ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

そういえば興味の無いジャンル

2019-08-08 07:40:31 | 芸能・スポーツ
 昨日、FGOの4周年CMが流れるとのことで、テレビの前で待機していたわけですが・・・いやー、興味の無いジャンルの番組を見続けるって、辛いですね!(汗。いや、放送終了後だってことは分かっていたので、その時間に合わせてテレビをつければ良いだけの話なんですけども、つい心配になって・・・

 別段、バラエティ番組が苦手というわけではないのですが、何というか芸能人が何かをする企画には興味があっても、芸能人個人のことをそこまで知りたいとは思わないと言いますか。
 例えば「鉄腕DASH!」って、TOKIOのメンバーがあれやこれやに挑戦する番組じゃないですか。そこにTOKIOメンバーの近況だったり、昔こういうことがあって・・・という要素が加わることはあっても、あくまでも挑戦する内容がメインになっているように感じます。

 その一方で昨日見ていたバラエティ番組なんかは、芸能人の近況や過去、自宅等々をメインにした番組っぽかったんですよね。
 その手の番組は私が小さい頃からあったとは思いますが、思えば殆ど見たことが無いジャンルの番組でした。まぁ全く見たことが無いわけではないのですが、チラッと見ただけでもあまり面白さを感じた記憶が無いもので・・・昨日の番組は、ホストの方の話を延々流した方が面白かったんじゃ・・・

 好きな芸能人の方もいることはいますが、深く知りたいとまでは思わない。知りたいと思うようになるきっかけって何だろうな・・・と、思いつつ、ようやく流れたCMを見て、即座にCM部分だけを切り取ってタイトル編集もして・・・という作業に移った夏の夜でした(苦笑。
コメント

見えずとも

2018-09-07 08:12:56 | 芸能・スポーツ
 先日、病院の待合室でテレビを見ていたら、パラリンピックの種目の一つである「5人制サッカー(ブラインドサッカー)」が紹介されてまして。

 失礼な話ではありますが、私は「ブラインドサッカー」という競技をこの時初めて知りました。番組が終盤に差し掛かってから見始めたので、公式ページで改めて確認してみると・・・
 ・音が鳴る特殊なボールを使用
 ・ボールを持った相手に向かっていくときは「ボイ!(行く)」と叫ぶ
 ・「ガイド」と呼ばれるゴールへの案内人がいる
 ・プレー中、観客は静かに(ゴール時除く)
 ・フィールドの左右にフェンスを設置
 ・クラスによっては全員アイマスクを着用
 などのルールやマナーが掲載されていました。

 実際にプレーを見てみるとこれまた凄い。アイマスクを着用しているにも関わらず、選手の皆さんが積極的に動いています。もし私がアイマスクをつけてサッカーをすることになった場合、音が鳴るボールがあっても、監督の指示があっても、怖くて恐る恐るそろそろと動く程度に留まってしまうと思います。
 しかし選手の皆さんは積極的にボールを追い、ゴールを狙っている。視覚に頼れない世界でこれほどまでに果敢に動けるということは、強い信頼関係などが無いととても出来ないことだと感じました。

 一応サッカー部に在籍していたことがある身としては、ただただそのプレーに驚かされっぱなしでした。こうした競技もあるんだということをこの機会に知ることが出来て良かったです。
コメント

張りすぎた結果

2018-08-22 07:53:35 | 芸能・スポーツ
 そんなこんなで第100回の甲子園が終わり、決勝はどっちが勝っても史上初という節目の大会に相応しいドラマチックな対戦となったわけですが・・・うーん、予防線を張りすぎましたね(汗。

 以前の記事で書いたとおり「過度に期待しすぎて負けた時のショックが大きくならないよう、予防線を張っている」のですが、勝てば勝つほどその予防線が強固になりすぎてしまい、結果決勝という大舞台でも盛り上がることができずじまい。
 一応試合経過はちょいちょい耳にしたり目にしたりはしていましたし、夜のニュースも見てはいましたが、それでも報道されているほどには盛り上がれませんでした。
 もっとこう、素直に頑張れー!と応援したり、勝って喜んだり、負けて悔しむことが出来ればいいんですけどね・・・

 あそこまで盛り上がれるのを羨ましいと思いつつ、我ながら損な性分だなぁとも思う今日この頃でした。
コメント (4)

戦いは既に始まっている

2018-02-09 07:53:06 | 芸能・スポーツ
 年に1回使うかどうかのカテゴリーの話です(笑。

 というわけで、いよいよ冬季オリンピックの季節となりました。いやだなー、いくらスポーツに疎い私でも、今週からオリンピックが始まることぐらい知ってましたよー・・・2月5日あたりに(汗。

 てなわけで、私の中では「あー、今日(2月9日)から始まるんだなー」という心持ちでいて、名前忘れたけどあのスキーの競技ぐらいは見たいかもなーとかなんとか思っていたわけですが、テレビやらネットのニュースを見ると、何故かもう競技の開始時間が表示されている。
 はて、開会式はまだでは・・・と思ったら、開会式の前に始まる競技もあるんですね・・・今回初めて知りました(汗。漫画とかで、試合が始まる前から心理戦云々で「戦いは既に始まっている!」というのは聞きますが、まさかリアルで開会する前から始まっている戦いがあるとは思いもしませんでした。

 そんなこんなで、見れたらあの競技見ようかなーと思う今日この頃でした。あの競技の名前、なんだっけな・・・
コメント

安堵の気持ち

2017-08-05 07:23:18 | 芸能・スポーツ
 昨年9月から病気療養のため休まれていた、声優の種田梨沙さんが、徐々に仕事に復帰されるとのこと。同じく声優の藤原啓治さんも、体調を考慮しつつ仕事に復帰されるそうです。

 このことを知った際、「喜び」の気持ちもありましたが、それ以上に「安堵」の気持ちを強く感じました。一昨年からこうした「病気療養のため」という話題に敏感になっているところがあるからだと思います。
 以前はそういった話を耳にしても「そのうち元気な姿で帰ってきてくれるだろう」と思う気持ちも少なからずありましたが、ですが現実は、病と戦うということはそう簡単な話ではないことを様々な場面で痛感させられました。

 昔は風邪を引いても家族が看病してくれましたが、今は1人暮らしの身。となれば風邪を引いた際なども自分1人であれこれやらなければなりません。さすがにうちのFAガールたちや、その他の玩具がトイ・ストーリーの如く風邪薬を買いに行ったりはしてくれませんしね(苦笑。
 結果として、自分の体に異変が無いかどうか、前よりも気にするようになったと思います。一時期診断結果にハラハラさせられたことはありましたが。

 ともあれ、種田さんや藤原さんもお仕事に徐々に復帰されていくということは、とても喜ばしく、ホッとした出来事でした。また何かのアニメ等で声が聞ける日を楽しみにしています。ミリオンライブにも種田さんが声を担当されているアイドルがいるとのことですから、いつかミリシタで会えると良いな。
コメント (2)

下がるハードル

2017-06-30 08:09:02 | 芸能・スポーツ
映画『氷菓』特報映像 [11/3(金)公開]


 これを見た時に真っ先に思ったのが「千反田が黒髪ロングなら、まぁ・・・」ということからして、どんだけ私の中で実写化のハードル低かったんですかね(汗。
 私の中ではアニメの印象が強い「氷菓」ですが、仮にアニメが放送されるより先にこちらが公開されていたら、「実写化ってこんな感じになるんだなー」ぐらいには思ったと思います。元々実写化が難しそうなキャラクターもいませんしね。金髪ツインテールの妹とか、銀髪シスターとかもいないしな!(汗。作品見てないのにあーだこーだ言うのもなんですが、何でアレは実写化に踏み切ったのだろう・・・

 それはそれとして。もともとが面白い作品ですから、アニメの印象を頭から除けばそれなりには楽しめるんじゃないかと思い始めているところではあるものの、奉太郎を「IQ未知数省エネ男子」、千反田を「好奇心MAXお嬢様」と表現するのはイマイチしっくりきません。
 奉太郎を表現するのにIQや頭の良さを持ち出すのは何か違う気がします。何だかんだと事件を解決してはいますが、奉太郎自身は「幸運」であり「有能」ではないとも言ってますし・・・「推論の達人」というのであれば、まだ・・・

 あと、これは単に言葉の受け取り方ですが、千反田は「お嬢様」であって「お嬢様」ではないと思うのです。私の中で「お嬢様」というと付き人がいたり、高笑いしたり、ちょっと偉そうな雰囲気もあったり、そこがまた可愛らしかったりという印象があるために、それとは異なる千反田を「お嬢様」と表現するのに疑問を抱いてしまいました。「名家の娘」なら分かる。
 ただ、奉太郎にしろ千反田にしろ、特報で使われている言葉の方がインパクトはあるんだろうなと感じました。

 推理シーンをどう表現するか、どんなオリジナル要素が入ってくるのか。不安もありますが、とりあえず公開を待つとします。ロゴがやけに明るい色で「氷菓」という言葉とは合わない気もしましたが、あれは「薔薇色の高校生活」を表現したものだと好意的に受け止めています・・・その表現ですよね?(汗。


 そういえば特報だと文化祭の中を千反田が奉太郎を引っ張って走るシーンがありましたが、文化祭の時期を「氷菓」解決の時期に合わせるのか・・・?


余談
 twitterで呟いたものを、肉付けしたうえでブログで書き直すというやり方はアリなんじゃないかと思えてきた。
コメント (2)

金と驚きと

2016-12-13 07:14:25 | 芸能・スポーツ
今年の漢字は「金」 リオ五輪、政治資金問題、PPAPなど

 今年の漢字は「金」に決まったそうで・・・一瞬何で?と思ってしまいましたが、そういえばオリンピックって今年でしたね・・・あれこれと驚かされっぱなしの一年だったので、オリンピックも結構前のことのように感じてしまいました(汗。個人的には5位に選ばれた「驚」でもしっくりくるかなぁと。


 そして「金」といえばこんなニュースもありました。
月末金曜の仕事を15時までにする「プレミアムフライデー」本格始動 経産省が推進

 ・・・消費拡大云々とのことですが、月末金曜15時までになったとしたら、私は即座に家に帰ってグータラしますよ?まぁ「時間ができたからカレーを作ろう!」ぐらいには思うかもしれませんが、買い物に行く日が金曜日か土曜日かの違いぐらいかなぁ・・・と。

 そんな「金」にまつわるニュースが入ってきた今日この頃でした。
コメント (4)

遅れてくる流行語

2016-12-02 08:07:32 | 芸能・スポーツ
【広島】新語・流行語大賞に「神ってる」…ノミネート30語から選ばれる

 すいません!流行語大賞を今知ってすいません!「聖地巡礼」の今更感が凄いとか思ってすいません!「アモーレ」といったら立花・宗茂、誾夫妻だろうとか思ってすいません!

 ・・・とまぁ、今年も今年で発表されてから流行っていたことを知りましたとさ(苦笑。最近はバラエティ番組を見ることがめっきりと減りましたし、そもそもスポーツはあんまり見ないもので・・・
 「聖地巡礼」が入ったのは、アニメ映画の影響かなぁと想像できますが、別段今年に限らずたびたび目にしていた言葉なのでイマイチ今年の流行語、という印象が薄いです。これまでそういったことに触れてこなかった人が、映画をきっかけにするようになったと考えれば、今年の流行語なんでしょうけどね。

 私の中で特段流行った言葉は無いですが「絶望した!」「すいません!」「○○って言うなぁ!」は長いこと使ってるよなぁ・・・と(笑。
コメント

どこを見るか

2016-08-05 07:05:58 | 芸能・スポーツ
 もうすぐオリンピックが始まりますね!・・・国際的な行事でいずれ日本でも開かれるというのに、毎度毎度あっという間に始まって、あっという間に終わっている、懐かしのあっという間劇場並みの感覚で捉えていました。

 で、今回もそんな感じで終わるんだろうなーと思いましたが、先日たまたまテレビでオリンピックの体操の特集を見まして。最初は他に見たいものも無いから何となく惰性でつけていたのですが、次第にその内容に引き込まれていきました。

 これまでニュース映像で体操を見たことはありましたが、私にはわかるのはせいぜいビシッと着地することの難しさぐらいでした。それが今回、スロー映像でどういった動きをしているのかを見て、その難しさの一端を知ることができました。また、連続で繰り出される技の数々を一瞬たりとも見逃さず採点する審査員の方々も凄い。やる方もプロですが、見る方もプロなんだなぁ・・・と、今更ながらに当たり前のことを知りました。

 そんなわけで、今回からは夏のオリンピックにも興味がもてそうです。

 
 ・・・ちなみに、私はまともに逆上がりをできた記憶がありません。補助用具が出てきた時は、素晴らしい道具がこの世にはあるもんだと感動しました(笑。
コメント

どっからどこまで?

2016-05-17 08:17:04 | 芸能・スポーツ
任天堂が映画事業参入へ 「マリオ」や「ゼルダ」の映画化なるか

 「マリオができるまで」とか「ゼルダができるまで」なんて感じのドキュメンタリー映画なら見てみたいです。大分マリオ制作に関する漫画を読んだ記憶がありますが、うろ覚えですね・・・
 実際に映画化するとしたらどんなストーリーになるんだろうか。マリオにしろゼルダにしろ、数多くの作品があるシリーズですから、元ネタには困らないでしょうけども。

 しかし、一口に「任天堂」と言われても、どっからどこまでが任天堂の作品なのか、未だに良く分かっていない私がいます(汗。マリオやゼルダが任天堂というのは何となく分かりますが、カービィやドンキーも任天堂というくくりで良いのか、スマブラに参戦しているキャラクターは基本任天堂という発想でいいのか、イマイチ判断がつきかねます。
 そういえば昔「どうぶつの森」のアニメ映画もありましたが、あれも任天堂の映画という判断でいいんだろうか・・・

 私の中には「スーファミとか、任天堂が作った機種で出たソフトは全部任天堂のもの」という、どっから湧いてきたのかよく分からない発想があり、それの真偽も分からないままなので、一体どこからどこまでが任天堂なのか、イマイチ判断しかねる状況です(苦笑。
 
 ともあれ、やるのならスーパーマリオRPGの世界を見てみたいなと思う今日この頃です。ゼルダはプレイしたゲームは少ないですが、「夢を見る島」「夢をみる島」なんか良いんじゃないですかね。
コメント (2)