ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

超進化!

2009-07-31 21:24:48 | 玩具
gooブログの動画容量が小さかった頃、「30秒で超進化させることが出来るか」を試すために撮影した動画。画質は悪いわ、何をやってるのか良く分からないとは思いますが、興味のある方はどうぞ。

グレイモンからメタルグレイモンへの超進化。体を前と後に割って、中からメタルパーツの取り出し、胸を反転させてメタルパーツに交換。グレイモンの尻尾を羽にして、折りたたんであるメタルグレイモンの尻尾を伸ばして・・・分かり辛い(苦笑。

ウォーグレイモンでも試しましたが、上手く撮れませんでした。メタルガルルモンは30秒じゃ無理。そもそも立たない。
コメント

The Grimoire of Marisa

2009-07-31 11:25:18 | 本・音楽
本屋に行ったら偶然発見した「The Grimoire of Marisa」。東方の弾幕が、実際のゲーム画面と魔理沙独自の視点で研究されてる本です。

収録内容は紅魔郷から地霊殿までの弾幕の一部(花映塚を除く)。さすがに全部は掲載されてませんでした。まぁあらゆる弾幕をカラーで掲載したらお値段もさぞかし・・・(汗。ちなみにこの本は新曲と壁紙を収録したCD付きで1575円(消費税含む)。

早速読みましたが・・・太陽やら金閣寺やら、トラウマが一杯(苦笑。
攻略本ではないので「こんな弾幕もあったなぁ」とか「これは苦労した」など、BGMを思い出したり、挑戦した時を思い出したりして楽しんで読めました。プレイ中は弾幕全体を見てる暇なんて、そうそう無いのでちょっと新鮮。


ただ収録して欲しかった弾幕もちらほらと。「マウンテン・オブ・フェイス」は特に。
スペルカードが多いせいか、パチュリーの弾幕が多く紹介されて嬉しかったw
咲夜などの絵も可愛らしかったです。

新作が出る前に読んでみては如何でしょうか。


余談
永夜抄エクストラようやくクリア。
コメント

大正野球娘。 第5話「花や蝶やと駆ける日々」

2009-07-31 07:23:36 | 2009年アニメ
大正野球娘。 第5話「花や蝶やと駆ける日々」

基礎練習
洋服も作り出した呉服屋の雪の家から、内緒で運動着を頂く事に。似合ってるけど、給食当番にしか見えないのは何故?w
打撃より何より、基礎的な能力を鍛えるため一同はランニング。そしてぐったり。基礎は大事だけれども、このままでは死んでしまう・・・ということで、足の速い9人目を探す事に。

記子の情報により、陸上部に向かう小梅たち。するとそこでは菊坂胡蝶が走っていた。この時代に、既にアホ毛らしきものがあったとは!(違。スタートダッシュは良いが、後半落ちてくる胡蝶。しかし乃枝はそんな胡蝶に目をつけ、野球に誘うも断られてしまう。

またも基礎練習でぐったりする一同。「8対8で挑めば」って野球じゃねぇw
9人目に期待するのではなく、自分たちが速くなればいい。ということで、小梅はどこからか車を2台レンタル。本当にどっから持ってきたんだよ(汗。
上手くいきそうではあったが、合唱部に突っ込んでしまい散々叱られる羽目に。しかしアンナ先生は、部員が自分たちで練習法を編み出そうとした事に感心。褒めるところは褒める。良い先生ですね。


新しいドア
胡蝶は鏡子のルームメイトだったのか。
後日、再度胡蝶を誘った乃枝は、胡蝶に盗塁をさせてみる。すると「野球向きの速さ」と言ったとおり、簡単に盗塁成功。100m走の4分の1で勝負できるため、スタートダッシュが良い胡蝶には向いているんですね。「私たちにはあなたが必要なの!」と小梅に言われてもまだ決心はつかない様子。

英語の授業で教わった言葉。「1つのドアが閉まると、他のドアが開く」。既に開いている扉があるのに、長い間閉じたものを見続けてしまう。その開かれたドアを通るかどうかは自分次第。似た言葉をどこかで聞いたような・・・?
閉じたドア=陸上をやめる決心をした胡蝶。先生も走りで負けたら承知しないと応援してくれるのが良い。開かれたドア=野球に向い、遂に9人が揃った。でもまだまだ基礎練習は続くようですw


感想
いよいよ本格的な練習が始まりました・・・が、やはり最初は基礎練習。巴が打撃練習をしたがってた気持ちが良く分かる。打つのは楽しいですから。
体がついていかなかったり、不満があるようですがしばらくは我慢ですね。

さて新メンバーの菊坂胡蝶。長距離は向かないが、塁間ぐらいの短距離なら誰にも負けない速さを誇る期待の新人。大人しそうだけど、熱い気持ちは持ってそうな感じ。今後のメンバーとの絡みに期待です。声は後藤沙緒里さん。

ドアの話は良い話でした。諦めや逃げ出しだと思われるかもしれないけれど、自分の可能性を信じて突き進む。そういう事も大事ですね。


9人いる!・・・のに次回はアンナ先生が長崎へ?練習は?そして小梅に「あの話」ってまさかお見合い!?
コメント   トラックバック (35)

涼宮ハルヒの憂鬱 第18話「エンドレスエイト」

2009-07-31 06:34:46 | 2009年アニメ
涼宮ハルヒの憂鬱 第18話「エンドレスエイト」

「大将野球娘。」にありがとう。

この金と時間の掛かった間違い探しはいつまで続くのでしょう。15527回目。もう解決しようがしまいがどうでも良くなってきた。「ENDLESS」の文字は2回目あたりなら笑ってましたけど、もう笑えねぇ・・・むしろ若干イラッと来た(苦笑。

①普段とは違う演出に「まさか!?」と期待する。
②残り時間で「ダメだ」と判断する。
③本編そっちのけで間違い探しを始める。
④長門の表情に注目する。
⑤ループの回数を確認する。
⑥来週分の記事がもう書ける。
⑦ループ脱出時の記事がいつまで経っても使われない。
そんなことがエンドレス。一応来週は8回目。

たまにはループに気づかない場合でも放送してくれれば・・・いや、それはそれで腹が立つわなw

さよなら消失、また来るエンドレス。
コメント (2)   トラックバック (48)

戦々恐々

2009-07-30 11:53:27 | 芸能・スポーツ
大曲の花火とETC

ETCが休日1000円乗り放題になったことで、秋田県の大曲の花火が「千円恐々」。上手いこと言ったつもりか!(笑。

1000円になる以前から来る人が半端無いですからね、この花火大会。車の渋滞はもちろん、人混みがヤバイ。去年は生憎の雨で、夏なのにかなり寒い。それにも関わらずこの人数↓



これでもまだほんの一部だから恐ろしい。まぁ今年は観に行かないから大丈・・・え?行くの?(汗。


余談
明後日8月1日はデジモンアドベンチャーで子供たちが旅立ってから10周年。ということで感想を書こう!・・・と思いましたが、1話ごとの簡単な感想、去年書いてた(涙。とりあえず手元にデジヴァイスとデジモンアナライザーはありますが、さて何を書いたら良いものか・・・


web拍手を送る
コメント

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第6話「堕ちる心」

2009-07-30 06:47:43 | 2009年アニメ
うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第6話「堕ちる心」

堕ちる心
綺麗な蝶を見つけ、マニアに売れば高値が!と張り切る夏音。この後母親も同じことを言うという、何という邪悪親子w
マリンは相変わらず不安定。一方夏音は闇を恐れないので大丈夫な様子。マリンはこんな風になったのを誰かのせいにして怒りが増す。

日食は長引いていた。夏音母と松本の所にセドナのしもべが現われるも、何やら不思議な雰囲気。次にしもべはマリンと夏音と出会う。マリンは巫女に変身しようとするも、何故か変身できない。その場から逃げ出し、海辺で島唄を聴く2人。すると心が落ち着き、変身できるように。
しかしその頃、ウリンは蝶に包まれて、その指輪は蝶の刻印へと変化していた・・・


ウリン、海へ
一応日食は終わり、皆元通りに。ウリンを発見して喜ぶマリンですが、ウリンの目がどう見ても死んでます(汗。反応も薄いし、指輪を無くして謝っても誠意が感じられない。
闇と共存してきた夏音はともかく、100%ピュアなマリンにとって闇は天敵。対応策は見つからないが、松本はウリンを海に返すように勧める。いずれは力をつけるだろうが、今は幼すぎ。しかしマリンは離れたくないという。

その夜、夏音家を訪れるセドナのしもべ。ウリンは蝶の刻印でしもべの力を吸収。松本が「以前どこかで」と言っていた様に、しもべの正体は亀でした。力を受け入れずに逆らえたのは何故?
力が持てたウリンは自ら海に帰ると告げ、マリンたちの前から姿を消す。


感想
遂にウリンが本格的に闇に堕ちた今回。最終回まであのほのぼのとした雰囲気は戻ってこないんですかね・・・
マリンはピュア過ぎて、闇に抵抗力が無かったので闇に染まってしまったと。大体予想通りでした。「そういう感情もある」と認めれば抵抗できるのでは。

夏音は小島&大島の様子を目撃しても、邪悪オーラを発生させず。そこそこピュアになってきたかと思えば、冒頭の蝶で金儲け発言。まだまだピュア100%には程遠いようでw
娘だけでなく、何気に母親も邪悪オーラの素質あり。蝶を売る話どころか、松本が看板にぶつかった時、何より甲羅を心配。きっと後々商売道具にするつもりだからだろうなぁ・・・とw

何やら不安な展開ですが、次回「離れゆく心」は今回ウリンに力を吸い取られた亀が活躍?しばらくはシリアスな展開が続きそうです。


余談
蝶で反魂蝶を連想したのは私だけで良い。イージーすら最後の方でミスる・・・
コメント   トラックバック (24)

人として軸がもぎれていルンバ

2009-07-30 00:19:55 | アニメ・ゲーム
人として軸がもぎれていルンバ【軸ぶれ×ルンバ×林檎 絶望mix】


文化的過ぎやしませんか?
それにしても空想ルンバは名曲。林檎もびれギームも段々好きになってきた。
コメント

アバレた数だけ

2009-07-29 22:41:22 | スーパー戦隊シリーズ
DVDでアバレンジャー全巻、ようやく視聴しました。

前半は「明るい感じの戦隊だなー」と思ってみてましたが、アバレキラーが出てきた辺りから少しずつシリアスになってきて、アバレマックス辺りで「真面目な戦隊だな」と。すれ違い続けるアスカとマホロがじれったいのなんの(苦笑。誰も信じないアバレキラーと、信じたいから信じ続ける優しいアバレッド。
アバレッドの思いがようやく通じたのに訪れる別れ。アバレキラーが亡くなるシーンは泣きました。「娘との約束があるだろう」なんて、カッコよすぎるにも程があるよキラー・・・

爆竜合体もバリエーションが多かったですね。後半使われなくなり始めたのが残念。合体の中ではオオアバレンオーがカッコよすぎ。キラーアバレンオーも良いけど、斧を投げた後のポーズが最高。やっぱり翼があると、カッコよさは3割くらい増しますね(笑。
マックスオージャとマックスリュウオーもカッコいいのですが、リュウオーの足に合体した2匹は、単に入っているだけなんじゃないかと(汗。
主題歌も良いですね。「アバレた数だけ~」の部分は、ちょっと寂しさがある気がする。勿論、挿入歌も良かったです。アバレブラックが活躍するときに流れる曲が特に。

面白い話が多かったのですが、やっぱり印象に残ったのは「釣りバカ日誌」とのコラボの話と、正月の話。前者はアニメとのまさかのコラボ。ハマちゃんが画面から出てくるわ、話しかけてくるわ、テレビごと移動させるわと、ツッコミどころ満載。
後者の正月は、それまでキラーに関わる深刻な話をしていただけに、落差が良い意味でひどい。七草の説明が始まったときはもう限界でした(笑。


子供との絡みが多いなと思いつつ、主人公たちも魅力的なキャラでした。アスカの真面目な天然っぷりが好きでした。笑里がスーツ姿で現われた時は「誰!?」と本気で思いました。

色々ありますが、要は「楽しい戦隊」でした。明るくて楽しくて、時に真面目で大事なことを教えてくれる。見てよかったです。
コメント (2)

二度手間?

2009-07-29 12:44:36 | 芸能・スポーツ
試写会でラスト10分カット

「結末を見たかったら、お金を払って劇場に観に来て下さい」と解釈した。しかも同じ内容をラスト10分まで見続けろと。2回見たくて行くなら良いけど、10分のためだけに観に行くのは・・・私だったらじれったい。

関係ないですけど、いつからか映画を観に行くと「映画泥棒」の警告が入るようになりましたね。ちょっと怖くて印象に残るキャラクターです。
コメント

1位獲得

2009-07-29 08:29:56 | アニメ・ゲーム
「けいおん!」の放課後ティータイムのアルバムが、オリコンで1位を獲得したそうですね。おめでとうございます・・・買ってませんが(汗。

キャラソンどころか、OP・ED共に買ってません。アニメと原作だけで良いかなぁと。和のが出たら考えるかも(笑。
コメント