ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

ウマ娘 プリティーダービー Season2 第2話「譲れないから!」

2021-10-11 07:51:10 | 2021年アニメ
ウマ娘 プリティーダービー Season2 第2話「譲れないから!」

 中の人の応援はするけれども、ライブやテレビ出演は見ない不思議。

 それはそれとして、第2話では2期OP「ユメヲカケル!」がお披露目。1期OPも良いですが、こちらも盛り上がる良い曲ですね!「ほら!」の部分でキタちゃんとダイヤちゃんが映るの大好き。あと、この頃は「ビワハヤヒデがラスボスっぽい感じ漂わせているから、話に絡んでくるんだろうな」と思ったら思いのほかあっさりだったなーと。いや勝負はめちゃくちゃ熱かったですけど。
 あと、マヤノトップガンはOPでもぐっすりで、本編中もぐっすりでした。

 さて1話ラストでトレーナーやシンボリルドルフが抱いた不安は的中。テイオーは骨折と診断されて痛み止めの注射をブスリ。最初はこんな感じで「わけわかんないよー!」とか「主治医です」など、テイオーも周囲の行動もコミカルに描かれていましたが、菊花賞が近づいてくるに連れてその笑顔も無くなっていく様が何とも辛い…背景も青空から、薄暗い夕焼け、夜へと変わっていくのが、テイオーの心境を表しているようでした。
 ギリギリまで粘ったものの、トレーナーとの約束を果たさざるを得なくなったテイオー。トレーナーが言い出した約束なのに、トレーナー自身が諦めようとしないのも良いですね…個人的に1期と比べると2期はトレーナーの活躍がやや控えめのようにも感じましたが、要所要所でカッコいいところを見せてくれるから好き。
 
 そしてトウカイテイオー不在で始まる菊花賞。ファンファーレが鳴り響き、みんながゲートに入場する様を見て、改めて自分が走れないことを痛感してしまうことに…菊花賞で走るためのイメージトレーニングが、こんな形でテイオーに涙を流させてしまうことになろうとは。涙を流しながら「会長…」と呟くシーンは心に来るものがあります。
 シンボリルドルフも同じイメージをしていたのでしょう。会長としてテイオーだけを贔屓するわけにはいかないものの、会長だって一人のウマ娘。自分を慕ってくれる者を大事に思い、その勝利や出走を願って当然です。

 涙を浮かべるテイオーの目に飛び込んできたのは、ナイスネイチャを始めとしたウマ娘たち。このシーンで「ウマ娘にモブはいない」と感じ、そしてナイスネイチャが好きになりました。このシーンを見て、ナイスネイチャを好きにならない人なんていないと言っても良いくらいの名場面だったと思います。「テイオー不在の菊花賞」ではなく「彼女たちの菊花賞」がそこにありました。いつもなら「むーりー」というウマ娘がいるような場面でも、誰一人として諦めず、頂点を目指す様が最高にカッコよかったです。ここを見て「2期も大丈夫だ」と確信しました。


 さて、そんなテイオーの挫折と奮起の一方で、今回もスズカはチラッと登場。1機に比べてどこか明るくなっているような印象を受けます。部屋いっぱいのにんじんは、事あるごとにスぺちゃんが送ってきたものなんでしょうね。
 また、チームカノープスには新たにイクノディクタス参入。大きい丸眼鏡好き。割とノリが良いのも好き。後の「いっけぇ!ターボォ!」大好き。というわけで大好きなウマ娘です(笑。


 そんなこんなでまた次回。よし!次回からはトウカイテイオー復活の快進撃の始まりだな!…と思っていた時期が私にもありました。いや本当、心折れるってあんなん…



 ここからはゲームのウマ娘の話になります。今日の11時59分まで開催されているハロウィンイベントですが



 無事全報酬を獲得できました!ハロウィンのスーパークリークやライスシャワー、ゼンノロブロイ、タマモクロス抜きでの育成でしたが、TP消費2倍の恩恵が大きく達成できました。ルーレットも大幅に改善されましたし、ありがたい限りです。ストーリーも優しい感じで良かった…
 
 今日のガチャ更新ではカワカミプリンセス実装とのこと。正直以前はあまり気にしていませんでしたが、花嫁衣裳のサポートSSRを使い始めてからは、あの目力の強さとパワフルさに魅かれております。お迎えしたいところですが、最近のガチャ運の悪さからすると無理だろうなぁ…欲しいなぁ…


 また、リアルの競馬の話を少しだけしますと…ああいった敬意の表し方もあるんだなって…
コメント