ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

「メトロイド ドレッド」を遊ぶ その6

2021-10-12 19:51:21 | アニメ・ゲーム
 というわけで「メトロイド ドレッド」をクリアしました!

 アイテム回収率100%!エネルギーもミサイルも潤沢!これならラスボスだって余裕!…そう思っていた時期が私にもありました。いやー負けた負けた。気持ちのいいくらい負けまくりました。最初のうちは何が決定打になるか分からず攻めあぐね、対処法を理解してからも息もつかせぬ戦いの連続に気が抜けない。まさしくラスボスに相応しい強さでした。まさかミサイル全弾撃ち尽くすとは思わなかったよ…ありがとう、ストームミサイルくん…大好き…

 プレイ時間は12時間。探索と迷子の時間も多かったですが、そうした苦労が気にならないほどに楽しく、そしてハラハラさせられました。
 冒頭から謎の敵との遭遇、何故か生かされたサムス、徐々に明らかになる惑星ZDRの真相、捕まったらほぼ即死のE,M.M.I.との熾烈な逃走劇からの逆転の一手、パワーアップにより広がるマップ、終盤の強敵や入手困難なアイテムたち、一瞬たりとも気が抜けないラストシーン…と、アクション・ストーリー共にめちゃくちゃ堪能しました。
 序盤の緊張感、中盤の真相が明らかになったあたりからの高揚感、終盤の絶望感と、終始ダレることなく楽しめました。

 本作冒頭で説明される寄生擬態生命体「X」が登場する「メトロイド フュージョン」はGBAやWiiUのバーチャルコンソールでのみ遊べるとのこと。いずれフュージョンを含めた旧作を一つにまとめた「メトロイドコレクション」なんてのが出てくれれば、本作をより楽しめそうですね。つくづく「フュージョン」を手放したのを惜しく感じます…1%クリア目指すくらい、めっちゃ遊んだのになぁ…

 改善して欲しい点を挙げるとすれば…スピードブースター周りですかね。スティック押し込みに慣れていないこともあり、やや操作し辛かったです。まぁ終盤はそんなこと言ってられないほど、アイテム回収でスピードブースターを使う羽目になり、必然的に慣れてしまいましたが(笑。
 あとはアダムといつでも会話できるようにして欲しかったかなーと。ログでアダムとの会話は読み返せますが、そういうのじゃなくて…もっとこう気軽に話したいっていうか…


 さて、本作にはEDが複数あるようで…とりあえずは短時間でのクリアで何か解放されることを期待しつつ、再びZDRに戻るとします。でも、エネルギーやミサイルが少ない状態でアイツに勝てるか恐怖しかありません。フルスペックでも負けそうだったのに、どうなることやら。
 一度クリアしただけでは「メトロイド ドレッド」の恐怖は終わらない。果たして他のEDの解放条件はどれほど恐ろしいものなのか…1%とか、無いよね…?
コメント

「メトロイド ドレッド」を遊ぶ その5

2021-10-12 07:46:18 | アニメ・ゲーム
 このゲームのパッケージには「探索×恐怖」と書かれていましたが、本当に最後までその通りとは恐れ入る…

 というわけで「メトロイド ドレッド」、アイテム回収100%を達成しました!…大丈夫だよね?100%で終わりだよね?101%とか102%にならないよね?(汗。プレイ時間が8時間30分ごろで回収率57%、12時間で100%なので、大体3時間30分かけて残る40%ほどのアイテムを集めたことになります。

パルスレーダーやパワーボム、マップのおかげで未回収アイテムの位置などは比較的楽に見つけられるのですが、問題はそこから。簡単に入手できるものばかりではありませんでした。
 特にスピードブースターおよびシャインスパークを必要とする場面で苦戦することが多かったです。「フュージョン」でも坂道を使った連続シャインスパーク維持を求められる箇所がありましたが、個人的にはあれ以上に難しいと感じる場面が多々ありました。というか、空中シャインスパークとボール状態でのシャインスパークを感覚で出来るようになるまでしばらくかかりまして…未だにやり方は良く分かっていません(苦笑。空中シャインスパークは…こう…YとB同時押し的な…?でも失敗することも間々あるし…

 また、このアイテム探索では個人的に「スライディング」も重要だと感じました。モーフボール入手以降はほとんど使っていませんでしたが、狭く、短い通路を通過する際にはスライディングの方がモーフボールになって通過するよりも早いっぽいんですよね。シャインスパークを維持できる時間は限られているので、如何に移動時間を短縮できるかも重要だったかと。

 「フュージョン」のように坂道を使ったシャインスパーク維持を要求されたかと思えば、ボムブロックを壊して狭い通路を抜けた後に空中斜めシャインスパーク、連続スペースジャンプからの空中シャインスパーク、障害物を飛び越えてシャインスパークを維持してからスライディングで狭い通路に入ってボール状態でシャインスパーク、シャインスパーク維持しながらビームブロック破壊して狭い通路抜けてから空中シャインスパーク…とまぁ、色んな操作を要求されました。

 極めつけは「スピードブースターで走りながらビームでブロック破壊しつつ、段差をジャンプで超えた後にシャインスパーク準備状態に移行。クロスボムでスルーブロックを抜けて、上のボムブロックをボムで壊したら真上にシャインスパーク」を要求された箇所でした。反対側からだと段差を超える必要は無さそうですが、時折敵が復活したので、やりやすさ的には前者かなと。
最初にあの地形見た時は何を要求されているのか理解できないほどでした…探索中に思いもよらないところでスピードブースターで壊せるブロックが現われた時の恐怖は、E,M.M.I.に遭遇した時の恐怖に似ています(苦笑。

 ですが、難易度が高ければ高いほど達成できた時の喜びもひとしおですし、その動きのスタイリッシュさも抜群。自分のプレイながら、何回も見たくなってしまいます(笑。

 とまぁ、そんな感じで無事100%も達成できたので、あとはボスに挑むだけ!といったところで一段落。決着は夜につけよう…それならわざわざ朝5時からメトロイドやらんでも、夜にやればよかったのでは…?(汗。
コメント

ウルトラマンコスモス 第40話「邪悪の巨人」

2021-10-12 07:15:45 | ウルトラシリーズ
ウルトラマンコスモス 第40話「邪悪の巨人」

 前回ラストでカオスヘッダーに囚われてしまったムサシを助けようとするチームEYES。しかしそんな折、コスモスとカオスウルトラマンの戦いでネルドラントⅡが目を覚まして地上に出現。再び現れたカオスウルトラマンはネルドラントⅡをカオスネルドラントⅡに変え、更には鏑矢諸島の怪獣たちに狙いを定め…

 といった出来事が描かれた第40話は、強くなったのはコスモスやカオスヘッダーだけではない!ということをチームEYESが魅せてくれる話でもありました。

 以前はコピーしたゴルメデを倒したこともあったカオスヘッダーでしたが、今回は怪獣たちをカオス怪獣化させる、つまり仲間にすることにありました。その行動理由を知って、なるほどなーと感心させられました。カオスヘッダーが学んだのはコスモスの力だけではなかったと。怪獣を大事に思う気持ちがこういう形で利用されるとは思いもしませんでした。
 このままでは鏑矢諸島の怪獣たちが全てカオス怪獣になって人間に牙を剥く。ここで防衛軍の下した判断は、切羽詰まった状況下では必ずしも間違いだとは言い切れないと思います。人間のために怪獣の命を奪っていいとは言えませんが、かといってカオスウルトラマンに対抗する策が無い以上、選べる道はごく僅か。防衛軍としても怪獣たちを殺したいわけではなく、立場的な問題もあるでしょうし…難しいところですね。

 しかし仲間を想う気持ちではカオスヘッダーに負けていないのがチームEYES!起死回生の一手を指すことで、見事状況を挽回して見せました。これまでコスモス頼りだったカオス怪獣の対処も、ドイガキの研究が実を結んで見事ネルドラントⅡの保護に成功。コスモスがエクリプスモードに、カオスヘッダーがカオスウルトラマンに進化したように、EYESもまた進化しているのが良いですね。
 頼れる仲間のおかげで事なきを得たムサシとコスモス。エクリプスブレード、カッコいいですねぇ…


 と、色々あったものの、これにて一件落着!…とはならないのが今回。さすがに前回と今回の出来事を経て、フブキは何かを察したようで…それを敢えて口にしないのは、隠している理由があるからだと考えたからでしょうか。いずれにしろ、こういった話が描かれてくると、そろそろ終盤なんだなと感じます。何だかんだでもう40話ですしね。

 そんなこんなでまた次回。
コメント