ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




20100209 2010.02.09 変貌する甲府の点描と記事を書いた時に掲載しなかった写真ですが、この時は階段が残っているのは工事の手順なのだろうと思っていました。
その後、2010年03月01日の山梨日日新聞記事で「ホームレス占拠、退去拒む 甲府駅北口歩道橋 撤去ストップ」という記事を読んで理由が分かりました。今日3月17日に所用で出かけた時に舞鶴陸橋北の交差点を通り、この場所で工事がされていて階段は無くなっていました。あるいは問題が解決したのかと、ブログタイトルとして「完了?」としました。おおやけの情報が待たれるところです。

それで思い出したのですが、昨年、藤村記念館移築工事見学会に参加したときに舞鶴陸橋下の駐輪場を通り抜け、そこに段ボール施設があるのに気が付きました。それが何かはすぐ分かりましたがその後は知りません。こういう話を見聞きすると、明日は我が身だと常に思っています、甲府に漂着したのはそれゆえですし、これからもどうなるかわからないのが私の人生だ。(と書ける現在はお蔭様です)

上記の山梨日日新聞記事を読んでいたのを思い出したのは、検索で「TweetBuzz - ホームレス占拠、退去拒む - 山梨日日新聞 みるじゃん」がヒットしたからです。
検索でTwitterがヒットしたのは初めてでびっくりしました。『TweetBuzzはいま話題のTwitterで投稿されているメッセージから話題の情報を抽出しランキング形式で表示するサイトです。みんなのメッセージを束ねるので、「みんなの話題」が見えてきます。関心あるテーマを「上のメニュー」から選択すればあなたの関心が広がるかも?』

私は未だTwitterを使ったことも無く、何かのブログからリンクされているページを開いても二、三行のコメントがずらっと並んでいるページからは話の流れも読み取り難くて退散することがほとんどです。
これが時代の流れなら私は既に化石人間になっているのかと愕然としています。この夏に予定される参院選では Twitter が活躍するのでしょうね、それまでに私も使い方をクリアーしておきたいと思っています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引

2010年03月18日の山梨日日新聞に「ホームレスの男性立ち退き・・・歩道橋の残り撤去」との記事がありました。それによると状況は以下の通りです。
『甲府市は3月8日までの工期を30日まで延長。15日までの退去を求める通知書を男性に手渡し、17日に撤去工事を行うと通告していた。市側の説得にも男性は立ち退く意思を示さなかったが、この日の工事中は姿を見せなかった。市は男性に対し、同日までに3度、生活保護の受給相談日を設定していたが、男性はいずれの日も相談に来ていないという。』
ということで、このブログタイトルから「?」を外してもよいのですが残しておきます(^o^) 

<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 眼科遠隔診療... 太陽光発電と... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。