ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第22話「死者の生命!?」

2019-08-18 09:58:50 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第22話「死者の生命!?」

 尚久の体を借りているセトーは、今回の死者復活の騒動がネクロマンサーマイナソーによるものだと指摘。果たして空を割ってネクロマンサーマイナソーが出現。コウはネクロマンサーマイナソーが出てきた空間に飛び込むが、そこで復活したタンクジョウに苦しめられる。

 それを救ってくれたのはセトー曰く「気まぐれっ子ちゃん」のシャインラプターだった。元の世界に戻ったコウはマイナソーの目論見を阻止するべく、人が集まりそうな場所へ向かう。そんな中、アスナはマスターピンクが何故生き返ったのかを改めて問いかけ・・・


感想
 コウを受け止めるためにバンバをどかすアスナと、思いのほか痛がっているバンバが何か面白かった22話。お姫様抱っこをする方が似合うのが何ともアスナらしいといいますか(笑。

 さて今回は死者の復活と生者の魂が奪われる現象が、ネクロマンサーマイナソーの仕業によるものだと判明。てっきりシャドーラプターの仕業かと思ってました・・・すいませんでした・・・
 しかも生みの親はまさかのマスターピンク。いい話で締めくくられていましたが「カワッテェ・・・」というマイナソーの叫び声を聞くと、マスターも出来ることなら変わって欲しかったんだなぁ・・・と思ったり。


 マイナソーの目的は分かった。出現ポイントも予測できた。しかし倒せばういは母親と、アスナはマスターピンクと別れなければならない・・・僅かに迷いが生じるリュウソウジャーでしたが、カナロの「さよならじゃないだろ。ここにいつもいる。会いたいと思った時に、いつでも会える」という思いと、これまでも口にしてきた「ソウルは・・・ひとつ!」という思いから、戦うことを決断。
 
 出現しても生贄がいなければすぐに消えてしまうネクロマンサーマイナソー。そんな敵を追うべく、シャインラプターとシャドーラプターが合体してコスモラプター、更に合体してキシリュウオーコスモラプター!必殺技を放つ際に、目が怪しく光っている感じがいいですね。
 

 一方、再度復活したタンクジョウと決着をつけようとするメルトたち。にしても、ドルン兵3体を生贄にタンクジョウ1人を召還とか、随分とコスパがいいというか・・・
 メルトたちには1人ずつ「お前が思い描く最悪のシナリオ通りの最期を~」とか「その力、俺の下につけば~」「お前の攻撃は速い軽い安い!」「己の技にうぬぼれすぎだ!」など対応した台詞を言ってくれるタンクジョウでしたが、カナロだけは初対面なので「誰だお前は」と言われて一瞬沈黙(笑。
 最後はみんなの力を受け取ったアスナの剣により勝利。苦戦を強いられても、マスターピンクが信じたとおり、諦めない強い心の持ち主であることが証明されていましたね。

 別れが辛いのはアスナやういのみならず、クレオンもまた同じ。敵とはいえ、あそこまでタンクジョウ消滅に涙するとは・・・ワイズルーもそんなクレオンの気持ちを察して、ハンカチを差し出してくれました。やっていることは外道ですが、上司としては面倒なところもありつつ、良い人なのかなって・・・

 次回は願いが叶うカナエソウル。妹も出るよ!
コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第21話「光と闇の騎士竜」

2019-08-11 09:58:49 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第21話「光と闇の騎士竜」

 かつてドルイドンがリュウソウ族から奪い、宇宙に持ち去った騎士竜・シャドーラプター。それが今再び地球に降り立ち、地球では魚などの命ある者が消え、死んだ者が生き返る現象が発生。復活した死者の中には、ういの母親やマスターピンク、そしてタンクジョウも含まれていた。

 龍井家にやってきたマスターピンクは、尚久を見るなり「セトー?」と声をかけ・・・


感想
 何だかんだクレオンはタンクジョウのこと気に入ってたんですかね・・・まぁガチレウスに比べれば余程マシですし・・・

 さて今回はお盆ということもあってか、動物たちが消え、死者が復活するという現象が発生。死者復活というとジュウオウジャーのお盆回を思い出しますね・・・あれはなかなかに衝撃的でえぐい展開でした・・・

 復活したタンクジョウは火山エネルギーを凝縮したボールをばらまくという作戦を実行。少しでも火花が散れば爆発するため、迂闊に攻撃が出来ない。そんな危機的状況の中、駆けつけたのはマスターピンクとカナロ!生身でもあれだけ動けるのは、さすがマスターといったところでしょう。
 シャドーラプターと接触したためか、いつの間にか狙ったものを吸い込むクラヤミソウルを所持していたカナロ。クラヤミソウルという名前からして、てっきりあたりを暗くするソウルなのかと思いきや、ブラックホール由来の力っぽいですね。

 モサレックスとマスターピンクから教わったのか、シャドーラプターやクラヤミソウルを使いこなすカナロ。にしても必殺技がレボリウム・ウェーブみたいで結構えぐいっっすね・・・(汗。

 
 そして対になる騎士竜シャインラプターを召還し、街は元通り。プリキュアだと不思議な光で街が元通り!なんてのはよくあることですが、戦隊でこういった能力持ちは珍しいように思えます。
 マスターピンクが2体の騎士竜に詳しいのは、セトーから聞いたから。そのセトーは終盤に登場。「祭」とかかれた手ぬぐいを頭に巻いて、顔は尚久そっくり。自らを光と闇の狭間の住人だと語る彼の目的や素性は一体・・・

 といったところで、次回に続く。てっきりタンクジョウ倒したところで、シャドーラプターの影響も切れてマスターピンクたち消滅・・・な展開になるかと思ってたので、これは意外でした。
 そして何故マスターピンクだけが復活したのか、というのも気になるところ。マスターブルーは生存の可能性が示唆されていましたし、マスターレッドもまだ生きていたりするんでしょうか・・・?
コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第20話「至高の芸術家」

2019-08-04 09:58:06 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第20話「至高の芸術家」

 訓練に努めるコウ、アスナ、トワの3人を見つめるメルトは、トワに速さだけではこの先通用しないと指摘。実際、トワはメルトを追い詰めたつもりがいつの間にか追い詰められていた。
 気分を損ねたトワはバンバと合流するが、そこで出会った少年の兄がマイナソーの生みの親にされたことを知り、早速救助に向かう。しかし突如空中に檻が出現。トワは間一髪で回避するが、コウたちは次々に捕らえられてしまう。

 カナロも掴まり、とうとう1人きりになったトワ。そんな彼の前にガイソーグが現れて・・・


感想
 カナロがBGMで遊ばれた第20話は、トワの成長回。

 速さを売りにしているトワですが、メルトから「速さだけでは通用しない」と言われてご機嫌斜め。しかし、事実速さで檻を回避できても、マイナソーを破る力やアイディアはおいそれと出てくるものではなく。

 悩むトワの前に現れたのはガイソーグ。「力は頼るものではない。生かせ」とアドバイスを残していきましたが、それはバンバとトワのマスターが言っていた「力に頼るな。生かせ」と同じ言葉。突然姿を消した2人の師匠というのはガイソーグなんですかね?
 先に放送されていたスーパー戦隊最強バトルではヤベー鎧扱いされてましたが、本編でも同じだとすれば、わざわざその鎧を2人の師匠が着たことになるわけで。しかしバンバはガイソーグが自分のことを知っているのを否定していました。となると、ガイソーグになった師匠をバンバが倒してしまったとか、そんな感じで・・・?
 
 描いたものが本物になるマイナソーを前に、いつになく弱気になってしまうトワ。しかし兄を捜し求めている弟を見て、自分がやらねば誰がやると奮起。頭を使って見事にワイズルーの策を突破。からの、変身モーションを挟まず名乗り即変身&強竜装はカッコよかったです。
 ファイブナイツも騎士竜に分離しての攻撃からの合体してドロップストライクという新技を披露。これまたかっこよかったですが、出来れば映画で見せたあの剣をもう一度・・・


 「絵ーーーーーっ!」という叫びは始めて聞いた気がするところで、また次回。そろそろ光と闇の騎士竜も出るようで。
コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第19話「進撃のティラミーゴ」

2019-07-28 10:02:50 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第19話「進撃のティラミーゴ」

 コウたちが暑さにうだる中、ティラミーゴは大好きな街をお散歩中。子供たちとも仲良くしていたが、その子らが通う小学校の先生からアラクネマイナソーが生みだされてしまった。
 力は弱いが、ルールを守らない人間を消すことが出来るアラクネマイナソーに罠にはまり、次々と消されてしまうリュウソウジャー。

 残ったのはメルトとティラミーゴだけ。仲の悪い2人は異空間から子供や仲間たちを救うことが出来るのか・・・

感想
 先生!学校の校庭にメカメカしい恐竜が現れました!あと学校のプールで嫁探し中のイケメンが泳いでます!

 今回はティラ散歩からスタート。想像以上に街の子供たちと仲良くなってて驚きました。まぁ子供たちからしてみれば「街を守ってくれているカッコいい恐竜」というイメージなのかもしれませんね。
 そんなティラミーゴですが、何故かメルトに対してはちょくちょく名前を間違えたりと、仲は良くない模様。けれどもみんなを救うために協力することに。今回はメルトも戦闘で大活躍を見せ、ティラミーゴも力技でアラクネマイナソーを校外に誘き出して、ルールの範囲外で思う存分に戦闘。まぁ「人に噛み付いてはいけない」なんてルールは作らないでしょうしねぇ・・・
 最後にはちゃんと名前を呼んだりと、良い関係を築けたようですが、まだまだ喧嘩も多い模様。この2人も見ていて面白いですね。


 力は弱いが能力はかなり厄介だったアラクネマイナソー。異空間でルールを破ると天井が落ちてくるという、掴まった後も恐ろしい能力でしたね。あれ、コウたち抜きだと確実に犠牲者が出ていたような・・・
 にしても、それまで特にピックアップされていなかったのに、何か注目されている子供がいるなぁ・・・何でだろう・・・と思ったらまさかのでした(笑。確かにいないと思ったけど!お前かよ!クレオンも叱られこそしましたが、ガチレウスと比べるとだいぶホワイトな企業に見えますね、ドルイドン。まぁマイナソーの生みの親の目の前でルールを破り続けて、マイナソーを巨大化させるというのは怖かったですが(汗。

 巨大戦では炎と水の力を操って、ギガントキシリュウオー大活躍!前回が炎と雷でしたが、こうした属性を使った戦いもまた面白いです。

 ルールを破ってはいけない。だがそれを何故してはいけないのかを教えるのもまた大切なことでしょう。「廊下は走ってはいけない」だけではなく「誰かにぶつかるかもしれないから、走ってはいけない」など、理由も教えて、納得して、守ってもらうのが一番なのかなって。ルールを破って大事になってからでは遅いですからね。

 この星の未来である子供たちを傷つけるのが一番のルール違反、というティラミーゴがかっこよかったところで、また次回。次回はガイソーグ登場。敵じゃなくて師匠・・・?
コメント (2)

「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!」を見て

2019-07-27 06:52:44 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!」を見ました。

 現代にタイムスリップしてきた6,500万年前のリュウソウ族・ユノから助けを求められたコウたちは、始祖マイナソーの力で6,500万年前に飛ぶ。そこでは巨大隕石が接近している中、強者のみを生存させようというリュウソウ族・ヴェルマ=ガイソーグが力を奮っていた。
 巨大隕石を止めるためには、ヴェルマの騎士竜・キシリュウジンの力が不可欠。果たしてコウたちは地球を救い、現代に帰ることが出来るのか・・・・


 という感じのリュウソウジャーの映画ですが、何といってもキシリュウオーファイブナイツがめちゃくちゃカッコいいです。始祖マイナソーを今ここで倒すかどうかの選択を迫られた後、ビルからビルへと飛び移り、竜装ジョイントを活用してインフィニティーブレードだか何だかを作り上げて始祖マイナソーを一閃!・・・トップ画像は「何かこんな感じだった気がする」風のブレードなんですが、あの武器のレシピが欲しいですね・・・本編の必殺技それで良いんじゃないかと思うぐらい、とてもカッコいい技でした。

 一方劇場版で新たに登場するキシリュウジンの活躍はそこまで多くなく。カッコいいんですけども、御先祖様としてティラミーゴとの会話とかも欲しかったかなーって。あと、これ本編に出てこないんだろうなぁって(汗。

 コウたちはといえば、初代ガイソーグに悪戦苦闘を強いられる・・・かと思いきや、な展開には驚かされました。特に、手加減無用と判断したコウの、本編以上に気合の篭った鋭い目つきが印象的です。


 そんなわけで要所要所は面白いのですが、「え、あんだけの巨大隕石だったら、シェルター関係なしに地球吹っ飛ぶから、ヴェルマが協力しない理由なくない・・・?」とか「あぁ、これはリュウソウルか何かの力で現代に戻るんだろうなぁ・・・え?」とか、夏映画で追加戦士の出番が少ないのは毎年のこととはいえナンパして事情聴取されて終わるのってさすがにどうなん?など、色々ツッコミどころもあったり。
 いちいち細かいところまで気にしてたら時間が足りなくなるのでしょうがないとは思いますが、せめてカナロが始祖マイナソーの相手を引き受ける、騎士竜たちと一緒に過去に飛び、キシリュウオーとキシリュウジンが共演する、何らかの理由で戦えなくなったティラミーゴに代わり、キシリュウジンベースのファイブナイツで隕石破壊・・・なんて展開も見てみたかったかなーと。

 とはいえ見所もあるので、これはこれで楽しめた映画でした。ケボーンダンスにジオウメンバーやドルイドンたちが出てきても良かったかなーと思いつつ、ジオウ映画に続きます。
コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第18話「大ピンチ!変身不能!」

2019-07-21 09:59:37 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第18話「大ピンチ!変身不能!」

 「オネガイ!」と叫ぶゴーレムマイナソーにより変身が解除されたコウたち。メルトは近頃噂の「願い石」がマイナソーを生んだと判断するが、願い石が奉られている神社にはカナロと巫女の梢の姿があった。
 カナロは願い石を守ろうとしていたが、バンバは一度は引き下がったと見せて、願い石を両断。カナロは怒りのあまりバンバに剣を向ける。

 だがそんな時、街には再び人々の悲鳴が響き渡る。それは何と2体に増えたゴーレムマイナソーの仕業だった!石は割れても死なない。更に生み主が死ななければ、マイナソーは永遠に成長を続ける。この強敵マイナソーを前に、チームワークが乱れたリュウソウジャーはどう立ち向かうのか・・・


感想
 序盤は、マイナソーを倒すためには犠牲もやむをえないと考えていたバンバ。最近はコウたちとも触れ合うことで丸くなったのかなー・・・と思ったらこれだよ!(汗。相手が石とはいえ、梢が大事にしているものを隙を見計らって両断するとかヤベーイことやってのけますね・・・

 しかもそれによってゴーレムマイナソーは2体に増殖。人間じゃなくてもマイナソーを生み出せることはミミックマイナソーにより証明されていました。ただ、宝箱は割った時点で「宝箱」ではなくなりますが、石は割っても石が2つに増えるだけ。倒したいと願っている限りリュウソウジャーにはなれず、石は死なないためマイナソーは人々の願いを吸収して成長し続ける。

 今回は「願ってたら倒せるわけがない」ということに気がついたコウたちによって事なきを得ましたが、場合によっては「誰かゴーレムマイナソーを倒して欲しい」「ゴーレムマイナソーに消えて欲しい」という願いを吸収して、際限なく成長し続けたんでしょうね・・・


 そういえば前回は出番が無かったキシリュウネプチューンですが、2戦目となる今回は初の地上戦。地上でもカッコいいですねぇ・・・残念ながら見せ場はありませんでしたが、ギガントキシリュウオーへの合体がカッコよかったのでよし!
 初登場となったギガントキシリュウオー。強化合体により相手よりも大きくなる、ということはありますが、大きな敵を相手にするというのは珍しいような。そんな相手に対し、大技の大盤振る舞い!いやー、迫力があってカッコよかったですね!締めのギガントダブルバイトも良い感じです。
 DX版だと、どうにもモサレックスの頭部が迫力があるものの、合体するにはやや大きすぎる印象がありました。ですが今回くらいのサイズだと良い感じですね。まぁ合体後用の頭部なんてつけられないでしょうしねぇ・・・

 割れてしまった願い石も、上手いこと活用方法を見つけることで無事解決。バンバなりに責任を感じていたんでしょうね。

 倒したいという思いは願いではなく、決意、使命。願うのではなく実現に向けて力を奮う様がかっこよかったところで、また次回。次回はぶらりティラミーゴ1人旅。
コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第17話「囚われの猛者」

2019-07-14 09:58:15 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第17話「囚われの猛者」

 カナロは虹を探している少年・賢太郎から虹の作り方を尋ねられ、そこへ偶然虹について博識な女性・有紀が現れ、海から水しぶきを上げれば虹が見えると教えられる。が、それは有紀=ワイズルーとゴーストシップマイナソーがモサレックスを捕らえるための罠だった。
 
 モサレックスとマイナソーがいると思われる場所は美珠町。カナロとバンバはモサレックスを、コウたちはゴーストシップマイナソー打倒にそれぞれ向かう。一方、尚久は美珠町で何か思い出したことがあり・・・


感想
 等身大の戦闘にも出てくるティラミーゴくん健気ですね・・・

 さて今回はモサレックスがワイズルーに捕まってしまうことに。しかし、しょっぱい催眠術でカナロとモサレックスの絆が断ち切れるはずもなく。言いなりになっているフリをしつつ致命傷は避けて、その間に上手いことバンバが網を断ち切ってモサレックス救出・・・となるかと思いきや、戦闘前にあっさりかかっていないことをばらすモサレックス。何だかんだで救出できたものの、いいのか、それで・・・
 救出に駆けつけたのはディメボルケーノ。2匹は互いを兄弟と呼び、自分たちで勝手に合体・スピノサンダー!しかも何だか結構楽しそうで(笑。

 一方巨大戦では久々のキシリュウオータイガランスが出てきましたが、直前まで砂場で戦っていたために、体が上手く動かないというハプニング。つまり、夏だからといって、海辺にティラミーゴを持っていくのはやめようね!ということでしょうか(笑。
 最後は間接を動かさなくても、両脚のブースターでどうにかなるタイガーソニックランサーで勝利。そのためのキシリュウオータイガランス・・・?

 今回のマイナソーの生みの親である江美子先生はといえば・・・リュウソウ族の長寿設定を生かした人物でした。戦闘での活躍こそスピノサンダーやカナロに譲った感じはありますが、最後はバンバが良い感じに締めてくれた印象です。当時とは異なり、バンバには頼もしい仲間があり、絆がある。50年前の彼を知る人物ならではの言葉でした。

 
 良い感じで終わったかと思えば、次回はバンバとカナロの仲違いに、何故か変身不能に陥るリュウソウジャー。そして生まれるギカントキシリュウオー!どういう話になるんだ・・・



 キシリュウケンタウルス的な。
コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第16話「海に沈んだ希望」

2019-07-07 09:58:08 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第16話「海に沈んだ希望」

 コウたちの元を訪れたオト、そしてこっそり着いてきていたカナロは彼らがドルイドンを倒し、地球を支配しようとしているのではないかと心配していた。
 それはモサレックスが自らの目で見たかつての真実。ドルイドンが地球を去った後、リュウソウ族において勝った者が支配者になるべく、仲間同士での争いが繰り広げられたというのだ。マスターや親のような存在であるモサレックスの言葉は、オトとカナロにはあまりにも重く響いていた。

 アスナは気分転換にと2人をショッピングに連れ出すが、そこにガチレウスが襲撃してきた。コウはガチレウスの弱点らしき部位を発見し、一方的に攻め立てるが・・・?


感想
 開始直後に吹っ飛ばされるクレオン。スライムだからとすぐに再生しましたが、えげつないことしますね・・・となると、クレオンを倒す際は氷漬けにしたり固めたりするリュウソウルが無いとダメってことに・・・?

 さて今回はガチレウスとの決戦・・・の前に、陸のリュウソウ族が起こした仲間同士の争いの事実が、カナロ&オトを介して、モサレックスから語られることに。カナロとオトはコウたちを信じることにしたものの、モサレックスにとっては、歴史上の出来事ではなく、ついこの間の辛い事実。言い方は悪いですが、カナロとオトは事実として知ってはいても、体験したわけではないですからね・・・

 そしてガチレウスとの決戦。一度はあっさり倒したかと思いきや、弱点を突かれると自己防衛機能が働いてパワーアップするという能力持ちだったガチレウス。パワーアップ後は即座に巨大化し、ファイブナイツを圧倒。打倒するには未知の騎士竜しかない・・・キシリュウオートリケーン、アンキローゼ、タイガランス、ミルニードルも出番は少ないので、未知の騎士竜扱いでいいんじゃないですかね(汗。あるいは竜装ジョイントフル活用で、色んなバリエーションを見せてくれてもいいのよ?

 ガチレウスとの戦闘においては、戦隊シリーズにしては珍しく水中戦が繰り広げられることに。そこへ駆けつけてくれたのはモサレックス!モサレックスの辛い記憶を消せないのは事実。けれども、カナロがコウたちを信じたい、彼らの言葉から感じ取った未来の希望を信じたい気持ちもまた同じ。
 そんなカナロの言葉を受け、モサレックスも今回ばかりは力を貸してくれることに。そして誕生する海の王、キシリュウネプチューン!海中を走る姿や必殺技後のポーズ、めちゃくちゃカッコいいですねぇ!挿入歌もいい感じですし、これは良いロボだ・・・!

 とはいえ、まだ「お試し期間」。過去の怨讐ばかりで未来への希望を渡していなかったことを反省したモサレックスですが、まだコウたちを信頼しきるには時間がかかるようで。この後合体騎士竜を経て、例のアイツに繋がるのかな。ガチレウスとの決着はその時に・・・?


 また、何だかんだメルトとオトがいい感じになってますが、これまで何かと不憫な目に合ってきたメルトにも、もしかしてもしかするとな展開が待っていたり?・・・と思っていたら、ラストに「未来の子孫を作ってくれますか?」とド直球な告白が待っていました。この2人が陸と海のリュウソウ族の架け橋になるんでしょうかね。


 そんなこんなでまた次回。次回はディメボルケーノとモサレックスが合体!・・・で、雑誌のおまけのディノバズーカくんはDX版とか出るの?
コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第15話「深海の王」

2019-06-30 10:00:53 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第15話「深海の王」

 海のリュウソウ族・カナロはコウたちが悪い人物には見えなかったが、彼のパートナーであるモサレックスは陸のリュウソウ族との間に起きた悲劇を忘れてはならないと警告する。
 バンバとトワによれば、陸と海のリュウソウ族が何らかの理由で袂を分かってから何千年もの時が流れており、その間一度も陸に上がらなかったことから、深い理由があるのではと推測する。

 そんな中、街には絆で結ばれた者同士を反発させるパーンマイナソーが出現。コウたち5人は引き離され、合体も出来ず、更にはオトがクレオンに人質に取られてしまい・・・


感想
 「子供じゃないよ!私もう123だし!」うん、物語にそこまで絡んでこないからコウたちがめっちゃ長寿ってこと忘れがちなので、いきなり言われると面食らってしまいます(汗。

 カナロは相棒のモサレックスとは水を通じて会話が出来る模様。海のリュウソウ族なので問題は無さそうですが、冬とかきつそう・・・と思ってしまいました(汗。

 リュウソウゴールドの活躍はもちろんのこと、コウたちもリュウソウルを絡めたカッコいい名乗りを見せてくれました・・・が、その後、絆で結ばれた者同士を反発させるパーンマイナソーにより日本各地に飛ばされてしまうことに・・・うーん、面白いような、そのままカッコよくいって欲しかったような・・・

 絆で結ばれた者同士であれば反発するが、絆が無いコウとカナロでは反発しない。それでも陸と海の因縁関係無しに助けてくれたコウとの間で、ちょっとだけ反発する演出は良かったですね。
 その後、どう見ても場所が離れていそうな地区でオトが人質に取られたことをコウとカナロが察していたのにはちょっと笑ってしまいました(苦笑。

 
 クレオンはオトを人質に取ってコウやカナロに手を出すな、キシリュウオーに攻撃しろなどと命令していたわけですが、何だかんだで約束を守ればオトを介抱しようとしてくれていたっぽいですね。意外といいやつなのでは・・・と一瞬勘違いしそうになってしまいます(汗。
 しかしそこを上手いこと頭脳プレーで回避したカナロ。締めは何だか久々な気がするキシリュウオー・ファイブナイツ・・・かと思いきや、巨大マイナソーすら小さく見えるモサレックスの攻撃でフィニッシュ!あそこまででかいとなると、キシリュウネプチューンも相当巨大なんでしょうね・・・玩具も楽しみです。

 そんなこんなで次回は海中戦もある模様。戦隊で海の戦いというと・・・ゲキシャークファイヤーが思い浮かびます。
コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第14話「黄金の騎士」

2019-06-23 09:57:37 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第14話「黄金の騎士」

 街でういちゃんねるの次のネタを探していたういは偶然、イケメンだが超節約男のカナロが女性に振られ、そして別の女性・あかねと仲良くなり、更にはバジリスクマイナソーを相手にリュウソウゴールドに変身する様を目撃する。

 早速コウとアスナはカナロを勧誘するも、カナロは婚活を理由にそれを拒否。そこへメルトからケルピーマイナソー出現の報が入る。ケルピーマイナソーは超音波攻撃に水の攻撃でメラメラソウルも通用しない強敵であり、その場では仕留められなかった。

 クレオンが新たなドルイドン・ガチレウスからケルピーマイナソーを500体用意しろという無茶ぶりをされる一方、カナロはあかねとその恋人・カズマの家を訪ね、2人の事情を知り・・・


感想
 ワイズルーと決着をつける前に百鬼夜行をぶった切りそうな声をしたガチレウスの登場には驚かされましたが、何やらクレオンが不穏な雰囲気を醸し出しています。タンクジョウ、ワイズルーとはまた別方向にブラックな上司ですね・・・

 さてあっさり倒されたバジリスクマイナソーはさておいて、今回の強敵は水商売を職とする人間から生まれた、水を操るケルピーマイナソー。「水を操る」と表現すると単純ですが、水のバリアに液状化しての背後からの不意打ちなど、かーなーりの強敵でした。これまで巨大な相手に対しても、手持ちのリュウソウルを使って何とか倒してきましたが、それすらも通じないというのが何とも絶望感ありますね。

 そこへ現れたのが、絶賛婚活中のカナロ。あかねという女性と仲良くなったものの、あかねは恋人であり、水商売をしているカズマに貢いでいました。そこまで献身的になれる彼女はカズマには勿体ないとは言いつつも、自分ではあかねを幸せに出来ないと身を引くタイミングを弁えているあたりはカッコいいです。
 そしてあかねを幸せにするために、カズマを救うためにも、栄光の騎士・リュウソウゴールドに変身!

 めちゃくちゃカッコいいBGMと共に無双する様がたまらなくカッコいいです。早くも強竜装の姿を拾うし、2つの武器を合体させたモサブレイカーによるファイナルサンダーショットで決着!

 どうやらカナロは海の底から来た模様。浦島太郎もリュウソウ族では?という話がここに繋がってくるとは。最後には新たな騎士竜もチラッとお目見え。そういえば今回は一度も巨大戦が無かったですね。何だかんだで毎回チラッとでも巨大戦を入れるのがノルマだと思っていたので、無いというのは新鮮なような。

 そんなこんなでまた次回。
コメント