ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

2019年春アニメを少々

2019-04-17 07:50:47 | 2019年アニメ
 そんなこんなで気づけば4月も下旬に差し掛かっており、春アニメも概ね視聴継続組が決まり始めています。例によってシンデレラガールズ劇場は除いてます。

①ぼくたちは勉強ができない
 「『ニセコイ』の小咲ちゃんスピンオフ描いてた方の漫画が載ってるー」と時折気にはなっていたものの、読んだことは無かった作品がアニメ化。
 家庭の事情から「特別VIP推薦」を目指す主人公・唯我成幸は、得意科目と希望する進路が異なる天才古橋文乃と緒方理珠の教育係に任命されることに。更に、水泳選手としては優秀だけれども勉強はからっきしな成幸の友人・武元うるかも加わってのラブコメが展開される模様。
 スタート時点で主人公たちが高校3年生、というのは私が知る限りだとあまり聞かないなーと。テンポ良くというか、やや駆け足気味に進んでいる感じはありますが、理珠が特に気に入っているので視聴継続です。あと、たまたま読んだ原作でメイン回を担当していた、教師の桐須真冬さんも、とてつもない魅力を秘めている気がしてならない。


②超可動ガール1/6
 「ルイージマンションの4コマ漫画描いてた方の漫画だ!」というわけで気にはなっていたものの(略。
 主人公・房井田春人が買ったアニメキャラクター「ノーナ」のフィギュアが突然動き出したことから、春人とノーナの暮らしが始まることに。1話のノーナは自分のことをアニメの設定どおり少女型惑星探査機だと信じており、春人もノーナに合わせて自分のことを博士だと告げることに。そんなわけでノーナに真実を話さないまま物語が展開していき、最終回あたりでネタばらしされてシリアス展開かなーと思ったら、2話であっさり真実が発覚。更に春人が用意していたノーナとの婚姻届も見つかり・・・な展開には意表を突かれました。
 ノーナ自身の可愛さもさることながら、彼女の春人への呼称が「房井田博士⇒房井田さん(真相発覚後)⇒春人さん(結婚後)」と移り変わっていくのも良かったですね。まだまだ増えていきそうなので楽しみです。

 なお、今作は「ふたばにめ!」枠内の3作品のうちの1つですが、同枠内視聴するのはこの作品のみです。


③異世界かるてっと
 「幼女戦記」「この素晴らしい世界に祝福を!」「オーバーロード」「Re:ゼロから始める異世界生活」の4作品が何故か共に学園生活を送ることになるという、15分のコラボ作品。4作品の視聴状況は「幼女戦記」は1期全話、このすばは1期・2期全話、「オーバーロード」1期全話とリゼロを少々といったところです。
 最初は正直言ってこの面子を絡めて大丈夫なのか、可もなく不可もなくなお祭り騒ぎ的な感じで終わるんじゃないかと思ってましたが、1・2話は結構良い感じですね。OP・EDも良いですし、このすば勢が見るからにどの作品とも絡めやすそうな感じも伝わってきます(笑。カズマとアクアのやり取りがまた見られるだけで面白いのに、そこへアインズ様にターン・アンデッドぶちかます話が加わるとかずるい。


④世話やきキツネの仙狐さん
 視聴前は「癒し系の作品っぽいから、15分枠かな」と思ってましたが、違った。そうじゃない。癒しだからこそ、足早に15分に収めるのではなく、30分の枠内でゆっくりと癒されていくことが大切なんだと、そう感じた作品でした。丁寧に仙狐さんに癒されていく様がたまらなく、こちらも癒されていく良い作品です。
 ・・・つまり、仕事で疲れを溜めに溜めれば、うちにも仙狐さんが・・・!?


⑤ストライクウィッチーズ 501部隊発進します!
 ストライクウィッチーズのスピンオフ作品の映像化なわけですが、「今アニメ化?」と感じてしまったところもあります。ともあれ久々に501部隊の面々が見られるのは嬉しいので見ます。あと、スピンオフなら「小ぃサーニャ」もアニメ化しよう。501部隊の面々よりもウルスラによる兵器解説メインになるけど、やろう。


 といった感じの5作品+シンデレラガールズ劇場を視聴中。今期は思いのほか15分枠多めですね。忙しい合間を縫って見られる一方、じっくりと見るには物足りなさもあったり。ともあれ、楽しめそうで何よりです。
コメント

2019年冬アニメの感想

2019-04-03 06:13:12 | 2019年アニメ
 昨日のしんげきCSを皮切りに春アニメも始まりました。というわけで、出揃う前に冬アニメの感想を。

①私に天使が舞い降りた!
 冬アニメの癒し担当代表格。花を初めとしたひなた、乃愛、小依、夏音といった5人の天使たちが毎回可愛らしかったですね。原作では比較的出番が遅く、絡みの少なかった小依や夏音の出番が増えていたのも良かったです。ひなたのみゃー姉大好きっぷりも見ていて楽しかったですね。
 「みゃー姉」ことみやこも、花を前にするともにょっとするところもありつつ、それでいて時折そこそこ大人な対応、ひなたの姉らしさを見せるのが良かったかと。

 最終回では原作では殆ど描かれなかった劇が、かなりの尺を使って描かれることとなりました。そのためか、締めの部分がやや駆け足気味に感じられたのが惜しかったかなーと。
 とはいえ、気持ちそう感じた程度でしたし、全体を通して安定して楽しめた作品でしたね。OP・ED共に素晴らしかったです。EDのワクワク感は随一でした。


②かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~
 今期一番好きなOPです。聞けば聞くほど好きになる。
 本編では互いに素直になれないかぐやと会長の恋愛頭脳戦が繰り広げられていました。どちらかが素直になればあっという間に幸せになれるだろうに、それをしないあたりが面倒くさく、それでいて可愛らしくもあったなと。
 個人的には藤原千花がお気に入りでした。3話EDは何度リピートしたか分からないくらい見て聞いてましたね・・・会長の妹の圭ちゃんも踊ってくれるかと思ってたのに・・・
 
③えんどろ~!
 1、2話が主に魔王目線で進んでいったがために、誰がメインで話が進むのかイマイチわかり辛いところはあったものの、結果的にはとても楽しくハッピーエンドなお話になったと思います。
 出来ることならもっと日常回、特にセーラちゃんの話を見たかった気持ちもありますが、とはいえ毎回安定して楽しめました。勇者と魔王という役割が終わりを迎えても、ユーシャの思う「勇者」は決して魔王を倒すだけの存在ではない。魔王がいなくなったその先に進んでいく彼女たちにまた会いたいものです。

④五等分の花嫁
 何だかんだで最後まで見続けたので、どちらかといえば好きな部類に入る作品なんだとは思いつつ、しかしながら結局序盤で感じた「可も無く不可も無く」感が消えなかったのもまた事実だなーと。理由は明確に分かりませんが、イマイチ乗り切れなかった作品ですね。二乃や三玖、結構好きなんだけれども。
 5つ子全員とある程度関係を構築したここからが本番なんでしょうか?配信時に流れてくるコメントを見ると、やや不穏な雰囲気も感じられるのですが・・・
 
⑤上野さんは不器用
 上野さんが楽しそうで何よりです。水泳部の子好き。

 以上5作品でした。何だかんだ途中で切った作品が多かったですね。「魔法少女特殊戦あすか」はキャラクターは本当に良いと思うんですが、普通に切ったり切られたりする様は衝撃が強すぎて断念しました。
 「ケムリクサ」は男性キャラクターが賑やか過ぎて、結局2話で終わってしまいましたね・・・
 「ぱすてるメモリーズ」は色々あったようで・・・一応録画は残してあるんですが、見るかなぁ・・・


 そんなこんなでかなり少なめではありましたが、内容的には満足してます。春もやや少なめになるかな?
コメント

「ルパン三世 グッバイ・パートナー」を見て

2019-01-26 09:01:41 | 2019年アニメ
 先日の金曜ロードショーで放送された「ルパン三世 グッバイ・パートナー」を見ました。6年ぶりのオリジナルストーリーとのことですが、合間にpart4や5が放送されていたので、そこまで久しぶりという感じはしませんでしたね。

 
 いつものように悠々とお宝を盗み出したルパン三世。だが「ルパンの成功は銭型警部の手引きによるもの」というあらぬ噂が広まったがために銭型警部は逮捕され、ルパンも銭型警部がいなくても盗みだせることを証明するべく、スーパー量子コンピューター完成の鍵となる「タイムクリスタル」を盗み出すことに。
 果たしてタイムクリスタルは盗み出せたものの、長年の相棒・次元大介の裏切りによってルパンは撃たれ、タイムクリスタルは奪われてしまう・・・


 といった感じのストーリーですが・・・まぁ、ショパン・コンクールのファイナリストに選ばれた女の子・アリサの登場で薄々「あ、これ次元の知り合いの女性の娘さんだ」と予想がついたため、裏切りもそのためなんだろうなーと予想はつきました。「ルパンの長年の相棒が敵に!?」という驚きはありましたが、一方で長年の相棒だからこそ、明確に状況を伝えずとも意志が通じ合う。そんな関係性も見られたので良かったです。
 ただ、思っていたよりも裏切り!?⇒真相発覚⇒再び相棒にという流れが早かったなーと。てっきりもうちょっと後まで引っ張るものだとばかり。そのため、もう裏切ってないことが明確になった終盤のテロップで「ルパンの相棒・次元大介が敵に!?」と出ていたのが何とも・・・(苦笑。
 
 「それでも困ったことがあったら、必ず俺が駆けつけるから」「って言っても、俺ができることなんて銃をぶっ放すことぐらいだけどな」かつて、そう言って1人の女性と別れた次元。
 詳しくは語られませんでしたが、アリサの母・ライリーと良い関係にあったけど、一方でライリーは別の男性から求婚されて、次元は自分が叶えられないライリーの夢「子供と一緒にピアノを弾く」が、自分には叶えられないことを知っていたから「いい指輪じゃないか。はめて見せてくれよ」と一言。渋いねぇ・・・次元は本当にカッコいいですねぇ・・・
 ライリーはその男性のことも、次元のことも大事に思っていたから、次元に止めて欲しかったんでしょうね・・・次元の仕事が仕事なだけに、ずっと一緒にいることは出来なかったでしょう。けれども「たくさんの小さな思い出」がきっとそこにはあったはず。でなければ、指輪を次元に投げようとしたりしないでしょう。


 それでも何かあったら守ると約束していたものの、守れずにアリサは両親を失い、そして今回タイムクリスタルを巡る陰謀に巻き込まれてしまう羽目に。

 で、そのアリサなんですが・・・・・・超可愛いですね!(笑。出てきた時からヤベーイ可愛さだと思ってましたが、全編通して可愛くて、母との夢を叶えようとする真っ直ぐな女の子で、とても好感が持てました。彼女に次元とライリーとの関係が明かされないのもまた良かったですし、不二子が深く突っ込まないのも良かったですね。

 関係性を明かした際に「ライリーの娘だから助けた」とアリサが思うとは思えませんが、次元はわざわざ関係を話して恩を感じさせることをする人物ではないでしょうし、それに次元に深く関われば、また何かの事件に巻き込まれるかもしれない。だから「困っている女の子を助けた」と、それだけで良かったのでしょう。
 困っている女の子・アリサに対し、次元が披露したのは、何とかつてルパンがクラリスに披露したあの手品!上手くいきませんでしたが、あの一連の流れが凄く好きです。感動のあまり思わず涙腺が緩んでしまうくらいでした。あれを次元がやるってのがまた良いよね!

 「あなたを守る」。そんな花言葉も持つ花・カランコエを握り締めるアリサ。次元はかつて果たせなかった約束を、ようやく果たし、そしてこれからも人知れずアリサを守っていくのでしょうね。


 後半は今回の黒幕であるロイが操るスーパー量子コンピューター&最新AIエミルカとの戦いが待っていました。デジタルでもアナログでも瞬時に対応してしまうエミルカは恐ろしい存在ではありましたが、ここら辺の戦いはもうちょっとルパンと次元の相棒で突破!という感じが欲しかったです。協力してはいたものの、もっとこう・・・!あのシンプル極まりない方法で状況を打破する感じは好きですけども。

 その戦いの中、何とか状況を打開しようとするルパンファミリーとアリサ。そこで印象的だったのが五ェ門と斬鉄剣の関係性でした。
 エミルカは「斬鉄剣では壁を切れないはず」と分析したにも関わらず、五ェ門がそれを成し遂げたのはひとえに五ェ門が斬鉄剣と向き合い続けているからこそ。当たり前といえば当たり前なんですが、いくら斬鉄剣が凄まじい切れ味を誇る武器であったとしても使い手がそれに見合う人物でなければ宝の持ち腐れなんですよね。よくある「弾丸を全て切り落とす」というのも、五ェ門の身体能力あってこそなんですよね。決して「斬鉄剣が強いから五ェ門は強い」のではないのだと、改めて認識させられたシーンでした。 
  

 そしてルパン。次元が愛用しているマグナムを、メンテナンスとはいえ誰かに預けることはしない。渡されたライターにめり込んだ弾丸を頼りに黒幕にたどり着く。上でも書いてますが、そうした言葉で説明されずとも、言葉の端々や行動から次元の真意を見抜くのは、さすが長年の相棒だなと。
 黒いジャケットに身を包み、いつもより渋い感じのするルパン。警察の包囲網をあっという間に崩す様や、ロイの護衛が持っていた拳銃を瞬時に分解して無力化する様がとてもカッコよかったです。拳銃の分解シーンはあまりの早業に目を見張りました。そこからの次元との打ち合わせ無しでの逆転劇もまたカッコいい・・・!


 スーパー量子コンピューターをもってしても計り知れない人間独特の「揺らぎ」や「可能性」が見出す世界。人間を学習し、争いをやめたエミルカはどこかへ旅立っていったとのこと。途中、ドローン以外にも人間の体と思しきものを作っていましたから、恐らくそちらへ意識を飛ばしたんでしょうね。
 で、アリサのコンサートの最後列で、何気に功労者であるカトーと一緒に音楽鑑賞していたっぽいです。それは音楽鑑賞であり、ひいては人間の学習でもあって、どうすればこの星を守れるのかを今も考えているのかもしれません。


 昔懐かしのテレビスペシャルのように「会いたかったぜ、次元!」と次元の昔なじみである銃火器マニアが出てくることもなく、対五ェ門用の敵が出てくることもなく。あれはあれで好きでしたが、今回のように渋い感じもまた良かったですね。後半ちょっと落ち着いちゃったかなとも思いましたが、アリサが可愛かったので問題なし!あと不二子の変装もいつもより数割増しで美人だったので良し!(笑。


 「グッバイ・パートナー」は、ルパンと次元の別れを意味しつつも、次元とライリーの別れの意味合いもあったのかなと思ったところで、感想はここまで。ありがとうございました!
 ・・・ところで、どうしてもこのサブタイトルって考えちゃうことがありまして・・・作品の最後にそんな発表があったりするんだろうかと不安になりましたが、とりあえず何も無くて一安心でした。
コメント

2019年冬もそろそろ

2019-01-18 08:02:33 | 2019年アニメ
 2019年が始まって早3週間近く。概ね見たいアニメも固まってきたかと。今のところ1、2話を見たアニメは以下の作品になります。

①私に天使が舞い降りた!
②かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~
③えんどろ~!

 この3作品は間違いなく視聴継続です。①はとにもかくにも可愛くて癒されるし、EDがチョーイイネ!
 ②はOPがまさかの人選で驚かされましたが、めちゃくちゃ渋くてカッコいい・・・本編も恋愛頭脳戦という名の漫才染みた何かを繰り広げてますし、藤原千花というキャラクターが気に入りました。
 ③に関しては「魔法の失敗に巻き込まれたら、CV久野美咲ののじゃロリになってた件について」的な展開でした。魔王が意図せず勇者を育てていく話になるのかな?

④ケムリクサ
⑤五等分の花嫁
⑥魔法少女特殊戦あすか
⑦上野さんは不器用

 この4作品は多分視聴を続けると思います。④は不思議と引き込まれますが、男性がちょっと賑やかすぎる気がしないでもなく。⑥に登場するあすかの見た目は好きなのですが、戦い方が容赦なくて・・・武装解除するのかと思ったら足って・・・
 ⑦は部長は可愛いんですけども、田中が思っていた以上にヤベーイ奴なのがちょっと・・・といった感じです。
 ⑤は1話の時点だと可も無く不可も無くといった感じで・・・

 また⑧「ぱすてるメモリーズ」も見てはいますが、全編他のアニメ・漫画作品っぽい世界に行く感じなんですかね。2話は「ご注文はうさぎですか?」に限りなく近い作品が舞台でしたが、折角なら協力してもらってその世界に行った方が・・・というか、そこら辺はきららファンタジアの役目な気がしないでもない。そこまで面白いわけではないのですが、EDの好き放題やってる感は印象に残らざるを得ませんでした(苦笑。

 あとは、これにけもフレ2と荒野のコトブキ飛行隊が加わるかどうか、といったところなので、概ね10作品です。個別に感想を書く作品は無いかなーと。

 そういえば「ハイスコアガール」のOVAは3月でしたか。思ったよりお値段高めでしたが、あれは映像ソフト購入の流れかなぁ・・・と。

 
コメント (2)