”朝吼夕嘆・晴走雨読”

「美ら島沖縄大使」「WeeklyBook&Reviews」「マラソン挑戦」

「アメラジアン・スクール訪問」

2018年11月19日 | 「美ら島沖縄大使」便り

   
 先月、高校同窓会出席で沖縄に行った際、野入琉大教授の案内で宜野湾市人材育成交流センターにあるアメラジアン・スクールを訪問しました。切っ掛けは先日の日本女子大での野入教授の講演。アメラジアンとは主に在沖米軍属父親と沖縄女性の間に生まれた子供達で、通常の県内学校では言葉の不自由や様々な差別を受け、この学校に転人したのが大半とのこと。
 この日、多色様々ながら、皆さん、キラキラした眼で、英語、日本語を喋り,屈託なく近づいて来る教室の子供達を見ていると、米軍占領駐留の負の結果現象というより、多彩なルーツを持つ両親の視線を背負いつつ、来世紀と言わず、近々沖縄、日本をアメリカ、アジア、世界への津梁、橋頭堡の築き手、担い手を感じました。その予兆は今日本の芸能一線で活躍するアメラジアンルーツを持つ沖縄出身の多くのタレントの活躍です。現にこのスクールの卒業生の多くが、県立高校、本土の大学に進学していると言う。もう一つ、ビックリしたことはこの宜野湾市人材育成交流センターの敷地購入資金は沖縄にサミット開催を敢行したあの小渕恵三元首相が配慮したとのこと。改めて早大先輩・小渕氏の沖縄への思い遣りを感じました。
 さらに、京都出身ながら、沖縄移民、WUB、アメラジアンスクークル、ボランティア活動と幅広い“移動社会学”研究の野入教授の好奇・学究心には感嘆です。

コメント

「埼玉稲門総会に参加しました」

2018年11月15日 | 「美ら島沖縄大使」便り

 11月10日、「浦和ロイアル・パインズホテル」で開催された早稲田大学同窓の「埼玉稲門会」に参加しましたが、先日第17代総長に就任した田中愛治早大総長に上田埼玉県知事、清水浦和市長と錚々たるメンバー以下360余名の参加者でしたが、残念ながら近隣在住の浦和一女出身の私のクラス同期は何時もながら見当たらず寂々!会場には弁護士、会計、社会保険等の士業、不動産社長はじめ地元の「りそな銀行」や「武蔵野銀行」在職の卒業メンバーがグループ参加、改めて稲門同窓の地元での活躍を確認しました。隣席のメンバーと交流しましたが、皆さん、長崎、福岡、東北と地方出身の埼玉移住者でしたが、私以外沖縄、奄美出身者は見つからず(´Δ`;)

          (挨拶する田中総長)

コメント

「“郵政民営化、徹底反対”稲村公望さんの出版記念会」

2018年11月03日 | 「美ら島沖縄大使」便り


  四ツ谷の「主婦会館」で開催された稲村公望さんの続・「黒潮文明論」出版パーティ“公望さんを囲む会”に参加しました。徳之島・天城町出身の稲村さんは鹿児島ラサール高校から東大法学部に入学し、郵政事業庁次長を歴任した我が故郷奄美を代表する霞ヶ関エリート官僚。沖縄郵政事務所長赴任時は当時の中央官僚の懸念・反対を押し切って沖縄にNTTコール・センターを誘致、後の“コール・センター沖縄”の先駆けを築いた沖縄県最大の功労者。
 2001年、「WUB世界大会IN沖縄」会長を拝命した私は当時総務省政策統括官を務める稲村さんを霞ヶ関の郵政本省に訪ね、パネラーをご依頼し、後日、拙書「おきなわ就活塾」の出版パーティでは祝辞を頂く等数々の恩義があります。
 後に小泉・竹中の郵政民生化に徹底反対し、郵政官僚を離れ、日立総研や大学講師を務められます。私は氏の初刊「黒潮文明論」や「郵政マナーは何処に行った」等の著書を拝読しましたが、この日購入の続編にも挑戦の積り。100人を超すこの日の参加者、発起人代表の田中東京奄美会長や英顧問の稲村氏著述書の内容に触れる濃密・精細な祝辞メッセージには感嘆でした。  
              (公望さんご夫妻と!)~秋元さん撮影

 

コメント

「いとこ20名、和歌山で集う!」

2018年10月31日 | 「美ら島沖縄大使」便り

  
 
奄美大島・瀬戸内町須子茂出身の私達従姉妹兄弟は2年に一度「いとこ会」に集います。今年は和歌山の日本遺産“和歌の浦”で1泊二日集いました。いとこと言っても孫達を含めこの日の参加者は20名。因みにこの参加の叔父夫妻を除き、いとこ中私が2番目の老齢。
 私の母親の兄弟姉妹は6人ですが埼玉で逝去した母を除き全ての叔父伯母は関西在住でこの日参加のメンバーも私以外全て関西在住。この日は6人の母のきょうだい中末っ子でただ一人生存の87歳叔父も参加。“おう!タツヤか!元気か”との健在に歓喜。いとことっても京大卒の建築士やニュ-ジランド出身の婿と成婚デザイナーと次世代孫たちは多士済々。「いとこ」同士ならではの貴重な異世代交流でした。z        (             前列真ん中・最長老85歳・元気な徳子姉さん)

コメント (1)

「同期会・同窓会と重なり、疲労困憊(´Δ`;)」

2018年10月30日 | 「美ら島沖縄大使」便り

                                                            (宮里会長のご挨拶)
 
 10 月は箱根(IT/SP会)、和歌山(従姉妹会)と東西奔走でしたが、先週は那覇高12期同窓会参加で久々の沖縄、帰京の翌々日は神保町「教育会館」で関東城丘(那覇高)同窓会とスケジュール錯綜でヘトヘト!
 「ビルトイン那覇」(旧グランドキャッスル)で開催されて12期同期会には東京から8名、ハワイから一人の合計108名が集いました。あろうことか突然開会乾杯の音頭指名を受けシドロモドロでした。東京での同窓会は60名を超える参加者、沖縄からは宮里新会長が上京、参加されました。幹事の皆様、御苦労様でした 
           (何時もの通り”世紀の嵐吹きすさみ”校歌斉唱!)

コメント

「余り人」大塚、本郷三丁目に集う!

2018年10月29日 | 「美ら島沖縄大使」便り

            
 3カ月に一回集その名も”余り人”ならぬ「余人会」。前回は沖縄ツアーでしたが今回は大塚駅前と本郷三丁目。本郷三丁目は赤門近く、気が付けば、6人のメンバー中、二人は東大出身。そう言えば私も早大卒業後、琉球新報東京支社に勤めつつ本郷の「東大新聞研」に通いましたが、一カ月で退学(´Δ`;)このメンバーは私がBCONシステム、CIJ社、WUB東京大会、奄美IT懇話会、IT協と様々な機会で出会った人々で、現役の若手女性お一人以外は皆さんリタイヤ(余り人)ながら、それぞれ何がしの社会活動中。メンバー相互も様々な機会で錯綜の誼。異業種交流ながら共通するのはIT世界です。まとめ役はCIJ副社長、情神協副会長、神奈川工科大、早大客員教授、横浜教育委員、女性キャリア研究会長と多彩な経歴の野木さん。

コメント

「早大・西洋史クラス有志集う」

2018年10月27日 | 「美ら島沖縄大使」便り


  毎年、三鷹の「武蔵野芸能劇場」で開催される【ドリーム写真展】に行ってきました。実はこれ、早大西洋史のクラスメイト辻谷君の出展・案内。
 老齢を迎えた高校、大学の同期にはゴルフ、写真、登山、ランニング、釣り、囲碁、町内会、郷友会、day tradingとそれぞれ様々なリタイヤ形態。
 私は毎日神田オフィスに通い、ネット囲碁満喫しつつ、これまで培った金脈ならぬ人脈堪能?の日々です。我が同期・辻谷君の毎年の写真展で西洋史クラスメイトが集うけど、よく見ると私以外は皆JR中央線沿いの居住、職歴も皆文学部出身相応しい教職・編集OB。久々の懇親、クラス唯一人の沖縄出身、企業創業の我と我が身の異端を改めて実感したひと時でした。

コメント

「琉大・東京同窓会で感じたこと」

2018年10月23日 | 「美ら島沖縄大使」便り

 


 

 


 (前列左から幸喜同窓会長・渡久山名誉博士・大城学長・高山支部長)
        ~山川夏子・沖縄グラフ編集員撮影~

10月20日、神保町の喜楽会館で開催されて琉球大学東京支部総会に行って来ました。この日は大城肇学長、幸喜同窓会長等が上京参加されました。大城学長は八重山竹富村・鳩間島と初の先島出身学長。そう言えば琉球新報社の玻名城社長も沖縄タイムスの武富社長も共に先島出身。今や、先島が沖縄をリードの時代か!いや、それに止まらず、アジアへの橋頭堡・沖縄の兆候を感じました(^○^)。この日は琉球大学から名誉博士号を授与したこれまた八重山出身の元日教組書記の渡久山元東京沖縄県人会長の「日本教育」に関する講演をありました。
 ところで、「琉大一年で退学した重田が何故、同窓会顧問?」と聞かれたことがありますが、「う~ん!その一つの理由は創業した㈱日本アドバンスシステムで延40人近い琉大卒業生を採用した所為かなあ!」

コメント

「ヤツホウ!OB社員来訪!」

2018年10月22日 | 「千客万来」

 先日我が創業の㈱日本アドバンスシステムに営業担当として10年間勤務した飯田君が久々に神田事務所に訪ねて来ました。我社を退職後、自宅で一人NETビジネスを立上げ、年商1千万以上を達成、この度、熱海に自宅を建設、移住するとのこと。多士済々なNASOB!いやはや、恐れ入りの介!おめでとう!飯田君!間違っていたら訂正します。忌憚なくご指摘を!

コメント (1)

「箱根でのIT経営OB懇親」

2018年10月20日 | 「美ら島沖縄大使」便り

 IT    

 東京で創業、経営TOPを退職したIT業界有志で形成するIT/SP会は4カ月に1度集いますが、この日は東海道線・小田原で乗り換え、箱根登山鉄道「彫刻の森にあるTJK保養ホテルでの合宿懇親会。参加メンバー平均年齢は75歳?何時もの通り、ゴルフと罹病交流談議に花咲きました(^○^)

コメント

「懐かしの丸ビルで会食」

2018年10月18日 | 「美ら島沖縄大使」便り

  先日、恐縮ながら“NISSAY Presents  Special Dinner Event”の招待を受け,東京八重洲口の丸ビル35階の“リストランテ・ヒロで会食接遇を受けました。東京駅八重洲口と言えば、大学卒業後、僅か一年ながら通勤した懐かしい思い出の街。
 実は当時、この八重洲口「東京ビル」にあった琉球新報・東京支社に就職、1年間務めました。後に徳島大学教授に就任する安謝中、那覇高校同期の津嘉山君が、当時徳島から上京、このビルに訪ねて来て“辰弥!凄いところに勤めているな!”と言われたのを覚えています。そんな新報東京支社を辞めた理由は、沖縄本社への転勤を断ったためでした。そんな思い出の東京八重洲口の高層丸ビルから東京駅を眺望した一夜でした。同席したのは合併会社に唯一人在職していた琉球大出身のOB社友システム・エンジニアの新垣さんでした。貴重な宴席お招き頂いた酒井さん、有難うございました。

コメント

憧憬のポンジョで野入琉大教授の講演拝聴、!

2018年10月15日 | 「美ら島沖縄大使」便り

                           
                      (日本女子大・目白キャンパスで講師の野入琉大教授と)
 私の在学した早稲田大学ではクラブ活動等が近隣の目白ポンジョ(日本女子大)“と様々な交流があり、その縁でポンジョ(日本女子大)と成婚したカップルも結構いました。我が家に近い与野本町でギャラ「南風」http://gallery-minakaze.sakura.ne.jp/index.htmlを営む高校後輩の山田さんもポンジョ出身で、何と主人は早大同窓。まあ、そんな憧れのポンジョに一度は”行けたら!と思っていたら、卒業55年目?の先日、遂にその憧憬のポンジョ目白キャンパスを訪ねる幸運に出会いました。それが何と沖縄でアメラジアン・スク-ルhttp://amerasianschoolokinawa.org/)ボランティア活動をする知友の野入琉大教授の講演拝聴チャンス!
 AamerAsianとは米国・アジアの“合いの子“。沖縄では毎年300人近いアメラジアンが誕生しているとのこと。その殆どがアメリカ父親と沖縄母親との間に生まれた子。因みに本土(沖縄以外の日本)でのアメラジアンは日本人父親とアジア出身母親の間に生まれた子が多いとのこと。その状況や背景等を様々な角度から分析、講演したのが野入直美琉大教授。このセミナーは「平和を求める日本女子大学有志の会」主催で高橋順子日本女子大・早大琉球・沖縄研究員の斡旋紹介でした。重々謝々

           

コメント

私の履歴書⑦~「私の経営スタイルの功罪」

2018年10月04日 | 「私の履歴書」

 
           (平成4年・創業14年目の社員旅行~秩父長瀞温泉だったか?)
             前列左4人目が42歳?の小生

 先の述べたような厳しい鉄則を強いられる一部上場の社長勤続が平均10年以下ということが改めて分かりました。勿論、経営は株主重視の上場だけが全てではなく、様々なスタイルがあります。ある時、合併会社の監査役から、「重田さんの会社、なんであれ程社員を甘やかしていたのですか!」と言われ、経営者としての自分の甘さを痛感させられました。合併した他の会社と比較して社員旅行以外に創業10毎の記念年パーティ集いや幹部社員の半数近くを占める30組以上の社内結婚の“社内融和、和気藹々?”の社内カルチャーは予想外で、多くの同業OB社長から、そんな経験は少ないと言われました。
 会社経営は悲喜交々ですが、経営の継承、M&A等を考えておられる経営者の方々に私の拙いこうした経験が何がしお役立てばと、拙い経験の披瀝でした。

コメント

「オペラ・琉舞、異彩の赤嶺姉妹来訪!」

2018年10月01日 | 「千客万来」

 

 音大・オペラ科卒業ながら、沖縄タイムス社では琉舞最高賞を受賞し、東京、沖縄に限らず、ブルガリア、台湾、ハワイ、カナダと広く海外でも活躍する琉舞、オペラ併演の異彩パフォーマンサー・赤嶺姉妹)が来所されました。
 それと言うのは私も故人の友人として出演した昭和63年RBC(琉球放送)で製作、放映された「粟国安彦氏追悼」番組ビデオを観るため。故粟国君は赤嶺姉が卒業した昭和音大卒の大先輩・伝説の初の沖縄出身オペラ演出家。
 赤嶺姉妹さんの演舞は「三つ星会」(オリオンビールフアン会)等、在京のイベントで何度かお会いしましたが、ある時姉妹さんから「母が重田さんのこと、知っていますよ」と言われ、ビックリしました。

 実は姉妹のお母さんは私が㈱日本アドバンスシステムを創業したころ、社員採用の為、何度は訪問した沖縄の専門学校の経営・担当の方でした。それが縁で先日、数十年ぶりにお母様とお会いし、奇縁奇遇に驚きました。
 ご姉妹のHP(https://www.akaminesisters.com)御覧ください。

コメント

「加計呂麻会で出会った芝の多彩な人脈」

2018年09月25日 | 「美ら島沖縄大使」便り

 23
 
先日・秋分の日、大田区の「徳持会館」で開催された関東加計呂麻会に参加しました。与野駅から1時間半の蒲田で東急池上線に乗り換え二つ目の池上の遠路、どうしようかと迷いましたが、会場での奇遇、遭遇にやっぱり「場所には行け!人には会え!」の我と我が身激励の信条スローガンを得心?しました。
 正面に座わられた東京芸大院のご子息を持つ妙齢の女性から「重田さん、10年前からBLOG読んでいますよ!すっかり元気になられましたね!」と声を掛けられビックリしましたが、その傍の男性は何と私と同じ満州生まれの上に学部は違うものの早大同年在学の奇遇に盛り上がりました。加計呂麻島には30数村がありますが、我が故郷・須子茂出身の出席者は私一人に対して彼の女性と男姓は共にロシア文学で著名な昇 曙夢出自の芝村出身。この日も大学教授、郵政お役人等々と10人近い出席者。改めて芝の多彩な人脈を感じました。

コメント

朝吼夕嘆

http://blog.goo.ne.jp/admin/showimagedetail/?iid=6d292ae01e91fce8c4f000e010f17835&type=1&return=%2Fadmin%2Fimgmanage%2F%3Flimit%3D12%26type%3D1%26order%3Ddesc%26did%3D%26window%3Doff%26img_year%3D0%26img_month%3D0%26offset%3D12