ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

MW-ムウ- 第0章 ~悪魔のゲーム~

2009-06-30 23:18:16 | テレビ番組・ドラマ
MW-ムウ- 第0章 ~悪魔のゲーム~

たまにはドラマも見ます。佐藤健さんが出演してらっしゃるのが理由ですけど(苦笑。


今週末に公開される「MW-ムウ-」の数ヶ月前の出来事を描いた作品。主人公の森岡隆志は佐藤健さんで、ヒロインの渡辺ゆかりは谷村美月さん。佐藤さんは仮面ライダー電王の良太郎、谷村さんは生物彗星WoOのアイを演じてらっしゃいました。メインのお2人が特撮出演者なのは嬉しい限り。

とある部屋に閉じ込められた隆志。そこにいた赤と青の服を着た2人の人間。どちらかが自分の家族を殺した犯人で、どちらかが自分の本当の父親。犯人を殺し、その犯人の服の色の導火線を切らなければ幼馴染のゆかりは助けられない・・・大体こんな感じ?
この事件を仕掛けたのは結城美智雄。映画にも出演する重要人物っぽい。

苦難の末、隆志はゆかりを助けに行くわけですが、最後まで結城の罠は続く。自分の家族を守るため隆志は犠牲に・・・


それなりに面白かったんですけど、どうも内容が上手く入ってこない。佐藤さんと谷村さんだけ見てたからなぁ。ついつい「変身すれば良いのに」とか「4タロスいたらなぁ」とか思ってしまう。WoOはアイ吉になれば何とかなるか。
第0章なので結局「MW」が何なのかは分からずじまい。ムウねぇ・・・ウーとかホーなら知ってるけど(笑。確かガンダムSEEDにもこんなキャラがいたような。結局、ムウの情報をどうやって得たかを見せるためだけに、このドラマはあったのか?

何となく映画が見たくなったので劇場をチェック!いつも通り近所では上映されませんでしたとさ(涙。


余談
ドラマ見ながらマインスイーパ。上級難しすぎ。今までクリアしたのは1回だけ。
コメント (2)   トラックバック (3)

行けますん

2009-06-30 18:50:21 | 日々の生活
デジモン10周年記念ライブの件ですが・・・行けません(汗。

メールは送ったけど外れてしまったようで。開始2分後に送ったのに「先着順」で当たらないって、どれほどの応募があったのだろう。

「6月30日まで」に返信メールが来れば当たり。一応まだ5時間ほどありますが無理でしょうね(苦笑。行きたかったけど、こうなっては仕方が無い。当たった方には楽しんでもらいたいですね。
さて8月1日はどんなデジモン記事を書こうかな。


余談
記事書いてる途中でメールをチェックしてたら1件到着。全く関係ないメールでちょっとイラッときました(笑。期待させやがって・・・
コメント (2)

宇宙をかける少女 最終回

2009-06-30 08:20:50 | 2009年アニメ
宇宙をかける少女 最終回「あしもとに宇宙」

感想は書いてませんでしたが、毎週見てました。
最終回・・・ナミが可哀想すぎるだろ(涙。見捨てられて、ベンケイとつつじに拾われなかったらどうなっていたことやら。姉たちも少しは心配しろよと。
結局プリンス・オブ・ダークネスをレオパルドが倒したことで一件落着。意外と戦闘は盛り上がってたので良かった。ネルヴァルの顔が勇者ロボかグレンラガンっぽくて笑ったww


最後まで観たのですが、良く分からないアニメでした。キャラクターは嫌いじゃないけど、結局何がしたかったんですかね。秋葉の成長?人の絆?はたまた別の何か?
毎度毎度謎が次々に出てくるので、事態把握も大変。事情が分かってる人たちだけで進められて、私はおいてけぼりを喰らった感じ。
見ていて面白かったのはやはりブレインコロニーたち。元々レオパルドのキャラに魅かれて見始めたこともありますが、最後まで良いキャラたちでした。レオパルドは勿論、つつじに振り回されっぱなしなベンケイ、色々吹っ飛んでるクサンチッペ、敵か見方かよく分からないけど最後の最後で顔出したり、真っ白になったネルヴァル。彼らがいなかったら見ていなかったかもw
煮っ転がしも良かったですw


何ともあっさり終わりましたが、これはこれで面白いアニメでした。あの野球回が無かったらもう少し何とかなったんじゃないかと思うけど気にしない。
スタッフの皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました。


余談
またミクかw
コメント (2)   トラックバック (4)

咲-Saki- 第13話「微熱」

2009-06-29 09:17:21 | 2009年アニメ
咲-Saki- 第13話「微熱」

いつもより汗多めでお送りしてますw

副将戦開始
いよいよ真のアイドルを決める副将戦開始。雑魚2名も和の応援をする模様。「あたしに勝った1年」それだと大して強く思えません。
藤田プロはこの試合がもったいないと言う。確かに皆実力者同士なのに、運の要素も絡んでくる。特殊な子供を選び分ける大会なのか?にしても年2000試合って(汗。

透華が負けないと信じている一。相手が強ければ強いほど、酷く冷たい透華へと変貌していくという。「それを解かす男が~」で彼氏が出来るわけがないと反論する一。彼女なら出来そうですw
にしても透華の動向って、鬼太郎の妖怪アンテナのような髪の毛見てれば分かりますね。「否!」という台詞で、衣と親族だということを感じました。
「ヒーローの変身を待つ悪役の美学」・・・まぁ進化中に攻撃したデジモンもいますけど。

微熱
緊張の原因は「宮永さんが見てる」かよwwしかもチームの期待で京太郎忘れられてるし。
次第に紅潮していく和。どうやら集中し、ネット麻雀をやっているような環境になった時に覚醒するようで。「のどちゃん発熱、相手は死ぬ!」それなんてエターナルフォースブリザード?ww

天使が舞い降りた和はまるで別人。ネットで対戦したのどっち以上のオーラを感じた透華はじっくりたっぷりねぶりたいようです(汗。
最後の試合まで和の1人勝ち。このまま完全試合を成し遂げるのか。すると透華もなにやら不気味なオーラを醸し出す。最後の透華、カッコよすぎるだろ・・・

今日の衣
会場を抜け出して人気の無い場所にいた衣。相変わらず難しいことを言ってましたが、「幸せは刹那の中にあり」だけは分かった。麻雀で楽しみが共有できないのが悲しいようで・・・


感想
鶴賀学園の打ち手、殆ど映ってないような。でも来週は主役っぽいし・・・何なんだあんた。
今回は麻雀と汗が多めでしたね。待ちがどうとか、リーチしないのかとか色々。相変わらず良く分からないけど、雰囲気は味わえるので良い。しかし汗のアングル多すぎだろw
先週は透華と一の百合でしたが、今週もちょっとそんな雰囲気が。でもやっぱり他の追随を許さない和の咲に対する思い。宮永様が見てるのが緊張の原因で、透明人間になれたら咲の家に行くと(違。
最近の透華は見ていて面白いキャラ。活躍に期待です。今回は台詞多かったな。


次回「存在」。副将戦本番と鶴賀のキャラがメイン?
コメント   トラックバック (47)

ディケイド第22話「ディエンド指名手配」

2009-06-28 22:39:11 | 仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーディケイド第22話「ディエンド指名手配」

ディエンドの世界
士たちが訪れたのは優しい人々に溢れたディエンドの世界。一見完璧に見えるこの世界、ユウスケはすっかり気に入ってしまった様子wしかしいつの間にやらさらわれてしまったユウスケ。クウガなのに(涙。
この世界の優しさはフォーティーンが統べるローチたちにより保たれているものだった。人に優しくしないとローチたちに連れて行かれ、都合のいいように洗脳されてしまう。ユウスケも助ける気持ちはあったのだろう(多分。

そんなローチたちの支配に反抗するのが慎や春香といった仮面ライダーたち。ランスとラルクは剣のライダーかな。しかしこの秩序を乱そうとするライダーたちは、人々にとっての敵。ローチたちにも狙われる始末。士の助けが入り、さらには大樹もディエンドに変身。大樹はかつての慎たちの仲間・海東純一の弟。兄を救うのが目的だという大樹に対し、慎は信用できないという。大樹はかつてローチたちの仲間だった?

大樹がローチたちに操られていたのを救ったのが純一で、その代わりに純一はフォーティーンの支配下に・・・って所だろうか。最近の大樹は良い人に見える。
今週もコンプリートフォーム登場。ケータッチの触れ方がスライドじゃなく、タッチになってるんですね。言われて初めて気がつきました。呼び出したのはキバエンペラーフォーム。ザンバットソードで一掃・・・ちょっと地味(汗。ライオトルーパー強いなww


大暴れだった前回に対し、ちょっと控えめな今回。次回はフォーティーンの大暴れに期待するとします。この先はシンケンジャーの世界に、とあるライダーの世界の予定だそうです。
コメント (10)   トラックバック (3)

第19幕「侍心手習中」

2009-06-28 21:48:55 | スーパー戦隊シリーズ
侍戦隊シンケンジャー第19話「侍心手習中」
OPに源太や折神追加。更にはダイカイオーまでw

さて今回は源太と流ノ介の「侍」についての話。電子モヂカラや海老折神を自作するなど、実力はかなりのものだが侍としての立ち振る舞いがなってない。思えば流ノ介って真面目なキャラでしたね。しばらく笑い担当かと思ってました(汗。
規則正しい生活を送る流ノ介を、黒子に変装して観察する源太。黒子の服装便利だなw

流ノ介は純粋培養の侍。だから中途半端な気持ちで侍ごっこに浮かれている源太が許せないと。源太も自分にその気持ちがあったことを認め、その上で守りたい人がいるから命をかけて戦うと宣言。流ノ介もその部分だけは認めたようです。ここで一気に打ち解けないのも良いですね。
自分が修行の時間に遅れてくれば、殿は必ず何かあると思い駆けつけてくれる。殿を「信じる」のではなく「疑わない」流ノ介。この精神は凄いな・・・そういえば殿はどうやってあの場所を知ったのだろう?


今回の敵はオイノガレ。シタリの命令で女性をさらって、三途の川とかつて繋がっていた井戸を復活させようとする。ドウコクは水切れがひどくて出て来れないのか。それにしてもこのオイノガレ、ゲキレンジャーの五毒拳に似たような敵がいたような・・・
それはさておき油地獄で武器を滑らせてブルーとゴールドを苦戦させるオイノガレ。しかしレッドの炎で一気に敗北。巨大化して油で武装解除させるも、あっけなく敗北。ブルーとゴールドの影に隠れてしまった敵でした。どうせやるなら全折神の合体を解除して欲しかったな。ブルーとゴールドが並ぶと妙に良い感じ。

互いに分かり合えたわけではないけども、これもまた1つの仲間の形。いろんな侍があっていいのでしょう、多分(汗。海老折神の名前を「えびぞう」か「えびたろう」で喧嘩する流ノ介と源太。そりゃ殿も呆れるわw
千明に向上心が見えたのが何となく良かった。


さて次回はいよいよ海老折神変形!単独変形のダイカイオー出陣。このメカは色々と楽しみです。
コメント (6)   トラックバック (2)

身に染みる

2009-06-28 00:11:40 | 日々の生活
ネタに困るとぼやいているのは、書きたいと思った時に書いているせいか。

さて先日webラジオを聴いていると1人暮らしをして感じる実家のありがたみについて語ってらっしゃいました。家族の暖かさも勿論ですが、「ご飯が出てくる」というのも納得。

大学に入って親から離れ、如何に恵まれていたかを痛感。朝起きた時、昼遊び終わった時、夜帰ってきた時にご飯が出来てるってこんなにありがたいことなのかと。私は家事は嫌いではないので、実家にいる時は手伝ってますが、料理だけは未だに難しい。手際よく、レシピも見ずに作れるって凄いことなのだと離れてから実感。

「当たり前」に感じていることも、実は凄くありがたいことだったり、幸せなことなんでしょうね。


お知らせ
今日のヒーロータイムの感想は夜になります。何故テストを受けなければならないんだ。


余談
投稿完了画面、早く変えて欲しい。水着姿はちょっと・・・
コメント (4)

携帯色々

2009-06-28 00:03:13 | 日々の生活
最近の携帯電話?は凄いらしいですね。コンパスや地図などさまざまな機能があるそうで。

携帯電話・・・私は中3の卒業式に買ってもらって以来、同じ会社のを利用しているので、他の会社のはよく知らない。機種の違いも良く分からない。むしろ正直どうでも良い。着メロとか着歌も、ほぼマナーモードだから意味ないし。電話かけた時に音楽が流れたときは驚いた。

思えば携帯利用し始めて6年ぐらいかぁ。初代はカメラが無くて、修学旅行用にカメラ付きの2代目を買ってもらい、カメラが壊れたので3代目へ。そして3代目は洗濯で綺麗にされて4代目の購入(笑。2年ほど今の携帯を使ってます。

買ってもらった当時は「使わないだろう」と思ってましたが、今ではすっかり必需品に。連絡を取れるし、何よりカメラとメモ帳代わりになってくれる。最先端の技術を使った機能も良いけど、私には電話、メール、カメラ、メモ帳、カレンダー、時計機能があれば十分そうです。


余談
試しに弟に記事を読んでもらった。500字を超えているのを読んで「長い」と言われました(苦笑。
コメント

人対ホタル

2009-06-27 21:49:38 | 日々の生活
母に連れられてホタルを見に行きました。最初は目が慣れていなかったのかどこにも見つかりませんでしたが、しばらくすると1匹発見。草むらで時折光ってました。

すると近くの草むらでも光り始め、飛んでいるホタルもちらほらと。これは動画を撮ろう!と思い携帯で撮影開始。

まさかホタル見に行って汗かくことになるとは。片手に携帯なので動きづらく、更にホタルの動きも意外と早い。一応撮影できたのがこの動画。本当は草むらで光ってるホタルの動画もあったのですが、手違いで消してしまいました。あまり期待せずご覧ください。


ホタルとしばらく格闘した後、帰宅。良いものが見れた。ふと空を見上げると先ほど逃したホタルが光ってる!・・・・飛行機かよ(汗。
コメント (2)

勘違いだとしても

2009-06-27 11:49:11 | 日々の生活
この前トンボが飛んでました。もうそんな時期なんだなぁと。

トンボといえば小学校の頃、帰り道で弱っていたトンボを家に連れ帰ったことがありまして。翌朝の登校時にも連れて行ったら途中でどこかへ飛んでいった。
そして昼過ぎの掃除の時間。ふと窓を見るとそこには連れ帰ったトンボと同じ種類のトンボが元気そうに飛んでました。

同じ種類のトンボなんていくらでもいるし、アレが連れ帰ったトンボという証拠は無い。けれども、何となく嬉しい気持ちになりました。
コメント