ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

仮面ライダーウィザード 第29話「進化する野獣」

2013-03-31 09:51:58 | 仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーウィザード 第29話「進化する野獣」

グレムリン、スプリガン、グールたちに追い詰められたウィザード・フレイムドラゴン。しかし手が足りない時こそドラゴタイム!ウォータードラゴンがグールを退け、ハリケーンドラゴンが中本を連れて飛び去り、ランドドラゴンがグレムリンから仁藤を救い出す。ゲートである中本がいなくなったため、スプリガンたちも撤退していく・・・

ベルトが無いとファントムを食べられず、魔力切れで死んでしまう。しかもそろそろやばい頃。その話を聞いて動揺する中本。そこで晴人はコヨミが持つ、プリーズの指輪の存在に気づく。だがコヨミは昨日も自分に魔力を与えた事、そして分身して魔力を消費したことが気がかりだった。
晴人は大丈夫だといい、コヨミは仁藤にプリーズの指輪を渡す。それをドライバーにかざす仁藤だが、反応は「エラー」。与えられたえさは食べないという事なのか・・・

仁藤はベルトが盗まれたことを覚えておらず、中本も盗まれた時の状況はうろ覚え。その反応を見て、晴人と凛子は仁藤を外に連れ出し、中本が盗んだのでは」という考えを明かす。今回の事態は、中本にとって大きなチャンス。
そこで仁藤は大胆にも中本に直接「俺の指輪とベルト、盗んだのか!?」と確かめるが、中本は違う!と焦り、自分を疑うような奴らに守って欲しくないと追い出してしまう。その様子を見て、やはり黒だと確信する凛子。しかし仁藤は中本が犯人ならば、指輪もベルトも無事であり、問題はここからどうするかだという。そこで晴人は瞬平に頼みごとをする。

当のグレムリン=ソラはといえば、昨晩中本に出会い、仁藤のベルトと指輪も中本が発掘されていたら、今以上に価値のあるものになったと唆す。そして渡したのはよく眠れるワイン。
ソラが望むのは、全てを知ること。サバトのこと、魔法使いのこと、ワイズマンの知っていること全てを知りたい。


中本を一言も責めないが、仁藤は明らかに顔色が悪かった。空腹なのは仁藤ではなくキマイラだと指摘する晴人だが、仁藤は自分が空腹だと言い張る。凛子は自分だったら許せないと言うが、仁藤は「俺が許す」と、中本の気持ちが分かるというのだ。
その間も中本は研究を続けるが、そこへ「ベルトが見つかった!」という瞬平の声が聞こえてきた。その手には確かにビーストドライバーが。慌てて研究室に戻った中本は、ベルトや指輪があるのを確認する。不審に思っていると、そこへ晴人たちが現れ、遂に中本が盗んだということがばれてしまった。瞬平が持っていたのは、ゴーレムが作った偽のベルトだったのだ。

中本はかつて自分が発見した土器の破片が、上司による発見だとされてしまっていた。認められたかった・・・その時の無念を晴らしたかったのだ。今回の発見が最後のチャンスで、どんな事をしても成果をあげたかった。
憤る凛子をなだめようとする仁藤だが、その時空腹で倒れてしまう。予想以上にキマイラは空腹だった。仁藤にエンゲージの指輪をはめ、体内のキマイラを倒そうとする晴人だが、仁藤はその手を振りほどく。
「お前の中にキマイラがいる限り苦しみ続けるんだぞ!」と晴人はいうが、仁藤は「それがどうした!」と返す。キマイラに取りつかれた時はやばいという思いと同時に、ワクワクしたという仁藤。これからどうなるのかを知りたい。こんな発見は二度とない・・仁藤にとって、キマイラは大きなチャンスなのだ。仁藤の夢は中本にはよく分かる・・・

そこへ現れたスプリガンの攻撃を、ディフェンドの魔法で防ぐ晴人。そしてスプリガンを下ごしらえして待っているから、必ず食いに来いという。フォールの魔法を使い、下の所長室にスプリガン共々落下し、ウィザード・フレイムスタイルに変身。
仁藤は自分の物だけを手に戦いに向かうが、中本は発掘品を手渡す。夢のために命をかけている仁藤を見て、中本は今自分がしていることが、かつて自分がされたように、誰かを犠牲にしようとしていることだと気づいた。そして発掘品は仁藤が持つのが相応しいと手渡す。

スプリガンと交戦中のウィザードF。その戦いの中、ベルトがスプリガンによって壊されてしまう。しかしそれは偽物。本物のベルトを持って仁藤が現れた。
ビーストに変身する仁藤だが、空腹で思うように戦えず、グールにすら苦戦してしまう。今使い方が分かるのは、かろうじて指輪だけ。イチかバチかにかけ、指輪をベルトに装着。すると仁藤は精神世界でキマイラと対面する。キマイラは別れの時かと告げるが、仁藤が聞きたいのは発掘品が今使えるかどうか。発掘品を使えば、キマイラの力を現実世界で使うことが出来る。しかし今の仁藤がそれに耐えられるかどうか・・・
それでも仁藤は危険な賭けには乗る主義。ピンチはチャンス。必ず勝つ。「だからキマイラ!お前も付き合え!」その言葉に、キマイラは「口を開けて待っている」と告げ、現実世界においてキマイラの力が顕現した仮面ライダービーストハイパーが誕生した!

ウィザードFも目を見張るほどの派手っぷり。手にしたミラージュマグナムでグールを一掃し、食事の時間が始まる。次の相手は下ごしらえがされたスプリガン。ミラージュマグナムだけでなく、両腕のフリンジスリンガーを用いてスプリガンを攻め立てる。その様子を見て、これでもワイズマンはファントムを増やし続けようとするのかとソラは思う。

そしてとどめを刺そうとしたが、何故か指輪はミラージュマグナムにはまらない。そこで思い出すのは「口を開けて待っている」という言葉。ハイパーの指輪をずらすとライオンの口が開き、今度こそミラージュマグナムに装着!とどめの一撃で無事に仁藤の腹は満たされた。

中本は自分の夢が世間に認められることではなく、未知の遺跡の謎を解き明かすことだったと思い出す。また魔法のランプなどを見つけたら教えて欲しいという仁藤に、それはどこの遺跡のどこら辺が怪しいのかと問い詰める中本。
瞬平は晴人の夢を尋ねるが、晴人は「今は」ファントムを倒すことだという。

そしてソラはどこかの洞窟に鎖で繋がれた「内藤」という人物を助けに来たといい・・・


感想
ド派手なビーストハイパー初登場。去年から続いて、2号ライダーは金色(黄色)と青が強化フォームなんですね。現在の所、武器はミラージュマグナムのみ。出来ればダイスサーベルも用いて欲しいですし、あの状態でドルフィの指輪などがどう発動するのか気になるところ。今後の活躍にも期待です。腕のヒラヒラ、チョーイイネ!

自分の夢は世間に認められることではなく、謎を解き明かすこと。例え誰かに発見や成果を横取りされたとしても、大切なのは謎が解き明かされる事であり、それを妬んだり復讐することではないと。他人に成果を奪われるというのは納得がいかないものですが、それでも自分の夢がどこにあるのか見失わないことが大切ですね。
これまで人々の心の支えを守ってきた晴人。そんな彼の昔の夢は何だったのでしょうか。

そういえば今回ゴーレムが作り上げた精巧な偽物。資料も無しでよくあそこまで、と思いましたが、瞬平が中本が撮影したベルトの写真を持ったままでしたっけ。

次回は捕らわれのファントム・レギオン登場。何やらやばそうな雰囲気です。きっと草体やソルジャーがいて、怒ると目が赤くなったりするんでしょうね(違。ウィザードの最強スタイルも近々・・・?
コメント (4)   トラックバック (8)

獣電戦隊キョウリュウジャー 第7話「いかれ!ダイゴのだいピンチ」

2013-03-31 09:25:22 | スーパー戦隊シリーズ
獣電戦隊キョウリュウジャー 第7話「いかれ!ダイゴのだいピンチ」

今回登場したデーボモンスターはヤキゴンテ。焼きごてでゾーリ魔を人間やキョウリュウジャーに化けさせ、相手の精神状態を読み取り、今一番突かれたくない点を突き、人間の怒りの感情を集めるというもの。
この作戦で「親父ギャグが超つまらない」「敵にびくついていたかっこ悪い」「足太い」「信用できない」と言われて喧嘩するキョウリュウジャー・・・うん、ノッさんのギャグに関しては言われても仕方ないと思うんだw

ダイゴはといえば、島に忘れ物をしていたことに気づき、取りに戻った際に百面神官カオスと対面。そこへトリンが駆けつけて、トリンとカオスが長年の宿敵であったことが判明。
仲間の元へと戻ったダイゴにも、ヤキゴンテにより生み出された偽イアンが近づき、イアンが研修したいというから預けた父の形見の宝石を打ち砕かれ、これにはダイゴも怒る・・・かと思いきや、イアンにそこまでされても仕方ない事を自分はしたのかと嘆いてしまいました。あれ?悲しみの感情集められるんじゃね?w
どこまでも仲間を馬鹿みたいに信じるダイゴ。キングは馬鹿においてもキングだった。ということで偽物退治を無事終えて、巨大戦では巨大ゾーリ魔がドゴルドの姿に。けれども新たな力、オビラップーの能力で2体に催涙ガスを浴びせるキョウリュウジン。「臀部から催涙ガスを~!」とイケメン声でいうトリンですが、要はオナラ。てっきりキョウリュウジンの臀部かと思いましたが、ガブティラの臀部、つまり左肩辺りだったので安心しましたw

そして今回の真の目的は、封印された獣電竜を解放するため。火山の中から現れたプテラゴードンはカオスに従い、獣電池は既にカオスの手に・・・

と、プテラゴードン初登場回でもあった今回。イアンが偽物と本物を見分けるために花を仕込んでいるなど、良い働きをしてくれました。ただ、タイトルほどダイゴはピンチじゃなかったなーと。キョウリュウジャーを見ていて思うのは、どうにもダイゴが中心になりがちな気がします。まだ序盤だし、リーダーだからそれも当然だとは思うのですが、大体ダイゴがいれば事態がどうにかなっているのが気にかかる。もう少し他の面々、ノッさんにも親父ギャグを言う以外の活躍が欲しいところです。
コメント   トラックバック (4)

ドキドキ!プリキュア 第9話「ハチャメチャ!アイちゃん学校にいく!!」

2013-03-31 09:03:46 | 2013年アニメ
ドキドキ!プリキュア 第9話「ハチャメチャ!アイちゃん学校にいく!!」

登校中も予習をする六花。最近は学校では生徒会の仕事もあるので、空き時間を有効活用しているようで。そこへ朝っぱらから「素敵なレディーになるだろうね」と声をかけてきたのはジョー岡田。六花も思わず照れまくりw
その手にはアイちゃんが抱かれていた。ジョーは貴重な品が見つかったため、これからそこへ向かうというのだ。そしてジョーはアイちゃんをマナたちに預け、マナたちが可愛さに目を奪われている隙に、タクシーに乗って去ってしまう。これから学校なのに・・・と困っているとシャルルとラケルが妙に自身有り気に現れた。


シャルルたちがアイちゃんのお世話をするというのだ。自分たちだけでは不安なのかと、ランスにも連絡を取るシャルル。ダビィに連絡を取る方法を教えてもらったそうで。そしてランスも加わって、マナはその熱意を買ってお世話を任せることに。
そこへ生徒会長であるマナを頼って、野球部とサッカー部が現れた。まずは握手をしてから、ケンカの理由を聞かせてという。どうやら朝練のスケジュールでもめていたようで。これからは曜日ごとに使うということで、両方ともそれに納得・・・え?今まで決めずにこられたの?(汗。

六花は人が来ない生徒会室にアイちゃんを連れ、シャルルたちに世話を任せて授業に出ることに。が、アイちゃんはまだ赤ちゃん。ランスの耳をしゃぶり、ラケルやシャルルを魔法?で混乱させて楽しそうな様子。マナたちが様子を見に来ると、部屋には物が散乱していた。もしかして遊ばれていたのではと六花。
するとアイちゃんが泣き出したため、いつものように哺乳瓶を取り出すも、アイちゃんはまだ泣き止まない。マナは六花に何故かと尋ねても、六花にもそれは分からなかった。マナは「お願い、泣かないで」と祈ると、唐突に新たなラビーズが生まれた。それを使うと部屋は夜になり、机の上には小さな揺りかごが。そこですやすやと眠るアイちゃん。
心の中で愛が育つとラビーズが生まれるとラケル・・・はダビィから聞いたようですw

マナたちが帰ったあと、誰かが近づいてきたことに気がついたランス。が、慌てている最中、黒板けしやらランスがアイちゃんの顔の上に乗ってしまい、アイちゃんは目を覚まして泣き出してしまう。その声を聞いて、通りがかった生徒が入ってきてしまう。掃除用具入れに隠れたシャルルたちだが、アイちゃんはバケツに入って飛び出してしまう。正体はばれなかったものの、アイちゃんはその後も学校を自由に飛びまわり、魔法でボールや彫刻を動かし、シャルルたちや生徒は大混乱。


そして放課後。マナのもとにお化けが出たと生徒たちが現れた。話を聞くと、「きゅぴ~」とか「シャル」「ランス」「ケル」という口調で話すお化けがいたようでw
それはやっぱり・・・と思っていると、シャルルたちが現れ、アイちゃんとはぐれてしまった事を伝える。当のアイちゃんはといえば、朝にマナが作った朝練のスケジュールを滅茶苦茶にしてしまい、それが原因でまたも喧嘩する野球部とサッカー部のキャプテン。自分たちが使ったほうが強くなる!というものの、どちらも弱小クラブ。もう1度話し合うとしたとき、イーラが現れ、2人の心からジコチューを作り出してしまう。

マナたちが駆けつけた時には、サッカーボールと野球のボールのジコチューが出現しており、何故か喧嘩を始めていた。ランスがありすを呼んでいる間に、マナと六花はプリキュアに変身。が、名乗ってもジコチューは無視。そこでハートはホイッスルを吹き、野球とサッカー、両方とも子供たちの憧れなのに喧嘩をしたら可哀想という。
が、それでもまだジコチューたちは喧嘩を続ける。そしてその最中、野球ボールがアイちゃんに向かって飛んでいってしまう。その危機を救ったのはキュアロゼッタの、ロゼッタウォールだった。ジコチューの気配を感じてソードも駆けつけてきた。
が、ジコチューたちは滅茶苦茶な戦法でプリキュアたちを翻弄する。するとまたしてもアイちゃんの魔法が発動し、4人は自分でも抑えきれないほどスピードアップ。「人間万事塞翁が馬!」と、ここはダイヤモンド監督に任せることに。スライディングでジコチューからボールを奪い、そのままシュートするロゼッタ。落ちる魔球も当てるだけで、今のスピードならばランニングホームラン!

ジコチューはキュアハートにより無事浄化されたが、アイちゃんにはまだまだ不思議な力が秘められているのかもしれない。
今日はてんてこ舞いだったマナたち。それもこれも、ジョーがアイちゃんを預けて出かけていってしまったから。帰ってきたらとっちめてやらなくてはと思っていると、揺りかごの中からはシャルルたちの寝言が。今日一日頑張ったシャルルたちを労うマナでした。


感想
さすが英知の光!といわんばかりの采配でした。でも落ちる魔球に対して「当てるだけで良い」って、当てられる前提なんですね監督wランニングホームラン後のソードが可愛らしかったのでまぁ良いかw
久々にマナが生徒会長として大活躍。やはりいざという時に頼られているのですね。しかし野球部とサッカー部、今までよくもめずにやってこれましたね。それとも朝練をしていなかったとか?で、危機感を感じて始めたら、相手も同じ気持ちだったとか。

仲間が揃ってからの学校エピソード。ダビィにより連絡が取れるようになったシャルルたちですが、やはりありすと真琴は内容には絡みづらそうで・・・と思っていたら、次回まさかの真琴転校・・・ありすも早く四葉財閥の力で転校するんだ!w
コメント   トラックバック (3)

WAP! 仮面ライダーウィザード 各ドラゴン

2013-03-31 00:51:15 | 玩具
ウィザードのWAP!シリーズより、フレイム、ウォーター、ハリケーン、ランドドラゴンが遂に揃いました。



「お前の力も、俺の希望だ」
「ボー!ボー!ボーボーボー!!」
まずはフレイムドラゴンから。4つの基本スタイルに続き、1番初めに出た強化スタイル。晴人が自身のアンダーワールドでドラゴンとの対話を経て手に入れた力。各エレメントの力が強化されており、「スペシャル」などの特別な魔法を使うことも可能となります。



発売がドラゴタイマー登場付近だったために、フレイムドラゴン限定でドラゴタイマーが付属しています。4スタイル共通でクリアカラーのウィザーソードガン(ソードモード・ガンモード)が付属しています。通常色は元のスタイルにしか付属していないので、ちょっと物足りないかな・・・と思いましたが、後々クリアでよかったと思いました。



フレイムドラゴンのスペシャルは「ドラゴスカル」からの強力な火炎。フェニックスの炎をも押し切る炎。炎にあえて炎をぶつけて圧倒するという勝ち方も良いですね。


と、いうわけで、ドラゴターイム!



「ウォータードラゴン!」
「ジャバジャババシャーン!ザブンザブーン!!」


ウォータースタイルが強化された、ウォータードラゴン。リザードマン戦で初登場し、流れるような動作と、強烈な冷気、海割りを披露してくれました。



スペシャルは「ドラゴテイル」。腰にあるでっぱりに差し込む形になっています。根元近く、先端近くが曲がりますが、中間部分が曲がらないのが惜しいところ。フェニックスに対して決めた魔法コンボはサイコーでした。


「2人かな?」


「ハリケーンドラゴン!」
「ビュー!ビュー!ビュービュー、ビュビュー!!」



3人目はハリケーンドラゴン!4人の中でもウィザーソードガン・ガンモード担当の印象が強いですが、ソードモードを逆手持ちもチョーイイネ!




スペシャルは「ドラゴウィング」。背中の穴に差し込む形となり、羽そのものは曲がりませんが、角度をつけられるのは嬉しい所。しかしスペシャル&サンダーの破壊力は凄まじかった・・・


3人かと思いきや、俺もいるよと登場するのは!



「ランドドラゴン!」
「ダン!デン!ドン!ズドゴン!ダン!デン!ドゴーン!!」


ディフェンド担当?はランドドラゴン!「俺もいるよ」はちょっと笑ってしまいましたw最近はディフェンドを使ってませんが、毎度毎度崩される壁・・・



スペシャルは「ドラゴヘルクロー」であり、固有魔法は重力を自在に操作する「グラビティ」。魔法陣は付属した物を切り取って使用しています。


ドラゴフォーメーション!多人数相手ならともかく、1人対しては最早戦隊物を見ているかのよう。



「フィナーレだ!!」
剣を重ねるシーン、大好きです。



こうして4体のドラゴンが揃ったわけでして。フレイムドラゴンが先に発売され、続いてウォータードラゴンとハリケーンドラゴンが同時、先日ランドドラゴン発売と、時期はちょっと空いていました。全員揃ってから撮りたかった理由はもちろんオールドラゴンのためです。


「ファイナルタイム!オールドラゴン!!」


全ての魔力を1つに重ねた、現時点でのウィザード最強形態。白い魔法使いからは「完成した」と言われたこの形態、今の所はフェニックスにしか披露していませんが、その分「最後の希望」という印象が強くて良いですね。




ドラゴンの力を駆使し、フェニックスを追い詰め




フェニックスを太陽へと叩き込む、ライダーキック!
「お前にフィナーレは無い」と静かに告げる晴人、チョーイイネ!


さて劇中ではフレイムドラゴンのみがこのオールドラゴンになっていますが、WAP!の方は、4スタイル全てに各ドラゴンパーツ、ドラゴタイマーが装着できます。




各ドラゴンパーツを組み合わせたり、2人にそれぞれ2つのドラゴンの力を宿したり。これ、劇中で出来るんですかね?




折角なので各スタイルのオールドラゴン。


以上、WAP!の各ドラゴンでした。基本スタイルはフレイム以外未購入です。こうして4スタイル揃えると、基本の方も揃えたくなってくる・・・!装着が簡単で、オリジナルのスタイルも作れるので、楽しさ広がる4ドラゴン。さて最強フォームはどうなるのか・・・?

コメント (2)

ネオ・ウルトラQ 第12話(最終回)「ホミニス・ディグニターティ」

2013-03-30 22:42:48 | ネオ・ウルトラQ
ネオ・ウルトラQ 第12話(最終回)「ホミニス・ディグニターティ」


今回登場したのは古代生物ソーマ。寄生した宿主を生きながらえさせる能力を持つ生物で、一部の選ばれた優秀な人間は144年という限界寿命を手に入れることに。国のために働きましょうと教育される中、今の状況に疑問を持つ少女ヒカルがメインでした。

どれほど頭が良くても分からない事がある。優秀になればなるほど論理的に考えてしまい、人間の感情による行動が理解できなくなってしまうのかもしれません。144年間生きられるのに、何故自らソーマを切除するような真似をするのか。何故優秀な遺伝子を持っているのに、それを活用しないのか。言っている事は分かります。でもそれは、あくまでもその理論を押し付ける側の事情であって、本人には全く関係ない話でしょう。144年間生きられなくても良い、優秀な遺伝子を活用できなくても良い。ただ自由に生き、自由に恋をしたい。そういった生活が一切無い。あるのはただ、国のために利用されている子供たちの姿でした。

彼女たちは確かに144年間生きられるでしょう。ただそれは、国のために生かされているというだけな気がしてなりません。恐らく将来、それぞれに見合った重要な仕事を与えられ、より優秀な第6世代を残すために結婚相手も決められ、その子供もまた利用されていくのでしょう。言い方は悪いかもしれませんが、最早機械のような流れです。

優秀な人間だけが選ばれ、長生きしていく世界。彼らにより、国は幸福になる。けれどもヒカル自身の幸福はどうなってしまうのか。本来幸せだと思っていたことを忘れ、決められたことに従うことを幸せだと思うようになってしまうのかもしれません。国のために、個人が犠牲になっていいのかどうか。
ヒカルが憧れた外の自由な世界は、選ばれなかった人々が作り上げた世界でもあります。果たして外の世界の人間達は、ソーマに寄生されなかったことについて、どう思っているのでしょうね。


そして仁の謎が一気に深まった最終回でした。冒頭の「お忘れですか」という台詞、そして仁に寄生していたソーマから察するに、仁も昔はホミニスにおり、優秀な科学者としての道を屋島教授などの元で学んでいたのでしょう。けれども研究を進めるにつれて、生きた人間やその心についても興味を抱き、自らの意思で独立した・・・という妄想。
仁に依頼されたのは「ソーマを宿しながら生きる意義を教えること」。何故職員ではなく、仁なのかと思いましたが、それも恐らくは仁が適任者だったからなのでしょうね。仁もソーマを宿しながらも、自らの道を歩み、生きる意義を見つけました。そんな彼だからこそ、様々なことを実体験として語れるのかな。

最後はヒカルに対し、脊髄へ直接ソーマを寄生させる実験が行われようとしていました。最早自分の切除も許さない、自分たちの道具のような扱いです。そこへ助けに来てくれた仁、絵美子、正平!これでめでたし、めでたし・・・
かと思いきや、再びヒカルはベッドの上。同じ光景が繰り返される中、ヒカルが見たのは何だったのでしょうか。服を脱いだような音、そして「脊髄への直接寄生」・・・まさかとは思いますが、仁は自らのソーマを脊髄に移植させることで、ヒカルを守ったのでしょうか。仁の背中には皮膚の下でうごめくソーマがいたのか?

あの遊園地の出来事が現実なのか。それともラストシーンが現実なのか。それは分かりませんが、分からないままで良いのかもしれません。だって仁は自由なのですから。自由な仁は、誰にも束縛されず、自分の意思で行動を決めることが出来る。ヒカルを救い出すことも、そしてヒカルを守るために自らを実験体にすることも、そして他の行動も、どんなことだって出来ます。視聴者として、どういった結末を想像するのか、それもまた自由なのでしょうね。


全体の感想
ということで、ネオ・ウルトラQ、無事に全話終了しました!

いやー・・・正直言って、話の内容は全体的に難しかったですね(苦笑。放送局や時間帯の都合上、そう簡単な話はこないだろうと思っていましたが、なかなか考えさせられる内容が多く、毎回興味深く視聴していました。面白い回もあり、よく分からなくて悩んだ回もあったり。けれどもいずれにしろ、あれこれ怪獣たちや思想に思いを馳せるきっかけを与えてくれた良い作品だったと思います。

ネオQで度々問いかけられてきた「怪獣との共存」というテーマ。この世界(各話パラレルだとしても)では既に怪獣や宇宙人が受け入れられており、彼らにより実益や被害が発生しているケースも多く見られました。ウルトラシリーズなどでは出現した怪獣や宇宙人に驚き、戸惑う人々も見受けられましたが、「ファルマガンとミチル」では、ミチルはさも当然のようにファルマガンの存在を受け入れていました。しかし、これにはむしろ驚く方がおかしいのかもしれません。誰かを心配し、助けてくれる存在。そこに人間か宇宙人かは関係ないのでしょう。

怪獣を一方的に悪だと決めつける人もいれば、怪獣を保護しようという団体もいる。どちらも互いに互いを否定するばかりで、お互いの意見を受け入れようとする姿勢が見られませんでした。怪獣には怖い存在もいる。けれども優しい怪獣だっている。人間が言葉が通じない、見た目が違うというだけで勝手に遠ざけ、排除するのは間違っています。同じ種類の怪獣でも、人間のように1人1人に個性があるかもしれない。「怪獣だから悪」「○○星人は前に悪い事をしたから、今度来た○○星人も悪」と決めつけるのもおかしな話です。そんなんだったら、人間はとっくの昔に互いに誰も信用していないでしょうし、国際交流も無いと思います。

ただ、盲目的に怪獣を受け入れていくことはもちろん危険です。今は有益でも、将来的にどうなるか分からない。能力や人間の企み次第では、ブレザレンだって危険な怪獣になり得る。怪獣はまだまだ未知の存在ですから、プラーナのように多少の注意は必要ですね。

「人間の中にも怪獣はいる」。マーラーのように、悪意に満ちた世界を作り出そうとした存在もいましたが、それも人間の心の中の怪獣を解き放った結果。あの後の世界は、何でも横行する世界になってしまったのかな・・・
そんな怪獣たちと触れ合ってきた仁。彼は今後、どのような道を歩んでいくのでしょうか。ソーマを受け入れ、その中で見つけた生きる意義。まだ100年はあるであろう寿命の中で、数多くの怪獣と出会う事でしょう。


話をメイン3人に移しますと、若干キャラクターの印象が薄いというのは否めませんでした。仁はあれこれ語ったりで出てきますし、絵美子も記者としてあちこちに出向き、様々な事件に関わっていました。そんな中で、正平の活躍がもう少し欲しかったところです。「アルゴス・デモクラシー」では民主主義ではない、個人的な思いの大切さを見せてくれた彼でしたが、どうも薄い感じが・・・最終回も最後の台詞だけではなく、仁を信頼している相棒のような感じで、深く関わってきて欲しかったですね。


さて個性が豊か過ぎる怪獣や宇宙人たち。ここ怪獣というより「存在」といった方がしっくり来る面々も多めでした。個人的にはやはりブレザレンやプラーナといったかつてのQを思わせる怪獣たち、それとガストロポッドがお気に入りでした。話としては全体的に好きなので割愛。これもあれもと思っていたら、全部になりそうでした(苦笑。

終わってみれば全12話のネオQ。あれこれ感想を拝見してはいますが、決して好意的な意見ばかりではないのも分かります。個人的にも「ウルトラQ」の「セカンドシーズン」というのが引っかかる部分ではありました。ゴメスやリトラのような怪獣がバトルするわけでもなく、むしろ精神的にどうこうという話が多い。これはウルトラQではなく、違う作品として放送していたらより受け入れられたのかな・・・と思ったところで、そもそも「ウルトラQ」とは何か?と思いまして。
大きな怪獣が出てきて暴れる。これは「ウルトラQ」第1話。問題が解決せずに終わる。これも「ウルトラQ」。皮肉などが込められている。それも「ウルトラQ」。


「ウルトラQ」に決まった形なんて無いと思います。昔の「ウルトラQ」だって、怪獣が出てこない話はありました。ネオは明るさや楽しさといった部分は薄く、どちらかといえば暗めな雰囲気だったとは思います。けれども、それもまた「ウルトラQ」であって良いんだと、私はそう思います。この30分間、私は確かに不思議な時間を味わう事が出来ましたし。
時代が変われば怪獣も、宇宙人も、人間だって変わります。かつては2020年という未来の時間を持っていたケムール人も、今は更に未来の時間を歩んでいる事でしょう。彼らにも何か変化があったのかもしれません。

人間が変われば、心の中にいる怪獣も変わる。「ネオ・ウルトラQ」は間違いなく、新たな時代の「ウルトラQ」でした楽しめた3ヶ月間でした。ありがとうございました!
さて、5月からは総天然色ウルトラQ放送とのことなので、そちらの感想も書けたら書きたいですね。
コメント (6)

ポケスペ 44巻

2013-03-30 08:02:23 | 本・音楽
気づけばポケットモンスターSPECIALも44巻。XY編もあるとすれば、50巻にも到達するでしょうね。

さて今回から女性主人公であるホワイトも登場。BWエージェンシーという、タレントとしてのポケモンを派遣する芸能事務所の代表。ドラマやCM、映画にも出演実績があるようで・・・映画と言えばポケウッドですが、いずれ絡みがあるのかな。気になったのは出演作の「実写版リゾウチウマーα」。タウリナーΩ以降、シリーズ化しているようですね。しかしこの世界にも実写化とかあるんだなぁw
雌のポカブを連れているものの、ポケモンバトルは未経験で、ポケモンをタレントとして大切にしているホワイト。バトルが一切出来ず、しかもポケモン図鑑未所有というのも珍しい。早くもブラックを意識し始めている様子。

そして物語の中心となるNやゲーチスも登場。BWはちゃちゃっとクリアしたのでストーリーの印象が薄いですが、それでもDPtまでと比べると、プラズマ団は思想的に訴えかけてくる敵だなぁと思ったり。これまでが実力行使メインだったので、トレーナー自らにポケモンを解放するように迫るゲーチスはちょっと意外な敵でした。そして今回はとてもきれいなゲーチスが描かれています。誰だよこの優しそうなおじさんww

Nはブラックと戦い、ポケモンの声が聞こえない事を悲しみ、ポケモンは人間と一緒にいると不幸になるだけと言うものの、それを「うるせえ!」と熱く叫ぶブラック。誰だってNのようにポケモンの声が聞こえるわけではない。だから分かり合うために図鑑やモンスターボールが必要と。言葉が通じなくても、気持ちが通じ合ってるポケモンたちをこれまでずっと読み続けてきたので、ブラックは良い熱血漢だと思います。考えが違えども、ポケモンを大切に思う。そんなNを「いいやつ」と言ってのけるのも好印象です。
そんなブラックの手持ちには、一度トレーナーに逃がされて野生化したデンチュラが加入。ホワイトたちを困らせる原因となったこのデンチュラですが、改めて可愛らしいポケモンだと思います。時折バチュルと進化前後の名前がごっちゃになりますが(苦笑。

ジム戦はブラックを探して、ようやく追いついたチェレンとベルも加わってのトリプルバトル。新米であるためにタイプ相性もよく分かっていないベルに苛立つブラックですが、チェレンから研究所での一件について指摘され、周りの人間の事も考えて欲しいと告げられてしまいました。そこで反省し、ベルにタイプ相性を教えられるブラックは良い子です。チェレンがしっかり者なのは、ブラックやベルの行動を見ているとよく分かった気がします。
ところでタイプ相性についてですが・・・すいません、虫の弱点が岩だとDPtぐらいで知ってすいません。虫に氷技が抜群だと思っててすいません。弱点はともかく、未だに等倍・半減が微妙ですいません(汗。

そんなこんなでサンヨウジム戦を終えて次の街へ。連載の方は四天王登場やリーグが開幕しているようですが、そこに至るまであと何巻か・・・


それにしても、あんな外道なタブンネには出会いたくねぇw殴る!ぶっ飛ばす!足蹴にする!・・・経験値稼がれた憂さ晴らしですか?(汗。
コメント

僕は友達が少ない NEXT第12話(最終回)

2013-03-29 07:50:01 | 2013年アニメ
僕は友達が少ない NEXT第12話(最終回)「僕は友達が・・・」

前回臨時部から逃げ出した小鷹は、重そうな荷物を抱えている遊佐と出会う。どうやら遊佐は隣人部を廃部にしようと動いていた間の仕事が溜まっているとのこと。遊佐は何でも持っている星奈に一泡吹かせたかったようで。
手伝っている間に現れたのは、リア王こと日高日向。三日月夜空とは真逆とも思える名前ですね。日高も手伝いに加わって作業は無事終了。そして日高は小鷹を気に入り、生徒会に勧誘する。小鷹は自分を加入させたら生徒会長がどう言われるかと心配するも、日高は人を見た目で判断したりはしないとのこと。

結局男手が足りなかったら手伝うと約束し、1週間ほどが過ぎたころ、小鷹が強制労働させられていると聞いた幸村が現れた。幸村から隣人部の状況を聞くと、現在部活に出ているのは幸村と星奈だけだという。
何故幸村は自分の舎弟を続けているのかと問う小鷹。幸村にも、小鷹が彼女の目指す「しんのおとこ」でなく、ただのヘタレであることは分かっていた。けれども一緒にいるのは幸村自身がそうしたいから。
そうこうしていると理科からメールが届く。内容は屋上に来なければBL本の朗読を流すというのだ。「ご武運を」幸村の励ましを受け、小鷹は屋上へと向かう。

屋上で繰り広げられたのは、小鷹と理科の本音のぶつけ合い。何よりも大切な場所を守るために、自分が我慢をしてどうするのかと理科は問うが、それは理科にも言えること。いつも影で努力をし、今では憎まれ役を買ってくれている。そんな理科は一体何がしたいのか。そして理科は叫ぶ。「僕は友達が欲しいんだよ!!!」と。
事態は一段落し、小鷹に対し、1人じゃどうにもならない事があったら頼ってくださいと理科。そんな理科に小鷹が告げるのは、友達になってくれという一言。「え?なんだって?」と言う理科だったが、「だって理科たちはもう
友達じゃないですか」と手を取り合う。助けてくれという小鷹の頼みに、「いいよ」と返す理科。
そんな風に手を取り合う2人の様子をこっそり見つめる1人の影。小鷹が意を決して部室の星奈のもとへと向かった際、夜空から「旅に出ます。探さないでください」とのメールが隣人部員に一斉送信された。どうやら残念な青春はまだまだ終わらない様子・・・


感想
はがない2期も無事最終回を迎えました。理科の「僕は友達が欲しいんだよ!!」という叫びなど、福圓さんやスタッフの皆さん、理科をこんなにもよく描いてくださってありがとうございました。本当、分かっていたとはいえ2期は理科の追い上げが凄まじかったですね。タイトルの「僕」は小鷹ではなく理科だったように思えます。友達がいないのではなく、少ない。数人ではありますが、大切な友達には変わりありません。

そんな理科の一方で、ほとんど出番の無かった夜空。夜空が何故屋上に来たのか疑問でしたが、上からガラスが落ちてきたことに気づいたからでしょうかね。原作ではあのメール送信後が不明なので、果たしてどうなるのか気になります。最新刊まだー?
幸村も良い活躍をしてくれたのですが、惜しむらくは「ご武運を」の後の小鷹の態度。笑顔を見せたのは良いけれど、ちょっと照れも欲しかったところです。

さてはがない2期は、1期とは大分絵柄の雰囲気が違う中でのスタートでしたが、内容的には相変わらず残念な日常系でした。省略した部分もあるとはいえ、毎回安定して楽しませてもらいました。やはり動いているとより残念に感じてしまいますw

原作のストックはといえば、今回で8巻が終わってしまったので、3期はすぐには厳しいかもしれませんね。ですがここまで来たのなら、原作がいつ終わるのかは分かりませんが、最後まで描いてもらいたいという気持ちもあります。
何はともあれありがとうございました!
コメント (8)   トラックバック (1)

僕は友達が少ない NEXT第11話

2013-03-28 08:30:54 | 2013年アニメ
僕は友達が少ない NEXT第11話「迷えるチキンな俺」

隣人部の映画完成間近になって、理科が風邪を引いて倒れてしまった。夜空は「最初は7人揃って見なければ意味が無い」として上映を中止に。保健室にいる理科のお見舞いにいくと、カーテンの向こうには美少女が。もうずっと風邪引いてろよw
夜空の言葉を聞き、理科も心にくるものがあったようで。そして子守唄代わりにと小鷹に依頼するのは、BL本の朗読。「それぐらいがちょうど良いんです」というのは、普通の本なんか読まれた日には、2人きりの空気に良い意味で耐え切れないからかもしれませんね。そんな小鷹の朗読は、どうやら録音されているようで。
後日、隣人部の映画は無事完成。OPの衣装はここで使われていたものでした。完成した映画を並んで見る小鷹と理科の画が素晴らしいっ!

そんなある日のこと、生徒会の遊佐が隣人部に現れた。小鷹や星奈が部活に入っていることを知った遊佐は、隣人部について調べ上げた。その結果、隣人部が遊んでいるだけだと分かったという遊佐。理科や幸村の衣装、中等部である小鳩がいることなどを指摘するも、いずれも夜空によって全て論破されてしまい、その場は退散。やはり隣人部の部長は彼女でなければ勤まらないでしょう。

が、後日またも遊佐が現れた。今度は顧問であるはずのマリアが、シスターではないというのだ。ケイトに確認してみると、マリアは先生ではなく社会勉強のためにいるとの回答が。シスター服は可愛いから着せているそうでw
部活の承諾手続きにミスがあったとなり、さすがの夜空もこれには・・・と思いきや、助け舟を出したのは星奈。父であり理事長でもある天馬に相談し、マリアを特別非常勤講師に内定してもらったのだった。マリアも先生になれることを喜んで、問題解決。
それでも不正な手続きから始まったと食い下がる遊佐だったが、星奈は生徒会の意見を握りつぶす事も、遊佐を退学させる事も出来ると睨みつけ、今度こそ遊佐は退散していった。

星奈はゲームをやりたいがために権力をちらつかせて追い払った様子。けれども本当に骨のある奴は、権力をちらつかせても怯んだりしないと星奈。
これで一件落着かと思いきや、ここで星奈がゲームをしながら小鷹に「結婚しなさいよ」と告白。誰の耳にもはっきりと聞こえたはずなのに、「え!?なんだって!?」と返す小鷹。呆れた星奈だが、改まって自分の言ったことを思い直して照れてしまう。そして理科がうつむく中、小鷹は急用だといって帰ってしまった・・・


感想
遊佐は可愛いけれども、さすがに夜空と星奈の2人には口でも権力でも勝てませんでした。この2人がいれば隣人部は安泰だと思われた直後で、部員の関係を覆すような告白タイム。原作読んだ時もあまりにも唐突で驚いて、大文字で「え!?なんだって!?」と書かれていたのには笑いましたwさすがに今回を誤魔化すのは無理がありすぎます。

風邪を引かなくても美少女な理科は、小鷹が望んだようなキャラで接してくれていました。でも保健室や映画上映時の雰囲気はとても良かったですね。その分、ラストの気まずさで暗くなりましたが。本当、理科ルートもあって欲しかった・・・

隣人部の部長として、部員達を大切に思っている夜空。遊佐の指摘対象にされたのが誰であっても、夜空は部員を守ってくれたでしょうね。それがライバルであったとしても。7人で見なければ意味が無い。夜空にももう分かっているはずなのですが、今回は星奈の告白にあたふたしていましたね。原作での夜空の動向が気になります。

そして次回は最終回。
コメント   トラックバック (1)

アニバーサリーBOX クロニクル他編

2013-03-27 01:13:49 | デジモン関連
(2018年6月14日追記 ブログの画像容量の関係上、画像を減らし、文章を変更しました)

フロンティアが終わる頃に出てきた赤枠のデジモンたち。X抗体を巡るデジモンクロニクル。人間が出てこない、CGアニメのゼヴォリューションとしてX抗体デジモンたちの活躍が描かれました。粒子化ワーム№2は強いとのことですが、弟に使われたっけか。



ドルグレモン&ドルゴラモン。赤枠初期の頃は説明文が廃止されているのが残念でならない。物語的にドルゴラモンよりもアルファモンが注目されるのは仕方ないのですが、オメガモンを倒したドルゴラモンも忘れないでください。



空白の席の主、アルファモン&アルファモン究極戦刃王竜剣!アニメでの剣召喚シーンは無茶苦茶カッコいいです。左のアルファモンは弟しか持っていなかったので、これでもう悔しい思いをしなくてすみますw


オメガモンXとアルファモン。ロイヤルナイツの中でも屈指のぶっ飛んだ能力持ちですが、果たして勝敗はどうなるのでしょうか。右のアルファモンの絵柄、超好きです。


ゼヴォリューションにて、デクスドルグレモンをロイヤルセーバーでなぎ払っていたデュークモンX。そして謎のメディーバルデュークモン。存在は知っていましたが、カードを見るのは初めてでした。で、このメディーバルデュークモンは何者なんですかね?収録自体は嬉しいんですけども、存在が謎過ぎて・・・



ウォーグレイモンX&メタルガルルモンX。メタルガルルモンXは初の赤枠カードで衝撃でした。何が始まるのかとワクワクしたものです。
その他にもクラヴィスエンジェモンという初めてお目にかかるデジモンや、ベルゼブモンやロゼモンのX抗体など初めて見るデジモンやカードもチラホラ・・・


正直、私はデジタライズブースター周辺のカードは殆ど持っていません。そもそもデクスモンの弾あたりから、デジモンカードを見かける機会が非常に少なくなっていました。見つけるのが下手だったからかもしれませんが、いつの間にか見なくなって、買えなくなって、デュエマやったりしてたっけ。オークションで譲り受けたカードもありますが、もっと必死になって探せば良かったと後悔。カオスモンのカードがあると知っていたら、もっと買いに走ったろうなぁ。

気を取り直して、その他種類別?にまとめてみました。


ブイドラモン、エアロブイドラモン、そしてアルフォースブイドラモン(X)!エアロブイドラモンも好きですが、アルフォースの頼もしさといったら!翼がまるでマントのように見えるのも良いですね。残念ながらアルカディモンは収録されていませんでした。つーかアルカディモン、スターター収録だったのな。



セイバーズ出演のロイヤルナイツ2体。スレイプモンがカッコよすぎる・・・!


四大竜のうち2体、ゴッドドラモンとメギドラモン。本来ならばメギドラモンはテイマーズ枠に加えるべきなのでしょうけども、2枚1組で取っていると、イージスとゴッドドラモンというよく分からない組み合わせになるので(苦笑。
ゴッドドラモンもコンテストデジモン。四大竜という地位が与えられ、こうした機会でも復刻される。長く愛されているデジモンですね。




ここからは主にオプション枠です。弟と対戦する際は、進化に必要なコストは大体無視していましたし、発動タイミングもちょくちょく曖昧でした。


「しょうりつ40%!」&「しょうりつ60%!」。数ある似たような効果を持つカードの中で、この絵柄を選んでくれたのは嬉しい限りです。あとはパイルドラモンが描かれている80%もあれば完璧だった。


そして目玉ともいえるこの4種のカード!


「勝利の栄光を我が手に!!!」。大会優勝者に配られるカードたち。私が使うなんておこがましい・・・けれども嬉しい。大会には一度も参加した事がありませんでした。県内で開催されていたのだろうか。
このカードの存在を知ったのはつい最近だったのは内緒です(汗。



締めは№1000のファンロンモン、そして「Re-1」のハックモン!まさかカード化してくれるとは思っていませんでした。デジカ対戦のデザインも良いですが、やはりこのデジモンカードが一番落ち着きます。ガンクゥモンは収録されていませんでしたが、もしかしてこの後があったり・・・?


以上、アニバーサリーボックスのカードの一部でした。
持っているカードもありますが、改めて様々な思い出が蘇ってきました。何歳になっても、新しいカードが手に入るのは嬉しいものですね。ズドモンやガルムモン、カイザーレオモンが入っていなかったり、表記が間違っているなどの残念な点もありました。欲を言いだすと止まらないのが悩みどころですが、スピリットやデジメンタル、グラニなども欲しかったところ。でもプレミアムバンダイ「シリーズ」、期待してます。
コメント (8)

アニバーサリーBOX テイマーズ&フロンティア編

2013-03-27 00:29:50 | デジモン関連
(2018年6月14日追記 ブログの画像容量の関係上、画像を減らし、文章を変更しました)

デジモンテイマーズでは劇中にデジモンカードが登場。啓人が缶にデジモンカードを入れているのは親近感が湧きました。ディーアークにはカードに記載されたコードを打ち込み、カードスラッシュすることで様々な効果が発揮されます。まぁボロボロになりますけどね!(涙。「ジャンパボード」はもうボロボロです。
重要アイテムであった「ブルーカード」は、ブースターにも収録されました。弟が当てたので、たまらなく悔しかったです。



まずはギルモン&メガログラウモン。自分が考えたデジモンがパートナーになるのは羨ましい限りでした。そして「テイマーよ立て!メガログラウモン超進化」というカッコいいサブタイトルの回で、ミヒラモンとの戦い。成熟期が倒れていく中、超進化して倒す展開は燃えました。
デュークモンやクリムゾンモードは入っているものの、グラウモンがいないのがちょっと残念。


デュークモン&クリムゾンモード。本当の究極進化と、グラニと共に生きる真紅の騎士。しかし、ADR-01との決着が拳だとは思っていませんでした。


カオスデュークモン&イージス。今回収録されている中で、アイテム枠として何故か選出されたイージスですが、個人的にはデジメンタルやスピリット、デジヴァイスとかの方が・・・確かに対戦では使ってましたが、選出がなんとも・・・


サイバードラモン&ジャスティモン。アニメの遼のパートナーになり、今回このような形で復刻される・・・つくづく製作者の方が羨ましいですね。カッコいいデジモンをありがとうございます。


マリンエンジェモン&パラサイモン。
この2体はテイマーズ選出なのでしょうけども、ガードロモンやアンドロモンはいませんでした。



ここからはフロンティア編。カード下のバーコードをスキャンすることで、ディースキャナに様々な効果が現れます。が、こちらもカードと同じく問題がありまして。私が下手だったからかもしれませんが、キラカードをスキャンするとバーコード部分が削れました(涙。エンシェントメガテリウモン、好きなのに。


まずはアグニモン&ヴォルフモン。人間がデジモンに進化するというのは意外で、パートナーがいないのは残念でしたが、当時は毎週楽しく見ていましたし、今でも大好きです。


ブリッツモン&レーベモン。ダルクモンからレーベモンへの変化は予想外でした。それと、レーベモンは絶対カイザーレオモンと一緒におもちゃが出て、エンシェントスフィンクモンが出来る!と思ってましたが、そんな事ありませんでした(涙。


ヴリトラモン&ボルグモン。いずれも制御に苦労しました。ところでこのボックスに、何故かガルムモンが収録されていません。カイザーレオモンもいないし、ちょっと中途半端なのが残念。
風は炎に氷牙は剣に。闇は光に雷牙は砲に。兄弟共に当たらなかったカイゼルグレイモン&マグナガルルモンがようやく手に入りました。アニメでは相手が相手なだけに、苦戦する方が多かったですが、その分成長も見られたと思います。


そして破壊を再生を司る者・スサノオモン!見た目はカッコよくて好きなのですが、期待していた進化シーンは予想以上にあっさりしていて残念でした(苦笑。漫画版クロスウォーズではゼロアームズ・オロチとタクティモンの関連が描かれていましたね。オメガモンですら990止まりだった攻撃力を超える、A1000という圧倒的な力。ゴールドフレームに相応しい強さです。右のスサノオモン能力で、味方側なのにダークエリアに送られるセラフィモンとオファニモン。


エンシェントグレイモン&エンシェントガルルモン。十闘士はこの2枚のみの収録でした。まぁ他はアニメでもシルエットぐらいの出番ですし・・・



フロンティア唯一の劇場版のボス・オニスモンと、後のセイバーズの敵となった倉田・・・じゃなくてベルフェモン・レイジモード。


以上、テイマーズとフロンティア関連のカードでした。次はクロニクルと赤枠、その他のカードの一部を紹介。
コメント (4)