ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

番外特集

2008-02-29 08:53:24 | テレビ番組・ドラマ
今日は4年に一度の2月29日。4年に一度しか年をとらないと思っていたころが懐かしい。次に2月29日の記事を更新するのは4年後か・・・続いてるかな(汗

さて春に公開される電王新映画。敵は、はぐれイマジン・ネガタロスとファンガイア。そのネガタロスがCMで明らかになっているようにベルトでネガ電王に変身。キバと力を合わせて戦う。ところでポスターのオーナー、何でデンガッシャー持ってんすか(笑

さてウルトラマンメビウス。8兄弟はダンディ4に平成3人組、そしてメビウスであることが明らかに。
そしてメビウス外伝は夏発売だそうで。「滅びの遺産」「不滅の魔鎧装」の前後編DVD。一本にまとめて出してほしかったなぁ・・・

明日は3月か。2週間後には沖縄行きか・・・
コメント

マガジン+サンデー=?

2008-02-28 08:30:19 | 本・音楽
マガジンとサンデーが協力して新雑誌を作るそうです。

このニュースを初めて聴いたとき、マガジンとサンデーが廃刊され、新雑誌として生まれ変わると勘違いしてしまいました。

内容は「名探偵コナン」と「金田一少年の事件簿」の名作を掲載するとのこと・・・それだけ?特別な漫画とか掲載されないの?それだけなら別に発行する必要が無いような・・・
折角師弟がそれぞれの雑誌にいるんだから、いっその事コラボ企画で「さよならのごとく!」とか「ハヤテの絶望」とか(汗。

ところで名前はどうなるんだろう。サンデー+マガジンだから・・・
「サンジン」
「マガデー」
「ジンデー」
「デージン」
「サンマガ」

・・・どれもダメだな(笑

しかし、ガッシュが終わった途端、サンデーをそれほど見なくなってしまった。コナンも長いよなぁ・・・
コメント

最高の兄さん

2008-02-27 09:00:05 | ウルトラシリーズ
久々にウルトラ動画で笑いました

ゾフィー兄さんを馬鹿にされたくない方は視聴をお控え下さい。


追記:超ウルトラ8兄弟。残る4名は、やはり初代、セブン、帰マン、A。タロウ、ゾフィー兄さん、80、レオ、アストラ、アグルは出ないのか・・・
コメント (2)

キバ第5話「二重奏・ストーカーパニック」

2008-02-27 08:36:09 | 仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーキバ第5話「二重奏・ストーカーパニック」

1986年
 名護と恵が話していた場所で、会話する音也とゆり。公衆電話か。そういえば22年前はそれほど普及してないんだっけ。音也の留守電に「消えてこの世から」とメッセージを残すゆり。しかし10円おごられてもなぁ・・・
 「ご注文は」「お前だ」と言う音也とゆりの会話に口を挟んだのは、何とガルル。「まずいコーヒーに金は払わない」と店主に挑戦するガルル。犬のように嗅いだ後、一気に飲み干すガルル・・・「釣りはいらねぇ」と1万円を。そんなにウマかったのか。「コーヒー1杯1万円です」なんて普通の喫茶店があったら、ぼったくりも甚だしい。そもそもコーヒー飲まないから別に良いけど。

 ゆりもプールで何かの気配を感じる。

 音也再び喫茶店に。糸こんにゃくと同じくらい許せないガルルに逆襲を目論む。店の前で繰り広げられる音也VSガルル。その頃、スパイダーファンガイアに襲われ、さらわれるゆり。


2008年
 変わった事をアピールするため、自宅でコンサートを開くことになった渡。そういえば結構広い家だっけ。不満をぶつぶつ言うお客の前に立つ渡。それをサポートする静香。静香もよくサポートするよなぁ。何でこんなに世話を焼くのだろう。
 渡コンサート開催・・・もといジャイアンリサイタル開催(笑。緊張のあまり酷い演奏に。ジャイアンより、しずかリサイタルの方が良いかな。バイオリンが致命的に下手だし。
 
 ファンガイアらしき存在に狙われている恵のボディーガードをする名護。そんな名護の弟子にしてもらいたいと話す渡。「名護さんは最高です」。「彼女は最高よ」という某艦長のセリフを思い出した。

 名護に弟子の仕事として、恵を見張るように言われた渡。その傍らには同じく名護から頼まれた人物が。身長・血液型のみならず3サイズまで把握している見張りさん(仮名)。ここまでいくと気持ち悪いのだが・・・って渡尊敬してるし(汗

 所変わってプールに。泳ぐ恵を水中から見守る二人。ただの変態だろ(笑。

 撮影現場にも訪れる2人。「携帯を持って来い」と見張りさん。盗聴器が仕掛けられてるかもしれないからという事だが、それは犯罪。もしかしてこの見張りさん、ただのストーカーじゃないのか?で、あっさりばれると。 

 見張りさんは名護とは無関係だったそうで。

 名護に嫌われることを怖れる渡。普通、恵に嫌われるのを怖れないか?

 これまで戦ってきた理由は、父親のバイオリンから「戦え」という声が聞こえたから。何でバイオリンがファンガイア出現に反応するのだろう。「自分の意思ってもんがねぇのか」とキバット。

 再び恵を護衛する渡。その前に見張りさんが。その正体は恵を独り占めしたいシープファンガイア。恵を助けるため、渡もキバに変身。てっきり正体ばれるかと思ったが、そんなことも無く戦闘開始。
 圧倒的なスピードでキバを翻弄するシープファンガイア。「うわ、速っ!」てキバット(笑。で、ガルルフォームに変身。が、ガルルフォームでも敵わない。恵みに攻撃され、恵へと攻撃対象を変更するシープファンガイア。
 助けに行こうとしたキバGの前に現れる名護。対峙する2人・・・の一方でさらわれる恵。


 現在と過去でさらわれる親子。ガルルと音也の関係にも注目。そして次回、早くもバッシャー登場。あの、ガルルフォーム大して活躍してないんですけど。面白いんだか、面白くないんだか、相変わらず曖昧なポジションにいるキバ。盛り上がらないんだよなぁ・・・


電王新映画に期待大。敵イマジンも変身しそうだし、モモたちも元気そうだし。でもあざとすぎるCD発売はやめて(汗
コメント (2)   トラックバック (9)

水が出た出た

2008-02-26 17:41:57 | 日々の生活
昨日の夕方、ようやく水が出ました。

トイレの水に困り、毎晩温泉に行き、知人宅から水を分けてもらい・・・大変でした。電気やガスが使え、家があるだけでも有難いと思わねば。

まぁ私の家のことはともかくとして、蒼井優さんが日本テレビの新火曜ドラマ「おせん」の主演を勤めることになったそうで。当然見ますとも。久しぶりにドラマ感想を書こう。早く四月が来ないかな。

キバ感想は明日更新予定です。遅くなり申し訳ありません。時間はあるのに見る気がイマイチ起きない。
コメント (2)

バンブーブレード第21話「川添珠姫と鈴木凛」

2008-02-26 09:04:24 | 2007年アニメ
バンブーブレード第21話「川添珠姫と鈴木凛」。20話と21話。この2話は傑作すぎる。

道場で殺陣の練習を行うスーツアクター。劇場版ではシナイダーが復活。まさか「シナナイダー」とか言うつもりでは(汗。新キャラ・シナイガールも登場。一足先に情報を仕入れれるとは羨ましい。「中身」が男だと気づくタマ。中身って言うな(笑。凛のファン度は凄まじく、セリフまで一言一句暗記。もはやファンの域を超えている気がするが。

シナイダーのシャツを着る凛。見た目は大人だが、中身はタマと同レベル。ブレードブレイバーのDVDに食いつき、就寝・・・かと思いきや、目覚まし時計に反応。どうやら時限装置に似ているそうだが、何故それを一発で見抜けるのだ凛。そしてそれを知りながら買ったのかタマよ。

ここから二人の超絶マニアック会話スタート。名場面3位から1位を挙げた凛。タマは10位から語り出し、寝るのも忘れてブレードブレイバー談義。話がシナイダーの所になると、2人とも一歩も譲らず、DVDで確認作業。イエローとブルー適当すぎだ(笑。
シナイダー絶命の場面になると、号泣する凛。「シナイダーはシナナインダー」・・・言いやがった(汗。感情移入しすぎだろう。
結局徹夜をした2人。


アイキャッチ「ブレイバーは家族です」・・・何と言えばいいのやら。


撮影現場に到着。飴を挙げるとき「かわじょえさん」と言っていなかったか?
凛はエキストラで出演するはず・・・が、シナイガールのスーツアクターが怪我をしたため、急遽担当することに。立ち振る舞いまで覚えているのか凛。もう雇えよ監督。タマが演じるのかとも思ったが、身長が足りないな。
で、タマは凛の代わりにエキストラ。緊張しまくりで「たーすーけーてー」とこれでもかと言うくらいの棒読み。バイトの効果はまるで無いような・・・

凛は完璧にシナイガールを演じる。でも「竹刀の錆」って、竹刀は錆びるのか?
シナイガールがタマに襲い掛かる。そして何故かタマにブレードブレイバーが憑依し、バトル開始。ここから急に作画も頑張り始める。熱戦の決着は監督の一喝で終了。そら怒られるわ。

戦う中で「ざわ・・・ざわ・・・」したタマと凛。凛は暗に「敗北を知っているシナイダーのほうが強い」と言う。まさかこれを言いたいがためにこの2話を使ったのではあるまいな(汗
良き友、良きライバルとなった2人。どうやら凛も剣道をやっているようだ。だからタマにも対抗できたんだな。シナイダーの影響で剣道を始めたに違いない。決着は関東大会で。

その頃キリノとサヤは会話。何故顔を赤らめる。百合展開とはこういうものか?ミヤミヤ、サトリ、ダンは特訓。まさかのキャリーの再登場。こちらも関東大会で決着を。ユージは1人道場でコジローのお土産のゴーヤー饅頭の味が気になる。


前回と今回は最高でした。剣道殆ど関係ありませんけど(笑。本格的にブレードブレイバーアニメ化してくれませんかね。


次回、何とあの、原作ではタマに敗北して以来、出番が0に近い外山再登場。おまけマンガでちょくちょく出ている岩佐も再登場。久々に剣道アニメに戻るのか?
コメント   トラックバック (33)

みなみけ~おかわり~8杯目「プールは別腹です」

2008-02-25 09:13:18 | 2008年アニメ
みなみけ~おかわり~8杯目「プールは別腹です」

今週も期待してませんでしたが・・・面白いじゃないか。モブが相変わらず黒かったり、所々の作画の悪さを水着でカバーしてる気がしないでも無かったが、面白かった。何故最初からこれでやらなかった。こんな2期なら許せる。

Aパート
珍しく黒くないモブ・駄菓子屋のオバちゃんが出現。ということは新キャラ?(笑
前回チラシが貼ってあった屋内プールに行くことに。泳げない千秋は「Coogle」で泳げる方法をクグる。
メンバーはいつもの面子。「後1人足りない」・・・このセリフで冬樹到来の予感がしたのは私だけ?
そんな心配も、やたらと足が速い藤岡のおかげで切り抜けた。有難う藤岡。君のおかげであのキャラの登場は無くなった。
一方で、珍しくちゃんと服を着ている保坂。何だろう、まともなのに受けるこの違和感(汗。
当日、久々のタケルも参加。何故か下に水着を着ていることをアピールする一同。お前ら少しは恥ずかしがれよ。懸念されていたマコちゃんも、冬馬のおかげで何とかセーフ。もう男には戻れないのでは?


Bパート
時折色がつくモブはさておいて。いざプールへ。夏奈にあだ名が「姫」であることがバレ、怒る千秋。そして蹴られた内田は、ベガのサイコクラッシャーの如く水の中へ・・・
姫用浮き輪を取りに行く吉野。そこには何故か保坂が。姫用浮き輪=あひる付き浮き輪って(笑
で、いざ姫出陣。それを水中で見守る内田。今日の内田は何なんだ(笑。溺れかけた千秋をお姫様抱っこで助ける藤岡。一方気持ち悪い保坂。
何やかんやで15m泳ぎきった千秋。息継ぎは?にしても怖い泳ぎ方だ。
友人全員が遊びに来ることになった南家。そしてプールに放り込まれる春香。今回の出番殆ど無いな。見事なオチでした

ここからそれぞれの目標発表会。
千秋「25m泳ぐ」
内田「お姫様抱っこしてもらう」誰に?
吉野「この友人を良い方に導くこと」すっかり保護者。
リコ「藤岡君との距離を縮めること」すれ違った藤岡気づいてないんですけど(汗。にしても片方は眼鏡がないと、誰だか分からん。
冬馬「藤岡を極力避けよう」水着姿で気づけよ藤岡。
夏奈「百人入れる家を建てる」藤岡大変だなぁ・・・
春香「世界が平和でありますように」多分この後、争いが(汗


結構面白かったです。何故最初からこれをやらなかったのかと悔やまれる。作画もモブもこの際どうでもいいから、とりあえずこのままで行ってもらいたい。
私の目標というか願いは「冬樹がこのままスルーされますように」です。
コメント (4)   トラックバック (42)

スペシウム発射装置

2008-02-24 08:09:49 | ウルトラシリーズ
小さい頃買ってもらったおもちゃです。

電源を入れると変身音が鳴り、ボタンを押すとスペシウム光線の音が。そして揺らすとウルトラマンが怪獣を投げるときの声と、地面に叩きつけた音が鳴ります。
コメント

#13「惑星脱出」

2008-02-23 21:35:04 | ウルトラシリーズ
ウルトラギャラクシー大怪獣バトル第13話「惑星脱出」。第1シーズン最終回。

ゴモラVSゼットン、レイVSケイト最後の戦い。その戦いは、怪獣が受けたダメージが自分にも伝わると言うレイオニクスバトルだった。怪獣を操る者たちをレイオニクスというらしい。で、その人たちの命を掛けたバトルがレイオニクスバトルと。

自分の身も省みずレイを探しにきたボスとハルナの援護を受けてもゼットンには敵わない。ウルトラマンを倒した波状光線(ゲームでは「ゼットンファイナルビーム」だったはず)を放ち、ゴモラを圧倒・・・ってあれ?その光線って吸収してからじゃないと放てないのでは?出せるけど威力は落ちるのか?そしてハルナを守るため、ゼットンの攻撃をまともに喰らい、倒れるゴモラとレイ。

そんな折、キングジョーブラック登場。ゼットンVSキングジョーブラック。初代ウルトラマン、ウルトラセブンを敗北に追いやった強豪の夢の対決である。しかしこのゼットン。前回も思ったが、やけに人間らしい動きをするゼットンである。


満を持してレイ覚醒!レイモンへと変貌。それに同調するかのようにゴモラもEXゴモラへとパワーアップ!!EXゴモラってFERに出てきた改造ゴモラなような・・・どう見ても正義の怪獣には見えない(笑。第2シーズンはEXレッドキングとか、EXタイラントとか出てきたりして。
EXゴモラ無双が始まった。ゼットン&キングジョーブラックの攻撃をものともせず、反撃に打って出る。何だこの強さは。強い、強すぎる。尻尾が伸びてキングジョーブラックを突きまくる。あの、その装甲セブンのアイスラッガーも通用しなかったんですけど(汗

そしてゼットンに見舞うのは超振動波を超えた超超振動波(仮)。「ガメラ2」で、ガメラがレギオンに見舞ったあの光線を思い出した。レギオン強かったなぁ。あのタイプの怪獣で、あそこまでカッコいい怪獣を見たのは初めてだ・・・
ゼットンも成す術なく敗北。どうせ新武器や新キャラの当て馬ですよ(涙

ウルトラマンの封印を全て解こうとしたが、成功せず、レイの姿に戻ったレイモン。人間ではないことを理由に、ボスたちに別れを告げるレイだが「ペンドラゴンの一員であり、大切な仲間」だと言うボスとハルナの言葉を受け、オキとクマノの下へ。宇宙人と人間と言う枠を超えた良い友情だ。

脱出するペンドラゴン。しかししつこく追ってくるキングジョーブラック。彼らを助けるために現れたのは我らのウルトラマン!!まさかまさかの登場。というか、あの石になったウルトラマンが初代ウルトラマンだとは思わなかった。いや、あれは初代ウルトラマンに良く似たウルトラマンなんだろう多分。私はそう思います。何となくですが。
片手の八つ裂き光輪(しかも珍しく左手)で、キングジョーブラックの片腕を寸断。ギロチンナイフと言ったところか。バランスを失ったキングジョーブラックと共に、落下して行くウルトラマン。そして惑星は炎に包まれた・・・

「ウルトラマンは不死身です」とオキ。生きていることを信じ、いざ地球へ・・・


ということで、1期終了。2期はいつになるか分かりませんが楽しみです。多分カイトが「勝ち続けろ」と言っていたので、それ中心かな。最後の最後で優しさを魅せてくれたカイトだった。
ウルトラマンは生きてるでしょう。ウルトラマンは不死身ではありませんけど。円盤生物に襲来されたセブンが生きていたくらいですから、彼もきっと生きています。

怪獣バトルと言う新しい視点からのウルトラワールドは「楽しかった」。
コメント   トラックバック (1)

せまるニック・オブ・タイム

2008-02-23 08:14:22 | 本・音楽
フルメタ最新刊「せまるニック・オブ・タイム」読みました。

細かいところは後で書くとして、とりあえず賀東さんは、よくここまで考えるものだ。ウィスパード云々の説明はわかりにくいが、レナードの宗介向け説明に助けられた。

今作は伏線回収や、説明補足と言ったところ。正直レーバテインの活躍がもう少し欲しかった。

しかしそれを補うクルツの活躍っぷりに泣けた。あのクルツはもう帰ってこないのか・・・それとも?
コメント