ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

アーブの悲劇

2006-06-30 18:25:22 | ウルトラシリーズ
ヒカリサーガを見れない方の為にそのあらすじを更新。

後に「ウルトラマンヒカリ」と呼ばれる青き巨人は惑星アーブに降り立った。その星はとても美しくまさに「奇跡の星」であった。すると周囲の結晶体が集まり巨人を模した姿となり、ヒカリに話しかけてきた。それは惑星アーブそのものだった。ヒカリの心に澄み切ったものを感じ話しかけてきたという。アーブはヒカリも宇宙警備隊の一員かと尋ねるも、ヒカリは「自分は科学者であり、彼らのような力は無い」と答える。アーブは「戦士であろうと科学者であろうと澄んだ心に変わりは無い。貴方は貴方のままでよい」と話しかける。ヒカリはこの星を見届けるため、留まろうとするも、アーブはそれを制止した。それは「ツルギの予言」によると、まもなく恐るべき存在がアーブを滅ぼしにやってくるとのこと。ヒカリは「自分に力があれば・・」と悔やむも「その心だけで十分」とアーブは言う。またその予言によると「天空より舞い降りし勇者、光の鎧を纏い、アーブの大地と1つにならん」とあり、アーブはその勇者を待つという。ヒカリは自らがその戦士になるために旅立った・・・

ヒカリがたどり着いた惑星トワール。そこにいた謎の人物はヒカリが探す人物の居場所を知ると言う。その人物は大雨をヒカリの荒んだ心に例える。ヒカリは「力には溺れない」といい、その人物が言うように大雨を鎮める。そして現われたのはなんと人間が「ウルトラマンキング」と呼ぶ人物だった。彼からナイトブレスを授かったヒカリは再びアーブへと向かう。「綺麗な水ほど汚れやすいものはない。澄み切った心を忘れるな」という言葉を胸に刻み・・

ヒカリが再びアーブを訪れたとき、既に予言どおり凶悪な存在が惑星を荒らしまわったいた。怪物は結晶体の反撃を受けるも食い尽くしてしまう。ヒカリは「力を使ったはいけない」というキングの言葉を無視し、ナイトブレードで立ち向かおうとする。しかし怪物を取り逃がしてしまった。「何も守れなかった・・・」苦悩する
ヒカリが聞いたのはアーブの怨念だった。その怨念がヒカリを包み、鎧を纏った戦士・ハンターナイトツルギとなった。ツルギは嘆き悲しむのをやめ、怪物に復讐するために旅立った。そしてファントン星人から怪物の名は「ボガール」といい、次の目標が地球であることを知る。地球に向かうツルギ。しかし彼はまだ「ウルトラマン」という言葉の意味を知らなかった・・・


15分程度の作品だったが、かなり面白かった。宇宙警備隊の説明の時には歴代ウルトラ戦士が登場する点もよかった。またキングが「自分は地球ではウルトラマンキングと呼ばれている」と言ったのも注目。やはり「ウルトラマン」は地球での仮の名に過ぎないのかもしれない。しかし賛否両論が分かれそうなのは惑星アーブの声優。担当するのは小倉優子・・・・って誰が決めたんだこの配役。正直微妙なキャスティングだと私は思う。というかインタビューで「ウルトラマンセブン」とか言っている人を選ばないでください(悲)
コメント (1)   トラックバック (2)

闇の空想

2006-06-30 12:50:24 | ウルトラシリーズ
さてウルトラマンメビウス外伝「ヒカリサーガ」が本日配信予定なのに未だに配信されていない。何のために急いで帰ってきたんだか・・それはさておき「ウルトラQ dark fantasy」のオススメを紹介・・・したいけど実は見たことあるのは「闇」「虚無の扉」だけなので他の作品については漫画で見て面白かったものを主に紹介。

第6話「楽園行き」・・漫画で見た作品。おそらく本編とは多少違うのだろうが、なかなかスリルがあった。現実を離れた人々が訪れる「楽園」。そこでの人々の行動は鬼気迫るものがあった(漫画版)。今度レンタル予定。

第8話「ウニトローダの恩返し」・・これも漫画。そのネーミングからして凄い「ウニ」+「トロ」=「ウニトローダ」なのである。好物がウニとトロという非常に珍しい宇宙人。ちなみに分類は「スシ大好き遊星人」というこれも類をみない。

第25話「闇」・・前回紹介した非常に怖い作品。決して夜に一人で見てはいけない(体験談)。怖いものが好きという人にオススメ。この作品には宇宙人や怪獣が一切登場しない。幽霊的存在の「異なもの」というのが登場(といっても劇中でその名は呼称されない)。また舞台が廃墟のアトリエという所も怖さを引き立てる(石膏らしき顔がたくさんある)。

第26話「虚無の扉」・・人間の想像力を奪う電波怪人レキューム人が登場。第2東京タワーの内部の外国語の文字は「2020年の挑戦」と読む気がする。ウルトラQの「2020年の挑戦」を見てからこの作品を見ることをオススメする。

てな感じの4作品を紹介。次回はネクサス名場面を紹介。



メビウス先取り情報・・・今後、インセクタス雄・雌(新怪獣)、グロマイト(新怪獣)、ザムシャー(新宇宙人)、バルキー星人(タロウ)、マグマ星人(レオ)、サラマンドラ(80)、ベムスター(帰マン)が登場予定。ベムスター戦ではメビウスブレイブにフォームチェンジするとか。


余談・・バルキー星人はレオのNGタイプのマスクを利用して作られた。
コメント

コスモスは太陽のように

2006-06-29 18:28:11 | ウルトラシリーズ
コスモスオススメ作品を紹介。

第12話「生命の輝き」・・・一日でその生涯を全うする薄命幼獣イフェメラが出現。攻撃しようとしたフブキは「殺さないで」という少女の声を聴く。フブキはイフェメラの行動に幼くして命を落とした自分の妹の姿を重ねた・・
感動の一作。コスモスならではの作品とも言える。タイトルもまた素晴らしい響きを持っている。

第28・29・30話「強さと力」「夢見る勇気」「エクリプス」・・・EYESが以前やむなく倒した毒ガス怪獣エリガルが出現。しかしムサシは力でカオスヘッダーを撃退しようとするあまり、エリガルの命をも奪ってしまった。苦悩するムサシの前に現われたカオスヘッダーメビュートにコスモスも敗れ去ってしまう・・・
俗に言う「エクリプス三部作」(第31話「ゴンを救え」までがエクリプス編らしいが、とりあえずここまで)である。優しさだけでなく、強さ、そして勇気を併せ持ったエクリプスモードに至るまでの成長物語である。

第63・64・65話「カオス激襲」「月面の決戦」「真の勇者」・・・本格的に全面戦争となった人類対カオスヘッダー。コスモスはもはや限界が近づいてきていた。そして現われた最強の敵・カオスダークネス。ムサシは誰も考え付かなかった方法を試みた。それは・・・・そしてコスモスとの別れが訪れる。
コスモス最終回3部作。印象的なのは63話に登場したエリガルの体を変化させたコスモスに対するカオスヘッダーの「貴様は人間のために怪獣の体を変えた。我々が我々がしてきたことと何が違う?」という台詞(確かこんな感じ)。また「力」でなく「優しさ」で掴み取った平和というのがまさにコスモスらしいエンディングと言えよう。

以上7作品でした。実のところあまり見ていないのでそんなに詳しく書けなくてすいません。明日は「ウルトラQ dark fantasy」とネクサスのオススメを紹介。
コメント

先取りカブト

2006-06-29 11:25:21 | 仮面ライダーシリーズ
カブトの最新情報を更新。

①加賀美死亡・・なんと加賀美くん殺害されてしまうそうです。倒したのはやはりあの少年だとか。しかしご安心を。ガタックゼクターの力で復活するそうですから。ちなみにガタックの必殺技はライダーキックとライダー????で、後者はライダーキックを越える最強の必殺技だとか。

②カブトパワーアップ?・・メビウスがナイトブレスを得てパワーアップするように(予定)、カブトもパワーアップするとか。劇場版限定かTV版に登場かは不明。とにかく強化されるようで。

今週のカブトもお楽しみに。


余談・・・遂に今週末から私の地域でもメビウスが放送される。しかし朝早いので徹夜しようかと思う今日この頃。
コメント

その名はガイア

2006-06-29 09:13:09 | ウルトラシリーズ
先日紹介できなかったウルトラマンガイアのオススメ作品を紹介。

第17話・第18話「天の影 地の光」「アグル対ガイア」・・・迫り来る超巨大天体生物ディグローブを倒すべく、アグルは甲殻怪地底獣ゾンネルを利用しようとする。行き違う2人の考えが遂に激突する!
ウルトラマン対ウルトラマンは数あれど、本物同士の激突はそうそう無い(コスモス対ジャスティスぐらい?レオ対ウルトラ兄弟は保留)。2人が心を合わせる日は果たしてくるのだろうか。

第25話・第26話「明日なき対決」「決着の日」・・・再び激突するガイアとアグル。しかしそれこそが破滅招来体の目的だった!真実を知った藤宮はアグルの力を我夢に託し消えていった・・・
アグルが一端退場する重要な回(第41話「アグル復活」で復活)。またパワーアップしたガイアも見逃せないが、注目すべきは何と石室コマンダーはこの時点でガイア=我夢だと気づく。ウルトラシリーズでも類をみない早さでばれる。

第38話「大地裂く牙」・・・禁じられた兵器・地底貫通弾を使用し怪獣殲滅を図る柊准将。XIGもその発射を止められず、遂に発射・怪獣に命中する。しかし致命傷を負ったティグリスが地上に出現した。
死に物狂いで敵=柊の下へ向かうティグリスにガイアもXIGも何もできず、ティグリスは息絶える。「人間のために怪獣を倒す」その為なら何をやってもいいのだろうか?どこかセブンの「超兵器R1号」に通じているように思える。

第39話「悲しみの沼」・・・戦時中、自らと平野が生み出した人工細菌の犠牲者となった近藤は泥怪人ツチケラへと変貌。沼の底に潜む悲しき怪人が地底貫通弾の影響で巨大化し暴れまわる。
ガイアの傑作。ウルトラマン「故郷は地球」のジャミラに通ずるツチケラがとても悲しい。ラストの浄化光線発射シーンでXIGの一同が驚いていたのも印象的(理由・・浄化光線発射までの動作が終わりの部分以外ガイア最強の技フォトン・ストリームだったから)

第49話・第50話・第51話「天使光臨」「地球の叫び」「地球はウルトラマンの星」・・・破滅招来体の最終兵器根源破滅天使ゾグによりガイアとアグルは光を奪われてしまう。破滅魔虫ドビシに覆われた地球の運命は?そしてXIGと地球怪獣が結託した「オペレーション・ガイア」が開始された!ガイアとアグルは復活できるのだろうか?
最終回3部作。自らがすむ星を守るため人間と怪獣が結託した感動の最終回。復活したガイアとアグルがゾグ第1形態を倒すシーンは何度見ても素晴らしい。

9作品を紹介。今日は別なのも更新予定です。
コメント (2)   トラックバック (1)

跳ねたり結婚したり

2006-06-28 12:14:23 | 本・音楽
さて一応本日2回目の更新は昨日買ったハネウマライダーを軽くレビュー。

ハネウマライダー・・・予想通り爽快感溢れる曲だったが、どことなくそれとは違う感覚を持たせる。何か大切なメッセージが読み取れそう。また昭仁さんの滑舌のよさを2番で理解できるのではないか。

ジューンブライダー・・・「六月の花嫁」というその名のとおり結婚式に打ってつけのラブソング。今後の結婚式の定番ソングになってもいいくらいである。「ROLL」「夕日と星空と僕」と並ぶ私のポルノグラフィティのラブソングベスト3に入る一曲。

タネウマライダー・・・内容が想像できなかった曲。しかし聴いてみると意外にはまってしまった。ライブでは地名部分を変えて歌うのだろう(例・・札幌市で行った場合「ここは札幌」のように)。また2番の序盤の英語部分をよく聴いてみると、その部分が日本語っぽく聴こえ、ある人の名前を表しているのがわかるだろう。とにかく聴いてみないとわからないのでCD購入orレンタルをオススメ。

ジョバイロ以来7ヶ月ぶりとなる新曲「ハネウマライダー」。この夏の定番ソングとなることを期待する。



余談・・今回も買いに行ったら雨に降られた。帰ってきたら晴れて、また出かけたらまた降られた。
コメント

目覚めよダイナ

2006-06-28 00:13:19 | ウルトラシリーズ
何故だか目がさえている今晩。ダイナのオススメを更新。そのまえに今日の「ぷっすま」を見ていていいたいことが二つ
①エレキングの発音が劇中と違う
②「ウルトラマンセブンの指人形」でなく「ウルトラセブンの指人形」

第29話「運命の光の中で」・・月面基地でアスカを待ち受けていたもの。それは消失した父が乗っていた戦闘機「プラズマ百式」だった・・
タイトルがかっこいい。

第31話「死闘!ダイナVSダイナ」・・街に現れた怪獣を倒したダイナ。しかしそれは宇宙格闘士グレゴール人だった!ダイナに挑戦状をたたきつけるのだった。
ウルトラマンに挑戦するというよくいる宇宙人。だが侵略の意図がまったく無いのは珍しい。ちなみにウルトラマンメビウスにもザムシャーという宇宙剣豪がヒカリに挑戦を挑みに来るとか。

第46話「君を想う力」・・市街地での怪獣目撃情報が多く寄せられる。しかもそれは見る人によって異なる怪獣だった。その正体は如何に?
タイトルが非常に良い。

ダイナをそんなに見ていないのでこれ位です。すいません・・

にしても「ぷっすま」でウルトラマンを見れるとは想わなかった。というよりカーリー星人のソフビ人形の値段の高さにびっくり。まぁガラモンの方は高いことは知ってましたが。それにしても指人形でも20万円を超えるとは・・・そしてエレキングの販促用の頭部が186万円って一体誰が買うんだか・・今日2回目はガイアのオススメ&ハネウマライダーのレビューを更新予定。



余談・・書いている内に28日になっていた。
コメント

土9&日9を継ぐ者

2006-06-27 08:58:10 | テレビ番組・ドラマ
さて大概のドラマが一区切りを迎えるこの頃。今回はこの夏注目のドラマを紹介

フジ月9「サプリ」・・伊藤美咲&亀梨和也の共演で話題となっている月9ドラマ。広告業界が物語の舞台。藤井ミナミ(伊藤)はCMプランナーで仕事が命。趣味は合気道という珍しい設定(というより合気道と柔道って何が違うのかがわからない)。彼女の恋のライバル的存在は営業部の田中ミズホ(りょう)。一方石田勇也(亀梨)はアルバイト。ミナミの広告会社で働くことになる。彼の恋敵となりそうなのは同じ広告会社に勤める萩原智(瑛太)。実は萩原と田中は不倫の関係(田中が既婚)である。なんにせよ爽やかさが売りのドラマ(だと思う)。

日テレ土9「マイ★ボス マイ★ヒーロー」・・TOKIOの長瀬智也が主演の学園ドラマ。27歳のヤクザである榊真喜男(長瀬)は3代目を継ぐ条件として「高校卒業」を命じる。実は彼の知能はかなり低レベルなのだった。果たして無事高校卒業できるのか?またもや長瀬はヤクザ役(タイガー&ドラゴンでもそうだった)である。適役と言えば適役なのだろう。共演者はKAT-TUNの田中聖や市村正親、新垣結衣など。この時間帯のドラマは面白いものが多いので期待大。

TBS日9「誰よりもママを愛す」・・田村正和が「超」がつくほど愛妻家で、専業主夫の嘉門一豊を演じるアットホームドラマ。名前にはある由来があるとか。早くも7月2日からスタートするので要チェック。

と私が見る予定のドラマはこの3本。他にも速水もこみち主演「レガッタ」や上田次郎もとい阿部寛主演の「結婚できない男」など数多くのドラマが放送予定。



余談・・・トリックパート4やらないかなぁ・・・・・
コメント

出番だティガ!

2006-06-26 18:54:47 | ウルトラシリーズ
三度目の更新はティガのオススメ作品。

第28話「うたかたの・・」・・クリッター殲滅作戦の最中出現した甲獣ジョバリエ。ダイゴは自分が戦う意味を模索していた・・
何故怪獣が現われるのか、ウルトラマンが戦う理由はなんなのかを描いたシリアス作品。ティガのみならず、全ウルトラシリーズに投げかけられるテーマでもある。

第49話「ウルトラの星」・・怪獣バイヤー・チャリジャを追ってダイゴは1965年の円谷プロにタイムスリップしてしまう。そこでダイゴが出会った巨人。それは紛れも無くあのウルトラマンだった・・
ティガとウルトラマンの夢の共演が実現した作品。旧作ファンには感涙ものではないだろうか。ちなみにこのとき撮影していたのはウルトラQ第5話「ペギラが来た!」ではないかと思われる。

第50話「もっと高く!~Take Me Higher~」・・超古代文明の物と思われる遺跡が太平洋上に出現。そして現われた超古代尖兵怪獣ゾイガー。人類の滅亡への兆しが現われる中で、レナはダイゴにあることを尋ねる。それは・・・
1人でゾイガーに立ち向かおうとするダイゴにレナは「今、後ろ見えない。だからいいよ」という名言を送る。

以上3作品を紹介。少ないのはそんなにティガを見ていないから。今度レンタルする予定。ちなみにギャルサーの雷問題だが、何となく書いただけなので、お気になさらず。でもコメントしてくださって嬉しいです。

コメント

さらばギャルサー

2006-06-26 09:44:20 | テレビ番組・ドラマ
先日終了したギャルサー。結構楽しませてくれた作品だった。そんな最終回を突っ込んでみる。

ガス爆発に巻き込まれたしんのすけは病院に運ばれICU(集中治療室)で治療を受ける。病院内でひたすら回復を待ち続けるギャルたち。その頃アリゾナに(警察の制服で)行った一ノ瀬は何故か土の中に埋まっていたジェロニモ三世を発見。すぐさま日本へ帰国ししんのすけの下を訪れる一同。ジェロニモ三世は救いの儀式をやるといい、夜中に皆でしんのすけを外に連れだす(何故ばれなかったのだろう・・)。5つのアイテムを揃え、いざ儀式を行うも、肝心のブーメランが手元に戻ってこない。落ち込む一同の前に喫茶クリフォードのマスターが現れ、大切にしていたレコードを切ってブーメランを作成。それは見事手元に帰ってきた。しかしまだ目覚めないしんのすけ。サキは「自分の命をやるからオッサンを生き返らせろ」という。その時「命を粗末にするな」としんのすけの声が。彼は見事生還したのだった・・
それから数日、日常が戻った渋谷の街。イモコ探しを続けるしんのすけとジェロニモ三世。ギャルサー・エンゼルハートの面々は自分たち宛ての手紙を書いていた。しかしそんな折、しんのすけ達が渋谷を去ることを知った一同は彼らを探す。アリゾナに残された友人を救うために帰ることを一ノ瀬に告げ、ヘリで(何気に金がかかってそう)帰ろうとするも、そこにギャルサーの一同が到着し、帰らないでほしいと懇願。しかししんのすけは「自分だけの星を見つけろ」と言い、渋谷を去った。解散を決意した代表のレミ。サキの足元にはしんのすけのカウボーイハットが転がっていた・・
三年後。エンゼルハートのメンバーはそれぞれ違う道を歩んでいた。サキはイモコ探しを続行していたがあることに気づき仲間を招集。なんとイモコの正体はしんのすけだった。彼の母の旧姓は「渋谷サチ子」といい、彼女が幼い頃に描いた絵をしんのすけがビンに詰めて流したのだった。その時なんと海からしんのすけが現われ、サキから帽子を返してもらうとあっというまにカウボーイ姿に変身。今度はジョージの命を救った「ウマコ」を探す旅が始まった・・

まず聞きたいことが1つ。人間が雷が流れるロープを掴んでられるとおもう人はいますか?・・・いるわけない。ゴム手袋もしてないで掴める訳が無い。
そしてギャルサーの面々の三年後。バスガイドもいればメイドもいるし、幼稚園の先生や看護師もいる。そんな中驚いたのはレミが一ノ瀬の妻になっていたこと。しかも息子の名前が「進之助」・・・
イモコの正体=しんのすけ。「芋」=「サチ」・・なるほどね・・・って誰が気づくかそんなの。最終回見ないと母親の名前だとわからない。そして「ウマコ」って「ウ冠」に「マ」なんて漢字あるの?
次回作は「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」だそうで。この夏のドラマはこれと「誰よりもママを愛す」を見る予定。
コメント (1)