ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

専用ガイドブック

2010-05-31 07:57:56 | 日々の生活
もうすぐ福岡に行くので、ガイドブックを引っ張り出してきました。これがあれば福岡はバッチリだ!100%迷う!
コメント (2)

荒川アンダー ザ ブリッジ 9BRIDGE

2010-05-31 06:57:05 | 2010年アニメ
荒川アンダー ザ ブリッジ 9BRIDGE

テーレッテー

・第70話「プレゼント」
・第71話「火種」
・第72話「MSB(マッドシツレンブラザーズ)」
・第73話「暴虐の王」
先週、ニノがリクにキスした場面を目撃してからヒトデと化した星。そんな星をシスターのために調理しようと張り切るステラ。ステラはマリアさんのことをキリスト教のマリア様と勘違いしており、リクもそのままにしておこうとしていたところ、星がシスターがマリアに惚れていることを暴露ww「失恋するなら傷の浅いうち」小さくても恋しているのは変わらない。ステラを慰めようとすると、突如ステラが拳王にww
荒川覇者の拳王様曰く、たとえふられても恋する気持ちは失われないから、失恋という言葉は気に食わないようで。気持ちは分かるけどその姿で言うなw
悲しみを背負った拳王ステラはマリアの下へ。何故か代わりに相手をすることになってるリクと、リクを頼る姿をシスターに見せ付けて多分楽しんでるマリアさん。そして発揮されたマリアさんの実力。あの拳王の背後を取ると同時に羊の毛を一瞬で剃りつくした。シスターも初めて会った時に波平カットにされたようで・・・
勝負には負けたステラだが、好きな人の前で気持ちを言えるのは凄い事。こうして荒川最強のヴァルハラコンビが誕生したのでした(汗。


・第74話「本体」
・第75話「一等星」
こちらは星の話。星のトレーラーに人が入り、そこから星しか出てこなかったことに対し「お前の本体はマスクだ!」とリク。リクがすっかり毒されてるw
星は村長とは違い、星がマスクだと認めていた。そして語られる星の過去。かつてプロデューサーに言われるがままに歌い、この河川敷で自作の歌を歌っていた星・・・もとい月。そんな月を見ていたのがニノ。プロデューサーという太陽の光が無ければ輝けない月。だがニノは月が作った歌を好きだと言い、自分で輝く一等星だと告げる。だから星のマスクを被るようになったのかw
実は凄い奴かもしれない。けれどもいいともの話は胡散臭すぎて、妄想かもしれない。果たして真相は・・・


・第76話「荒川一発芸予選」
シスターが眠ってるニノに仕込んだジャーマンw


感想
突っ込みどころ満載なんですけど、ちゃんと良いこと言ってるから困る。例え振られても好きだという気持ちは失われない。好きな人の前で思いを言えるのは凄い事。自分で輝く一等星。笑いの中に織り込んでくるのが上手いですね。

しかし拳王ステラは凄すぎだろうwSEまで北斗っぽかったしw中の人である斎藤千和さんの演技も見事でしたね。
コメント   トラックバック (30)

WORKING!! 第9話「ことりちゃん登場!!」

2010-05-31 06:13:16 | 2010年アニメ
WORKING!! 第9話「ことりちゃん登場!!」

突然宗太に女装を頼む伊波さん。どうやらホワイトデーにお返しをもらったことがばれたらしく、苦し紛れに小鳥遊さんは女の子と説明。伊波さんを男嫌いにした張本人であるオトンもそれを確認しにやってくるため、さぁ大変。「男は狼」・・・羊の顔していても心の中は、狼がキバをむく。そういうものですかね。

ことりちゃん
伊波さんと同じく親バカに苦労させられた宗太。女装に必要な道具も何故か山田がもっていたので、遂に決心して女装。本当に女性っぽくなりました・・どうしてこうなったww佐藤さん命名「ことりちゃん」。そして八千代かぽぷら、山田が小鳥遊の代わりをすれば良かったと今更気づいた佐藤さんw相馬さんは気づいていて言わなかったなw

そして伊波父来店でことりちゃん接客。伊波さんたちは山田が服につけたマイクで会話を聞く。お前ら仕事しろw
なにやら物騒な物を背負っていましたが、その中身は何と銃?!偽物でも店内で披露すんな(汗。ことりちゃんをフォローしにやって来た伊波さんも、さすがにお怒りの様子。店の客にまで手を出しかける父に呆れてその場を離れてしまいました。


お父さんとか・・・
男嫌いになったのは幼少期の「男は狼」発言だけではなかった。本やDVDは男が悪役の物、お化け屋敷や怪談も男。原作だと霊能力者にまで頼んで何かしやがったそうです。
挙句の果てにはカバンに鉄板仕込んで腕力増強。これはひどい。遂にことりちゃんも怒り、伊波父に説教。「伊波さんがどれだけ苦労してるか分かってるのか!」「愛情注ぐのはいいけど、子供は親の所有物じゃないんだぞ!」さすがの伊波父もたじたじで、伊波さんに謝罪する事を約束して帰宅。一方の伊波さん・・・やっとデレ入りましたー!

お父さんがどうでも良くなるくらいに、宗太に惚れてしまった伊波さん。面白くなってまいりました。


感想
いい最終回だった(違。いやー長かったですね。殴り続けてはや9話。ようやく伊波さんが宗太に惚れました。これで更に面白くなるでしょう。
しかし伊波父、改めて見るとやり過ぎってレベルじゃないですね。ここまで来ると親バカで片付けていいのか困る。愛情を注ぐのはいいけど、子供は親の所有物じゃない。子供は親がいいように扱えるものではないでしょう。子供のことを考えない愛情は、親の自己満足ではないかと。
ちょっと話はそれますけど、犬に服を着させているのをたまに見ます。あれは犬が本当に喜んでるんですかね?自分が着せたいから着せてるとしか思えないんですが。かといって犬と会話できないから、喜んでるかもしれないし、喜んで無いかもしれない。難しいなぁ・・・

次回も楽しみ。
コメント (8)   トラックバック (29)

約35cmの記憶

2010-05-30 14:57:27 | 特撮
映画のついでにゲームセンターに立ち寄るとダブルのスーパーサイズソフビフィギュアがあったのでチャレンジ。1回で取れました。もう1つ、ダブルCJとFJのソフビもあったのですが、そちらは落ちかけてるのにもらえず・・・結局取れずじまい。

で、このダブル「プライズ史上最大級!!」ということらしいので、とりあえず開封して組み立てて比較。


でけぇww

さてばらして保存保存っと。次に開けるのはいつの日か。
コメント (4)

ゼロのスタートゥインクル

2010-05-30 14:42:32 | 仮面ライダーシリーズ
「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー」の第1弾「EPISODE RED ゼロのスタートゥインクル」を見てきました。パンフレットは売り切れ。

最初に思ったのが・・・愛理さん、弟さん小さくなってるんですが、特に突っ込みは無しですか?


今回の主役は侑斗と愛理。愛理の婚約者であった桜井侑斗。現在の時間の桜井は電王最終回で消滅してしまいましたが、過去の時間からやって来た桜井侑斗はまだ生きている。もう未来に縛られる事のない侑斗は、桜井とは違う道を歩む事も出来る。そんな侑斗と愛理の切ない物語でした。

物語は戦闘がメインではなく、侑斗と愛理の思いの行方が中心。そのため戦闘シーンはかなり少なめです。電王への変身は2回、ゼロノスへは1回。しかもゼロノスは事情が事情のため、ゼロフォームは活躍できず、他2フォームは戦闘は無し。見に来ていたのは小さな子供が大半だったため、何となく飽きてる雰囲気が・・・?
それを補うためにモモたちの掛け合いを挟んだり、デンライナーを暴走させたという感じがしました。「4ヶ月前からクライマックスだぜ!」は面白かったw

今回登場したピギーズイマジン。柿原さんの笑い声は相変わらず印象的。契約者も契約者なら、イマジンもイマジン。肝心なところで契約者に逃げられるという・・・


未来に縛られず、愛理にも縛られない。でも侑斗は未来などとは関係なく、愛理に会いたいはず。けれども愛理の心には未だに桜井さんの記憶が強く残っており、侑斗と同じ人間とは捉えられていない。ライバルは自分自身。侑斗は桜井さんを越えられるのか。ラストはちょっと感動的でした。

個人的に嬉しかったのが2点。まずは愛理が侑斗に出したコーヒー。TVシリーズではコーヒーに砂糖を入れまくっていた侑斗。そんな彼のために愛理が考えていた甘さ多めのコーヒーが、遂に完成してました。そしてデンライナーの乗客に、「タイムトラブラー・コハナ」「時の間のピアニスト」に登場したピアノの男性っぽい方がいたこと。単に姿が似ているだけの別人かもしれませんが、嬉しかったです。


ちょっと大人向けな感じがしたEPISODE RED。それなりに面白かったです。続くBLUEはこれまであんまり出番が無かったテディが消える!?
コメント (4)   トラックバック (3)

W第37話「来訪者X/約束の橋」

2010-05-30 08:36:46 | 仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーW(ダブル)第37話「来訪者X/約束の橋」

事務所のHPを立ち上げようと、バットショットで写真を撮る亜樹子。しかしその写真の背後には謎の老人の姿が!・・・依頼者でしたwどうもフィリップのことを知っているような素振りでしたが、本当に人間違いなのか?


いつの間にか2人きりの食事になってしまった園咲家。いつの間にかミュージアムの計画も最終段階になり、それを仕切るのは若菜の役目。もうじき支援組織・財団Xからも人がくるという。一方マスカレイドに狙われる冴子。さすがのタブーで一蹴するも、冴子は「あいつ」が来ると何者かの来訪を恐れていた。その頃ホテルには紫髪のイナゴを食べる人が・・・?

翌日も依頼者はやってきて、フィリップを気にしている様子。若菜から連絡があり、フィリップは風都大橋へ。それすら男は止めようとする。
翔太郎から男の正体についてウォッチャマンに調べてもらっていた。そのウォッチャマンは紫髪の人物に、その男を知ってるかと問われ、知らないと答えると襲撃を受ける。足すげぇ上がってるww
そこへちょうど良く駆けつけた竜。女性はホッパーのガイアメモリで変身。アクセルはそれに立ち向かう。素早さに対抗するためトライアルに変身しようとするも、それすら出来ずにアクセルは敗北。現れたシュラウドは、この街に恐怖をもたらす本当の敵・ミュージアムと戦うことこそ運命だと告げる。

若菜から連絡を受けたフィリップは風都大橋へ。だが若菜はフィリップに会いたいがために、狙われていると嘘をついていただけだった。若菜は姉が家を出たこと、そして姉の仕事を引き継ぐ事を告白。それはガイアメモリの流通かと革新を突くフィリップ。
黙ったままの若菜に対し、フィリップは電話で話しかける。「本当の若菜」と「本当のフィリップ」。このまま2人でいられたら幸せだと、2人で街を出ようかとも言う若菜。幸せそうだなぁ・・・

依頼主の正体は脳科学者の山城博士。10年前に死んだことになっており、同じ時期に他の科学者も消えていた。そこへ竜が現れ、山城がある組織に連れ去られて、無理やり研究をさせられていたと言う。家族に会いたいため逃げ出してきたのだ。
その組織とは園咲家が仕切るミュージアム。その元ミュージアムの冴子はスミロドンに狙われ、タブーメモリを手放してしまう。ミュージアムの誇る処刑人。それはスミロドンとホッパーの女性だった。家族であっても裏切り者は許さない。


琉兵衛の検索をかけるも、フィリップには閲覧不可能だった。警察の捜査線上にも何度か浮かんでいた琉兵衛。翔太郎は戦う決意を新たにするも、山城は家族を探してどこかに消えてしまう。
山城の前に現れたホッパー。それに立ち向かうダブルCJ。変身してしまったため、若菜からの電話に出ることが出来ないフィリップ・・・
ダブルは全力のCJXで立ち向かうも、ホッパーは山城を盾にしてプリズムビッカーからの攻撃を防ぐ。そしてホッパーの口から明かされたのは、山城がフィリップの記憶を消したという事。その記憶とは家族の記憶・・・


感想
いよいよ物語が大きく動き始めましたね。最終回へ向けて敵であるミュージアムへの接近、ミュージアムの支援組織・財団Xの登場、そしてフィリップの家族の記憶。盛り上がってまいりましたが、相変わらずアクセルが初めにやられるという(涙。
さて財団Xからの来訪者・ホッパーメモリの持ち主の女性。変身前も後も凄い足技でしたね。人はあそこまで足が上がるのか。ホッパーといえばバッタ。ある意味1号のガイアメモリかもしれませんwそしてホッパーといえば地獄兄弟。

フィリップと若菜が橋の上で会話するシーンは良かったですね。面と向かっていえない若菜の気持ちを察して、敢えて電話で話しかけるフィリップ。電話だからこそ聞きだせることもある。久々のビートルフォンの活躍でした。変身後、意識を失ってしまい電話に出られないというのは寂しい光景でした。

最強フォーム・ダブルCJX。一番の弱点はマキシマムドライブ×4かもしれませんね。時間が掛かりすぎる。だからこそ今回も山城を人質に取られてしまった。能力検索など便利な点もありますが、意外と制約もありますね。

狙われた冴子、加頭順という謎の人物、若菜の決断。来週もミュージアムにひと悶着ありそうです。次回「ミュージアムの名のもとに」。間に合うのかフィリップ。ファングジョーカーも待ち遠しい。


余談
親父=サバーク博士な予感。ダークはゆりのクローンとかそんなんで。
砂漠の使途の面々は面白すぎるw
コメント (10)   トラックバック (10)

epic16「ダイナミックアラタ」

2010-05-30 08:00:22 | スーパー戦隊シリーズ
天装戦隊ゴセイジャー第16話「ダイナミックアラタ」。

ウォースターを倒し、祝杯を挙げる5人。マスターヘッドからは今後何をいかになすべきなのかを考えるように言われる。体力づくり、全ての生き物が幸せに暮らせる方法、クレープで幸せなひと時。思い思いの日々を過ごすも、アラタだけは浮かない顔で、妙な胸騒ぎを感じていた。

嫌な予感が当たったのか、エリ、アグリ、モネが次々に襲撃される。2人が驚く衝撃の敵・・・柱で正体隠したりして上手いと思ってたし、もっと後に正体が分かるかと思ったら、「誰にやられた!」「デ、デレプタ・・・」って正体言っちまったよw
デレプタが許せないのは未熟な護星天使にやられたモンス・ドレイクに仕えていた自分自身。どうやらパワーアップしているようで。何故1人1人襲うのか?
そしてデレプタはアラタをおびき寄せるように流星弾で破壊を初める。その攻撃の1つが崖に当たり、土中から何か意味ありげな箱が・・・


デレプタの所に駆けつけたアラタとハイド。負けたのはウォースターという邪悪な鎧をまとっていたから。モンス・ドレイクのために戦う、ウォースターを守るために戦う。守るものを捨て、最強の存在になったとデレプタ。星を護るゴセイジャーと、ある意味似通っているなぁ。
懸命に立ち向かう2人だったが、圧倒的な力の前に手も足も出ない。デレプタの目的はただアラタを倒すこと。地球を守ること、そして仲間を守ることも天使の使命。ハイドはアラタに全てを託す。
5人がかりでようやく倒せたデレプタ。5人同時だとまた負けかねないから1人ずつ倒したとか、そんな卑怯な事言いませんよねデレプタさん。
「守るべきものがあって、守ってくれる仲間がいる。だから俺たちは・・・強い!」仲間も感じるアラタの変化。しかしそれはアラタが元々もっていた感情。そよ風のような強さ、竜巻のような荒々しさを兼ね備えていた。でも「あ、バニラくださーい」を入れる必要は無いだろうよww

再度天装し、デレプタとの一騎打ち。守るべきものがいるアラタの一閃がデレプタを引き裂き、今度こそデレプタを倒すことが出来た。倒したときの顔のアップがカッコよすぎる・・・!
大きなことを成し遂げたアラタ。しかしあの箱が開き、嫌な予感が・・・?

感想
まさかOPに先週のとどめの場面が使われるとは思ってなかったw
さてガニメデさんの予想通りデレプタが復活。鎧を脱ぎ捨て、パワーアップ・・・したのかなぁ。1人ずつ倒してアラタをおびき寄せるのが、どうにも別の意味に思えてしまう(苦笑。守るべきもの、守ってくれる存在がいるアラタと、守るべきものを捨て去ったデレプタ。強かったのはアラタの方。1人だけの強さではなく、皆がいるからこその強さですね。

次回は新たな敵が出現。そして新しい仲間も?
コメント (8)   トラックバック (2)

ポケスペ35巻

2010-05-30 07:20:42 | 本・音楽
ポケスペの35巻購入。こちらはまだDPt編ですが、既にHG・SS編も始まっているので早くそちらも読みたいです。

さてまずはパールがタタラ製鉄所に行く話から。旅の初めに出会ったルクシオ⇒レントラーと再会し、遂にパールの手持ちに。パールの前にきちんと座るレントラーのカッコよさといったら!良く使ってたなぁレントラー。パールは自転車屋の主人と出会い、リッシ湖へ。

続いてプラチナはキッサキシティのジム戦。まさかの新顔ミミロップ。懐き進化が野性とか、どんだけ楽な世界なんだと。まぁダイパでハガネールが野性で出てきた時はかーなーり驚きましたけどwでも懐き進化なんだから、ミミロルからミミロップへ進化する過程も見たかったかな。
で、ジム戦。ミミロップが倒れるも、「いやしのねがい」でギャロップ復活。何だかエメラルド対アザミ戦を思い出します。アレもハピナスの「いやしのすず」でギャロップの状態異常回復して・・・ギャロップ人気だなぁ。カッコいいから使いたいけど、なかなか機会が無い。

そしてダイヤ。新たにベロベルトが加入。ニックネームは「りー」。進化前のベロリンガから来てるそうで。社長も突っ込んでましたが、多分「べー」や「るー」は既にいるから「りー」なんでしょうね。でも「ろー」じゃダメですか?

そこそこ手持ちが増えてきたダイヤたち。次回はギンガ爆弾爆発。
コメント

牙の記憶

2010-05-29 10:55:23 | 特撮
フィギュアーツの仮面ライダーダブル・ファングジョーカーを購入。



当初は暴走状態になるため、フィリップも使用しないことを心に決めていたファングメモリ。けれども相棒・翔太郎の力もあって、何とか制御に成功。アームセイバーやショルダーセイバー、マキシマムセイバーなどで敵を切りつける牙の切り札。改めて見ると随分とカッコいいフォームですね。ファングメモリの装飾は劇中のと比べるとちょっとがっかりでしたが(苦笑。
各セイバーはパーツの付け替えで再現可能。ただ腕にセイバーを持つのはちょっと厳しかったです。一応ショルダーセイバーが外れるので、再現できなくも無いですが・・・ちょっと短い。


ジョーカー以外ではバランスが悪いのか、ファングトリガー、ファングメタルは出てこないですね。


まぁ出たら出たで、またこのシリーズが増えてお金が飛びますけどもw



ダブルのこのシリーズいじってると、手首の付け替えが多いんですよ。なのでいつ壊してしまうか、若干ヒヤヒヤしながら遊んでます。事実、この前figmaのセイバー・リリィを買って数分で壊しましたからね・・・こう、肩のジョイントがポッキリいきそうな感じに。


「悪魔と相乗りする勇気、あるかな?」そういえば映画のDVD発売してたっけ。余裕が出たら買います。もっと早くこのシリーズに気づいていればスカルも買えたのに・・・無念。


そんな感じのファングジョーカーでした。アバレキラーを彷彿とさせるカッコいいフォーム。夏の映画や今後の活躍に期待します。
コメント (2)

ドーパントメモリ

2010-05-29 09:57:57 | 玩具
26体のドーパント名・変身音が収録された「ドーパントメモリ」が発売されました。デザインはテラーメモリ。ドーパント26体のファイルも付属しており、各ドーパントメモリのデザインは本編中でなかなか見る機会が無いので嬉しいですね。公式サイトで見れますけども(汗。

テラー:叫ぶ顔?でT
タブー:口?でT
クレイドール:?でC
スミロドン:牙か爪でS
ナスカ:地上絵でN
ウェザー:日光・雨・雷・竜巻でW
マグマ:火山でM
ティーレックス:恐竜の頭でT
マネー:コイン4枚でM
アノマロカリス:外見でA
コックローチ:足でC
スイーツ:ケーキでS
バイラス:?でV
バイオレンス:腕でV
アームズ:ナイフと銃でA
バード:鶏でB
アイスエイジ:凍ったI
トライセラトップス:トライセラトップスの頭でT
ライアー:口でL
パペティアー:人と人形を操る道具でP
インビジブル:人が手を広げて消えてるイメージでI
ナイトメア:月を幽霊が悩ませる感じなN
ビースト:野獣っぽい顔でB
イエスタデイ:Y
ダミー:映画に出てきたデスドーパントの鎌をイメージしたDの後にうっすらとD
マスカレイド:顔でM

と、結構最近登場したイエスタデイまでの26体収録なわけですが、ゾーンが無いのは何故w各種ガイアメモリのイラストも面白いですね。


こんな感じで押すたびに音声変化。どこかに端子部分を当てるとドーパント名+変身音。

もちろんダブルドライバーにも対応してますが、発光はしません。ナスカジョーカーとか、ビーストメタルとか、更に遊び方が増えました。
コメント (2)