ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

氷菓 第2話「名誉ある古典部の活動」

2012-04-30 08:06:43 | 2012年アニメ
氷菓 第2話「名誉ある古典部の活動」

不毛な放課後の怠惰な時間を何とかすべく、千反田は一身上の都合もあって、どうしても古典部の文集を作りたいと言い出した。けれども部室のどこにもバックナンバーが無く、図書室に借りに行く事に。するとそこには奉太郎の小学校からの知り合いである伊原摩耶花や里志がいた。伊原にもバックナンバーの所在は分からない様子。
そこで里志は奉太郎たちに愛無き愛読書の謎を持ちかける。目を輝かせる千反田と対照的に去ろうとした奉太郎ですが、当然「私気になります!」と腕をつかまれる奉太郎ww
毎週同じ曜日に違う人物が借りて、その日のうちに返却しに来る愛読書は分厚い学校史。貸し出し期間は2週間なのに何故。最初は乗り気ではなかった奉太郎だが、熱心に迫り来る千反田とやりあうのは効率が悪いと考え始め、あっという間に解決。千反田がある匂いに気づいたのをきっかけに、奉太郎は学校史が絵の題材に使われている事、毎週返しに来るのは持っているよりも楽だからという結論にたどり着いた。
謎がわかって楽しそうな千反田たち。けれども奉太郎はその輪の中には何故か入れず。

休日、奉太郎の家の電話に千反田から電話がかかってきた。どうやら千反田には何か告白する事があるようで。


感想
今回はまるまる1話氷菓の話でした。先週のも単に私が読んでない話が描かれただけのようです。
好奇心旺盛なえるが可愛い!とは思いますが、EDは何だかなぁと。それと今回、伊原が初登場。眼鏡をかけているイメージだったけどそんな事は無く。伊原と里志にはちょっと慣れません。
このままいくと、結構氷菓そのものの話は早めに終わりそうですね。原作も2巻目は読み終えたので、3巻目を読まないと。
コメント (2)   トラックバック (7)

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第4話「全国」

2012-04-30 07:19:21 | 2012年アニメ
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第4話「全国」

穏乃がいずれ戦わなければならない相手・清澄の宮永咲。一度も勝てなかった天江衣に土をつけ、更に「人間じゃない」と噂される宮永照の妹・・・そんな咲は東京観光もせず、勝負に備えているようで。観光したらしたで迷いそうですがw
穏乃たちも観光せずに戦う相手の戦績を眺めてチェック。その間、晴絵は福岡にいた頃の監督と再会し、プロに行く気は無いのかと問われていた。晴絵にもその気持ちは無くもないが、今は見ていたい子達がいる。

そして遂に始まった1回戦。序盤こそ振り込んでしまった玄だったが、すぐさま挽回。ドラが全て彼女の元に集まっていく。ドラゴンロードの異名を八尋木プロから授かった玄の活躍もあり、阿知賀は1回戦突破・・・すいません、戦ってるシーンが玄だけなんですが(汗。
次に阿知賀と戦う北大阪チーム。既に高速道路のサービスエリアで出会っていた清水谷龍華は、阿知賀の試合を見て玄を応援すると決めるも、次に戦うのが阿知賀と知って、どちらを応援すれば良いのか迷ってしまうww阿知賀の試合を見て松実姉妹を警戒するが、龍華と仲が良さそうな園城寺怜、どことなく男性っぽい江口セーラ、眼鏡の船久保浩子、1年の二条泉らは阿知賀の穴を見つけた様子。

二回戦、先鋒の玄を待ち受ける怜の目は怪しく光り・・・


感想
早くも二回戦になってしまいました。もうちょっと対戦校を掘り下げて欲しい気もします。何で二刀流なんでしょうか(汗。家が刃物店なのでしょうかw1回戦のチームはいずれも個性的な感じがしたのですが、殆ど掘り下げられなかったので、名前も覚えられません。しかし全国って色んな人がいるんだなぁ。反対ブロックも確か巫女服のチームとかもいたっけか。
ドラゴンロードの名前を得た玄ですが、そんな阿知賀の穴とは一体。そして穏乃はジャージの下に何かつけるべきだと強く思ったところで次回。
コメント   トラックバック (4)

スマイルプリキュア! 第13話「修学旅行!みゆき、京都でどん底ハッピー!?」

2012-04-29 09:09:51 | スマイルプリキュア!
スマイルプリキュア! 第13話「修学旅行!みゆき、京都でどん底ハッピー!?」

待ちに待った修学旅行。電車の中からテンションがあがりまくるみゆき。カバンの中のお菓子はキャンディが平らげていたが、今日は修学旅行でウルトラハッピーだから怒らないそうで。
着いた先は京都。れいかさんによる京都タワーや金閣寺のツアーガイド。楽しみで予習してきたれいかが可愛すぎて(略。と、池の魚をのぞいているとキャンディがバスで待っておられずみゆきの頭の上に。慌てるみゆきは足を滑らせて池の中に落ちてしまい、写真をジャージで撮影される事に・・・キャンディ、最初から手提げ袋の中にでもいれておけば良かったんじゃね?

おみくじを引いてみると、みゆきはまさかの大凶。顔!みゆき、さすがにその顔は日曜朝にどうなんだwwきっとこれから楽しい事ばかりと励まされるも、早速頭に鳥のフン。歩くガイドブック。れいかの案内を受けて渡月橋の近くで写真撮影。が、みゆきの顔は切れてしまう。しかも何度やっても上手く撮影してもらえず、結局電池切れ。

お土産店に入ればこけしのドミノ倒しにゴツンとぶつかり、アイスを食べようとすれば子供にぶつかられてアイスが顔に、竹林で騒いでいるとお土産を手放してしまい、こけしの髪パーツが崩壊・・・不運ってレベルじゃねーぞww
「良いお湯でした」「池の水つめたかったでした」ため息なんかついたらハッピーが逃げる、と落ち込むみゆきを励ますあかねとなお。髪ほどいたなおが(略。最初は止めようとしていたれいかも混じって枕投げ大会。が、みゆきの枕がポットに当たってしまい、なおやあかねのナイスプレーを経て、みゆきがキャッチ。しかし逆さでキャッチしてしまい、中の飲み物がたまたま部屋に入ってきた先生に注がれてしまい、お説教。
責任を感じてしまうみゆき。すると罰としてとあかねから告白タイム!とみゆきは好きな人を尋ねられる。みゆきの意外な反応にテンションが上がる一同。豊島とか!入江会長!?宗本!?・・・すいません、会長以外知りませんwしかし好きな人というのは身軽で永遠の少年。つまりみゆきの好きな人はピーターパン。やよいは目が点wwまたも先生に怒られてしまい、今度こそ眠る事に。眠る前、みゆきを励ますれいかたちでした。何気に先生も服汚れたからジャージなんですねw


今日は清水寺。清水の舞台が傾いていると思った直後にみゆきが転んであやうく清水の舞台から落ちかけてしまう。何とかなおの活躍で防がれたものの、その後も大凶の影響は続く。だが今日は落ち込んでいないみゆき。祇園にたどり着くと、舞妓さんと写真を撮るとはしゃぐやよい。口紅デコルを使って舞妓キャンディになるも、気持ちだけもらっておくそうで。大凶の自分がいては舞妓さんと出会えないのでは・・・とふさぐみゆき。

その頃、テレビに映った京都が絵本で詠んだ景色と同じだったので、京都にやってきたアカオーニ。京都は鬼の天国、いや地獄だと世界をバッドエンドに染めようとする。アカオーニの前に立ちはだかるみゆきたちだが、カバンの中から大凶のおみくじが出てきてアカオーニに見られて笑われてしまう。おまけに青っ鼻のアカンベェは大凶のおみくじを素材にして出現。

そして変身!・・・てっきり着地でミスったり、名乗り噛んだりする、爆発の炎が服に引火するかと思ったけどそんな事無かったぜ!
おみくじミサイルを避けるマーチだが、それが反射してハッピーに命中。ピースを狙ったおみくじの棒攻撃も、折れてハッピーに命中。サニーファイヤーも通じない青っ鼻のため、ここはレインボーヒーリングしかない。が、ハッピーはスマイルパクトを川に落としてしまう。探している最中、攻撃を喰らってしまうサニーたち。
自分のせいで皆が危険にさらされていた。皆がいてくれたおかげで大凶でも楽しく出来たが、皆を大凶に巻き込んでしまう。だがマーチたちは大凶だとも、巻き込まれていたとも思っていない。一緒にいればいつでも大吉!スマイルパクトも川の中から現れて、5人揃ってレインボーヒーリングで浄化。「青っ鼻は役に立たないオニ!」2週目で早くも役立たずw

あまりにも運が悪すぎて、帰って笑えてしまう。するとそこへ舞妓さんたちが現れた。笑う門には福来たる。それはみゆきがいつも言っていること。今度こそ皆で、笑顔で、ちゃんとした写真を舞妓さんと撮影するのでした。


感想
いつも笑顔のみゆきでしたが、京都ではまさかの不運続き。名乗りで失敗するのを密かに期待してしまったのは内緒ですwお菓子を食べられた事に始まり、池に落ち、写真をジャージで撮影し、おみやげは壊れ、戦闘では攻撃に巻き込まれてスマイルパクトを落としてしまう。自分1人だけではなく、皆を巻き込んでしまっているのではと責任を感じてしまったみゆきですが、誰1人としてみゆきに巻き込まれたとは思っていない。むしろあまりにも運が悪すぎて笑えてしまうレベル。5人揃えば、失敗も笑いあえる。確かに運が悪すぎると笑えてしまいます。誰かの失敗をあざ笑うのではなく、楽しく笑い話にできるのは仲が良い証拠でしょうね。5人揃えばいつでも大吉の流れは良かったですね。

さて修学旅行回。一同がいつもより可愛らしかった気がします。楽しみにしていた抹茶アイスをむさるあかねや、舞妓撮影にはしゃぐやよい、髪ほどいたり可愛いお土産に目を輝かせるなお、お土産の剣を手に取ったり髪乾かしたり枕投げや告白大会ではしゃぐれいかなどなど・・・まぁ約一名、顔が酷い事になった主人公がいましたが(汗。

次回は大阪で迷子?蝶の羽っぽいのも生えましたが、デコルの力か何かでしょうか。
コメント   トラックバック (13)

特命戦隊ゴーバスターズ 第10話「戦う理由」

2012-04-29 08:07:20 | スーパー戦隊シリーズ
特命戦隊ゴーバスターズ 第10話「戦う理由」

どこかの工事現場にてバグラーたちと対峙するゴーバスターズ。メガゾードの転送反応は無いものの、普段より多くのバグラーが襲撃してきた。そんな名か、ニックは今日ぐらい休んでいれば良いものを、と何か急いでいる様子。
特に苦戦する事も無く撃破し続けるが、まだまだ湧いてくるバグラー。さすがのリュウジもそろそろ冷やさないとまずい・・・と思っていたら熱暴走しちゃいましたw「くだらねえお前らカスだ」「全員地獄へ行けー!!」とソウガンバスターぶっ放すリュウさん怖い(汗。でもこれで早くカタがつくはず。
一方その頃、警察からエネトロンが強奪されたとの連絡が入る。大量のエネトロン反応はバグラーによるものであり、これはエンターのようどう作戦だった。奪われたのはレアメタルのデルタニウム39。それはメガゾード製作に必要不可欠な素材。まだ転送された様子は無く、転送にはメガゾードが必要なはず。

ニックが焦っていた理由。それはヒロムの姉・リカのイラスト展が開催され、それをきっかけにヒロムに会いに来ようとしていた。まだヒロムが戦う事に納得が行っておらず、ニックもあまり良く思われていない様子。それでもニックは13年間も一緒にいれば愛着が湧くはず、と1人でリカの下へ。しかしあのニックがちゃんとたどり着けるわけがなくwカーナビをつけようかと思っている最中、試しにヒッチハイクしようとするも当然スルー。するとそこへタクシーに乗ったリカが現れた。
リカは機械的な物が苦手だったため、あの日事件現場にもいなかった。また、突然両親を失ったため、司令たちへの抵抗も強く、ニックをボディガードとしてつけることにもなかなか納得しなかったという。基地の場所は例え肉親のリカであっても秘密。そんなニックに対し、リカは家族をバラバラにすると迫る。

メタ細胞を人間にインストールするエンター。メタロイドやメガゾードが倒されようとも、エンターの目的はただ1つ、デルタニウムの転送。そして出現するのはタイプγのメガゾード。
ゴーバスターズとして出動し、ヒロムが現場に駆けつける最中、リカがニックと共に現れた。現場に一般人を連れてきた事を怒るヒロムだが、その文句は後で聞くと、必要な事だとニック。リカはヒロムに戦う義務なんて無い、小さい頃からそう思わされているだけだという。だがバグラーに追われる人々を助けるヒロム。「姉さん、これは義務なんかじゃない。誰に言われたせいでもない。俺が自分で決めたんだ。自分の意思で」そしてヒロムは自分の意思で残された子供を救いに行く。


ビル内ではダンガンロイドが立ちはだかる。屋上のコンテナの周辺には人がいて掴めず、攻撃も人を盾にされてはラビットに乗るイエローバスターやウサダも手出しが出来ない。ダンガンロイドはレッドバスターに匹敵するスピードを誇り、互角の勝負を繰り広げる。
そしてダンガンゾードが転送完了。目の前で繰り広げられるゴリラとダンガンゾードの戦いから目をそらすリカ。だがコワイだろうけど、しっかり見るんだとニック。ヒロムたちの父は、ヒロムたちに世界を託した。その重さを7歳のヒロムも理解していた。それこそがヒロムが戦う理由。バラバラにするためではなく、もう誰もバラバラにしないためにヒロムたちは戦っている。

ダンガンロイドの加速能力は衰えず、一方のレッドバスターは疲労でスピードが落ちてしまう。スピードの低下をソウガンバスターを宙に投げ捨てる事で補ったレッドバスター。しかしその攻撃力の低下をどう補うのか・・・と思いきや、何と宙に投げたソウガンバスターと手に持ったイチガンブレードを合体!高速で迫り来るダンガンロイドに攻撃を命中させ、シャットダウン完了。

コンテナを守るバグラーを倒し、人々を気遣いながら気絶させていくイエローバスター。だがダンガンゾードは今正にデルタニウムを転送しようとしていた。コンテナの上に張り付いていた少年を寸前で引き剥がして救出したレッドバスター。デルタニウムは転送されてしまう。しかし犠牲は出なかった。
ヒロムの戦う理由を知り、止めることなくヒロムを見送るリカ。ダンガンゾード、タイプγのメガゾードにはやはりゴーバスターオー!ディメンションクラッシュで相変わらずの一撃必殺。

戦いを終えた後、リカはスケッチブックにヒロムとリカと両親のを描いていた。そこには家族を繋ぐように、守るようにたたずむ赤いチーターも描かれているのでした。


感想
ヒロムが戦う理由。それは父から託された想いをしっかりと受け止めているから。決して誰かに言われたからではない。あの時は家族をバラバラにされてしまった。しかし二度とそんな事が無いようにヒロムは戦っている。ニックも家族をバラバラにするのではなく、繋がりを保つためのボディガードだったのでしょう。誰でも無い自分の意思で戦いを続ける。リカも分かってくれたようで、最後の絵は優しい感じがしましたね。
さて今回はメガゾード勢作に欠かせないデルタニウムの強奪事件。人間にメタ細胞を植え付けるのは病院の事件でもありましたが、ああやって使われると非常に厄介ですね。人間を盾にし、更にはコンテナにまで貼り付ける。エンターたちにとっては人間が転送に耐えようと耐えられまいと知ったことではないと。人命は救えたが、デルタニウムは奪われた。設計図、デルタニウムと着々とヴァグラス側に危険な感じが・・・

今回はレッドバスターのスピードに対抗するダンガンロイドの出現。疲労の無いダンガンロイドと、疲労するヒロム。機械と人間の違いを感じました。今回はレッドバスターの同じ特性をぶつけられ、次回はウィークポイントが狙われる。ヴァグラスも本格的にゴーバスターズを潰そうとしてきてますね・・・鶏である事がばれたら、大変な事になりそうです。鶏のメタ細胞を注入するとかw
コメント (10)   トラックバック (6)

R/D 仮面ライダーオーズ

2012-04-28 20:55:37 | 玩具

「変身!」
タカ!トラ!バッタ! タ!ト!バ!  タ!ト!バ! 

ゲーセンで取ってきましたR/D仮面ライダーオーズ。どうやらシリーズの第1弾のようです。


「歌は気にするな」



全身フル可動!のうたい文句の通り、全身がかなり動きます。付属パーツは平手2種とメダジャリバー1本。トラクローは差し替えることも出来ますが、上側を向いてしまうのがどうしても・・・


しかし本当によく動きます。足を開くと立たせにくくなってしまいますが、それ以外は文句無しに動かせるので楽しいです。



「スキャニングチャージ!」

「セイヤー!!」
メダジャリバーも良く出来ています。オースキャナーはついていませんが、フィギュアーツのオースキャナーがちょうど良いサイズでした。OCCのも持たせる事が出来ましたが、ちょっと大き目かも。


第1話からタカキリバにトドメを奪われ、結局あまり出番の無かったタトバキック!最終回や映画では活躍してくれました。

簡単でしたがオーズのプライズ景品でした。1回200円で3回目でゲット。何故かオーズのプライズは簡単に取れます。ダブルは殆ど取れなかったのに。他にも黒猫のフィギュアも200円で取れたので、今回は運が良かったです。未だにプレートをずらす系統は取れる気がしません(苦笑。
コメント

非公認戦隊アキバレンジャー 第4話「禁じられた妄想は青き背徳の痛み」

2012-04-28 07:25:27 | スーパー戦隊シリーズ
非公認戦隊アキバレンジャー 第4話「禁じられた妄想は青き背徳の痛み」

明日から変身しないと発言した美月。というのも、明日から伊豆で2泊3日の合宿があるからであり、決してアキバレンジャーをやめるわけではなかった。合宿中は格闘技に打ち込みたいため、信夫たちに妄想をしないで欲しいという。どのみち、妄想増幅電波は伊豆まで届かず、せいぜい秋葉原近辺だと葉加瀬。どうやらアキバレンジャーは秋葉原のローカルヒーローだったようで。公認への道が一段と遠くなった気がしますw
ならば安心して妄想できる・・・と考えた2人だったが、美月は心配だからと頑なに妄想を禁じる。信夫も「3人そろわない3人戦隊は飛場が来ないサンバルカン」と納得したようでww

そんなこんなで日常に戻った信夫とゆめりあ。妄想さえしなければ敵は来ない。だが目の前の女装カフェを見てはデカレンジャーの「クール・パッション」でテツが女装したのを思い出す信夫。更にグレートファイブが売れてしまったのに落ち込んでいると、さやかが現れた。どうやら会社にこそ泥が入ったため、土曜日だが色々聞かれることになった様子。それを聞いてまたも事件だ!と妄想しかけるが、何とか抑えてさやかと別れる信夫。ところでグレートファイブの代わりに置かれた「銀河刑事ギャビアン」って何だw
ゆめりあは好きな漫画家のサイン会に行ってはあらぬ妄想をしてしまう。妄想禁止はなかなか辛い。しかも妄想&腐れ禁止を誓っている間にも変質者に襲われ、それについても何かしらの理由を考えかけるゆめりあ。

カップルが食事をしているのを見ても、カクレンジャーのスナカケババアを思い出してしまい、禁じられれば禁じられるほど妄想してしまう。と、そこでばったりゆめりあと出会った信夫。2人でいれば余計な妄想もしないはずということで、信夫はゆめりあのコスチュームを決めることに。
イマイチピンと来ない信夫が手に取ったのは、ゲキレンジャーのラブウォリアー・メレの服装だった。そこから始まる信夫の女幹部コスプレ妄想。ゆめりあにはアバレンジャーからリジェ。美月にはボウケンジャーから風のシズカ、アバレンジャーからジャンヌ。葉加瀬にはデカレンジャーからスワンに、アバレンジャーからリジュエル。おまけにさやかにはガオレンジャーのテトム、チェンジマーメイドのさやか、ギンガマンのシェリンダを妄想し、挙句の果てにはマルシーナにシェリンダ、ハリケンジャーのウェンディーヌ、ゴーオンジャーのケガレシアのコスプレを妄想してしまう始末。


そんな妄想をしていると当然の如くステマ乙出現。今回の係長は門前仲町ハシビロコウ。いつから虫縛りだと錯覚していた?
その能力は人々から煩悩を消し去るというもの。煩悩を消され、アニメや鉄道の事を考えなくなった人々は家に帰って座禅をすると言いだした。妄想だからといってやり過ごそうとしたものの、目の前にはシャチークたち。仕方なく変身する2人と、出番が来て盛り上がる葉加瀬。

煩悩だけで戦うアキバレンジャーには分が悪い相手。イエローの不安がる発言に、バイオマンの「さよならイエロー」を思い出すからやめろと信夫。と、変身後の姿で話が進むことを思い出してしまい、それをハシビロコウに利用され、なんとアキバブルーが出現した。
メタな妄想力すら持ち合わせている信夫。これはきっと洗脳パターンだと判断し、洗脳を解こうとするアキバレッド。横に移動しながら対峙するシーンで木にぶつかるなよww
自分を倒して見せろ、思い出せよ、仲間の涙、「お前が可愛かった!」とボウケンジャーの真澄&洗脳されたボウケンイエローの再現。レッドとイエローが洗脳解除を試みるも、一向に効果はない。おまけに仲間の涙はマスクが邪魔で届かないww

喝を入れられ苦戦する2人。そこへ葉加瀬が本物の美月に連絡を取り、本物のアキバブルーが登場した。どちらが本物かのやり取りをすることなく、戦ってあっさり正体をばらす偽ブルー=マルシーナ。背景にマーク出現の名乗りを決めたアキバレンジャー。来ないはずの仲間が来るのは勝利フラグ!ということでハシビロコウを撃破。

ツンデレだけど熱くて良い奴。わざわざ伊豆から来てくれた美月に感謝し、葵のイベント限定グッズをオークションで落そうかと考えていると、美月が登場。葉加瀬たちへの伊豆土産を取り出したそのカバンには、イベント限定のはずのキーホルダーがついていた。イベントが開催されたのは3日前。美月が合宿だからと妄想禁止を始めたのも3日前。美月はイベント参加の抽選に当たり、3日前はそれに参加していたのだった。合宿の日程は1泊2日・・・要はイベントに専念したいから3日前から妄想禁止したとww自分たちを騙して妄想を禁止した美月に怒る信夫とゆめりあでした。


感想
妄想を禁止すればするほど妄想しかけてしまう。今回はこれまで以上に妄想というか、歴代戦隊のネタが多かったなと。しかも話数まできっちり覚えているあたり、信夫がこの物語でどれだけ頼りになるのか、どれだけ妄想を禁止したらやばいのか、よくわかりましたw
良く見るシーンである横に移動しながらの対峙ですが、今回は木にぶつかるという始末。そりゃ先を見据えてなかったらそうなるわなと。おまけにマスクが邪魔で涙が届かないとか、そこは頑張れよマスクw

今回のゆめりあは少年だったりメレだったりしましたが、メレの時は信夫や美月に様付けしているのが良かったです。本当、キャラになりきってるんだなぁ。そんなゆめりあですが、次回は私室公開&母親来訪でどうなることやら。

そういえばモエモエズキューーンって、フィギュアからの変形アリで商品化予定でしたっけ。値段にもよりますが、結構欲しい。
コメント (9)   トラックバック (10)

大怪獣バラン

2012-04-27 07:51:31 | 特撮
「大怪獣バラン」を借りてきて見ました。

日本には生息していないはずの蝶が見つかった。その蝶が生息している地方に向かうが、調査隊2名は謎の死を迎えてしまう。その死の謎を解き明かすために向かうと、その村では「バラダギ様」という神を崇めていた。だがその神様はジュラ紀に生息していた巨大生物・パラノボーダー=バランだった!
バランが村を襲ったと聞きつけ、ただちに防衛隊も出動するがバランにはまるで効き目が無い。そしてバランはムササビのように飛び上がり、太平洋から東京に迫り来る。果たしてバランに勝つ術はあるのか。

バランってモノクロ作品だったんですね。昔から持っている本だとカラーで紹介されていた記憶があるので、てっきりカラー作品だとばかり。さてバラン。正直ムササビのように飛んでるイメージしかありませんでした。怪獣総進撃で出てきたかと思えばキングギドラとの戦いには参戦せず。GMKにアンギラスやバラゴンと出る予定がモスラやキングギドラに出番を取られ、FWでも活躍無し。何というか、非常に私の中では地味な怪獣でした(汗。
しかし今作を見ると、意外と強い怪獣なんだなと。攻撃が殆ど通用せず、海での戦いでは水中から奇襲を行うなどの頭脳プレーも。武器は巨体から繰り出されるパワーぐらいですが、純粋に恐竜が生き残った、といった感じがしてこれはこれで。ただ、ムササビのように飛ぶのはほんの僅か。陸海空を自在に移動はしていますが、空の部分があまり見られなかったのが残念です。すぐさま東京に向かわず、太平洋に向かったのを見ると主な生息場所は水中なんでしょうかね。それと意外と背びれがカッコよかったのと、四つんばいのシーンで「人が入ってるなー」と感じてしまいました(汗。

序盤こそ亡くなった兄の真相を明らかにしようとしていましたが、バラン登場からは専らバランをどう倒すかのみに全力が傾けられていました。ドラマパートが少なかったと思います。攻撃に次ぐ攻撃。なかなかバランに決定打を与えられず、最後の最後でようやく撃破。残り時間を見ていると「本当に終わるのか?」と(苦笑。

まだ地球に隠されている謎。その謎の1つであったバラン。何故神様として崇められてきたのか、どうやって生き延びたのか、何故照明弾を飲み込むのかなど、様々な謎を残しつつ散っていきました。謎丸投げとか言わない。結構楽しめた作品です。バランを見直しました。
コメント (2)   トラックバック (1)

月々の積み重ね

2012-04-27 07:50:20 | アニメ・ゲーム
<ドラゴンクエスト10>発売日が8月2日に決定 30日で1000円、子供向けに無料時間も

もう最初からパソコンでオンラインゲームとして出せば良いんじゃないかと。1ヶ月1,000円が高い・安いは知りませんけども、そこまでしてオンライン化する必要ってあるのでしょうか。やりこめばやりこむほどお金がかかる。面倒だなぁ。

まぁそもそもWii持ってないので買う予定はさっぱりありませんし、夏はデジモン新作をプレイしようと考えています。モバゲーにしろ何にしろ、ゲーム購入後に課金するつもりはありません。安くても積み重なると怖いですしね。安いからといって200円ガチャを回し続けた結果、いつの間にか3,000円近く使っていたので最近反省してます(苦笑。あんだけ回してガオガイガーが1個だけで他全部マイトガインとキングエクスカイザーとかどういうことなの・・・
しかも記憶違いで300円だったようなので、本当、見切りをつけないとなと思いました。
コメント (4)

のろいの・・・

2012-04-26 08:02:41 | 日々の生活
貞子が始球式に登場!ノロい球は見事ノーバウンドで届くも、力尽きる

「マウンドにテレビが運ばれてきて、その中から貞子が出てくる」といった演出でなく、普通に歩いてきたのでホッとしました(苦笑。
リング公開時って、ちょうどビデオの扱いに慣れ始めたころだったんですよ。なので呪いのビデオが怖くて怖くて。今なら呪いのブルーレイとかになるのかもしれませんが、ビデオほどの怖さは感じません。でも貞子は勘弁です。3Dで画面から出てくるのはやめてください。昨日もこのニュース見てから若干当時の怖さ思い出して夜が不安だったぐらいなので(苦笑。

怖い話テレビでやってる時とかは、風呂に入って髪を洗ってる最中、目をつぶるのが怖かったり。つい窓の外を見てしまうという(汗。昔から犬とホラー系は大の苦手ですが、唯一「世にも奇妙な物語」だけは克服できました。当時はあれも怖くて怖くて。一方で母が好きなので、放送日は必ず早く寝てました(笑。

貞子の映画、CMも流れるんだろうなぁ。映画館でも予告とかやりそうだし、ちょっと気をつけなければ。
コメント (12)

これはゾンビですか? OTD 第4話「いや、帰れご主人様」

2012-04-26 07:47:46 | 2012年アニメ
これはゾンビですか? OF THE DEAD 第4話「いや、帰れご主人様」

織戸に勧められたプラモデルにはまる歩。フルメタのAS・アーバレストを街に立たせて、香港での戦いをイメージしているのでしょうか。あの宗介とアルの息の合い具合がたまらなくカッコいいんですよね!最後のラムダパンチ時のBGMが南風というのも素敵ですし、スパロボWであれをBGMにしてとどめを刺すと凄く気持ちよかったり(略。
セラは興味が無いようだが、ハルナは詳しく手に持って遊びだす。が、パーツがすっぽ抜けてしまい落下して破損してしまう・・・こんな除隊は許可しませんw

家族に壊されるのもまたプラモだと織戸。そんな織戸は歩を励ますため、女装癖と向き合い、女装しようと思わなくさせるためにコスプレレストランへと案内する。そこのツンケンコースで待っていたのはサラスだった。どうやらここは吸血忍者の重要な資金源のようで。クラスメイトのアンダーソンまで通っており、意外と人気のあるこのコース。友紀やセラもまた働いていた。

食事を終えて帰ろうとした所、織戸は歩を巻き込んで5人のツンケンしたメイドをデレさせれば支払いタダというコースにチャレンジ。失敗したら10万円。どう考えても普通に払った方が安いだろww
まずは先鋒友紀。これは歩が優しく接してあっさり勝利。続く2番手ハルナは強敵のようだが、歩が友紀の水汲みを手伝っているのを見て自分が注ぐと言い出したため勝利。3番手のセラには料理を作ってもらい味は美味いと褒め、4番手のユーは何もせずとも歩がデレデレしすぎているのが嬉しくなさそうなので勝利。
最後の1人はまさかの三原。あまりの強敵にたじろぐ歩。と、セラに蹴られて天井に刺さっていた織戸が帰還。いきなり好きだ!と叫びだす。何も策が無かったこの発言。しかしいきなり過ぎて三原もデレましたww油断していたためにうっかり本音が出てしまった。三原は織戸のどこが良いんだろう。

帰り際、さらりとユーの名前を呼ぶアンダーソン。どうやら彼も冥界人。それはそれとして、ハルナがバイトをしていたのは歩にプラモデルを購入するためだったようで。何だかんだで責任を感じていたのでしょうけども、肝心のプラモはアーバレストのパチモンでしたとさw


感想
今日の妄想ユーは国府田マリ子さん。B~Dが揃ってプラモ教室。次はC~Eが揃うのかな。
さて今回は大先生側一切無しの日常回。序盤でアーバレストが出てきた時はテンション上がりっぱなしでした。良いですよね、アーバレスト。まさかフルメタ4期よりも先にこれゾン2期で姿を見るとは思ってもいませんでしたが(苦笑。原作も終わってるんだし、やってくれないかなぁ4期。レーバテインの活躍も見たいです。
デレ対決ではまさかの三原と、まさかの織戸で陥落でした。おまけにアンダーソン君が冥界人だという事がさらっと明かされてましたが、意外と重要なのでは(汗。

次回は・・・そういえば予告がタイトルしか分からないのでどんな回になるのか想像がつきません。
コメント (2)   トラックバック (4)