフタウン行、殿山公園前下車徒歩5分

(補足) プールサポート・ボランティアは、今年は間に合いませんでした。
    来年は是非と茅ヶ崎養護学校の先生に迫ってきました。何とも恐ろしい話です。
コメント

懇談会通信No.005配布/子どもサポートあねもねの陶芸WSが市助成金審査をクリア

2005-06-23 06:23:57 | 引きこもり
 子どもサポートあねもねの「ドロノワ倶楽部あねもねWS」が、市の助成金審査をクリアして助成金をいただくことになった。団体会員のひとりとして嬉しく思う。少しづつ湘南の活動の社会認知が根付いていくのがわかる。ただここにも選考委員会方式と、市民投票方式があるので、どんなものかという議論があるのだという。厄介なものだなと思う。

 糸電話楽器ストリングラフィーの演奏会を実現するために月末、担当者がTOTO担当者と話し合うことになった。7月の初めにも実行委が組まれ正式の活動がスタートする。

 茅ヶ崎保健所は、ニート・引きこもり領域に動きを始める模様。出来る限り協力していこうと思っている。

「懇談会通信No.005」をまだ配布していなかったところに配布。

茅ヶ崎市社会福祉協議会
県立茅ヶ崎保健所
藤沢市ボランティアセンター

手渡しで
ヒューマンスタジオ
ドロノワ倶楽部あねもね陶芸WS

しかし回収する部数の多いこと!今回、実効部数10部位か?


コメント

自学教材ヒント集に《盲導犬訓練士の仕事》を載せました

2005-06-23 05:51:41 | フリースクール
--- 今回は《盲導犬訓練士の仕事》。以下を覘いて「ヒント集」を見てください。また「書庫」に移したものもありますから、そちらもご覧下さい。

●自学教材ヒント集《盲導犬訓練士の仕事》

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=tobipub2

 私の知り合いは海老名でパピーウォーカーというボランティアをしています。生まれたばかりの盲導犬候補の仔犬を育てて、1年後訓練所に引き渡す仕事です。その間に盲導犬として訓練することが適任かどうかを見極めていきます。

 そして盲導犬訓練士に引き渡すのですが、こちらも情がうつってしまうために、別れの辛さをかみしめなければならない大変な仕事です。視覚障がい者の方とお見合いする前に、数多くの人たちの仕事が背景に流れているのです。その背景の重要な役割を行う人が「盲導犬訓練士」なのです。

 今回の紹介は、明日まで藤沢市民図書館が特別整理期間のため、在庫をチェックすることが出来ません。そこで他館を含め、後日校正をかけて追加することにしました。よろしくお願いします。

コメント   トラックバック (1)