ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

メビウスの輪

2007-03-31 16:11:15 | ウルトラシリーズ
2006年、新たなウルトラシリーズが幕を開けた。ウルトラマンシリーズ40周年記念作品「ウルトラマンメビウス」。各話の名言?と共に全50話をどうぞ。

運命の出逢い・・・「何にも守れてねぇじゃねぇか!」(リュウ)

俺たちの翼・・・「闘う場所を選びやがった」(リュウ)

ひとつきりの命・・・GUYSの仕事を続けるってことは、ウルトラマンと一緒に闘うこと!」「それって恩返しになりません?過去に地球を守ってくれたウルトラマンへの」(マリナ、コノミ)

傷だらけの絆・・・「ありがとう、きみのおかげで今日は4分間闘えた」(ミライ)

逆転のシュート・・・「よし、さすがオレが憧れたヒーローだ」(ジョージ)

深海の二人・・・「信じて体を預けてるから、集中出来るんじゃねぇか」(リュウ)

ファントンの落し物・・・「私もいつか、言えるといいな。メビウスに!キエテ コシ キレキレテ(僕、君、友達)ね?」(コノミ)

戦慄の捕食者・・・「俺たち防衛チームが限界まで闘い抜いた時だけ、ウルトラマンが現れるんじゃないのか?」(セリザワ)

復讐の鎧・・・「短くてもお前にとって、彼らと一緒に過ごした時間は、本当に何の意味も無いものだったのか?」(サコミズ)

GUYSの誇り・・・「GUYSの誇りにかけて」(ミライ)

母の奇跡・・・「一つでも多くの命を守るために僕たちがいるんだって!」(ミライ)

初めてのお使い・・・「ショーバイハンジョー」(コダイゴンジアザーの鯛)

風のマリナ・・・「風が私を励ましてくれてる」(マリナ)

ひとつの道・・・「僕は変わらない同じ一本の道を歩いているんだと思う。医者もGUYSもどちらも同じ、人の命を守る仕事なんだ」(テッペイ)

不死鳥の砦・・・「メテオールだろうが何だろうが、生身の人間を乗せるからには、目的は一つよ」(アライソ)

宇宙の剣豪・・・「こいつは常に何かを守るために戦っている。だから強い」(ヒカリ)

誓いのフォーメーション・・・「やる前からしくじること考えてて、その先に行けるか!」(リュウ)

ウルトラマンの重圧・・・「メビウスは一人ではなかった!皆がいるんです!」(ミライ)

孤高のスタンドプレイヤー・・・「そういうのも、楽しそうじゃない。何かチームっぽくってさ」(ジョージ)

総監の伝言・・・「危険を覚悟で戦っているクルーのみなさんの現実を、少しでも世間に伝えたかったからだと思うんです」(マル)

虚空の呼び声・・・「僕たちの時を止めさせやしません」(ミライ)

日々の未来・・・「君のこの星での日々の未来に、幸多からんことを」(バン)

時の海鳴り・・・「会えなくても大切な人は傍にいてくれる」(マリナ)

復活のヤプール・・・「最初はただがむしゃらに突っ走って来たけど、今なら胸張って言える。地球は俺たちが守ってるってな。ウルトラマンと一緒に」(リュウ)

毒蛾のプログラム・・・「歯磨き、歯磨き・・・」(サコミズ)

明日への飛翔・・・「君たちが心をひとつにすれば、大切なものは必ず守れる」(サコミズ)

激闘の覇者・・・「恐れるものなど、ありはしない!」(メビウス)

コノミの宝物・・・「彼がくれた言葉は、ずっと変わること無いもん」(コノミ)

別れの日・・・「構いません。地球のために闘えるなら僕の命なんて!」(メビウス)

約束の炎・・・「命を懸けて戦うのは、笑顔でまた、仲間たちに会うためです!」(メビウス)

仲間たちの想い・・・「仲間達のおかげで、僕は強くなることが出来るんだ」(ミライ)

怪獣使いの遺産・・・「宇宙人だとどうして怖いの?」(少女)

青い火の女・・・「例え何の代償がなくても、最後まで頑張る。医者も、GUYSも、それにウルトラマンもね」(テッペイ)

故郷の無い男・・・「最後に頼るべきは、自分自身だ」(ゲン)

群青の光と影・・・「彼らのために、俺は必ず、人々信頼を勝ち取ってみせる」(セリザワ)

ミライの妹・・・「ここで過ごす以上、僕ら宇宙人はそのルールを守らなければならない。それが他人の星で過ごすという事だ」(ミライ)

父の背中・・・「君自身が諦めない限り、それは敗北ではない」「ウルトラマンとして闘うという事は、決して彼等の想いを裏切らない事、彼等の希望であり続けるということだ」(ウルトラの父)

オーシャンの勇魚・・・「一期一会だ。出会いは一度っきりだ。だから今、側にいる仲間を精一杯大事にしな」(勇魚)

無敵のママ・・・「みんなも車には気を付けるんだよ!」(サユリ)

ひとりの楽園・・・「きっと淋しいことも悲しい事も、みんな大切なんです」(ナオコ)「淋しさを知っている人は、別の誰かの淋しさに気付いてあげられるんだ」(ミライ)

思い出の先生・・・「彼らと一緒に過ごせた時間は、私にとってもかけがえのない思い出だからな」(矢的)

旧友の来訪・・・「俺は彼らの心に応えたい」(サコミズ)

脅威のメビウスキラー・・・「優しさのせいで死ぬなんて、おかしいもん」(アヤ)

エースの願い・・・「俺は一人きりになった。だが俺は戦えた。離れ離れになっても、彼女の意思が俺の中にいたからだ」(北斗)

デスレムのたくらみ・・・「人間の強さも、弱さも、美しさも醜さも、その両方を知らなければ。お前はこの星を愛する事は出来ない」(郷)

不死身のグローザム・・・「ウルトラマンも人間も、仲間がいる限り、どんな強敵とも戦う事が出来る。そして勝つ事が出来る」(ダン)

メフィラスの遊戯・・・「これは私とメビウス、1対1のゲームなんです。人間の心を賭けたね」(メフィラス星人)

皇帝の降臨・・・「『地球は我々人類、自らの手で守りぬかなければならない』ウルトラ警備隊・キリヤマ隊長が残した言葉です。この言葉はウルトラマンが必要でないと言っているわけではありません。彼らの力だけに頼ることなく、わたし達も共に戦うべきだと伝えているのです」(サコミズ)

絶望の暗雲・・・「これが守るという事なのだな・・・」(ザムシャー)

心からの言葉・・・「ありがとうございました!」(ミライ)


ウルトラ兄弟の客演、過去シリーズとの繋がり。様々なポイントで注目されたメビウスもいよいよ最終回。今日の放送は5時から。

無限に続くの中へ・・・・・メビウスはまだ終わらない
コメント (4)

隊長と不死鳥

2007-03-30 14:54:32 | ウルトラシリーズ
いよいよ最終回「心からの言葉」を迎えるウルトラマンメビウス。

最終回を飾るゲストはゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオ、アストラ、ウルトラマン80。

まさかまさかのアストラ登場。予告を見るとどうやらレオとの必殺技ウルトラダブルフラッシャーを放っているようだ。このまま忘れ去られるかと思っていただけに嬉しい・・・・あっユリアンは?

エンペラ星人との戦いで危機に陥ったメビウスとヒカリを助けるため駆けつけたゾフィー。必殺のM87光線も放ってくれるようだ。果たして彼に変身するのは誰か。まさかファイナルメテオールじゃあるまいな。マケットゾフィー・・・なんてのは勘弁。変身者として一番有力なのはサコミズ。

そしてメビウスは最後の変身を遂げる。その名もフェニックスブレイブ。以前見たときより格段にマシに見えるのは何故だろう。赤・青・銀の体色に金色のプロテクターが加わった。右手にナイトブレス、左手にメビウスブレスを装着し、GUYSの仲間たちと力を合わせた姿。必殺技はメビュームナイトシュート。初の十字+L字の組み合わせ光線らしいが、どう放つのかは不明。どうやら隊員が変身するわけではなさそうなので安堵。まさに彼らの絆が生み出した姿である。


最終回なのに放送時間は夕方5時に変更なのでご注意を。
コメント (6)

ウルトラからの卒業

2007-03-30 10:38:45 | ウルトラシリーズ
世間は卒業シーズン(遅い?)。学校から、会社から、この世間からの卒業。色々あるが今回はウルトラシリーズからの卒業について。

かくいう私も一度はウルトラシリーズを卒業した身。小学校に入ってからはすっかり忘れていた。その前はというと、友達とウルトラマンごっこをしたり、ビデオを見て楽しんだりしていた。

いつの間にか忘れていたウルトラシリーズ。よく聞くのが「いい年なんだから卒業しなさい」という言葉。そう言えばそれで日曜朝の戦隊物も見れなくなったんだった。もしかしてその反動が今来てるのか?

しかし何だって卒業させたいのだろう。確かに子供っぽいかもしれないし、むしろターゲットは子供。だからといってやめさせる必要はないと思う。止めさせるのではなくて、勉強やスポーツにもしっかり取り組ませれば見てもいいのでは無いだろうか・・・・という考えを語っている(気がする)のは「ウルトラマンティガ・ダイナ・ガイア超時空の大決戦」。

そういうわけで、ウルトラシリーズから卒業させるのは待っていただきたいと思う今日この頃。でないと存亡が危うい気もする。ちなみに私は卒業する予定は今のところ全くありませんので(笑
コメント (2)

電車旅

2007-03-29 16:10:25 | 日々の生活
そんなこんなで春休みもあっという間に終わりに近づいてきた今日この頃。青森県に来ました。

行き来の手段は基本的に電車。しかし直通が無いので1回乗り換え。さらに実家に行く場合は着いてもさらに12キロの道のりが待っている。いつになったら電車が通り、コンビニが出来るんだ実家周辺。

さて去年。3月の半ばに、色々な手続きをするために1人青森へ。と乗った電車で思いもかけない出来事に遭遇。何と警察2人と犯人らしき人物が直ぐ前に。分かった理由は犯人と思しき人物とその隣の警察が連れ立ってトイレに行ったり、微かにロープらしきものが見えたから。

貴重な体験だったわけですが、内心おどおどしっ放し。座席は2人がけで、通路側に警察、通路を挟んだ席にもう1人いたので多分大丈夫だとは思いつつもさすがに怖い。

本当に警察と犯人だったのかは定かではないが、悪いことをしないよう再度心に誓った日でした。
コメント

米研ぎ職人

2007-03-29 00:01:29 | 日々の生活
この物体は何に使うのでしょうか。



正解は米をとぐ時に使うボウル。「米研ぎ職人」という名前ではない。底に米粒は通らない小さな穴が空いているため、入れた水が勝手に出て行く。さらに底も平面ではなく、軽くボコボコしているのでさらに便利。

これが来てから随分と楽になった米とぎ。冬の辛さは変わらないが。
コメント (2)

体感チャレンジクイズ

2007-03-28 09:06:34 | テレビ番組・ドラマ
昨日のぷっすま感想。ゲストは優香と劇団ひとり。大人の都合でゲストとしては初登場なひとり。企画は「体感チャレンジクイズ」

1回戦はカップ早積み。
何か名前があったような。カップスターはお菓子だし・・・
簡単そうに見えて意外と苦戦する一同。SMAPの草なぎも謎の配置換えを行っていたためか、優香と大差なし。
そして真打登場。何と日本チャンピオンだった。一分間に17回も成功。目にも留まらぬ速さで行う様子はさすがチャンピオン。

2回戦はビニール袋に何kg詰められるか。
果たしてどこでどう楽しめば良いのか良く分からない対戦だった。あれかなこれからの買い物に役立てて下さい的なものなのか。
そして再度真打登場。何のプロなのかと思ったらカリスマ主婦だったそうだ。あんな風に詰めなくても袋持っていったほうが良い気がするのは私だけ?

3回戦はスリッパ何個運べるか。
劇団ひとりの「南京たますだれ」と聞いて、かつて納豆巻きを作るようなやつと勘違いして送ったことを思い出した。
黒電話にキャッチホン機能があるのかはさておき、草なぎは何と270個も運んだ。スリッパ270個となると、重さはどのくらいになるのだろう。
で助っ人は素人。一体どこから呼んできたのかと思いきや、ジャグラーだった。

4回戦は何枚の座布団に乗れるか。
その前にあいうえお作文。芸人なのにすべる劇団ひとり。
で素人なのにトップ成績を誇る素人の方。中国雑技団の座布団回しの人だったそうだ。

5回戦はロボット操作でタイムレース。
キングカイザーというロボットをマスタースレイブコントロールし競うゲーム。これほどやってみたい企画も珍しい。自分の動かすとおりに動くというのはかなり面白いだろう。
素で楽しそうな一同。いいなぁ芸能人って・・・マスターベイブじゃ豚か。わざと間違えているような気がする草なぎ。
で戦いに入る草なぎと開発者の息子。世界チャンピオンだけあってさすがの強さ。やってみたいなぁ・・・
コメント

愛 am BEST

2007-03-28 08:14:00 | 本・音楽
発売された大塚愛、初のベストアルバム「愛 am BEST」。初回限定盤ということで特別なブリスターケースに入っており、さらに「愛」のハンコもついてきた。それとミニカレンダーも何故かくれた。

早速納得いかないところがあった。それはこのケース。置き場所に困り、さらに簡単に壊れそうで怖い。どうやって保管したものやら。

収録曲はデビュー曲「桃ノ花ビラ」から「プラネタリウム」までのシングル曲、そして「Cherish」「LOVE MUSIC」を含めた全13曲。さらにそれぞれのミュージッククリップが付属のDVDに収録されているという豪華盤。でも何で「LOVE MUSIC」なんだろう。個人的には「しゃぼん玉」を入れて欲しかったのだが。

敢えて言うなら「桃ノ花ビラ」「大好きだよ。」「Cherish」がオススメ。


で何故か99曲目まであるこのアルバム。99曲目には謎の曲が・・・
コメント

Climax Jump

2007-03-28 08:04:55 | 本・音楽
昨日ようやく見つけた仮面ライダー電王主題歌「Climax Jump」。いかにも「今日発売したばかり」的な場所に置いてあった。まぁ手に入ったからいいか。

曲は全部で5曲入り。但し1曲目以外は全てインストゥルメンタル。2~4曲目はアレンジバージョン、5曲目はカラオケバージョンとなっている。

初めて全編通して聴いたが、なかなか良い曲だと思う。確かにこれなら電王の主題歌となってもおかしくない。

またアレンジも結構良い。買って損は無い曲だった。
コメント

世にも奇妙な物語

2007-03-27 08:15:21 | テレビ番組・ドラマ
世にも奇妙な物語・春の特別編。実は今回観たのが始めて。正直怖くて観ることができなかったもので。今回勇気を出して見ることにしました。で感想。

「才能玉」
結局手に入れたのは犯罪の才能。それを刑事としての能力に生かしたマサカズ。確かに悪いほうにも使えるが、刑事以外にも推理小説も書けるはず。つくづく便利な反面、自制心が無いと大変。何はともあれ平山あやさんが生きていて良かった(おい
才能がテーマということであるマンガを思い出した。「うえきの法則」である。敵を倒すたびに新たな才能が増え、才能が0になると消滅してしまうというもの。選ばれた中学生たちが「空白の才」という自由な才能を作り出せるものを手にするため戦っていく。なかなか面白い漫画である・・・ってそんなに関係ないか?

「ヴァーチャル・メモリー」
上司に怒られてからの展開は読みやすかった。ただ自分の事を鏡で認識させるのは思いつかなかった。
しかし朝からの記憶全部売ったとしたら、記憶を売ればお金がもらえることなども忘れているような気がするのだが。そこら辺は自在に操作できるのか?
あとはやけに親しげな店員ぐらいだろうか。例え嫌な記憶でも売りたくは無いですけどね。

「雰差値教育」
ちょっと見方を変えれば「ごくせん」に見えなくも無い。または熱血教師の物語にも見えなくない。
雰囲気のよさを測る「雰差値」。まぁ良い雰囲気で授業を受けたい気もするが、できれば静かな環境でしたいものだ。
しかし偏差値でも難しいのに、雰差値100てwそういえば偏差値ってどうやってつけているのだろう。平均点が50で、それ以上なら50以上になるのだろうか。未だに良く分かっていない。
結構面白かった。

「午前2時のチャイム」
怖れていた恐怖物。名前の逆読みとは上手いところをつかれた。てっきり編集者みたいな人が犯人だと思ったのだが。最後のアレは幻想か、はたまた本物か。これ以上考えたくも無いのでこの辺で。

「回送電車」
まず始めに思い出したのはブラックジャックの「人生という名のSL」。ブラックジャックが乗った電車に現れる彼の思い出の人物。しかしそれは全て夢だったという話である。
主人公が亡くなるのは目に見えていたので、特にこれといった感想は無し。
コメント

探せども

2007-03-26 09:54:03 | 本・音楽
今日は大切な日。かれこれ4年前。


最近CD店によく行く。理由は「Climax Jump」と「ウルトラマンメビウス ソングコレクション2」を買うため。がどこに行っても売ってない。後者は発売が少し前なのでしょうがないが、先週発売したばかりの前者がどこにも売ってないのはどういうわけだ。

探せども探せどもあるのは「獣拳戦隊ゲキレンジャー」のみ。レンタルショップにも置いてない。あれか、田舎だから遅れているということか?せめて大塚愛のベストだけは発売日に置いてもらいたいものだが。

見つからなかったので買ってきたのが「ウルトラマンSTORY0 4」。TVとは一味違った展開が楽しめる。まぁこれが置いてあっただけでも満足。
コメント