ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




山梨県フィルム・コミッションの記事が写真付きで掲載していますが、NHK大河ドラマ「風林火山」の主役の山本勘助を演じる俳優の内野聖陽さん(37)と武田信玄役の市川亀治郎さん(30)が知事を表敬訪問したとのことで、25日から北杜市で撮影開始だそうです。同じく、2006年08月25日(金)山梨日日新聞記事もあります。


内野さんは「県民の期待に応えられるように勘助を演じたい」と意気込みを語った。内野さんが山本知事に「(放映が決まり)地元は盛り上がっていますか」と問い掛けると、山本知事は「ものすごいですよ。県民を挙げて撮影に協力したい。期待しています」と激励した。
内野さんは山本勘助について「戦乱の世を野望を抱いて生き抜いた人。そのエネルギーを大事に演じたい」と話した。市川さんは「信玄公はイメージが固まっていて役者としてはやりにくい面がある。自分なりの解釈で演じてみたい」と話していた。この後、二人は撮影スタッフとともに武田神社を参拝。ドラマの成功と撮影中の無事を祈った。


風林火山博覧会も準備が進んでいるようで、ICT甲府ホームページでもやっと記事をまとめ始めました。

NHK大河ドラマにかかわる観光施策 大河ドラマ「功名が辻」に関係した「土佐二十四万石博」を甲府市議会が視察した記事に気が付いたのですが、この会期は平成19年1月8日まで、風林火山博がそれに入れ代わるような感じです。このホームページを調べて、何がどう行われているかも参考になりそうです。

特に、高知県視察の記事には、過去に開催された同種イベントの比較表が掲載されていました。採算が取れるとは、こういう場合に何を指標にすべきか難しいものですが、「風林火山」としてインターネットにアクセスされた時に、あっ、ここなら全貌が分かる、リンクも充実しているというような、いつまでも活用できるホームページをICT甲府としては作ってみたいです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« やまなし映画祭 市民メディア... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。