15連勝の陰で・・

2018-11-03 00:00:38 | しょうぎ
藤井七段が順位戦C1リーグで5連勝していて、C2リーグから通算で15連勝している。C1リーグでは師匠の杉本七段も5連勝と快進撃中。杉本七段も藤井七段の対局をことの他分析しているので藤井流で強くなっているのかもしれない。弟子の将棋の解説ができないとテレビに出演できないし。両者昇級と言うことも・・・

いきなり29連勝したのだから順位戦で29連勝しても驚かないが、その場合はB1リーグまでいくことになる。

ところで、・・・

15連勝の裏では、13連敗という不名誉な記録を続けている棋士がいる。といってもC2クラスの瀬戸際棋士ではなく、Aクラスの話。現在77期順位戦で4連敗している阿久津八段のこと。4年前の73期にAクラスに初登場したのだが、0勝9敗というまったく残念な星になって、一期でB1へ降格。1勝が片足、2勝が両足とすると、Aクラスの座敷に足跡を残していないわけだ。

そして、苦節3年、昨年のB1リーグで最終局でうっちゃり昇級を決め、リベンジのつもりが、こういうことになっている。

冷静に考えれば、今後の相手も挑戦権か降級争いかという厳しい状況なので、緩めてくれるはずもなく、見込みはないのかもしれず、次のチャレンジに賭けるような気がする。

思えば、Aクラス初年度に名人挑戦する棋士もいるわけで、たぶん昇級してきた時の「目標値」が異なるのではないだろうか。こういう違いだろうか。

1. 挑戦権を得て名人になる。(挑戦権を得て名人にならない、という目標はないだろう)
2. Aクラスに残留する。
3. とりあえず1勝する。

もしかすると、八段は、今回昇級した時に、目標3を設定していたのではないだろうか。次回は、目標1を設定するべきだろう。


さて、10月20日出題作の解答。

1103k


1103kk


7手詰だが、攻め方の手はフワフワしていて、変なところで、串刺し型を作る。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

1103m


ヒントは、「しつこい押し売り」。

先週の問題のような、もやもやした手はない。

わかったと思われた方はコメント欄に最終手と総手数を記していただければ、正誤判断します。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「とんかつ工房」の戦略は | トップ | 小川国夫展-はじめに言葉/... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (市橋宗士)
2018-11-04 21:33:23
 ○○○まで、〇〇手詰。
 2枚の飛(竜)が消えるところが要、
 簡素な構成図にて、狙いを明確にされていて、
 解後感良好、堪能させていただきました、
 いつも、「読み物」だけでなく、「図式」まで
 掲載され、毎日の更新が大変かと思いますが、
 私のような「読」者もおりますので、どうか
 あまり無理されず、しかし続けて頂けると
 幸いです(勝手なことばかり書きました・・・)
Unknown (おおた葉一郎)
2018-11-04 21:37:44
市橋様
正解です。
「書く」ことより「ネタ集め」が大変ですね。
実際には、まとめて1週間分書いたりするし、10月は時間が取れず大変でしたが、当面は時間に余裕ができましたが、月3回ゴルフに行くので、ケガをしないように気を付けてます。
Unknown (蛇塚の坂本)
2018-11-06 10:02:31
最終手〇〇〇の〇〇手詰め
シンプルでスッキリして気持ち良い
Unknown (おおた葉一郎)
2018-11-06 10:06:28
坂本さま、
正解です!

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事