ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

母の奇跡

2006-10-31 16:05:35 | ウルトラシリーズ
復讐を果たしたものの命が尽きようとしているツルギ。「奇跡を起こすことが出来る」そう語るウルトラの母だがツルギは生きている意味がないと拒む。ウルトラの母は「あなたの死を望まぬものがいます」と告げる。それはセリザワだった。

ボガールとの戦いから数日後。未だセリザワ元隊長は帰ってきていない。ランニングに励む一同の下へディノゾールの群れが地球に迫ってきていると連絡が入る。怪獣の出現にボガールが生きているのではないかと疑うマリナとジョージを一喝するリュウ。ディノゾールは元々渡りをする怪獣。以前襲来した個体の足跡を辿っているのではないかと推測される。そこへ「リム」と名づけられたリムエレキングが出現。補佐官がマスコットキャラに任命したのだった。

その時宇宙空間で爆発が起きる。GUYSスペーシーが設置したライトンR30マインにディノゾールが巻き込まれたのだ。「ちょっと可哀想」というコノミに対しリュウは「冗談でもそんな事言うな。怪獣被害で死ぬ人や悲しむ人を減らすためにGUYSがある」と言い1人ガンフェニックスを眺めやる。そこへディノゾール襲来の報が入り、撃退に向かうリュウたち。ブリンガーファンで地面に落下したところをスペシウム弾頭弾でディノゾールの頭部を破壊せしめる。セリザワに託されたGUYSの成長を喜ぶリュウ。

基地に戻った一同を喜んで迎える補佐官とマル。だがディノゾールの極性が反転し頭が2つになりディノゾールリバースとして甦った。飛行は不可能なものの、進行方向にダムがあることが判明。見えない2本の鞭を捉えるのはジョージの動体視力やマリナの聴覚でも難しい。だがリュウはダムがどうなろうと関係ないと言い放つ。ミライは「今のリュウさんはボガールに対する憎しみで支配されていたツルギと同じです。1つでも多くの命を救うためにGUYSがあるって言ったじゃないですか!」と叫ぶ。

ディノゾールリバースを倒す方法として遠距離攻撃を得意とする新たなマケット怪獣・ウインダムの投入を決定する。ウインダムで陽動しスペシウム弾頭弾で殲滅しようというのだ。作戦待機場所に赴いたミライの下へリュウから謝罪の連絡が入る。改めてダムを守ろうと決意する2人。傍らでミクラスが失敗作と判断されていると知ったコノミは不機嫌そうだ。

ディノゾールリバースが作戦ポイントに到達した。ミライはウインダムを召喚し攻撃を命じる。ビーム攻撃をはじき続けるディノゾールR。その隙にスペシウム弾頭弾を放とうとしたガンウインガーだがディノゾールRの背後から放たれる光弾を避け続けなければらなかった。何とか隙を狙ってスペシウム弾頭弾を放つものの。ディノゾールRの右頭部が振り返り、断層スクープテイザーにより全弾打ち落とされてしまう。ウインダムもビームが切れ、接近戦に持ち込もうとしたところで時間切れ。ミライはメビウスに変身し、GUYSの協力を得て立ち向かうも敵の強力なパワーと2本の断層スクープテイザーに圧倒され始める。そしてガンウインガーもディノゾールRの攻撃をくらい、墜落の危機に。

その危機を救ったのは青き光の巨人だった。ガンウインガーを静かに降ろし、メビウスと共に戦いに赴く。2本の断層スクープテイザーを青い巨人が自らの体に巻きつかせている間にメビウスは口元からそれらを寸断する。見事なコンビネーションで次々と攻撃を決める巨人たち。そして彼らの必殺光線によりディノゾールRは見事粉砕された。

戦いの後ミライはセリザワと出会う。ウルトラの母の奇跡が起き、ツルギは復讐の鎧から解放されたのだ。そしてセリザワも解き放たれた。「生きるのです・・・ウルトラマンとして」ウルトラの母はそう告げるのだった。自分の中にウルトラマンがいると感じるセリザワ。ミライは一緒にリュウの下へと行こうとするが、リュウの傍にはミライがいると言いセリザワは去っていった。リュウはあの巨人がセリザワだと信じていた。「ウルトラマンとして帰ってきた」というミライの言葉にリュウはあの青い巨人を「ウルトラマンヒカリ」と命名する。しかしミライ以外は全員却下。メビウスにもヒカリにも負けられないと決意するリュウであった。


ヒカリ初登場。命名はリュウによるものだが実は全く違う理由が存在する(本編とは関係ないが)。しかし「ピカッと光って現れたから」=「ヒカリ」っておいおい。そんなこと言ったらウルトラマンは全員「ヒカリ」と命名されてもおかしくないと思うのだが。それはさておきこのヒカリのデザインは元々はゼノンに採用されるものだったとか。最初はこの姿に違和感を覚えたが、今となってはかっこよさすら覚える。早くSAGA3が見たいものだ。

さて今回注目はライトンR30マイン。一見単なる宇宙機雷だがその名前はウルトラセブン「ウルトラ警備隊西へ」においてキングジョーを破壊したライトンR30爆弾に由来する。キングジョーの機能を停止させたのだからディノゾールくらいわけないだろう(同じ威力だったとして)。

またコノミの「可哀想」も気になった。確かに元々悪意があって地球に来たわけではなく、たまたま通り道だっただけなのに巻き込まれるのはいくら怪獣とはいえさすがに可哀想ではないか。彼女の気持ちもわからんでもない。
コメント

GUYSの誇り

2006-10-31 16:04:55 | ウルトラシリーズ
リュウの放った光線によりツルギは攻撃の手を彼に向ける。だが突如ツルギは落ち着きを取り戻し剣を引いた。次の瞬間ボガールモンスの攻撃によりツルギは崩れ落ちる。メビウスの援護によりツルギは助かるが敵を逃がしてしまう。ミライはツルギの下へ駆け寄り、地球の生命を犠牲にした復讐の愚を説く。一瞬ツルギの心に捨てたはずの感情が甦るが、美しい夕焼けの中「復讐は必ず遂げる」と残し去るツルギ。だが「彼の心に一瞬甦った感情が優しさであるのなら、それは捨てられるはずは無い」そう感じるミライだった。

GUYS基地ではボガール殲滅作戦の内容が説明されていた。孤島に磁場フィールドを発生させボガールを閉じ込め、1200mmシンクロトロン砲で倒すというものだった。しかしメビウスやツルギが現れた場合の対処法は考えられていなかった。作戦のサポート役となる自分たちに出来ること。それは希望を探すことに他ならない。

「ツルギは俺が倒す」ミライにそう告げるリュウ。セリザワ元隊長を入れ物呼ばわりしたツルギを許せないのだ。重荷を背負い続けると知っても彼の決意は固かった。ミライは自らが犠牲になろうともボガールと戦う決意を固めていた。作戦室でキャプチャーキューブによって磁場フィールドに1分間だけ穴を開けメビウスとツルギを救い出す方法が説明されていた。「人類の敵はあくまでもボガール。ボガールを倒しても失われる別の命があれば自分たちのいる意味は無い」そう語る仲間たち。リュウは仲間たちに礼を言い彼らと共に作戦名「Pride of GUYS」を決行する。

その時ボガールモンスがフェニックスネストに接近してきた。ミライはガンウインガーでボガールモンスの誘導に向かう。ミライは仲間たちへ礼を告げボガールモンスを作戦エリアまで誘導することに成功する。そしてコノミの指示を振り切って磁場フィールド内に突入する。磁場フィールドに封じられ暴れだすボガールモンスを見つめるミライ。その背後にはツルギの姿もあった。ボガールモンスはシンクロトロン砲を破壊する。限界が近づいていたツルギはミライに援護を頼む。「僕の仲間たちもついている・・・必ず勝つ!」そしてメビウスとツルギ。赤と青の巨人が並び立った!

始めは慣れない2人だったが徐々に息が合い始める。メビウスのスワローキック張りの蹴りがボガールモンスに命中。ダブルキックで吹き飛ぶボガールモンスだが触手を伸ばし2人を捕らえようとする。2人は空中で巧みに交わし触手を退ける。彼らの攻撃の軌跡は無限大を描いた。そしてメビュームシュートと渾身のナイトシュートが命中しボガールモンスは崩れ落ちる。キャプチャーキューブが照射され磁場フィールドに穴が開く。だがボガールモンスはまだ生きていた。それに気づいたツルギはナイトブレードを叩き込む。ボガールの最期を見届け、復讐を果たすというのだ。メビウスの制止も聞かないツルギ。そして遂にボガールモンスは大爆発。メビウスはツルギを抱きかかえ、間一髪脱出に成功する。作戦成功に沸く一同。横たわるツルギはメビウスに手を差し伸べる。その手を強く握り締めるメビウス。だが彼の手からツルギの手が零れ落ちた。「嘘だと言ってくれ!」リュウの叫びが響く。

すると空から暖かな光が降り注ぎ、ツルギを包みどこかへと連れ去った。異空間で横たわる彼の傍らにいたのは銀十字軍隊長ウルトラの母だった。

ボガール編ようやく完結。ツルギの復讐は果たされたが彼の命も尽きてしまった。果たしてウルトラの母は彼を救えるのだろうか。

今回のポイントはなんと言ってもメビウス&ツルギVSボガールモンス。二大ウルトラマン初の共闘である。CGを生かした空中戦、バックに流れるメビウスの主題歌、そして彼らの攻撃が描いたメビウス(∞)の軌跡。どれをとっても最高だった。そういえばメビウスも瞬間移動できたんだな。

またGUYSの行動も見逃せない。「今まで一緒に戦ってきたメビウスを犠牲には出来ない」。メビウスも彼らの仲間だということだろう。そしてミライを誘導に任命したサコミズ隊長。おそらくミライの行動を読んでいたのではないだろうか。謎の多い人物だ。

次回はヒカリが登場。そしてセブンより早く登場したカプセル怪獣ウインダムも登場だ。
コメント

世界史

2006-10-31 13:14:35 | 日々の生活
最近鍵を紛失した。鍵といっても自転車の鍵。自宅の鍵じゃなくてよかった。友人とコンビニに行った帰りに失くしたので半径100m以内にあるはずなのだがどうも見当たらない。

そんなことはさておき最近世界史を習ったか習っていないかということが問題になっている。必修科目のはずの世界史を習っていないと大学入試に関わるとか関わらないとか(どっちだ)。

実を言うと私も世界史は中学校の頃「歴史」として習って以来学んでいない。高校では「日本史」「世界史」「地理」の選択式だったので迷わず「日本史」を選択。世界史はカタカナが多く範囲が広すぎるので難しく、地理はもとから大の苦手教科なので即刻選択肢から外れた。結果的に日本史を選択。

しかし世界史を学んでいないとそんなに大変なのか?大事じゃないとは言わないが、そこまで問題視する理由はどこにあるのだろう。詳しくは知らないがともかく高校生にとっては補修時間が増える可能性があり、大変な事態だろう。危うく私も渦中に巻き込まれるところだった。だが地理や日本史は履修しなくてもいいのか?問題になっていない気がするのだが。
コメント

ナイトメア・ビフォア・クリスマス

2006-10-31 06:32:55 | 映画
さて本日10月31日はハロウィーン。幼稚園や保育所などではそれにちなんだイベントが行われることだろう。というわけで予告どおり「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のレビュー。

ハロウィーンの町で最も人々を怖がらせることに長けた男ジャック・スケリントン。町の住人たちからはもてはやされる一方で彼はどことなく退屈を感じていた。そんな時偶然クリスマスの町に迷い込み、サンタクロースを目撃したジャックはあることを思いつく。それは自分が人々にプレゼントを配ることだった。

というのが大体のあらすじ(だったような)。初めて見たのは中学生の頃のクリスマス・イブ。たまたまTVをつけたら終了間際だった。それからしばらくして再度放送されたのでそのときに全編を見ることに成功。ハロウィーンの町の住人は誰も彼もが恐ろしい風貌をしているが、心まで恐ろしくはない(約1名を除いては)。皆プレゼントを作るのだがそのプレゼントの方が恐ろしい。ツリーを食べる蛇やら浮かぶ人形やら本当に贈られたらどうすりゃいいんだ。

話はそれだけではなく、ジャックに想いをよせる女性・サニーも登場。彼女も待ちの住人なので姿はつぎはぎの人形だが、町で一番の常識人。彼女の行動が自体を打開する場面もある。そしてラストは・・・・

この映画のどこが好きかと聴かれるとキャラクター&音楽と答えるだろう。何よりジャックがかっこいい。クールといおうか何と言うか。とにかく彼の存在が大きい。耳に残る音楽が多いのも好きな理由のひとつだ。

そんな映画「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」。ハロウィーンに見るもよし、クリスマスイブに見るもよしの映画である。最後はこの言葉で。
トリックオアトリート
コメント

鉄板少女第3話

2006-10-30 07:55:44 | テレビ番組・ドラマ
段々このドラマに興味がもてなくありつつあるがとりあえず感想。

今回の舞台は北海道。ということでカニ勝負・・・なわけだが毎度のことながらカニを食べられてしまい結局ジャガイモ料理に。そりゃ負けるわな。「カニ勝負」なのにカニ使わなかったらダメだろう。

一番気になったのは子供たちから見たアカネたちの印象。アカネは「イモっぽい」ということで「イモ姉ちゃん」と呼ばれ、心太は「カニっぽい」むしろ「バルタン星人っぽい」ということに。よもやこんなところでバルタン星人の名が聞けるとは思わなかった。しかしバルタン星人は元はと言えばセミ人間の改造であるから正確に言えばセミのようなもので、どちらかといえばザリガニのような・・・・・長くなりそうなのでここらで切り上げる。

で肝心の料理勝負だが、このドラマどう見ても料理シーンが適当なのだが。むしろ家族愛を中心に描いているため料理の印象が薄くなりがちだと思う。千手観音化の次は影分身を習得したアカネ。この微妙な特撮も正直いらないんじゃないか?原作はどうなのかは知らないが。

またしても1つの家族の絆を取り戻し(こちらが本業のような・・・・)東京に戻ってきたアカネたち。旅費はどこから出したのだろう。次週は友人の1人を助けるらしい。痩せ過ぎてもいいことはないと思う月曜の朝であった。
コメント (2)   トラックバック (1)

カブト第39話(強敵黒カブ)

2006-10-29 08:45:57 | 仮面ライダーシリーズ
牧野さんはやはり変身できないようだ。どうりで明石の行動が変だと思っていたがそういうわけだったのか。そういえばズバーンはどこへ行った?さてサブタイトルがが果てしなく変なカブト第39話。

あの戦闘後、天道は幾度もHCしたがひよりのいた場所に行くことはできなかった。サルでコーヒーを飲み終えた彼の近くで食事を取っていたのは間宮だった。Hゼクターをかけてカブトとウカワームの戦いが始まった。

怒涛の攻撃をしかけるウカワームだが、Hカブトの力の前には勝てず、ザビーパワーを得たハイパースティングで吹き飛ばされる。そのHカブトの背後からまた新手のワームが現れる。その隙にウカワームは去っていった。その頃風間とゴンは神社で願いごとをしていた。「ずっと大介と一緒にいられますように」そう願うゴンに対し、「世界一の美女に出会えますように」そう願う風間の背後では間宮が倒れていた。夜中まで風間は間宮を看病していた。どこかで出会った気がする風間だが気のせいだと思う。目を覚ました間宮は記憶を無くしていた。

その頃の天道家。「好きな人が出来た」という樹花に対して遂にこの日がやってきたかと相手の素性を激しく詰め寄る天道。だがそれは樹花の友達のことだった。なんとか平静を取り直す天道であった。

ワームとしての記憶の無いまま間宮は自宅へと戻る。彼女の左腕のブレスレットには緑色の石がついていた。どこで何をしていたかを思い出せない間宮。次の日今まで通っていたオペラサークルへと赴く。彼女を温かく迎える一同だったが、いざ歌ってみると思うように上手くいかない。そんな彼女を教師は見放すのだった。だが見放されてなお彼女は歌いたいと願い出る。彼女の熱意は教師を動かした。

オペラサークルのチラシ配りをする間宮。そこで彼女は再び風間と再会する。どこか不機嫌そうなゴンを連れて風間はチラシ配りを手伝い始める。

サルでは神代が大量のラブレターを持って現れた。全てに対して返事を書いた神代は腱鞘炎においても頂点に立ってしまった。そんな彼の願いとは自分とミサキーヌとの間を取り持つことだった。拒否する加賀美だったが彼の熱意は本物だった。そのことを岬に話す加賀美。そこへミサキーヌ専用のかけそば屋台をひいて神代剣が現れた。岬は咄嗟に加賀美と付き合っていると嘘をつき彼もそれに合わせる。あまりのショックに神代は屋台を引く力すら失ってしまった。

天道はひよりのアパートで見つけたレシピを元に調理をしていた。そこへ風間と間宮が現れる。天道の言葉に彼女がウカワームだったことを思い出す風間。地下へ間宮を連れ出し倒そうとするカブトの前に現れたのはドレイクだった。「彼女はもうワームじゃない」と戦いを挑む。そこへワームの心をなくした間宮を始末するためもう一体ワームが現れ、間宮を助けに入るドレイク。ガタックも参戦する。カブトはHカブトとなりワームを一掃。そこでHカブトは間宮が落とした緑の石を拾い上げると別次元に飛ばされてしまう。

花を愛でるもう1人の天道。そこへ現れたのは飛ばされてきたカブトだった。ひよりを見て驚きを隠せないカブト。だがもう1人の天道は憎しみのこもった目でカブトをにらみ、ダークカブトゼクターでダークカブトへと変身する。対峙する2人のカブト・・・


ワームとしての記憶を無くした間宮の物語。そんな彼女に恋をする風間。この関係は岬と神代との関係に似ている。まぁ間宮のほうは切ないが、神代のほうは何故だか笑える。あのラブレターは彼へのファンレターなのか?それはそうと風間よ、自分をボコボコにしたワームの人間体の顔ぐらい覚えていたらどうなんだ?

さてあらすじでは省いたが今週もホッパー兄弟は登場した。変身こそしないもののまだ地獄に落ちきれない影山を諭す矢車という構図。しかも来週は矢車が間宮に恋をしていそうなのだが。どうなるんだろうね一体。そういえば彼らが食っていたラーメンの名前は「兄弟ラーメン 兄貴 塩」と「兄弟ラーメン 弟 味噌」。熱湯注いで4分で出来上がり。

で注目のダークカブト登場。異空間での戦いが始まりそうなのだがそれは次週に持ち越し。にしても恐ろしい姿だダークカブト。全身黒ではなく、胸のプロテクターの部分に赤い線が入っていた。

今週は恋物語。岬と神代、風間と間宮、そして樹花の友人と誰かの恋。あれほど焦りを見せる天道も面白い。すっかり娘の相手を心配する父親となっている天道。やはり樹花と結婚するためには天道という障害を乗り越えなければいけないのだなぁとか思ったりする。

今週の天道&加賀美&ズバーン。ズバーンの腹話術で加賀美に天道様といわせることに成功した天道であった。
コメント   トラックバック (5)

ひとつの恋第3話

2006-10-28 22:00:53 | テレビ番組・ドラマ
久しぶりに土曜日に爆睡。午前11時30分から午後4時30分まで寝てた。たまの昼寝もいいもんだ。見た夢の内容はともかくとして。さて第3話の感想。

まず月丘がとんでもない酒乱(?)であることが判明。「私をふるなんてひどくない?」ってどんだけ自分を高い位置においているんだ。高飛車な女とはこのことか。神崎との食事の場面もジャニーズである亀梨に対して「変な顔」と連呼。亀梨ファンの不評をかわなければ良いのだが。でも「自分だって変な顔」と言われると一気に泣き出す月丘。顔が変というより性格が変なんじゃないか?

それはさておきようやく2人の仲は発展した。今までうやむやだったが仲間たちの協力(騙し)の甲斐あって付き合い始めた。家柄なんて関係なく、ヒロトがヒロトであればいいということで。しかし来週元カノらしき人物が登場し、さらに月丘も倒れそうだ。一体どんな障害が待ち受けているのだろうか。

そういえばよく騙される2人だ。あれぐらいの嘘見抜けるだろう・・・・とか言っておきながら予告で騙されてたりする私。まぁ私もどちらかと言えば騙されるほうだし。時には騙された振りもしているが。

コメント

DEATH NOTE(前編)

2006-10-28 08:55:40 | 映画
さて予備知識がないままデスノートを見ることに。

結構面白かった。原作読者がどうみるかは分からないが、とりあえず未読者でも楽しめた。当初は青山さんと満島さんを見るだけだったのが内容も面白かった。でその感想。

まずデスノートの設定に驚いた。「顔と名前を認識していないと殺せない」ということで同姓同名の人物は死なない。一番最初に気にしたのがこの点だったので早めに教えてもらえてよかった。使い勝手がいいようで悪いんだなこのノート。

Lの登場。「初めましてLです」・・・・ガラガラガラ(崩れ落ちる音)。果てしなく落胆したのだが。抜群の頭のよさと推理力でかなり頼りがいのある人物だと思っていたのだが、一気にさめた。なんか普通過ぎてギャップがあった。甘いもの好きだねぇ・・・

さて満島さんは夜神月(「ライト」はさすがに漢字変換では出なかった)の妹という役。開始20分近くで登場され、出番もそれなりにあったのでよかった。「顔見せ程度で終わるのではあるまいな」という不安は打ち砕かれた。

そして青山さんは警察の人間。若い刑事だがキラ逮捕に自ら参加することを決めていた。多少熱血漢なところもカイトを思い出した。事件に結構かかわりを持っていたので出番も多かった。これまた嬉しいことだ。

その他にも「仮面ライダー響鬼」に出演した細川茂樹さん、「マイボスマイヒーロー」の教師役の香椎由宇さんも出演していた。知ってる人が多く出ることは良いことだ。

面白かったのだが後編は見に行くかどうかは微妙だ。まぁしばらく考えるとしよう。で弥ミサって何なんだ?調べたら第2のデスノートを持つらしいがよくわからん。ただ気になったのがアニメ版の声優が平野綾さんだったことぐらいか。
コメント

特訓特訓また特訓

2006-10-27 11:04:29 | ウルトラシリーズ
金曜日=雨の法則が崩れた。雨が降っていないおかげでそれほど寒くはないが、やはり風は冷たい。

話は変わるがウルトラマンメビウス第34話「故郷の無い男」にはウルトラマンレオが登場する。何をしに現れるのかというと、メビウスを特訓しに来るのだ。光波宇宙人リフレクト星人に敗れたメビウス=ミライにゲン=レオは自らの道着を与え必殺キックの特訓をするという展開だそうだ。

序盤のレオといえばやはり特訓がつきもの。レッドギラス&ブラックギラスのギラススピンに対抗すべくきりもみキックの習得から始まった特訓は計14回(21話で最後)に及ぶ。その内容は凄まじい物だ。

その中でも群を抜いて凄いのがカーリー星人に対抗するための特訓。星人の突撃に対抗すべく先の尖った丸太を避ける特訓(これだけでもかなり危険)をするゲンだが、ダンの「丸太には殺気が無い」という一言でゲンはダンの駆るジープで追いかけられる。ノースサタン星人戦の特訓も凄まじいが、この2つは特訓というよりもう拷問に近い気もするが、とにかくゲンは数々の特訓を経て成長していった。

にしてもこのリフレクト星人だがどうもレオの異次元獣スペクターに似ている気がする。スペクターも光学兵器を跳ね返すのでレオは肉弾戦を挑み勝利。

メビウスとレオのダブルキックが見れるのだろうか。その時の効果音とCGは当時の使ってもらいたいものだ。

コメント (4)

日ハム日本一

2006-10-26 22:52:24 | 芸能・スポーツ
日本ハムファイターズが日本一の栄冠に輝いた(らしい)。これで関連製品が安売りされれば言うことなしなのだが。何はともあれおめでとうございます。

さて新庄がこの試合で引退するということで8回の表(それまで忘れてた)からTVをつけ始めた。その時点で3対1で日ハム2点リードだった。「野球は9回2アウトから」とか言う言葉があったような気もするがたぶん日ハムの勝ちだろうと予想。新庄の前のバッターがホームランを打って4対1に。で日ハムが9回の表を守りきり日本一。

ところで新庄は引退後どうするのだろう。野球解説者?それとも芸能人?いずれにしろ頑張ってもらいたいものだ。
コメント   トラックバック (1)