ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

謎その2

2006-08-31 12:50:33 | 仮面ライダーシリーズ
さて料理対決を終え、ようやく本編が進行しそうなカブト。今回はそんなカブトの謎と先取り情報を公開。

①ひよりの秘密・・・・どうやらひよりには何らかの秘密が隠されているのは間違いない。劇場版では天道と**という設定だったが、もしかするとTV版でもその設定が採用されそうな気がする。次週予告で写った一枚の写真。あれは天道家にあった写真らしい。おそらくあの少年が天道で、後ろの2人が両親だろう。この両親だが、ひよりの写真に写っていたものと比べると、似ているのは気のせいだろうか。そして次週予告の最後のワーム。もしかするとあれがひよりか?

②ベルトの秘密・・・・天道が持つライダーベルト。マスクドライダーシステムが完成する以前に身に着けていたのは何故か。以前、天道は加賀美から誰に貰ったかを聞かれ太陽を指差した。劇場版で天道は「俺という太陽」と言っている。つまりあれは天道自身から貰ったベルトではないだろうか。詳しくは映画を観ればわかる。しかし劇場版とTV版がリンクするのかな本当に・・・・

③第6のライダー・・・その名も仮面ライダーホッパー。仮面ライダー1号がバッタの改造人間ということを意識したのかしらないが、モチーフはバッタ。最大の特徴は、パンチホッパーとキックホッパーという2タイプ存在すること。変身者も2人おり、キックホッパーにはなんとあの矢車想が変身。とくるとパンチホッパーは影山か?そうなるとザビーは・・・・(次のネタへ)

④ハイパーソード(仮称)・・・カブトハイパーフォームが用いる武器らしいのだが、どうやらソードにはザビー・ドレイク・サソードゼクターが装着されるとのこと(カブト・ガタックは不明)。結構前から情報としては知っていたのだがガセネタの可能性が大きかったので、あえて伏せておいたが、どうやら本当らしいので紹介する。また各ゼクターごとに違う必殺技があるらしい。

4番目のネタの確証性は無いが、とりあえず、無茶苦茶な展開にならないことを祈る。
コメント

冥王星

2006-08-30 08:24:05 | 日々の生活
別段速報というわけでもないが、最近話題の冥王星除外の件。

しかし何故にここまで話題になるのだろう。別に惑星から外れても、冥王星は存在しているわけであって、大騒ぎするほどのことではない気がする。

というかそもそも何でこの期に及んで惑星から外そうと考えたのだろう。外したところで誰が得するわけでもなく、単に惑星の概念から外れているというだけで外したらしい。

音楽業界にも波紋を広げており、ホルストの組曲「惑星」のCDに近代になって作られた「冥王星」という曲が収録されているらしく、しかもそのCDが発売されたのが除外決定の翌日だか前日。つまり冥王星付きのCDはプレミア物。

まぁセレスだか何だかが加えられるよりはマシな結果では無いだろうか。これ以上増えても憶え難くなるだけだし。もしかすると冥王星人(居るかどうかは知らないが)側からみれば地球が惑星として認められていないかもしれない。

コメント

逆境&宇宙

2006-08-29 09:22:21 | 映画
さてNの部分が中丸ということがわかったところで、最近見た映画のレビュー。

まずは「逆境ナイン」。いきなり廃部の危機に立たされた全力学園野球部。キャプテンの不屈は仲間たちを奮い立たせ、廃部させないためにも甲子園出場を目指すことになるといったストーリー。「逆境」ということだけあって、至る所で逆境に立たされる。まずいきなり藤岡弘、演じる校長から「廃部だ!!」と宣言される。試合前日になって次々とナインが出場できなくなるなど、もう「不運ナイン」の方が正しいくらい、不運なナインである。
最大の逆境が、甲子園をかけた戦いで、125(ぐらい)対0という窮地に立たされる。しかも不屈以外のナインはズタボロ。不屈一人で挑むことになる。野球として成立しないんじゃないのかといいたい。
至る所で笑えるので、見ても損は無い映画。

続いて「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」。「今更?」と言われても、それほど観たい映画でもなかったので、たまたまTVで放送した時に観た。アナキンがダース・ベイダーになるまでの経緯を描いている。しかしそれよりも私はグリーバス将軍というライトセーバー4刀流のドロイド(たぶん)に興味を持った。正直、このキャラが見れただけでも満足。しかしジェダイの騎士が光線銃で敵を倒すのは如何なものか。

以上が最近見た映画。妖怪大戦争より遥かにマシだということを付け加えておく
コメント

100キロ完走

2006-08-28 08:08:40 | 芸能・スポーツ
おそらく感動のフィナーレとなったであろう24時間テレビ。最弱ランナーといわれたアンガールズも無事に完走したそうで。

今回の収穫はKAT-TUNのメンバーである上田と田口の名前を知ったこと。しかし未だにNが誰だか分からない・・・

そういえばこの24時間テレビ。実際は26時間30分テレビではないか。それを何故に「24時間」と銘打っているのだろうか。フジでは「27時間」テレビになっているが。

そして一番謎なのがTシャツの絵。スタジオジブリの協力があったらしいが、どうみても「千と千尋の神隠し」のカオナシにしか見えない・・・
コメント

カブト第30話(味噌汁昇天)

2006-08-27 12:40:56 | 仮面ライダーシリーズ
果たしてこの料理対決は必要だったのだろうかという疑問を残しつつ第30話のあらすじ。

加賀美は神代の正体を岬に打ち明けようとするも、その場に神代がミサキーヌをデートに誘いに来た。岬を逃がし、神代に詰め寄る加賀美だが、神代は自身がワームであることに気がついていない様子だった。

生簀との料理対決に破れた天道はスランプに陥っていた。その間も生簀は京懐石の老舗や寿司屋破りを続けていた。彼が次に目をつけたのは300年の歴史を誇るというそばの老舗「たどころ」だった。たまたまその場に居合わせた田所・加賀美・岬が審査員を務めることに。しかし結果は田所弟の完敗。世界中の料理人のプライドをズタズタにするという生簀に天道は再び料理対決を申し込む。

じいやの弟の下へと料理修行に向かった天道。その修行の内容は「雑巾を料理する」という難題。雑巾ステーキや雑巾うどん、雑巾天ぷらを作るもいずれもじいや弟の納得の行く物ではなかった。その頃生簀は加賀美父主催のパーティで腕を振るい、次々と客人たちを天にも昇る心地にさせていった。悩む天道は外に出ていた。そして腕についた汚れを雑巾でふき取ったその時、天道は修行の意味を察した。物にはそれぞれ本質があり、それを見極めるためには自らを磨くこと・・・・正しい答えを出した天道にじいや弟は伝説の白包丁を授けるのだった。

生簀との料理対決が始まった。しかし天道は現れず、代わりに田所が代々伝わる包丁を携えて登場した。しかしその包丁は錆まくっていた。田所が研ぎなおしていると、天道が白包丁を携えて現れた。テーマである味噌汁の具として大根を使用する天道を嘲る生簀。しかし天道は田所から借り受けた包丁で料理を続けた。そして結果は天道の完勝。物事の本質を見極めた天道の味噌汁は生簀のを遥かに越えていた。生簀ですらその味に完敗を認める。すると生簀はキュレックスワームとしての本体を現し(なぜか)競技場でカブトと決闘する。同じ頃、ガタックとサソードも競技場の入り口付近でワームと戦っていた。キュレックスワームを撃破したカブト。ワーム軍団を粉砕したガタックとサソード。しかしサソードは再びスコルピオワームへと変貌してしまう。動揺するガタックをよそに現れたカブトは猛攻を仕掛ける。それを制したのはガタックだった。そして二人の拳がぶつかり合うのを静観していたのはまたしても謎のライダーだった・・・・

正直終わりの3分くらいでもよかったのでは無いかと思うのは私だけだろうか。面白いといえば面白いのだが、どうもふざけすぎではないかと思った。「じいやは双子」「田所家は伝統あるそば屋」という設定は今後完全にスルーされるであろう。来週はようやく本編に舞い戻る。あの鉄仮面も再登場するようだ。そして遂にひよりが・・・・・・・来週を見逃すな。


余談・・・公式ページの次週予告のカブトの姿が憧れの先輩を陰から見る後輩のように見える。
コメント   トラックバック (6)

24時間

2006-08-26 08:45:40 | 芸能・スポーツ
今日の午後6時半から毎年恒例の24時間(実際はそれ以上あるような・・・)ぶっ通しのほぼ生放送のTVが始まる。毎年思うのだが、本当に24時間見ている人はいるのだろうか・・・・

今年のテーマは「絆」。英語にすると「ネクサス」ということなので、その点はテーマ設定者に盛大な拍手を送りたい。メインパーソナリティはあのKAT-TUN。名前の頭文字がグループ名とは言え、実際亀梨・赤西・田中ぐらいしか私は知らない。むしろその3人以外はTV出演の機会が少ないと思うのは私だけだろうか

それはおいといてこれまた恒例の24時間マラソン。100kmを走るのはどうみても完走できるとは言い切れないお笑いコンビのアンガールズ。正直言ってリタイアする確率の方が高いんじゃないのか?

そして24時間テレビにおける最大の弊害。それは「マイボス~」と「誰よりも~」が一週間(「誰よりも~」はおそらく私の地域のみ)遅れるということ。おかげで今日はヒマ。近くで行われる全国的にも有名であろう花火大会にでも行けばいいのだが、あんな人ごみの中は勘弁して欲しい

そんなこんなで明日のカブトを楽しみにする土曜日になりそうだ
コメント

12年ぶり

2006-08-25 12:35:53 | 芸能・スポーツ
今日のテレフォンショッキングのゲストは昨日の予定通り矢的猛こと長谷川初範さんでした。

下に流れる紹介テロップでは「80年に[ウルトラマン80で初主演]」との紹介がなされていた。そして右下のお名前の上には「元・ウルトラマン80」という感動的(?)な文章が。

残念ながらタモリさんとの会話の中では80の事には触れられませんでしたが、長谷川さんが楽しそうにお話されていたので、それだけで十分でした。

現在はゴルフやカメラなどに凝っておられるそうです。なんにせよお元気そうで何よりでした。
コメント

明日の昼

2006-08-24 12:52:16 | 芸能・スポーツ
フジ系列のお昼時の人気長寿番組「笑っていいとも!」の明日のテレフォンゲストは長谷川初範さん。この方の名前を聞いてピンと来た人もいるでしょう。

そう、長谷川さんは「ウルトラマン80」で80の地球での仮の姿・矢的猛役を演じた方なのです。現在はNHKの朝の連ドラ「純情きらり」に出演なさっています。

とにかく明日の昼が楽しみです。時間がありましたらご覧になってください。


余談・・・・「笑っていいとも!」を最初に変換したら「藁っていいとも!」に変換された。失笑
コメント

秋のメビウス情報

2006-08-23 13:13:07 | ウルトラシリーズ
秋に放送予定のメビウス情報。一部以前お送りした時と違う箇所がありますのでご了承下さい

第21話「虚空の呼び声」高次元捕食獣レッサーボガール
第22話「日々の未来」高次元捕食獣レッサーボガール
第23話「時の海鳴り」時間怪獣クロノーム アンヘル星人トーリ
第24話「復活のヤプール」一角超獣バキシム マケット怪獣ファイヤーウインダム ゾフィー ウルトラマンタロウ
第25話「毒蛾のプログラム」蛾超獣ドラゴリー 異次元人ヤプール
第26話「???の???」ミサイル超獣ベロクロン 異次元人ヤプール 


21・22話はミライと彼にそっくりなバン・ヒロトとの出会いの話だと思われます。にしても「日々の未来」って最終回のようなタイトルな気がする・・・さらになんとバン・ヒロトの母親を火星で殺害したのはあのナメゴン(ウルトラQ)だという噂。これはさらに楽しみ。

23話はマリナ主役編(それだけ?)。

そして24話から遂に超獣が登場!しかも登場する超獣がデザインが素晴らしいバキシムという豪華さ。富士山を背に戦ってくれたらAファンには感涙物だろう。またどうやら映画との連動もあるとのこと。これは益々映画が楽しみになってきた。タロウがどのような登場の仕方をするかに注目。26話はタイトル未定なため、法則に乗っ取って、不明な部分を「?」としました。なんにせよあのベロクロンが登場するだけで満足。

さて遂に復活するヤプール。いずれ紹介でもしようと思う。復活の話が24話というのは意識してのことかは分からないが、A第23話「逆転!ゾフィ只今参上」でヤプールはAに敗北している。そのため復活の話を24話に持ってきたのでは無いかと思われる。ちなみにA第24話「見よ!真夜中の大変身」ではヤプール復活を計画するマザロン人が登場している。このことも関連しているのか?

久々にウルトラファンらしい更新が出来てよかったよかった。



余談・・・・本日WoO最終回。なのにまだ5話までしか見ていない・・・・
コメント (8)

初仕事

2006-08-23 12:51:21 | 日々の生活
夏休みということで、生まれて初めて仕事(アルバイト)をすることに。

金額はともかく予想以上に疲れる仕事だった。商品の数を数えるだけなのだが、その数が半端じゃなく多かった。

一番数えるのに手間取ったのは皿・食器。重なってるは数は異様に多いはで数えるのに1時間近くかかった。

7時間ほど涼しい店内に居たため、外に出た時はまるで地獄のよう。やたらと蒸し暑かった。

苦労の果てに得た初任給。それはメビウスの映画のため・ダイヤモンド・パールの購入資金の一部となるのだった・・・
コメント