ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

まほうつかいの箱

2011-02-28 07:04:36 | アニメ・ゲーム
「まほうつかいの箱 TAKE-OUT CD BOX」を購入しました。当初はドラマCDだけのつもりでしたが、こちらしか売っていなかったので・・・さすがにいきなり6000円ほどの出費は痛かったですが。

内容は喫茶アーネンエルベの目の前に突如建設されたメイド喫茶・アーネンエノレベ。それを建てたのはルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト。その目的は自身に降りかかる呪い(不幸)を振り払うため、アーネンエルベにあるという魔術霊装(携帯電話)を探すためだった。ルヴィアゼリッタの行動に一枚噛んでいたのは聖職者かどうかすら怪しいカレン・オルテンシア。マスターに振り回されるランサーや子ギルガメッシュ、メイド服を着る羽目になったひびきと千鍵、その友人スナオの意外な素顔、カレンの目的や秘密兵器、そしてネコアルクとケータイさんのマスコット対決などなど・・・千鍵が次々やってくる来訪者に対し、ひびきを奪われるのではと心配するドラマCDとなっておりますw機嫌が悪いけど、不安だからしょうがない。あと本編と隠しトラックの差には驚きました。何あの会話。軽く置いてけぼり食らったのですが(汗。
カレン目当てで買いました。hollowを全てプレイしたので、カレンって良いキャラなんだなーと思い、そしてこのドラマCDでの相変わらずっぷりに安心ですw

さてもう1つはDJCD「まほうつかいの箱」。こちらは本多陽子さん、仙台エリさん、岸尾だいすけさんがご出演。本多さんは申し訳ありませんが初めて聞く方でした。仙台さんはアルカナハートのアンジェリア、岸尾さんはミルキィホームズのトゥエンティでしたか。本編のケータイさんのはじけっぷりは最高でしたw
内容は「Fate/EXTRA」クリアのご褒美として、高級寿司をかけたクイズ大会。エクストラの問題が出題され、ネタに応じて難易度が変わるわけですが・・・「図書館にいるNPC2名の名前を漢字で」・・・だと(汗。やたらあるライフラインを使用しつつ、寿司を堪能。何故かエクストラに関係無い、桜、凛、セイバー(騎士王)のサイズ問題もw

限定版で、DJCDは無くても良いかなーと思っていましたが、実際聞いてみたらとても面白かったので満足です。
コメント

仮面ライダーオーズ/OOO 第24話「思い出と恋と海のコンボ」

2011-02-27 12:09:38 | 仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーオーズ/OOO 第24話「思い出と恋と海のコンボ」

優美の魅力の虜になってしまった映司。ラブ!ラブ!ラブ!の恋愛コンボはねーよww製品化すんなよ!?絶対するなよ!?催眠術のようなものにかかっている最中の映司は、告白した方がとまで言い出す始末「ヤミーのせいで・・・」「優美!?」駄目だこの映司、早く何とかしないと・・・

当の優美は姿を見せず、心配していた妹の麗の所に現れた。エイサイヤミーは麗を襲い、今度は麗が優美の影に隠れる番、と新社長として記者会見に現れる。それを見ていた伊達は修理してもらったバースドライバーを受け取り現場へ。伊達が去った後、コタツの上においてあるクスクシエのチラシを見た真木はとてつもない驚きを見せる。一体何が・・・

映司は柱につかまってぐるぐる。ぐるぐるしながらアンクをペチペチwwモテる男・後藤さんに話を聞こうとするもハリセンで返り討ちにあう映司。後藤さん、ライオンコアの時の事、まだ根に持ってたのかwアンクもさすがに我慢しきれず水をぶっ掛けようとする始末。
そこへ伊達がやって来て、後藤さんと共に優美の所へ。「グリードの恋」についてアンクに聞いて、水をぶっ掛けられる映司・・・今日は良いとこなしすぎるw

伊達は優美の前に現れ、縛られている麗を助け出す。伊達が他の人のように虜にならないのは、昔の優美の方が、あの一生懸命だった優美の方が好きだから。今の優美は欲望という酒に酔っ払っているだけ。眼を覚ました優美だったが、そこへエイサイヤミーが現れる。後藤さんもナイスアシストもあり、伊達はバースに変身。

で、主人公はアンクと比奈に引きずられながらマリンラボへw遂には告白するとまで言い出した映司。駄目だこの主人公、早く何とかしないと・・・目の前にカザリが現れても状況は変わらない。苛立って2人は映司をふっ飛ばしてしまう。
アンクはオーズならヤミーの毒気を払えるかもしれない、とカザリを待たせて比奈の助けを借りて変身させる事に。カザリも律儀に待たんでもww
アンクがドライバーとメダルをセットし、比奈が「変身!」何とかオーズ・タトバコンボに変身し、毒気は払われた。だがその頃、研究所ではバースの攻撃を受けたエイサイヤミーがイトマキエイヤミーと化し、研究所を破壊しオーズとカザリの近くの水中に飛び込んできた。

崩壊に巻き込まれた優美は負傷。伊達は適切な応急処置を施す。どうやら彼は昔、医療チームを組んで旅していたようで。戦う医者・伊達。カッコよすぎるだろう・・・優美は海の無い国に海の力を持ち込む、と言う事を研究していたそうな。夢も才能もあった優美に憧れていた麗。

アンクはタカの眼を使ってカザリの中からコアを探すように指示。カザリの隙を突き、タカの目で狙いをつけ、トラクローで引き出したコアメダルはシャチ!何気にタカの能力が初めて披露された気がします。そうか!タトバは相手からコア回収用コンボだったのか!(違。カザリは良いとこなく退却。
シャチ、電気ウナギ、タコで「シャシャシャウタ、シャシャシャウタ!」のシャウタコンボ登場。

液状化し、水中でイトマキエイヤミーと激しい攻防。攻撃を避け、分裂したタコレッグによる猛攻。更に回転させ、相手の触手を引きちぎり、逃げようとしてもタコの吸盤で体に張り付く。地上に出てきたエイサイヤミーに対し、ウナギムチで動きを封じ、タコドリルキックなオクトバニッシュを決め勝利。

優美は伊達に何かを言おうとするも、古い酒は悪酔いするだけと告げる。気づいていながらも、敢えて言わず、言わせない。そんな伊達に対して、自分がどうなっていたかも気づかず、どのような恋相談をしたのか気になってしょうがない映司でしたw


感想
シャウタコンボ、カッコよすぎる・・・!な第24話でした。体を液状化可能。タコレッグは吸い付き、分離して連続攻撃、必殺技時にはドリルに。ウナギムチは動きを封じる。水中戦だけでなく、陸上でも十分に活躍できそうなフォームですね。タジャドルの後に出てきたのは少々意外でしたが、タジャドルに無い強さを持つフォーム。やはりコンボ形態はどれもカッコいいです。シャウタのOCC欲しいな・・・

綺麗になりたい、という欲望でしたが、綺麗になった姿を見て欲しい人物からは昔の方が綺麗だったと言われてしまった優美。伊達は見た目だけにとらわれず、その行動なんかも合わせて頑張っている優美を綺麗だと思っていたのでしょうね。頼れる兄貴です。
・・・それなのに主人公と来たら、今回は殆ど良い所が無く(汗。後藤さんもちゃんと活躍していたのに、まさかの「変身させてもらう」というwカザリ、待っていてくれてありがとう。

さて次回は鳥系ヤミー登場。生み出したのはアンクか、それともアンクのコアを手に入れた誰かなのか。はたまた劇場版に出てきたアイツ・・・は別かな。でも鳥っぽい恐竜もいるしなぁ。プテラノドンとか。


余談
「シャウタメダル、まさかこんなに早くから並んで・・・る!?」
散歩がてら様子を見に行ったら、既に30人近く並んでました。果たしてアレは全員シャウタだったのか、3DSもいたのか・・・欲望って怖い。
コメント (17)   トラックバック (11)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第3話「勇気を魔法に変えて~マージ・マジ・ゴー・ゴーカイ~」

2011-02-27 08:01:55 | スーパー戦隊シリーズ
海賊戦隊ゴーカイジャー 第3話「勇気を魔法に変えて~マージ・マジ・ゴー・ゴーカイ~」

視界もナビもはっきりしない中、突如ザンギャックの攻撃を受け、ゴーカイガレオンは地上に不時着。そこに攻撃を仕掛けてきたサラマンダム。どうやら火山噴火作戦だったようですが、ゴーカイジャーは何も知らない。既に変身済みのレッドに加え、4人も変身して戦闘開始。グリーンは偶然サラマンダムを弄ぶ事に成功・・・するが、サラマンダムは地面を割り、爆発によりゴーカイジャーは離れ離れに吹っ飛ばされてしまった。

はぐれたマーベラスとハカセの前に現れたのは魔法を忘れた魔法使い、小津魁。お宝のありかを知っている。「マジか」「マジだよ」そりゃマジだろうよww
スーパー戦隊の力を半分も引き出せていない、知りたかったら変身せずに捕まえてみろと小津。ハカセは色々調べてから、というがマーベラスは気にせず追いかける。一方の3人はアバレブラック、ニンジャブラック、ゴーオンブラックに変身し、ザンギャックと戦闘中。スカートがある無しで印象って変わるもんだなぁ・・・

小津とフレイジェルの作り出した炎の壁。ハカセは確証が無く行動するのが怖い、勇気が無いという。そんなハカセをお構い無しに投げ飛ばし、炎の壁を突破するマーベラス。洞窟で彼らを待っていたのは巨大な岩。転がってくる岩に対し、ゴーカイサーベルを地面に斜めに突き刺し、岩はその上を通り、何とか2人は岩を回避。マーベラス行動力ありすぎだろw
3人はビッグワン、ガオホワイト、ホワイトスワンに変身し、サラマンダムと戦闘。白い3連星かっけぇな・・・俺のジェットイカロスの玩具どこ行った(涙。


追い詰めた、かと思ったが、小津は崖から少し離れた岩場の上に立っていた。マーベラスは持ち前の行動力でジャンプするも、たまたま現れたサラマンダムによりジャンプ失敗。サーベルを崖に突き立てて九死に一生を得るも、このままでは動けない。そしてサラマンダムはがけ下へww
ハカセは飛べないと怖気づくが、マーベラスの頭上の岩が崩れそうだということに気づく。道具を用いて走り高跳びっぽくジャンプ。落ちそうになっていた岩を破壊し、小津に助けてもらいつつ、何とか向こう側の崖にたどり着いた。

そこで教わったのは、勇気こそがマジレンジャーの本当の力。全てのスーパー戦隊の力を本当に引き出せた時、お宝は見つかる。そういってマジレッド・小津魁は消えていった・・・
がけ下から戻ってきたサラマンダムたちと戦闘。そのパワーに圧されつつあったが、魔法戦隊マジレンジャー!BGMもマジレンジャー!新しい魔法がマージフォンに届き、マージ・マジ・ゴー・ゴーカイによりサラマンダムは自らの鞭っぽいので縛られてしまう。怒涛の攻撃で一気にとどめへ。出来ればとどめもマジレンジャーで刺してほしかったのは、贅沢ですかね。まぁゴーカイジャーだし、良いか。

巨大戦。スゴーミンたちは戦闘機のように変形し、ゴーカイオーを集中砲火。この攻撃の最中、マジレンジャーの鍵が光り、マジレンジャーの大いなる力が発動。ゴーカイオーの中からマジドラゴンが飛び出して、マジゴーカイオー誕生!合体じゃなくて、中から生まれるのかw
マジドラゴンでスゴーミンを倒し、ゴーカイマジバインドでサラマンダムを撃破。意外と地味(汗。

フレイジェルに礼を言い、スーパー戦隊の力はゴーカイジャーが持っていたほうが良さそうだと小津。そういえば残りの面々はいずこに?
結局当たっていたナビィの占い。これからも頼りにしてます、田村さんw



感想
小津の魔法使いと、マジゴーカイオー初登場。勇気を力に、魔法に変えて。理論や確証がある事でしか動けないハカセですが、仲間を救うために勇気を出して崖をジャンプ。足りない力は頭脳で補う。ハカセにより引き出されたマジレンジャーの真の力。マジレンジャーはアフロ君登場の辺りからちらほら見ていましたが、ウルザードファイヤーがカッコよかった記憶があります。

小津魁はマジレッドなのでしょうけども、変身はできなくなっている様子。スーパー戦隊が力を使いきったことと、レンジャーキーの存在はどう関係があるのでしょうか。

次回はジョーの剣の話。
コメント (10)   トラックバック (9)

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第20話「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」

2011-02-26 07:17:31 | 2011年アニメ
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第20話「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」

目の前に現れたインデックスを救うため、一方通行は力を振り絞って車に飛び移り、運転手を脅して逃走。インデックスを救出した彼を狙い打とうとする木原。そこへ現れたのは前方のヴェント・・・容赦なくぶっ放した木原でしたが、ヴェントにそんな攻撃が通じるはずも無く。ヴェントの始末を部下に任せて去る木原。彼にはヴェントに対する敵意が無いようで。
車内で「みにくいアヒルの子」をインデックスに説明する一方通行。打ち止めの話、ちゃんと聞いてたのなwアヒルと仲良くなりたかったのに、白鳥という事実を突きつけられて仲間の輪に入れないことに絶望する話・・・どこまでいっても白鳥は白鳥。そして一方通行はインデックスにカエル医者の所に行くように告げ、帰りを待たずに発進。

向かった先は、猟犬部隊の嗅覚センサーを振り切るための薬品探し。尚も追って来た猟犬部隊に対し、容赦の無い攻撃を仕掛ける一方通行。能力を使わず、暗闇で、残酷な方法で精神を追い詰めていく・・・逃げ出そうとした1人をも殺害。だがその現場を警備員に見られてしまい、一方通行は指名手配されることに。


一方の当麻&打ち止め。逃げている最中にたどり着いたレストランでヴェントと遭遇。ハンマーの動きと実際の攻撃の方向がずれており、その要因は十字架にある。戦いの場から打ち止めを「助けを呼んできてくれ」と逃がす当麻。自分1人だけで逃げるということに負い目を感じさせないための「助けを呼んできてくれ」です。その戦いの最中、突如ヴェントが吐血し、一旦その場を退却。
その間にも学園都市では次々と人が倒れていた。連絡でヴェントの事を聞いて写真を見た黄泉川、テレビでチラッと見た初春も。何かと戦う土御門。次回はいよいよ再登場?


感想
みにくいアヒルの子。アヒルの仲間に憧れても、自分は白鳥。美しくても、仲間には入れない。どんなに力があって強くても、光射す世界に暗黒が住まう場所無し。一方通行と打ち止めの世界は同じなようで、違うのかもしれません。
シリアスな空気の中にお姉さまを持ち込んできた黒子はさすがでしたwが、初春気絶。まぁ初春の反応が当然と言えば当然なんですが、ヴェントの脅威よりも、必要なら要請があるし、さっさと書類を終わらせようとする黒子の精神もある意味凄いかもしれません。

一方通行の残酷なまでの猟犬部隊殲滅。闇の中で恐怖を誘い、僅かな物音でも反応してしまう。心を折られては強くても意味を成さないですね。
コメント (2)   トラックバック (4)

魔法少女まどか☆マギカ 第8話「あたしって、ほんとバカ」

2011-02-26 07:01:20 | 2011年アニメ
魔法少女まどか☆マギカ 第8話「あたしって、ほんとバカ」

「魔女への成長途中の少女。略して魔法少女」

えー・・・そのー・・・うん、キュウべえマジ外道ってレベルじゃねーぞ(汗。殺されても変わりは幾らでもいるらしく無意味。おまけに自分の抜け殻を食う始末。その上、ほむらの口から明かされたその正体は「インキュベーター」。卵を人工的に孵化させるための機械を指すようですね。つまり魔法少女=卵で、孵化した雛=魔女と。魔法少女を生み出し、過去に魔女となってしまった魔法少女を倒させ、グリーフシードを手に入れ、それを喰らう。自分はただ卵を用意して、孵化するのを待つばかり・・・このド畜生が!!

そんな犠牲になってしまったのがさやか。誰かのためを願ったはずなのに、誰かを恨み、ねたまずにはいられない。結局仁美は素で告白したかっただけなのか、何なのか・・・会話の内容が見えてこないから何とも言えません。
ほむらの救いも拒んだ彼女の果ては魔女。果たして誰かが彼女を倒せるのか、救いの道はあるのか。今後の魔女狩りにも影響してきそうですね。そういえば今までの魔女も魔法少女だった人々なんでしょうね・・・

やっぱり物語の鍵を握っているのはほむら。時間操作の魔法を用いており、この時間軸の人間ではない事が発覚。並行世界の人間なのか、それとも未来の人間なのか。まどかの未来を知っているということは未来人なんでしょうかね。彼女の行動の根源にはまどかがいる。初めて名前で呼んだり、自分を粗末にして魔法少女になって、さやかを救おうとする彼女をキュウべえ殺害(生存)という形で食い止め、自分を粗末に扱わないで、大切に思っている人の事を考えてと泣き崩れるほむら。ほむらとまどかの間に一体何があるのでしょうか。まどかを待ち受けている運命は、第1話のアレ・・・?

ここまで来るとまどかが魔法少女になるかは怪しいものですが、もういっそ魔法少女になってほむらと一緒にキュウべえを倒して欲しいものですw
コメント (2)   トラックバック (3)

フィギュアーツ CAX

2011-02-25 20:49:52 | フィギュアーツ・D-Arts
フィギュアーツのダブル・サイクロンアクセルエクストリームが届きました。


俺たちはダブル、サイクロンアクセルエクストリーム
シュラウドがイメージした、テラードーパントに対抗するための最強のダブル。それがダブルCAXです・・・が、登場は一瞬で、フィリップはダブルとして、照井竜が仮面ライダーアクセルとして戦う事を選んだために実現しなかったフォーム。なのにソフビが販売され、フィギュアーツでも販売され、おまけにクラヒオーズにまで仮面ライダージョーカーを差し置いて出てきた恐ろしい子。

CJXと違うのはやはり左半身がアクセルということ。疾風と加速のガイアメモリの組み合わせですから、スピードに優れているのかもしれません。CAXの前身としてサイクロンアクセルやヒートアクセル、ルナアクセルも存在するのでしょうか。CAXを拒んだのにこうして実現してしまっているのは、ちょっと複雑ですが、ライアー辺りに騙されてるということでw
・・・でもエクストリームメモリの発光部分がCJXのままなのは騙されませんよ?(汗。関節の色を変えておいて、何故そこを変えない。それと眼の発光が個人的にちょっと残念。内側が白く塗られてたらまた違う印象だったかもしれません。


劇中での活躍が皆無なので、クラヒオーズに従ってエンジンブレードとプリズムビッカーを装備。ただこの商品にはどちらも付属していません。両手がふさがっていてはスロットにメモリを装填するのが面倒そうですね。


「悪魔と相乗りする勇気、あるかな?」
「俺に質問するな!」
エンジンブレードとプリズムソードの2刀流。プリズムで無効化して、エンジンメモリ&ブレードの多彩な能力で攻め立てる。エンジンブレードはサイクロンメモリの力を発揮することも可能でしたから、更に燃え上がるであろうヒート、そりゃもう伸びるであろうルナメモリも使用可能でしょうね・・・あれ?精神攻撃耐性抜きにしてもCJXより強そうなんですが(汗。


「照井竜、マキシマムいけるかい?」
「俺に質問するな!!」
シンクロ率は悪くないと思うけど、何でかいつもの調子になりそう。
肝心のマキシマムは全くの不明ですが、アクセルグランツァーの強化版でエクストリームグランツァーとか、ダイナミックエックス、エクスラッシャーというのを妄想。



仲間はずれにされているジョーカーとは戦って欲しいような、共闘して欲しいような・・・


それにしても何だか正義の味方というよりは、悪役のイメージがあるのは何故(汗。


この場合、もう1人は亜樹子か真倉か、誰なのか・・・霧彦さんでもありだと思うんだ。風都の風になったし。

どう絡ませるかの発想が難しい、けれども良く分からないからこそ想像するのが楽しいCAXのレビューでした。
コメント (2)

Fate/EXTRA ビジュアルファンブック

2011-02-25 19:09:20 | 本・音楽
「Fate/EXTRA ビジュアルファンブック」を購入しました。

真名はそろそろ明かしても良いんじゃないかなーと思う今日この頃。小説と漫画以外はカラーページですが、各サーヴァントの説明がちょっと物足りない。セイバーとキャスターは2ページなのにアーチャーだけ何故に1ページでライダーと一緒なのか・・・ラスボスのトワイス、隠しボスの式は桜たちと共に小さな紹介のみ。かゆい所に手が届かない感じがしますが、まぁ赤セイバーが堪能できるので良いか。あと公式サイトのセイバーとキャスターのミニゲームのクリア画面も掲載されています。あの難易度は異常。


あとセイバーのトレーディングストラップが売っていたので購入。赤セイバー狙いでしたが、結果はセイバー私服verとシークレット・・・何セイバーなのだろう(汗。
コメント

IS<インフィニット・ストラトス> 第8話「ファインド・アウト・マイ・マインド」

2011-02-25 06:47:25 | 2011年アニメ
IS<インフィニット・ストラトス> 第8話「ファインド・アウト・マイ・マインド」

いよいよ始まった一夏&シャルル対ラウラ&箒。が、ラウラには邪魔だとぶん投げられ、シャルルにあっという間にやられる箒・・・専用機&シャルルが強いという事で(汗。何気に逆手持ちのガードがカッコよかったです、シャルルの。
2対1に持ち込んだ一夏&シャルル。戦いの最中、停止させる対象物に意識を集中しなければならない、というAICの弱点を見抜いた一夏。イグニッションブーストをシャルルが、アサルトライフルを一夏が扱うという見事なコンビネーションでラウラを追い詰めていく。
「この距離ならバリアは張れないな!」とシールドピアスでラウラに猛攻をかけるシャルル・・・ちょっとやり過ぎな気がしないでも無いです(汗。

そこでラウラが思い出すのは、戦うためだけに作られ、ISのために肉眼にナノマシンを移植され、憧れの教官である千冬に優しい顔をさせる一夏への許せない気持ち。その時、ラウラのISが黒く変化し、ラウラを取り込んで漆黒のISを模した形態に変化。その太刀筋は千冬そのもの。千冬を真似した事が許せない一夏は、白式が解除されて尚戦おうとするも、箒に制される。

「今のお前に何が出来る!」「俺がやりたいからやる」「エネルギー持ってくれば良いよ」・・・会話に参加しているのに、箒が蚊帳の外にいる気がしてならない(汗。
シャルルからもらったエネルギーで右腕と武器だけを展開し、信じて待っていてくれと告げて黒いISに挑む一夏。太刀筋を読みきって、一閃。ラウラを救い出すことに成功。その強さは、強くなりたいからこその強さ。誰かを守ろうとする強さ。


眼を覚ましたラウラは、千冬から禁断のVTシステム、ヴァルキリートレースシステムがラウラのISに搭載されていた事を告げられる。そしてラウラは「お前は誰だ」と問いかけられる。「お前は私にはなれないぞ」と千冬。どんなに真似をしても、ラウラはラウラ。憧れるのは良いですが、その本人になろうとしては駄目ですね。

一夏は箒に「付き合ってもいいぞ」と言うが、当然買い物の事だと勘違い。そして一夏とシャルルは完成したばかりの男子の大浴場に・・・背中合わせからの一夏への感謝と、「シャルロット」という本当の名前を明かしたシャルロット。もうお前ら結婚しろよww
で、翌日にはシャルロット・デュノアとして転校してきましたw一緒に風呂に入ったことが鈴音にも知れたのか、ISで突っ込んできた鈴音。その攻撃を防いだのは何とラウラ。そして衝撃の「一夏は私の嫁」宣言とキス。これで5人揃ってハーレムの始まりですね、分かりますw

EDにラウラも追加。意外と背が低かったラウラと・・・何故シャルロットが最後尾。


感想
今週も安心のシャルロット無双・・・かと思いきや、ラウラもあっという間にデレて、今後が楽しみなキャラクターとなってまいりました。箒は本当にどうするんだよ・・・何かますます扱いが軽くなっている気がするんですが。出番があるだけセシリアや鈴音よりは良いかもしれませんが、その出番を少しでも2人に(略。

ラウラが千冬に抱いていた憧れと、一夏への許せない気持ち。千冬への憧れから千冬と同じような姿に変化したのでしょう。けれどもラウラはやっぱりラウラ。嫁宣言をしてこそのラウラです、多分w千冬が見せた優しい顔は、弟を大切に思っているからこその顔。一夏の誰かを守ろうとする顔に、そんな千冬でも垣間見たんですかね。

さてヒロインが5人揃ったところで水着回。
コメント (8)   トラックバック (5)

歩くサボテン

2011-02-24 18:16:25 | 日々の生活
「新種の古代生物"歩くサボテン"を発見」

埴輪のような顔をしたあのサボテンが見つかったのかと思ったけど、そんなことなかったぜ!・・・そういえばちゃんとFFをプレイした事が無いです。確か叔父の5をチラッとプレイして、セーブの仕方が分からず、呪文が分からず挫折した記憶があります(苦笑。
コメント

ネタの無い話

2011-02-24 07:42:53 | 日々の生活
「わさび抜きってあるけど、ネタ抜きって注文したらただの酢飯だよなー」とか「いくら、のり抜きで!って言ったら対応してくれるのかなー」と下らない事を考えていたら、母からこの前酢飯を頼んでいた人がいて、ちゃんと対応してくれていたとの話を聞きました。そりゃあるだろうけど、一体何円なんだ・・・値段に応じて出てくるんですかね。

そんなこんなでこの前回転寿司を食べたのですが、あまり食べれませんでした。脂が乗りすぎていたような気がします。ちょっと高い寿司はあまり食べれず、安い寿司はそこそこ食べれる・・・何か勿体無いような、安上がりに出来ているような(苦笑。
コメント (2)