ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

ラブライブ!スーパースター!! 第11話&第12話(最終回)

2021-10-17 19:56:49 | 2021年アニメ
 というわけで7月から放送が始まり、幾度かの休止を経て「ラブライブ!スーパースター!!」も第11話を経て第12話、最終回を迎えました。

 第11話は「もう一度、あの場所で」。かのんちゃんが歌えなくなってしまった小学校のステージで歌う機会が訪れ、そこで幼馴染である千砂都が、かのんちゃんが本当に歌えるようになって欲しいという願いから、とある行動を起こす話でした。
 下手をすれば再び歌えなくなってしまう可能性もあった、危険な賭けのようにも思えた千砂都の行動でしたが、結果的には功を奏することに。怖くても歌が大好きだという思いは消えはしない。「ラブライブ!」前に再び歌えなくなってしまうのではということは以前から懸念していましたが、「仲間と一緒だから大丈夫」という現状に満足せず、こういう形で払しょくさせるのは良かったですね。かつてかのんちゃんに励まされ、本来のかのんちゃんを知っている千砂都が行動を起こす、というのも良かったです。


 で、続く第12話は最終回「Song for All」。最終回でも信頼と実績のかのんちゃんの絶叫が聴けて満足…なのですが、ステージが無いことに対して「みんなの身に何かあったのでは」と心配するのではなく「ひどいよ!ひどすぎる!こんな仕打ち!」と「嫌がらせをされた」と認識するのはやや不自然に思えました。元々険悪な仲だったなら分かりますけど、友達でしたよね…?まぁその後の迫力満点の「あんまりなんじゃない…!?」が聴けたのは良かったのでプラマイゼロといったところですが(苦笑。

 歌も良いし、大会を終えたかのんちゃんの決意もカッコよかったのですが…全体的にどこか物足りなくも感じてしまいました。まだ本当に始まったばかりで、これから!といったところで終わってしまったので、やや不完全燃焼気味と言いますか。てっきり今回の大会で結果を出さなければ可可が帰国するかと思っていたら、次の春も在籍しているようですし…もしかして猶予は三年間与えられている感じなのか、はたまた東京大会2位という結果が認められて先延ばしにされたのか…そこら辺も分かりません。
 
 ともあれ、今期はここまで。最初はかのんちゃんに魅かれて見始めましたが、いつの間にやら一番の推しはすみれになっていました。かのんちゃんはかのんちゃんで好きなんだけど、やる気に満ち溢れた主人公気質の後半よりも、少々やさぐれ感のある前半の方が好きかもしれません(苦笑。

 いつかまた続きが見たい作品でした。ありがとうございました!
コメント

機界戦隊ゼンカイジャー 第32話「怒るサカサマ!まさかサルかい?」

2021-10-17 10:01:25 | 機界戦隊ゼンカイジャー
機界戦隊ゼンカイジャー 第32話「怒るサカサマ!まさかサルかい?」

 「君の名は。」が2016年、5年前公開って嘘だろ…?

 今回はサカサマワルドによって介人とステイシーをはじめ、多くの人物が入れ替わってしまい、サブタイトルまで回文に。
 体は入れ替わっても声はそれぞれのままで、仕草や表情も本人のまま。朗らかに笑うステイシーには介人が入っている、スタイリッシュな介人にはステイシーが入っているというのが一目で分かる…やっぱ役者さんってすげぇよ…介人やステイシーを演じているんじゃなくて、見た目は違っても介人やステイシー本人にしか見えないもの…
 フリントとゾックスも入れ替わってしまい、ゾックスはフリントの体で変身。ある意味でフリントの初変身となったわけで。彼女もいずれ変身するんじゃないかと思ってましたが、この調子だとなさそうかな…でも特別編でワンチャン…にしても、ゾックスのフリント感凄いっすね。仕草もそうですが、口元が特にフリントっぽい。

 介人はステイシーの体であることを有効活用し、何とトジテンドパレスに突入し、そこでも人助け。あわや捕まってしまうところでしたが、思いがけない人物に助けられることに。正体を見破ったかと思えば手助けしたりと…ボッコワウスの機嫌を取っていたこともそうですが、この鳥が何を考えているのかさっぱり分かりませんね。
 一方でステイシーは介人が自分に無いものを持っていることを痛感することに。
 

 戦闘では介人とステイシー、どちらも互いの変身方法を熟知しているのが良いなぁ…また、ステイシーザーとバトルジャパンを並べる、というのも良かったですね。変身後はゾックスとフリントの入れ替わりは違和感なくてちょっと残念かなと思っていましたが、戦っていたのはあくまでもフリントの体であることをゾックスが気遣うシーンが印象的です。
 巨大戦は空にも地面にも街が広がるサカサマ空間。カオスな状況下でも発揮される「あっちが逆さまなら、こっちはスーパー戦隊様だ!」というゼンカイ脳、恐るべし…

 単なる入れ替わりのカオス回ではなく、介人とステイシーが改めて互いの境遇を認識するきっかけの回でもありました。介人はステイシーがトジテンド内の地位がクダイターに命令できないほど偉くないと知り、更に過酷な世界で同僚はいても仲間はいないことを痛感。ステイシーは介人が周りから思われ、自分に無いものを持っていることを知る…最後に暗い世界で一人たたずむステイシーは何を想っていたのか…今回披露されたステイシーザーの名乗りシーンが、今回限りのモノでなくなって欲しいものですが、果たして。今回ステイシー(中身は介人)に助けられた人々が何らかのきっかけになるのでしょうか。

 次回は学園もの。ターボレンジャー、ファイブマン、メガレンジャーあたりを呼びそうですね。
 
コメント

仮面ライダーリバイス 第7話「窃盗!?スケボー!?俺はカゲロウ!」

2021-10-17 09:34:03 | 仮面ライダーリバイス
仮面ライダーリバイス 第7話「窃盗!?スケボー!?俺はカゲロウ!」

 パッと見頼りないエグゼイドのレベル1が終盤最高にカッコよく見えるとは思いもしませんでした。あの狩崎さんの態度を見ていると、彼もエグゼイドを最後まで見たのかなぁ…と。

 さて今回の敵は4人の覆面窃盗団と行動を共にするチーターデッドマン・フェーズ2。彼らの服装か停学になった体操部の生徒ではないかと目星をつけたものの、マンモスゲノムもイーグルゲノムも決定打は与えられないほど素早く身軽なチーターデッドマンに大苦戦。しかも犯人は意外な人物でした。犯行に至った理由は少々分かり辛かったようにも思えますが「罪をかばうため」で良いのかな。彼が間違っていない、悪いことをしていないことを示すために、自分が悪いことをして盾になろうとしたのかなと。

 一方で一輝を狙う大二…に巣くう悪魔カゲロウ。当初は大二が自分を悪魔カゲロウだと偽って、一輝に対抗心を燃やしている可能性も考えましたが、洗面所で記憶を無くして倒れていたり、カゲロウと対話したりと、カゲロウは本当に存在するようですね。望むものは一輝がいない世界とは、何とも物騒な…
 そんな大二を気にかけていたのがヒロミ。降格された頃は真っ先に闇落ちしそうだと思ってましたが、その後は腐らず真っ当に業務に励んだり、大二のことに責任を感じたりと普通に良い人で驚きました。しかもスパイダーのバイスタンプとドライバーを使って仮面ライダーデモンズに変身!複数の目に、体には蜘蛛の巣が張り付いたかのようなデザイン…カッコいいですね!悪を必ず捕らえる、という責任感の表れが獲物を捕らえる蜘蛛とベストマッチしたのでしょうか。

 …しかし、どうにも話の展開が早いような…前後編にしてとまでは言いませんが、少々話のスピードが速くて、話についていき辛い、感情移入し辛い気もします。ともあれ次回は家族旅行。

 
コメント

トロピカル~ジュ!プリキュア 第33話「Viva!10本立てでトロピカれ!」

2021-10-17 08:58:38 | トロピカル~ジュ!プリキュア
トロピカル~ジュ!プリキュア 第33話「Viva!10本立てでトロピカれ!」

 光るパジャマ15周年ってことは、昔光るパジャマを着ていた子供が大人になって、自分の子供に着せていてもおかしくないってことか…


 さて今回は何故か敵味方巻き込んで突然10本立ての短編集が繰り広げられることに。あと何故かこのタイミングでOPが変わりました。前回のは違いが分かり辛かったですが、今回非常に分かりやすかったですね。また、ほぼ映画の映像で上書きされていましたが、OP映像も一部変わったっぽいですね。

 本編はといえば…侍になったり、謎妖精が出てきたり入れ替わりは本編のみのりん先輩とローラ入れ替わりより面白い気がしたり、サラッとラスボス級のヤラネーダが生まれたりとだいぶカオスでしたが、そんな中、ちゃんと変身シーンがあって何故か安心しました(笑。
 …とか思っていたら、まさかの…妙に気合の入った変身シーンが飛び込んできて驚きました。そしてそこからハートキャッチプリキュアが始まって更にわけわからなくなりました。その後の話に出てきた「無限」もハートキャッチ要素でしょうか?
 終いには新技がネタに使われる有様。声優さん、マジでお疲れ様です…

 で、結局今回はマジで何だったんですかね(汗。最早何が何やらな状態だったんですが、大丈夫?小さなお友達はついてこれてます?いやついてこなくても特に問題ない話な気がしますが。そして次回からは平常運転という…まぁ嫌いじゃないけど、一回限りで良いかなって…
コメント

ウルトラマントリガー 第13話「狙われた隊長~マルゥル探偵の事件簿~」

2021-10-17 07:51:00 | ウルトラシリーズ
ウルトラマントリガー 第13話「狙われた隊長~マルゥル探偵の事件簿~」

 今回は突如隊長が姿を消したことをきっかけに、艦内の捜索や事情聴取の過程でこれまでの出来事を振り返る総集編のようなものでした。
 ケンゴがトリガーに芽生えた光から生まれた存在であること、アキトがパワー、スカイタイプのキーを作り出せた理由、メトロン星人のマルゥルが地球に協力する理由と彼の手に関する秘密、前回トリガーダークの闇を受け入れたこともあってか暗躍を始めるイグニス…といった情報以外は正直あんまり見所無かったなーと(汗。なんか回想も唐突だったように思えますし、特に最後ケンゴがアキトにユザレについて話し始める件は特にそう感じました。

 見返していて思ったのは…個人的にガッツファルコンとパワータイプの存在感が薄いなぁ…と。ガッツファルコンは気づいたら撤退しているイメージです。ガーゴルゴン戦のガッツウィングばりにしっかりと活躍する場面が…あったかもしれませんが印象は薄いと言わざるを得ません。
 また、スカイタイプはサタンデロス戦での一矢が印象的ですが、パワータイプは…サークルアームズでオカグビラぶん殴って倒したことぐらいですかね。マルチ、スカイと比べるとこちらもあまり記憶に残っていません。
 あと、正直なところ隊員の名前を未だに全員覚えていません(汗。基本ケンゴ、アキト、ユナの3人で話を進められるんだもの…個人回でもっと掘り下げて欲しいところですが、そういった話を描く余裕はあるのかどうか。

 ともあれ番組もここから後半戦。未だ闇の三巨人は健在で、トリガーダークの闇もイグニスの中に残ったまま。まだまだ不安の種は尽きない中で、次回はアブソリューティアンの戦士、アブソリュートディアボロが登場!…その話をこっちでやるのは何か違うくない…?あとリブットも登場しますが、正直彼には単体作品の主役を飾ってもらいたいので、ゲスト扱いはあんまり…

 
 一方のギャラクシーレスキューフォースのボイスドラマではセブン21とジャスティスの模擬戦にはしゃぐリブットくんが描かれていました(笑。会話の内容からするに、ジャスティスはクラッシャーモードにならなかったのかなーと。ここにきてセブン21に新フォームが来ても良いんだよ…?
コメント

「メトロイド ドレッド」を遊ぶ その8

2021-10-16 07:03:52 | アニメ・ゲーム
 そんなこんなで「メトロイド ドレッド」、ノーマルモードを2時間50分50秒でクリアできました!

 …とはいっても、前回の3時間20分がほぼ通しでやっていた一方、こちらは道に迷ったりE,M.M.I.に即死させられたり、ボスに負けたりしたらリセットしてやり直した結果のゲーム内時間なので、実際のプレイ時間は3時間を超えていたと思います。

 道を間違えたらやり直し、ボスに負けてもやり直し、アイテムは基本通り道にあるものだけを回収、必要のないところには入らない、雑魚はスルーかカウンター、セーブポイントは極力使わずマップ解放かアダムとの通信後にのみ行う…といった具合に詰められるところは詰めたつもりですが、それでもまだ足りないように感じます。ネットで調べるとあれやこれやと短縮の技が出てきますが…そういうのって自分で見つけたくなるんですよね…

 なので、次回のハードモードプレイの際は短縮できるところが無いかを探しながら遊んでみようと思います。正規ルートではない道を通る…つまりは迷子に等しい…リアルでも迷いっぱなしの私の、迷子の才を今こそ発揮するときだと思います(笑。そうして迷子になった結果、これまで覚えた正規ルートを忘れることも想定済みです(苦笑。

 しっかしまぁ、最初はあれだけ怖かったボスやE,M.M.I.たちも、今ではすっかり怖く…いや後半のE,M.M.I.は怖いわ。特に青いの。お前のE,M.M.I.ゾーン面倒なんだよ!

 そんなこんなで次回はハードモードを遊びます。いやー何回遊んでも楽しいですね!


 …なお、遊び過ぎて配信見忘れたりなんだりした模様。メトロイドドレッド怖い…
コメント

「メトロイド ドレッド」を遊ぶ その7

2021-10-15 07:31:57 | アニメ・ゲーム
 というわけで「メトロイド ドレッド」のノーマルモード2週目をクリアしました。

 時間は3時間20分!探索込みとはいえ12時間かかった1週目と比べるとだいぶ短くなりました。
 実は1週目と2周目の間に、別のセーブデータでハードモードを始めたら、ギャラリーとエンディングリワードがセーブデータごとに記録されることをグラビティスーツ入手したあたりで気がつきまして。で、仕方ないので最初のデータでやり直したら序盤から迷いまくったのでやり直し!ということで、通算4週目ぐらいの感覚です。

 初回はフル装備だったにも関わらずめっちゃ苦戦したラスボスも、ミサイルの弾数が少ないためやや苦戦しつつ、試してみたかった攻略法も的中して一発クリア!あんだけ負けたら慣れるってもんですよ!…まぁ、大して慣れていないボスにボッコボコにされましたけども。ついついフラッシュシフトのこと忘れちゃうんですよね…あと「フラッシュシフト」って言おうとして「エイシンフラッシュ」って言い間違える私の脳、だいぶウマ娘に染まってません?(苦笑。

 出来ることなら3時間を切りたいところですが、そのためにはマップ、特にE,M.M.I.ゾーンでどこに行けばいいかを把握するのが大事かなーと。彼らにも散々捕まったおかげでカウンターの成功率は上がり、現在のプレイでは4回連続で成功しています…ただ、それは4回捕まったということですから、なるべく捕まらないように行動したいですね。
 マップも後半はあまり迷うことが無いのですが、序盤がやや迷いやすい印象を受けます。行ける範囲は狭いのに迷うってのも不思議ですが。

 あとはボスは…ロボットと飛んでる虫とでっかい虫の3体が個人的に鬼門ですね…特に飛んでる虫は何回戦っても慣れない。アイツにこそストームミサイルを使いたいのに。


 ということで現在は3時間切りを目指して3週目をプレイ中です。とりあえずバリアスーツ入手後のボス倒すまでで55分ぐらいだから…ボス戦次第なところもあるかなぁ… 
 そんなこんなで、自分でも思った以上に楽しんでいる「メトロイド ドレッド」。まだハードモードもありますし、そちらも楽しんでいきたいと思います。
コメント

ミラーマン 第19話「危機一髪!S.G.M」

2021-10-14 08:18:22 | 特撮
ミラーマン 第19話「危機一髪!S.G.M」

 宇宙から地球めがけて発射されたミサイル。その着弾予想地点は何とSGMの研究所!更に所内では謎の植物が蠢いており…と、宇宙と地上、双方からSGMに脅威が迫り来ることとなった第19話。

 SGMの目を宇宙に向けさせておいて、一方で所内からも植物怪獣ビッグアイが行動を開始し、その過程で鏡を曇らせて万が一京太郎と立ち会った際の変身を封じるという徹底っぷり。毎度毎度のことながら、インベーダーの作戦の手の込みようには驚かされっぱなしです。
 また、今回は要所要所で時間を口にしたり、時計が映し出されていましたが、もしかしてこの話ってリアルタイムの放送時間とリンクしていたんですかね?当時は日曜夜7時からの放送であり、劇中でのやり取りも夜7時の出来事でしたし。そうだとすれば、当時から面白い試みをしていたんだなーと。

 そんなこともあってか、いつもならその後の出来事が描かれたり、ナレーションが入ったりするのに、今回はいつもと違った終わり方になっていました。こういう演出もまた良いですね。


 そんなこんなでまた次回。
コメント

相棒20 第1話「復活~口封じの死」

2021-10-13 22:27:37 | 相棒シリーズ
相棒20 第1話「復活~口封じの死」

 遂に相棒もシーズン20に突入!第1話はシーズン19から続く加西、そして官房長官の鶴田にまつわる物語!かつて特命係と関わった朱雀武比古登場!亀山くんも回想でチラッと登場!セリフ等で小野田官房長やカイトくんに触れたり、「ディープフェイク」が関わっている可能性も!

 …と、今回からシーズン20ということもあってか、過去シーズンの話題が比較的多かったと思います…が、個人的にシーズン19第1話から続くこの話にあまり興味が湧かないので、さっさと片をつけて欲しいのが本音です。ここまで引き延ばすことで、如何に相手が強大かを示しているのかもしれませんが、もうちょっと簡潔にまとめて次の話に移って欲しいなーと。どこにでもいる殺し屋は不気味極まりないですが、それ以外はそんなに印象に残らないです…
 あと冠城くんの逮捕の件はマジで逮捕された相棒見てるんで、何も驚きが無かったですね…むしろ「あの時もこうだったら良かったのになぁ…」と寂しい気持ちでいっぱいになりました。

 ところで、今後も朱雀のように過去に登場した人物たちが続々出てくるのでしょうか。今回の朱雀は主ではなく、あくまでも「鶴田の恩師」としての登場に留まっており、彼の事を深く知らなくても視聴に問題は無かったように思えます。折角の再登場で深く関わってこないのは少々残念にも思えますが、過去シーズンを未視聴の方でも楽しめるような登場の仕方は良いですね。
 なお、私は過去シーズンは再放送で結構見たつもりでしたが、朱雀の事件は全く覚えていませんでした(汗。見たことなかったっけ?
 
 そんなこんなで始まったシーズン20。今期も一応見ていきますが、シーズン19が微妙だったのを未だに引きずっているので、楽しめるか心配です…出雲はどういう扱いになるんですかね… 
コメント

2021年秋アニメの話 その3

2021-10-13 07:45:54 | 2021年アニメ
 というわけで2021年秋アニメ、見たい作品も概ね固まりました。まずは以前挙げていなかったアニメを。

①大正オトメ御伽話
 世を憂い、己の人生に絶望し、ひたすらに先行きを悲観する者「ペシミスト」。主人公・志磨珠彦は事故で右手の自由と母を失い、山中の別荘に追いやられた。そんな彼の元に「お嫁さん」になるために現れた少女・立花夕月との物語…とのことで…
 もしかしたら今期一番好きになるかもしれないアニメです。OPからして大好き。何というか、ただひたすらに幸せになって欲しい2人ですね…今はまだ出会ったばかりではあるものの、珠彦の誠実さと優しさに触れた夕月が、彼を好きになろうとしていく過程が描かれていくようで、楽しみです。既に原作は完結してるんですね…買ってみようかな…

 以前挙げたアニメもまとめると

②テスラノート
③境界戦記
④サクガン
⑤月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)
⑥吸血鬼すぐ死ぬ
⑦見える子ちゃん
⑧キミとフィットボクシング
 
 以上計8作品の予定です。⑤・⑥は2話も視聴しましたが、良い感じですね。⑦は…前は「ギリギリセーフ」って書きましたけど、怖いものは怖いのでもしかするとギリギリアウトかもしれません(汗。
 あとは「海賊王女」「逆転世界ノ電池少女」も録画してますが、まだ見ていません。後者は最初の方をチラッと見ましたが「令和が訪れなかった日本の話」と話を切り出した直後に「2029年」表記は妙にちぐはぐに感じたのですが…

 ともあれ、今期も色々楽しめそうです。
コメント