ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

新聞、前から読むか、後ろから読むか

2020-08-11 07:25:32 | 日々の生活
 サブタイトルはこの前の金曜ロードショー見たからじゃないです(汗。なずなが可愛かったとか、想像のし甲斐がある良いラストだったとか、ED直前でテロップで「このあと みんなで選ぶ!となりのトトロお気に入りシーン」は心底いらないとか、そんなこと思ってないです。

 さて先日FGOに関する記事が読売新聞に掲載されていまして。早速購入して読んでいた時の話。
 「へー、いきなりインタビューから入るんだー…」
 ペラッ…「5周年記念広告本当に素敵だよね…」
 ペラッ…「ここでFateやTYPE-MOONの歴史に触れるのか…ん?マリーの写真は次ページ?前ページじゃなくて?」
 
 …と、ここまで来てようやく新聞を最後から読んでいたことに気がつきました(汗。新聞の名前とかがデカデカと載っているのが1ページ目だってのは理解しているんですけど、昔っからまず番組欄見ることが習慣になってしまっているので、私の中でそっちが1ページ目なんですよ…
 今でこそテレビの番組表で確認出来たり、レコーダーも多少時間がずれても録画してくれたりもしますが、昔は「特番等で見たい番組の放送時間がずれていないか」を確認するのが今よりもっと重要だったので、朝起きて新聞があったらまず確認するのが番組表でした。あと4コマ漫画。むしろ特に見たい番組が無い曜日は4コマ漫画から確認するのが常だったかもしれない。

 そんなことを思い出しながら新聞を眺めていた夏の今日この頃。そういえば夏休みの宿題で、新聞を読んで何か1つ気になった記事を毎日スクラップしてたっけなぁ…あれは自由研究だったか、はたまた社会科とかの課題だったか…当時の私は何を気にしてたんでしょうね…さすがに番組欄切り取って「これ見ました!」なんてのはやってないと思うけど(苦笑。

 
コメント (2)

出所不明のケットさん

2020-08-06 07:56:00 | 日々の生活
 先日部屋の整理をしながら「ゆゆ式」を見ていた時の話。やっぱ縁が笑ってるのを見るとこっちまで楽しくなるよなー。あー、タオルケットねー、わかるわかるー…で、タオルケットって何?
(追記)タオルケットは使ったことあるし、イメージも湧くけど、タオルとの境目ってどこにあるの?

 「タオル」はちょっと小さめ、「タオルケット」は大きめ。そんなサイズ的な話なんだろうか。でもタオルっていってもバスタオルみたいに大きいタオルもあるわけだから、一概にサイズとは言えないのかもしれない。そもそも「ケット」ってなんだ。「ケトル」は別物だし、ケット、ケット…?

 と、思い悩みつつ、とりあえずネットで調べてみると、タオルケットというのは寝具としてのタオルを表す和製英語で「タオル」と「ブランケット」が組み合わさったものという情報が目に入りました。あぁ、ブランケットの「ケット」なのか!というか、和製英語だったのかコレ!名付けた人は「ブランタオル」にするか「タオルケット」にするか悩んだりしたんだろうかという、変なところも気になりましたが、とりあえず「ケット」の出所が分かってスッキリしました。

 その後も関連情報を目で追っていたのですが…へー、タオル地ねぇ…タオル「地」?そういえば「ゆゆ式」でもタオル地って言ってる…どれどれ…え、タオルを構成しているからタオル地じゃなくて、タオル地で作られているからタオルっていう解釈でいいの?タオル地で作られている服とかもあるの?…あ、調べたら色々出てくる…「タオルハンカチ」って、それもうタオルなのかハンカチなのか…

 …そんなわけでケットさんの出所は判明しましたが、出所がはっきりしていたはずのタオルさんの由来がよく分からなくなってきた今日この頃でした(苦笑。


 …ちなみにこの記事、うっかり2日前に予約投稿していたのを忘れて1時間ぐらい公開状態になっていましたが、そこから加筆修正を加えたので、新しい記事です(汗。
コメント (2)

眠れぬ夜に安らぎを

2020-07-30 07:59:23 | 日々の生活
 枕とか薬の広告みたいなタイトルですが、そういった話ではなく。

 気づけば7月も終わりに差し掛かっている今日この頃。そこそこ暑い日が続きますが、やはりこの時期の天敵といえば蚊。以前教えていただいた対策グッズは購入・使用したのですが・・・
 もう布団に入っていたこともあり、「こんなノロノロとした蚊1匹ぐらい、簡単に退治できるだろう」と安易に考えていた結果、あちこち刺されるわ襲いくせに何故か仕留めきれないわで、そこまで来ると意地になって結局寝て起きて仕留め損ねて寝て起きて・・・という残念なループに陥っていました。まぁいつの間にか倒せていたみたいですが。

 まぁ蚊で眠れないのは蚊を退治すれば(できれば)良い話ですが、それとは全く関係なく何か眠れない日ってありますよね。今ならしょうがないから起きて眠くなるまで漫画を読むなり、とりあえず目をつぶって横になるなりで対応しますが、昔は夜に眠れないこと自体、凄く怖かったなぁと。
 小学生の頃、今でも覚えているくらいに寝付けない夜がありました。隣の親は寝てるし、テレビをつけるわけにも漫画を読むわけにもいかない。恐らく「夜の12時を過ぎたら、日本のみんなが寝ている」みたいな認識があったのかもしれません。1人じゃないのに1人きりのような気がして、とても怖かったのを覚えています。

 ただ、○時間テレビ関連がきっかけだったのか、「夜遅くても働いている人はいる」というのを知り、何だかんだで親が寝た後も勉強していたこともあって、眠れないことへの恐怖自体は薄らいでいったように思います。今でもたまーに変に目が覚めている時もありますが、何だかんだ眠れるので怖くは無くなったなと。

 蚊とのいらん戦いで眠れぬ夜を過ごした朝に、そんなことを思い出す今日この頃でした。


 ・・・ちなみに、今でも覚えているくらいに寝付けない夜に何があったかと言いますと・・・アニメのポケモンのですね、EDのですね、歌詞の一部を忘れてしまいまして。CD発売前だったから歌詞カードなんて持ってないし、でもこっそり起きてテレビつけたら怒られそうだし、でも思い出せなくてモヤモヤする・・・という何ともアレな理由です。
 「最高の・・・ボロボロスニーカー?・・・何かしっくりこない・・・なんだっけ、なんだっけ・・・」とひとしきり悩んだ末に「ボロボロぐつだ!」と気づいた後はぐっすりでしたとさ(苦笑。
コメント (2)

昔懐かしトラックバック

2020-07-15 08:04:27 | 日々の生活
 今年の9月30日で、gooブログのガラケーからの閲覧ならびにトラックバック機能が終了するそうで。トラックバック自体は数年前から受付終了していましたが、今後はブログ面での表示も無くなると・・・

 何だか最早響きが懐かしいトラックバック。送っていただいたら基本的には送り返す、という姿勢だったため、自分から送るというのは殆どしなかったように思います。人様のブログにお邪魔してコメントを書くのは今でもめちゃくちゃ緊張するので、それに比べればトラックバックは「送っていただいた方に返す」という流れからまだ敷居は低かったかなーと。ネットに触れて長いこと経ちますが、時が経てば経つほど緊張感が増している気がする不思議。

 時折、昔トラックバックを送っていただいた方は今、どういったことを書かれているのだろうかと、懐かしくなって検索することもあります。さすがにいただいた方のブログ名を全て覚えているわけではないですが、覚えている名前もいくつかあります。時間が経っても記憶に残るようなブログ名つけられるって、凄いですよね・・・
 ただ、最近はブログ以外にも様々なSNSがありますし、人それぞれ生活があるでしょうから、ブログを更新されていない方、ページが消えている方も時折見かけます。なので続けていらっしゃる方を見かけると嬉しくなりますね。まぁ、前述の緊張感故にコメントを残したりはしないのですが。だってほら、一方的に覚えていたりした場合、気まずいじゃないですか・・・(汗。

 そして9月末のトラックバック機能終了。ブログの更新に大きな影響があるわけではないのですが、それでも終わることには少なからず寂しさと懐かしさを覚える今日この頃でした。
コメント

無いとは知りつつも

2020-07-02 08:22:03 | 日々の生活
 もうそろそろ炊飯器買い替えの時期かなぁとか、昔と比べるとテレビも手の届きやすい値段になった気はするけど、もうしばらく今のままで良いかなぁとか何とか思いながら電器店を探索していると、カセットテープが目に留まりまして。

 昔を懐かしむためか、はたまた私の知らない需要があるんだろうなと思いつつ別の棚に目をやると、今度はMDが目に入りまして・・・あれ、MDってまだ売ってるのか・・・?なんか生産がどうのこうのというニュースを見たような・・・?と頭に?がいっぱい浮かんだ状態で、だったらもしかしてビデオテープがあるかも!と思い探してみたところ、ありませんでした。売り切れたのか、そもそも売っていないのか分かりませんでしたが、何となく寂しさを覚えてしまいました。

 ブルーレイレコーダーが手元にある今となっては、わざわざテレビと配線しなおしてビデオデッキ&DVDプレイヤーを繋ぐといったことはしません。
 ただ、デジモンとかポケモンとかを毎週のように録画していた当時、ビデオテープ1本でもそこそこの出費だったり、ラベルに話数書いたり、親のいらないビデオテープに上書きしたり、ぱっと見綺麗な感じのビデオテープは貴重だからこの作品の録画に使おう!とか、録画時間長めのビデオテープにネクサス録画したなーとか、テレビが修理中でも録画は出来るんじゃないかと謎の発想に至って頑張って録画設定したけど結局何も映って無かったり、ビデオデッキが壊れた時は親に買いに連れて行ってもらったり・・・と、MD、カセットテープと比べた場合、あれこれ思い出が詰まっているのはビデオテープだったので、それがもう無いのは分かっていても少し寂しいなと思った今日この頃でした。

 ちなみにMDは「たびたび録音に微妙に失敗する」「タイトルを間違う」、カセットテープは「ラジオ体操でお世話になる」「めちゃくちゃ懐かしい童謡のテープがあった気がする」といった思い出があります。何であの曲はまともに録音出来なかったのか・・・
コメント

昔の自分とご対面

2020-06-09 08:22:22 | 日々の生活
 以前実家に帰った際、押し入れのなかをゴソゴソとしていると小学校の文集を発見。あぁ、そういえばこんなものもあったなぁと思い、ページを開いてみたところ、私の作文がありまして。恐る恐る読んでみたところ・・・やめろー!それを書くんじゃない!確かに今でも覚えている出来事の一つだけど!それ後々絶対こっぱずかしくなるやつ!ていうか現に今なってるやつ!

 それ以前のもあったと思うけど、何書いたっけなぁ・・・読書感想文載ってたんだっけ、それとも将来の夢とかだっけ・・・気になるけど、なんだか妙に恥ずかしさを覚えてしまう気がして、結局読まずに押し入れを閉じました。

 しかし、ブログの記事もそうですが、昔の自分が書いたものを目の当たりにすると何故こうも照れくささというか、気恥ずかしさを覚えてしまうんでしょうね。当時の私なりの精いっぱいの文章だったから恥じることは無いのだと思いますが、何故かうずうずしてきてしまいます(苦笑。
 
 少なくとも誤字脱字の無い整った文章ならば気恥ずかしさも減るとは思いますが、そういった文章を書けたとしても、いつか見返したら「いやいやいや・・・」とかなってしまいそうな気がしてならない今日この頃。不思議な感覚です。
コメント

世界観の上書き

2020-05-23 07:47:49 | 日々の生活
 昨日の金曜ロードショーで放送されたあの映画ですが・・・開始30分程度でギブアップしました(汗。

 作品の出来栄え云々の話ではなく、視聴途中に妙な違和感というか危機感のようなものを覚えまして。それでこの感覚どこかで味わったことあるなぁと思ったのですが、映画の「ハリー・ポッター」でした。

 私が読んだ「ハリー・ポッター」には挿絵は無く、扉絵のみだったように記憶しています。なのでホグワーツがどうなっているか、ハリーがどんな容姿かなどなど、文章中の描写を頼りにしつつ、想像しながら読んでいました。
 で、映画が公開されて見に行ったわけですが・・・どうにも「頭の中で思い描いていた世界観」と「映画で提示された世界観」との違和感が拭えませんでした。

 もちろん人によって想像の仕方は様々ですし、自分の想像が唯一絶対に正しいというつもりもありませんし、映画の描写が悪いというわけでもないです。ただ、視覚的に「こういう世界だ」と示されると、今後作品を読んでいく際に自分で思い描いた世界観ではなく、映画で示された世界観で想像しかねないのが、どうにも受け入れがたい気持ちもあったと思います。
 以前にも書いたかもしれませんが、他の小説のアニメ化でも同じようなことはありました。大学を舞台にした作品であり、その作品を読んだ時期もちょうど大学生だったということも相まって、通っていた大学を元にイメージを広げていきました。でもアニメで「こうだよ」と示されると、間違ってないんだろうけど私にとっては「違う」もので、元のイメージが崩れかねないので見るのをやめたということもあったり・・・

 で、昨日放送された映画。序盤のカラカラを捕まえようとするシーンは結構なワクワクもんでした。
 でもその後は・・・前述した理由から見るのをやめました。面白かったという話も耳にしますが、私はアレを全部見終わって、自分が想像していた「現実にポケモンがいる世界」を保てる自身はあんまり無いです。影響受けやすいので、脆いんですよ、私の世界観(苦笑。なので多分、この先も私があの作品を見ることは無いと思います。ゲームであの世界観ならなんなく受け入れられたかもしれませんが、実写というのがね・・・

 映像作品の影響を受けることで、自分の想像していた世界観に広がりや幅をもたせたりすることも大事かもしれませんが、自分で思い描いた世界観も大事にしたい気持ちとの折り合いをつけるのが難しいなと感じた今日この頃でした。
コメント

気づけば14周年

2020-05-20 07:56:38 | 日々の生活
 2020年5月20日に当ブログは14周年を迎えることとなりました。ご覧くださった皆様、本当にありがとうございます。

 ・・・やっぱ早いって、1年(汗。ついこの間13周年を迎えたばかりな気がしてなりません。ちょっと前には5000日の話もしましたが、あれからも113日経っています。113日=1年の約1/3なのに、感覚的にはついこの間と思ってしまうくらい、日々があっという間に過ぎていきます。

 ・・・そう、あっという間すぎるのです。故に「5月20日の画像何にしようかなー」とぼんやり考えていたら、気づけば前日。
 「14といえば「14番目の標的」!・・・いやトランプ手元にないし!14体合体のロボとかパッと思いつかねぇ!平成ライダー14番目のライダーのベルト!は実家!あ!森に確か数字が書いた服があったはず!それを並べて・・・1と4のどっちも無い!」と散々焦りまくった結果、今朝方どうにかこうにかトップ画像を撮影しました。行き当たりばったりだったので花の数が足りるかもわからず、竹素材が枯渇中なのでライトの数も不安でした。もっと早くに思いついていれば、色々出来たろうに・・・
 15周年の際にはもっと考えておこうと思います・・・でも、まだ1年あるし、15なら何か色々ありそうだから大丈夫だろう(慢心。
 
 相も変わらずあれやこれやと、見た作品の感想を書いたり書かなかったり、書こうとしたけど上手くまとめきれなかったりと色々です。そういったのを「下書き」として残してもいるのですが、あの時詰まったネタが、今ならスラスラ書ける!なんて都合の良い話が転がっているはずもなく。未熟さを感じます。
 それでも「わざわざ読んでくださった方の期待に恥じない文章・感想を書いていきたいと思います!」なんて宣言できればいいのですが、気負い過ぎるとあーでもないこーでもないと煮詰まりかねないので、これからも気負い過ぎず、なるべく読みやすい文章を心がけていこうと思います。

 そんなわけで今後とも更新していきますので、お時間のある時にでも見ていただければ幸いです。
コメント (6)

全部ひっくるめての映画

2020-05-09 07:22:59 | 日々の生活
 時折WOWOWで「ポケモン映画一挙放送!」とか「コナン映画一挙放送!」とかをやってくれるのは大変嬉しく、最近では「へいせいかめんらいだーの映画一挙放送!」というのをやってくれているのですが・・・
 ドラえもん、クレしん、コナンは普通に見て、普通にダビングしたんですけれども、何故かポケモン映画に関しては無茶苦茶期待していたわりに見る気もダビングする気もあまり起きませんでした。

 それこそポケモン映画は一作目の「ミュウツーの逆襲」から毎年欠かさず、可能な限り公開日に見に行くほど好きなのにも関わらず、何故見る気が起きなかったのか・・・もしかすると、毎年欠かさず映画館に見に行っているからこそ、見る気が起きないのかなと思いまして。
 「ポケモン映画は映画館で見る!」という感覚が染みついているが故に、上映前のポケモン配信の諸注意やら新作ソフトのCM、来年の作品の案内も全部ひっくるめての「ポケモン映画」なのかなーと。
 そういえば昔から前年の映画がテレビ放送されていましたが、あれも視聴こそすれ、録画を何度も何度も繰り返し見た記憶ってあんまり無いんですよね・・・

 その点でいうと、ドラえもんやクレしん、コナンも映画館で見たことが無いわけではないものの・・・クレしん映画って映画館で見たことあったっけか・・・パンフレットは無かったような・・・
 ともあれ、ドラえもんやコナンも映画館で見たことはありますが、何だかんだテレビ放送で見る機会の方が多いため、故に家のテレビで見てもあんまり気にならないのかなーと。まぁ「帰ってきたドラえもん」に関しては映画館でボロボロ泣いた記憶が強すぎるので、なかなか家では見られな・・・いや、普通にテレビ放送の時も家族の前でボロボロ泣いてたな・・・(苦笑。

 家で手軽に、いつでも一時停止できてまったり見られるのも良いですが、上映前後の宣伝込みで一つの映画ってこともあるのかなーと思った今日この頃でした。あ、でも怖い映画の予告は勘弁な!ガルパン見に行って「チャイルド・プレイ」の予告が始まった時は何の嫌がらせかと思いました(汗。
コメント

「1」と「01」

2020-04-30 07:51:10 | 日々の生活
 おかしい・・・ついこの間「あー、平成ってこんな出来事あったんだー」「10連休とかなっがいよなぁ・・・」とか思っていたはずなのに、気づいたら令和になってから1年が経とうとしている・・・おかしい・・・

 というわけで、とっくに令和2年になってはいましたが、元号が平成から令和に切り替わってから1年が経とうとしています。この1年間で令和という元号にもすっかり馴染んだ、というか仕事上会議等々の日付を打つ際に「平成」を「令和」に切り替えることがたびたびあったので、自然と令和に切り替わった感がありますね。学生の頃だったらまた感じ方は違っていたかもしれませんが。

 そんなわけで仕事上のファイル名も「H31」だったところを「R01」にしたりしているわけですが、「R1」と「R01」にしている人の割合ってどっちが多いんでしょうね。
 個人的にはいずれ「R10」になった時、ファイルの並び順が「R1→R10→R2」になるんじゃないかなーと思い「R01」を使っています。作成日時順にすればどっちでも良いような気はしますが、まぁ見た目の問題ですね。「H30」の下に「R1」が来ると、半角数字1個分数字がずれて何かもにょるアレです(苦笑。
 並び順的には0を入れたいけど、ファイル名をすっきりさせたいのであれば0を抜く気持ちも分からんでもなく。ただ、個人的にはレコーダーの番組タイトル編集時にも0を入れて放送日順、タイトル順のどちらでも1~12をすっきり並べたいという気持ちもありまして。

 ここら辺に関しては私の好みの話なので、他の方が作ったファイルの名前をいちいち整理したりはしませんが・・・でも「R元」だけは「わかるんだけど、わからない」感が凄いと思う今日この頃です。正しいんですけどね?数字とアルファベットの並びに漢字が来ると、主張が激しすぎる気がしないでもなく。
コメント