”朝吼夕嘆・晴走雨読”

「美ら島沖縄大使」「WeeklyBook&Reviews」「マラソン挑戦」

「余人会で沖縄ツアー」

2017年01月26日 | 「美ら島沖縄大使」便り

          
                          (首里城にて)~野木秀子さん撮影
 数年前からIT関連企業経営リタイヤOBメンバー4人が3カ月に一度の交流懇親をしていましたが、参加メンバーが少し増えたことで名称を「余人会」と改称。今回は初の旅行ツアー、それも沖縄。参加メンバーはIT企業役員、新聞記者OB、現役社長、大学非常勤講師と顔触れ多彩。
 5人乗車のレンターカーツアープログラム、訪問先は「百名伽藍」「平和祈念堂」「四つ竹・久米店」「対馬丸記念館」「プラザハウス」「イオンモール」「美ら海水族館」「古宇利大橋」から「伊江御殿墓」に「浦添御殿」、最後が「首里城」「国際通り」と沖縄南部豊見城から北部今帰仁と目くるめく2泊3日、久々の沖縄歴史、文化ツアーでした。
 ビックリしたのは「伊江御殿墓」が今回の沖縄ツアー提案の中島洋さんの御母堂の祖先に、何と
「浦添御殿」は奥様の祖先と琉球名家の二重。
  印象深かったのは「美ら海水族館」「首里城」「モノレール」「国際通り」全て中国語顧客で満席。改めてアジア観光拠点としての沖縄を感じました。

        
         (海洋博公園・美ら海水族館)
         
         (浦添御嶽墓)~全ての野木秀子さん撮影

コメント (2)

「退院後初のマラソン?阿保か!」

2017年01月20日 | 「美ら島沖縄大使」便り

                             
 去った10月、癌手術の退院後3年振りに北千住・荒川河川敷を走るバリヤーフリーの第45回「タートルハーフマラソン」に挑戦しました。このタートルマラソンには過去何回か挑戦し、いずれも3時間内での完走でしたが、流石に脚根リンパ切除の影響もあり、完走と言うもののタイムは3時間15分、順位は最後尾近い5103位でした。それでも、タートル(亀足)の名の通り、超スローレースながら給水地点以外はとにかく走り続けました。しかし、その後遺症か3か月の現在、左脚前表部がズキン、ズキンと痺れ、一瞬「俺はバカか!」かと。
 もともと運動能力にコンプレックス強かった自分を克服するために50歳過ぎてマラソンに挑戦し、那覇マラソンにも9回挑戦完走し、このBLOG名「朝走雨読」もそこから由来しています。今回の直腸癌発見も、そのマラソンマインドが切っ掛けでしたが、それは次回に!

コメント (12)

 「県功労賞」とは?

2017年01月19日 | 「美ら島沖縄大使」便り

                     
 沖縄県は地方自治、教育、文化、学術、芸能・工芸、スポーツ、社会福祉、産業、観光、農林水産、地域振興、平和・人権、一般篤行等々16部門での貢献を対象に毎年10名前後を表彰していますが、県外居住受賞者は2,3年に1人のようです。
 昭和40年代から始め、これまで454名が受賞していますが、県外受賞者は東京、関西とそれぞれ県人会長が4名、合計8名のようですが、私のような経営者協会の受賞は初めての様です。
 因みに、これまでの東京の受賞者は神山政良初代会長、NHK理事・昭和女子大副学長歴任の川平朝清氏、税務署査察官から会計事務所長歴任の仲田清祐氏、日教組・書記長経歴の渡久山長輝氏の歴代4人の東京沖縄県人会長です。
 私の場合は関東沖縄経営者協会、WUB東京初代会長他30年に亘るIT会社・日本アドバンスシステムの創業経営で県内若年者を延300人近く採用との”雇用と人材育成”を評価頂いたようです。繰り返しになりますが、これはそれぞれの組織の方々や会社を支えてくれた社員の皆さんのサポート、支援があったればこそと改めて御礼申し上げます。
 昨年の11月3日・文化の日の知事による表彰・祝賀の1カ月後12月5日、沖縄県経済31団体による経済関係貢献者の祝賀会では会場のホテルナハテラスの国場社長から花輪を展示頂いたのは恐縮の至りです。この会場は10年前、出版記念パーティを開催頂いた思い出の場所!重ね重ねのご厚意、本当に有難うございました。

コメント

 新年のご挨拶。

2017年01月02日 | 「美ら島沖縄大使」便り

                

 ステージ4の直腸癌、入院治療2か月、身体障害4級になったものの何とか手術後4年目の新年を迎えることが出来ましたこと、ワイフはじめ皆様の激励とサポートのお蔭と感謝申し上げます。その上、昨年は沖縄県より恐縮ながら「一般篤行功労賞」を頂き、多くの皆様からお祝辞を頂き誠に有難うございました。
 「一般篤行功労って何?」とよく聞かれますが、これはこの後、ご説明させて頂きます。
 余命、後輩と郷土の為いくばくお役に立てばと、今年は「私の履歴書」とまでは言わずともこれまでの苦労苦戦史をこのBLOGに書きたいと思います。皆さんの忌憚のないご忠言、叱責コメントをよろしくお願いします。

コメント (2)

朝吼夕嘆

http://blog.goo.ne.jp/admin/showimagedetail/?iid=6d292ae01e91fce8c4f000e010f17835&type=1&return=%2Fadmin%2Fimgmanage%2F%3Flimit%3D12%26type%3D1%26order%3Ddesc%26did%3D%26window%3Doff%26img_year%3D0%26img_month%3D0%26offset%3D12