ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

ウルトラマンZ 第16話「獅子の声」

2020-10-10 10:42:57 | ウルトラシリーズ
ウルトラマンZ 第16話「獅子の声」

 獅子の声というサブタイトルだけだとレオが出てきそうな第16話はホロボロスとユカの物語。

 今回登場したのは豪烈暴獣ホロボロス。「ウルトラマンR/B」で初登場した怪獣だそうで…ルーブはほぼ未見なのでそこら辺は何とも…(汗。
 ともあれ今回のホロボロスはオーブでちょくちょく聞いた古文書である「太平風土記」にも記載がある怪獣であり、そして幼いユカが足を踏み入れた禁足地である山で出会った怪獣でもありました。333年に一度、劇中における今年目覚めるはずのホロボロスが何故それよりも前に幼いユカの前に姿を見せたのかは分かりませんが、もしかすると「これ以上山に足を踏み入れると帰れなくなる」という警告だったのかもしれません。

 人間が狙撃するにはあまりにも早すぎるスピード、ベータスマッシュにも負けず劣らずのパワー、ガンマフューチャーのゼットイージスを破壊するほど強力な爪、街を破壊した電撃とパワフルな怪獣ではありましたが、電撃を放つ直前に体をかきむしっているのが気にかかりました。
 ひょっとするとホロボロス自身、ありあまるパワーを制御しきれずに苦しんでいたのでしょうか。333年に一度目覚めるのはそのありあまる力を体に貯めこんでおくことが出来なくなったからであり、それを発散するために目覚め、滅びをもたらしてしまっていたのかなと、そんな風にも感じられました。
 「怪獣にも事情があるかもしれない」というのは何もこの作品に限った話ではありませんが、如何にも凶暴そうなグルジオライデンがあんな風に涙を流しているのを見たら、ホロボロスにも何か事情があったのでは、と考えてしまいますね。


 ユカにとっては怪獣の生態に興味を抱くことになったきっかけであるホロボロス。ハルキを連れていつも以上にテンション高めであちこち調査していたユカが可愛らしく、そして必死にホロボロスを再び落ち着かせる方法を模索する様が頼もしかった今回。そして何よりも幼いユカと今のユカが重なった際に呟いた「ホロボロス…」という言葉の響きが印象的でした。ホロボロスに親しみを覚えている声の雰囲気が素晴らしかったです。
 相変わらずうるさいベータスマッシュや、マントのようなバリアを纏って戦うガンマフューチャーがめちゃくちゃカッコよかったところで、今回はホロボロスを鎮めて一件落着!また次回!



 …と思いきや、セレブロ、怒りのメダル投入。前回グリーザ討伐のためとはいえやけにあっさりベリアルメダル渡したなー、本命は別なのかなーと思ってましたが、実際はベリアルメダルがめっちゃ大事だったようです(笑。グリーザ戦が終わったら返してもらえる気でいたんだろうか、セレブロ…元はと言えばリクくん先輩から作ったものですし、セレブロに返して良いことなんてあるわけないので、返すはずも無いでしょうに。
 そんな苛立ちが募りに募っていたためか、今回冒頭では狂ったようにメダルガシャを回して新規メダルを求めるセレブロが描かれていました。でも回せるだけマシだと思うんですよ。ウルトラメダルのガチャポンはマジでどこにあるんですかね、アレ…食玩メダルも…
 
 それはそれとして、ギャラクトロンMk2とギルバリスのメダルによってホロボロスは寄生合成獣寄生破滅獣メツボロスに変貌(種別を訂正しました)。
 基本はホロボロスですが、頭部と腕部に2体の要素が加わっています。変化している個所が少ない分、より一層「ホロボロスが」寄生されたという印象が強まりますね。これでガラッと変わっていれば「もうホロボロスではない」と即座に感じたかもしれませんが、なまじホロボロス要素が強い分、悲哀が強まります。
 道路やビルを壊しながらゼットさんを攻め立てる様はインパクトがありましたし、その後の「荷電粒子砲」とかいう、コロコロのゾイド読者だった身としてはそこはかとなくロマンを感じる攻撃方法も会得してしまっていたメツボロス。さしものキングジョーSCも全く歯が立っていませんでした。これ、キングジョーSCの装甲だから何とか耐えきれたんでしょうけども、セブンガーやウインダムだったらヨウコの身も危なかったかもしれませんね…

 最早ホロボロスを落ち着かせた音色すらも届かない…というのを見て、かつて初代ギャラクトロンとウルトラマンオーブ・サンダーブレスターが戦った際、追い詰められたギャラクトロンが音楽を鳴らしていたのを思い出しました。あれはサンダーブレスターを落ち着かせようとして流したものだと思っています。別種とはいえ、かつて音で争いを鎮めようとしていたかもしれないギャラクトロンの要素が入ったメツボロスに音楽が通じないというのは、もうホロボロスでもギャラクトロン(Mk2)でも、そしてギルバリスでもない、全く別種の怪獣になってしまったんだなと改めて感じました。

 ゼットさんもメツボロスが苦しんでいるのを察してか、すぐさまデルタライズクローでトドメを刺すようなことはせず、ガンマフューチャーのままメツボロスを落ち着かせようとしていたことからも、彼を助けようとしていたことが伺えます。
 しかしその願いは叶うことは無く…せめて彼の魂が苦しみから解放されたのを喜ぶべきでしょうか…やりきれないラストになったなーと思っていたら、ホロボロスが消えた空から謎の攻撃!誰だー!誰なんだー!おぉ!何かすげぇ強敵感あふれる翼っぽいの展開してる!これは!…


 お前かい!(笑。早くも二代目が登場したアイツにベリアロクを奪われてしまう次回。ベリアロクを本当に使いこなす日はそう遠くないのかな?
コメント (2)