ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

箱の中身はなんだろな(見えてる)

2024-06-21 08:05:16 | おもちゃ・フィギュア
 (これは、箱の中に何が入っているのか明記されているにも関わらず、それを見落とした男の話です)

 先日コンビニで「カービィフレンズ4」なる食玩を見かけまして。

 4ってことは、結構人気のシリーズなのかなぁとラインナップを見てみると、私の好きなコピー能力の一つ・ミラーがあるではないですか!これはぜひとも欲しい!しかし基本8種にレアカラー1種となると確率は9分の1(違います)。とりあえず、一番手前にあるこのカービィ(虹)が描かれた箱を買ってみるか。これにミラーが入っていると良いなぁ!(入ってません)
 
 さぁて中身は……あー!パッケージどおりのカービィ(虹)かぁ!(当たり前です)これはこれで可愛いから良いけど、ミラー欲しかったなぁ……(しばらくした後)あれ?箱の上部に「この箱の中には~が入っています」って書いてるってことは、これ、もしかして最初から中に何が入るか分かってるの!?……その後、ミラーが入っている箱を買ったのは言うまでもなく。良いよね、ミラー

 確かに見つけた時点で「中身ランダムにしては、パッケージの種類豊富だな」と違和感を覚えてはいましたが、そこから「中に何が入っているかあらかじめわかっている」という発想に至らなかったのが不思議でなりません。その手の商品を全く買わないわけじゃないのに、中身ランダムの商品に慣れすぎじゃない?私。
 そういえば昔の食玩で、何だったかは忘れましたが箱にのぞき穴が開いていて、そこから「何番の商品が入っているか」を確認できたような……?あれ、箱に直接書かなかったのはコストの節約とかそういう感じで?
コメント

キラキラへの憧れ

2024-06-10 08:04:49 | おもちゃ・フィギュア
 先日実家の片付けをしている最中、懐かしい面々と再会しました。それは私が小学生の頃に手にしたキラキラのカードたちです。

 中でも比較的多めだったのが、ドラゴンボールZのカードです。実はドラゴンボールに関しては40巻〜42巻を持っているのと、アニメをチラホラと見ていた程度ではあるのですが、カードダスは割と積極的に回していた記憶があります。キラキラしている超サイヤ人3の悟空のカードや、光ってはいないけれども大好きだったゴジータVSジャネンバのカード、懐かしいなぁ……この頃のゴジータの色合い(肩の装飾がオレンジ)が好きなので、最近の色合い(黄色)はあまり馴染めないんですよね。
 そういえば当時はカードの違いはそこまで意識していませんでしたが、改めて見ると特にこれといった表記のないカードの他にも「スーパーバトル」「ビジュアルアドベンチャー」とか色々あったっぽいですね。

 で、他に出てきたのはSDガンダム、で良いんですかね?江湖騎士ノーベルガンダムなどのカードが出てきました。これはなぁ……当たった時の苦い思い出があってなぁ……何だかんだ30年ぐらい経とうとしていますが、未だに忘れられないですね。

 次に出てきたのは「パラボムVSマリオ」のカード!といってもなんのこっちゃだと思いますが、よく見ると「てれびでんわ」の表記が……そういえばゲーセンにそんな感じの筐体があったような気がしないでもないけどはっきりと思い出せない……!

 お次は「スーパーバイオパズラー」のカード。食玩についてきた、合体方法とストーリーが記載されたカードですね。捨ててはいないと思うけれども、おもちゃどこにいったっけかな……

 あとは「ロックマンX2」のエックスVSシグマのキラカードとー、スーパーボンバーマンのゴールデンボンバーマンのカードとー……待って、前者は覚えているけども、後者は何由来のカードなんだろうか。「Kabaya」表記があるってことは、お菓子のおまけとか……?全く思い出せん……

 そして最後は「ファイナルファンタジーⅥ」のキラカード!「冒険者たちⅡ」!
 ……正直、これが一番謎のカードなんですよね。というのも私、ファイナルファンタジー自体ほぼ遊んだことがなくてですね。親戚が持っていたⅣかⅤを借りて少し遊んだことがある程度(セーブ方法がわからなくて序盤で終わった)。故にⅥに関しては全く触れていないのに、なぜかカードだけがあるんですよ……もらいものなのかなぁ、これ。捨てずに今の今まで取ってあるし、捨てるつもりもないけれども、由来がわからんなぁ。

 恐らく家族に聞いたところで私が覚えていないカードの由来を覚えているとも考えづらく、きっかけが謎のままで終わりそうではあります。でも、昔はよくわからないカードでも光っていたらとにかく嬉しかったなぁというのを思い出した今日この頃でした。
 でも私、ガチャポンの人形とか、カードとか集めていたわりに、ガンダム本編を大学生になるまで全く見てこなかったのは何でなんですかね……?少しぐらい興味持っても良かったのでは?
コメント

ルールは適当!(でも楽しい)

2024-03-12 06:54:50 | おもちゃ・フィギュア
 「『場には”たねポケモン”を出す』つまり、たねポケモンのフシギダネしか出しちゃいけないのか!」
 ポケモンカードのルールを学び始めた頃の私は実にバカだなぁ(笑。

 とまぁ、そんな感じでポケモンカードやデュエルマスターズなどのカードに触れてきた私。遊戯王は最近たまーに買うようになりましたが、昔は遊戯や海馬のキャラクターカードがあった頃に少々買ったのと、最初期のパックをほんの少し触れた程度だったかと。
 当然公式ルールに従って遊んでいた中で、何故かデジモンカードだけは割とやりたい放題な家庭内ルールを設定。おかげさまで、後にワンダースワンでデジモンカードのゲームをプレイした時は、そのツケを払うこととなりました(苦笑。他のカードはルール通りに遊んでいたのに、何故デジモンカードだけ……ポケモンカードを先に遊んでいたから、それと同じような感じで遊んだほうが遊びやすくね?的な感じだったのかもしれません。
 
 ただまぁ、大会に出るわけでもなく、内輪でギャーギャー遊ぶ程度なのでそのぐらいがちょうどよかったのかなと。カードゲームに限らず花札は役なしの点数制、ポケモンのボードゲームも割と好き勝手に遊んでいましたし、野球も人数が足りないときは透明ランナーを走らせていたように記憶しています。さすがに「わしゃがなTV」のように、タッチくじや複数のアイドルグループのカードを混ぜて使うという発想の自由さはありませんでしたが(笑。

 適当なルールで遊んでいたのはデジモンカードぐらいかと思っていましたが、割と色んな遊びを自分たちなりのルールを作って遊んでいたことに気付かされた今日この頃でした。
コメント

昔懐かしムゲンバイン

2023-01-19 07:57:03 | おもちゃ・フィギュア
 先日情報が公開されたDXキングオージャー。その見た目にどこか懐かしさを覚えていましたが、「ムゲンバイン」という名称を見つけて合点がいきました。

 気づけばもう15年位前なんですねぇ……当時の私によると「ムゲンファラオのCMが気になっていたが、買ったのはムゲンアーサーが初めて」とのこと。購入するかどうか悩んでいたようですが、それは「レジにもっていくのは気が引ける」か「お金が心配」なのか……多分前者だろうなぁ。この後ミニプラを躊躇なく買うようになったのは、この時の経験がきっかけかもしれません(笑。

 ムゲンアーサーに始まり、復刻のムゲンファラオや続くエヴォルバイン、マシンロボNEXT、ジグルハゼル。ムゲンアーサーが復刻されたあたりで止まってしまいましたが、それまであれこれ組み替えて遊んだなーと。小さい頃はカラフルなブロックやレゴブロックを組み替えて遊んでいた時の楽しさを思い出していました。
 特にムゲンアーサー、ムゲンパイレーツが一番遊んだなーと。その後、数が増えるに連れて何をどう組んだらいいのか分からず、説明書通りに組んで満足していたような気もします(苦笑。

 遊び以外で思い出深いのは、ガチャポンで展開されたムゲンバインG。全5種を集めて合体できるものの、色違いもあるため実質全10種。同系統の色合いで5種集めるのは当時の私にはハードルが無茶苦茶高く、断念したのを覚えています。何で普通に食玩として売ってくれなかったのか……これとレンジャーキー、ガイアメモリのおかげで、ガチャポンでコンプリートすることの難しさを痛感させられました。

 
 シリーズから離れて久しいですが、まさかスーパー戦隊がきっかけで思い出すことになろうとは思いもしませんでした。
 ムゲンアーサーを買ったお店、ムゲンバインGのガチャポンを回した場所、復刻されたムゲンファラオを買ったお店を思い出して懐かしくなった今日この頃でした。
コメント (2)

ミニプラからの卒業?

2022-08-15 07:13:36 | おもちゃ・フィギュア
 最近久々に騎士竜シリーズを手に取っていたら、思いのほか良い感じのが出来上がって、やっぱりこのシリーズ名作だなって思う今日この頃。

 思えばスーパー戦隊シリーズのロボはミニプラ中心で、DXにはあまり触れてきませんでした。その数少ないおもちゃを振り返ってみると海賊戦隊ゴーカイジャー」の豪獣神、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の各種騎士竜(キシリュウジン以外)、「機界戦隊ゼンカイジャー」のゼンカイジュウオー……と、割と変形合体する恐竜ロボを中心に購入する傾向にあるなーと。あとは「特命戦隊ゴーバスターズ」のバスターヘラクレスですから、昆虫系も好きかもしれない。でも昆虫モチーフのロボって結構少な目な気がする。まぁ某学習帳の表紙から昆虫がいなくなったこともあったそうですし、昆虫は好き嫌いが分かれる印象があります。

 また、DX版は買っていませんが、「獣電戦隊キョウリュウジャー」のミニプラはめっちゃ遊んだなーと。
 特にスピノダイオーを絡めて遊ぶのが好きでした。他にも「爆竜戦隊アバレンジャー」のキラーアバレンオーが映画で披露した「爆竜マルチコンバイン」はスーパー戦隊ロボの中でも上位に食い込むほど好きな技ですし、そもそも元をたどると究極大獣神好きだったし……

 ですが、そのミニプラも、ルパパト以降ご無沙汰気味です。スーパーミニプラも大獣神とドラゴンシーザーは買ったけど、キングブラキオンは値段も相まって未購入でしたし。
 ミニプラに限らず、以前ほどプラモデルやフィギュアを買わなくなり、写真を撮らなくなったのも影響しているかと。最近では公式の写真を見るだけで満足してしまいます(汗。未完成のプラモもいくつかあるしね……勢いで買ったのはいいけど、いつ作るんですかね、私。

 ミニプラを卒業したとまでは言いませんが、以前のように発売日にあちこち駆けまわって探すほどの熱意は無く。いつかまた復活する時が来るのかどうか、私にも分かりません。ゴーオンジャーやシンケンジャーのミニプラが何らかの形で復活したら、あるいは……?
コメント (4)

昔懐かしデュエル・マスターズ

2022-07-13 07:58:32 | おもちゃ・フィギュア
 先日トレンドにデュエル・マスターズの話題が入っていたので、ふと懐かしくなって記憶を紐解いてみました。

 元々コロコロで連載されていた漫画を読んでいたものの購入には至らず。加えて当時はカードのデザインや「ポケパワー」「ポケボディー」など、ポケモンカードの変化に馴染めず、デジモンカードも殆ど見かけなくなってしまい、カードゲームから離れていた時期だったかと思います。
 
 そんな時に弟が先にデュエマで遊んでいたのを見て、たまたまパックを買ったら「死皇帝アザガースト」が当たり、その不気味なかっこよさに魅かれて興味を持ち初めまして。で、その後自分もチマチマと買い集め、カードを借りつつデッキを組むようになっていきました。
 お気に入りだったのは、始めたての頃にお世話になった「緑神龍グレガリゴン」をはじめ「緑神龍ダグラドルグラン」「悪魔聖霊バルホルス」「クリスタル・ツヴァイ・ランサー」「聖霊王エルフェウス」「時空の守護者ジル・ワーカ」「アクテリオン・フォース」ですね。漫画で強烈なインパクトを残したバロムやアルカディアスは持っていなかったため、私にとっての永遠の憧れのカードたちです。

 その後クロスギア編を境に卒業し、以降は何年かに1回、気まぐれで買う程度。今回記事を書くにあたってカード名を公式サイトで検索していたのですが……何というか、個性豊かなカードが多そうですね……カレンダーって何さ。

 現在ではデュエマのアプリが配信されており、私も開始初期にチラッと遊んだのですが……配信初期ならではの色々が相まってやめてしまいました(苦笑。あと、やっぱりカードゲームは実際に遊びたいですね。こう、手持ちのカードを箱から出して、どう組み合わせたら良いかを楽しみたいと言いますか……いつまで経っても時代の変化に微妙についていけていませんね(苦笑。

 そんなことをふと思った今日この頃でした。しかし良いイラストだ、神アート……
コメント

「ムービーモンスターシリーズ」のヘドラを買った話

2022-03-12 17:45:02 | おもちゃ・フィギュア
 というわけで?「ムービーモンスターシリーズ」のヘドラを買いました!令和のおもちゃ売り場にでっかいヘドラが置いてある不思議。「対象年齢3歳以上」とのことですが、数あるおもちゃの中でこれを真っ先に選ぶ3歳児がいたら、将来有望ってレベルじゃないと思う。



 ……実を言うと発売日を知らず、たまたまおもちゃ売り場に立ち寄ったら並んでいて即座に手に取りました。いやもう、とにかく大きい!以前ガチャポンで手に入れたヘドラ(左)も十分満足のいく出来栄えだったのですが、この大きさはとにかく魅力的です。





 モンスターアーツのモスゴジやデストロイア完全体と並べても、ひけを取らないこの大きさ!いやー良いですね!







 全身どっからどう見ても不気味な雰囲気を漂わせるヘドラ。体を構成するヘドロ等を想起させる黒・灰色に、どこか危険な雰囲気を感じさせる銀色、不気味さを際立たせる頭頂部や背中などの黄色や赤褐色……決して触れたくは無いですが、良い色をしてますね。というか君、腕の裏側黄色かったんだね……
 一見するとこれといった飛び道具が無さそうなのに、目からはヘドリューム光線を放つという意外性の持ち主。となれば、背中の怪しげな器官も何かしらの役割を担ってそうで怖いですね。



 ゴジラとは夜中に戦いを繰り広げていたため、暗い感じで撮ってみましたが、実際には夜行性というわけではなく、普通に昼日中に現れては大量の硫酸ミストをまき散らしながら飛び回るという厄介極まりない存在。「対メカゴジラ」のようにドンパチやる派手さは無いものの、重く、静かな不気味さが終始漂い続ける「対ヘドラ」は魅力的な映画です。

 といった感じで、ムービーモンスターシリーズのヘドラでした。思いがけず良いヘドラに巡り合えて嬉しかったです。
コメント

おもちゃ売り場にイリス襲来

2021-12-11 08:08:39 | おもちゃ・フィギュア
 先日おもちゃ売り場に立ち寄った時のこと。

 はて、バリッドレックスが見当たらない…発売日間違えたっけ?(陳列棚が違うだけ)…うーん、どこだろう、こっちはソフビコーナーだし…あれ、お前もう発売してるんだっけ!?やったー!

 というわけで仮面ライダーのアイテムを買いに行ったつもりが、「ガメラⅢ」に登場した邪神イリスのソフビ購入に変わっていました(笑。割かしいいお値段してましたが、このボリューム感なら納得です。以前はモンスターアーツ等で出してくれないかなーと思っていましたが、改めて手元にとってまじまじと見ると「無理だろうなぁ…」という思いも湧いてくるぐらい、とんでもない作りしてますね…お前背中にこんなトゲトゲしたのあったのか…本当にギャオスと関連あるのか…?

 カッコいいなーと思いながら眺めていると、やはり本編も見たくなるもので…今日は久々に平成ガメラ3作品を見直そうと思います。2作目、3作目は時折見ますが、1作目は他と比べると見る機会があまりないので、これを機にシリーズ通して見直そうかなと。
 確か私のイメージだと、夜の戦闘がメインということもあってかもう少し暗い色だったように思いましたが…そこら辺は技術のある方なら塗ったりするんでしょうね。私が見よう見まねでやると十中八九「やらなきゃ良かった」ということになるのでやりませんが(汗。


 …おもちゃといえば、プレミアムバンダイでモンスターアーツのヘドラの予約が始まってるんですよね…念願かなってのヘドラなんですが、お値段がこれまた想像以上でして…以前ガシャポンで手に入れたヘドラの出来が良くて気に入っているので、そっちで良いかなと…
コメント

馴染みの無いかまきり

2021-03-22 07:34:29 | おもちゃ・フィギュア
 以前紹介したガシャポンの「いきもの大図鑑」ですが、あのスズメバチ第1弾以降も、スズメバチの第2弾や「くわがた」「かまきり」など他の生物のシリーズも発売されており、最近だと「かに」が出ています。

 スズメバチの出来栄えが気に入っていたので、以降も見かけた際には1回だけ回しています。「くわがた」ではノコギリクワガタ、「かに」ではメガネカラッパという知らないカニが出てきたのですが、こじんまりとしていて割とお気に入り。
 で、「かまきり」なんですが、全5種類ありまして。緑色と褐色の「おおかまきり」にそれぞれ通常版と腹部膨張版があって4種類。それに「羽化直後色」というのが加わっての全5種類です。私が当てたのがその「羽化直後色」でした。

 …いや、その「かまきり」と一口に言っても色んな種類がいて、色も多種多様だというのは分かりますし、ラインナップにこれが含まれているのも承知の上で買ってますが、私の中で「かまきり」といったら緑色もしくはたまに見かける茶色なわけで。そこに来て「羽化直後色」という馴染みの無いのを出されましても…という感じが強かったですね(苦笑。
 メガネカラッパのように知らない生物を知ることが出来る、という楽しみはもちろんあるんですけども、やはりこう「かまきりと言ったら!」な、かまきりが欲しかったという思いが少なからずあります。じゃあもっと回せ?私の運なら羽化直後2連続出かねないのでやりません(汗。
 あと、かまきりに関しては私の不器用さを痛感することになりました。今回も写真を撮ろうと思ったら胴体がすっぽ抜けて、はめようとしたら他のパーツがぽろぽろ取れ出したのでやめました。最初に組み立てる時もかーなーり四苦八苦させられて、それでもカッコいいから良くも悪くも印象に残っているおもちゃです。

 そんな感じで少しずつ家の中に色んな生き物が増えていっている今日この頃。かまきりの羽化直後色がありなら、今年の夏にはセミの羽化直後とか出そうな気がしてなりません。
 なお、今一番気をつけているのはノコギリクワガタの置き場所です。普段目につくところに置いておかないと、たまに目に入った時に黒いアイツじゃないかと誤解してしまいそうなので(汗。
コメント

ウルトラアクションフィギュアのゼットさん(オリジナル)で遊ぶ

2021-03-13 11:52:37 | おもちゃ・フィギュア
ご唱和ください、我の名を!




 よお!地球のみんな!俺はウルトラマンゼット!あのウルトラマンゼロの弟子をやらせてもらっているんだ。


 ウルトラレアな裏話なんかも聴けちゃうかもしれないぜ!


 ということで「ウルトラアクションフィギュア」シリーズのウルトラマンゼット(オリジナル)を購入しました。このシリーズは初めての購入です。
 全身18か所可動とのことで、ゼスティウム光線のポーズもギリギリ出来ますが、腰が回らないのでポーズはちょっとつけにくいかも。

 今月届く予定のセブンガーと上手いこと組み合わせられたらなーと思い買ったのですが、これが案外楽しい。本編の動きを再現するのも面白そうなのですが、オリジナルのゼットさんは基本的にあまり出番が無いんですよね。




 一応ビルを使って最終回のデストルドス戦っぽくしたりもしてみましたが、バカでかいZのエフェクトとか無いと物足りないんですよね…

 しかしゼットさんの活躍の場は他にもある!それは!






 師匠たちと繰り広げたボイスドラマ!冒頭の挨拶もボイスドラマの冒頭でお馴染みの挨拶ですが、そのボイスドラマの構図を再現するには持って来いのフィギュアかと。
 調子に乗るゼットさん、自慢げに語るゼットさん、驚くゼットさんに考えるゼットさん、弟子と呼んでもらえたことに動揺するゼットさんなどなど、他のウルトラマンたちと組み合わせても楽しそうですね。しかもソフビ相手でもSD時空という言い訳が立つのもありがたいところです(笑。

 怪獣たちと戦わせるも良し。師匠とコントを繰り広げるも良し。そんな感じで、簡単でしたがウルトラアクションフィギュアのゼットさんで遊んでみたよ!っていう話でした。セブンガーまだかなぁ…
コメント