▼バス停の名前

東北地方太平洋沖地震の翌日3月12日は土曜日で、毎週土曜日は義母が暮らす特別養護老人ホーム訪問日ということにしている。地震後ようやく運転を再開したJR各線も、山手線が内回りのみ運転再開、京浜東北線も僅かな本数の列車が乗り切れないほどの客を満載してのろのろ運転との情報がtwitterにあったので今週は休もうかとも思ったのだけれど、埼玉高速鉄道に乗り入れている地下鉄南北線を使う浦和美園ルートを思いついたので思い切って出かけてみた。





3月11日、地震発生直後、六義園脇の公園に避難した人々。



浦和美園駅駅前に着いたら、地震当日帰宅できなかった人々がやっとここまでたどり着き、大宮駅行きのバスを待って長蛇の列を作っていた。駅前で自転車整理をしていた高齢の男性が、
「この駅はサッカーのある日だけにぎやかで、それ以外の日は駅前でバス待ちする人など数えるほどしかいないので、こんな光景は初めて見た」
と呆れていた。いったいいつになったら乗れるんだろうと前途を危ぶんだけれど、国際興業が臨時運行バスを増発してくれていたのでギュウギュウ詰めながらやって来たバスに何とか乗り込んだ。





3月12日、浦和美園駅前発大宮東口行きバス車内にて。



地方都市のバスに乗ると次々に停車するバス停名がおもしろい。行政がご都合主義でつけた背番号のような地名番地でなく、昔からの住民が親しんだ字(あざな)や通称が残されていることが多いからだ。浦和美園駅から大宮駅東口行きバスに乗ると「南部領辻」「代山」「野田宝永」「締切橋」「三崎台」「染谷新道」「根木輪」「山村」「上村」などという、土地の成り立ちが知りたくなるようなわくわくする名前が続く。




3月12日、非常用持ち出し袋を背負って地震速報を見るおばあさん。



東京都北区王子で過ごした小学生時代、ドライブ好きなおじさんが休みになると車に乗せてくれ、よく野田のさぎ山にやって来た。見沼田んぼを餌場にする白さぎの巨大営巣地があり、観察塔から眺めることもできたし、土産物屋には美しい絵はがきも売られていた。今はもう、さぎはいなくなってしまったけれど「さぎ山記念公園」という公園と名前がバス停に残っている。懐かしい名前と思い出の道を辿って「庚申塚」で下車し、義母の特養までのんびり歩いた。

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

安否確認大宮行

東日本巨大地震翌日、電話がかかりにくく、特別養護老人ホームに入所した義母の様子がわからない。毎土曜の面会日に当たるので大宮まで出掛けることにしたが、正午近くになっても山手線は内回りしか動かず、京浜東北線と埼京線は動き始めたものの本数が少ないため満員で乗れない人もいるらしい。


地下鉄南北線で終点の浦和美園駅まで行き、そこから大宮東口行きバスに乗れば良いと思い立ち、駒込駅に行ったら平常通り運行されていた。浦和美園駅前はその経路での帰宅を思い立った人たちであふれかえっていたが、国際興業は臨時バスを運行して足の確保をしてくれていた。





義母が入所している特別養護老人ホームにて。



地震の揺れにショックを受けて不安定になるお年寄りも多いらしいが、義母は認知症が深いので、地震で激しい揺れがあったこともあまり記憶になかったらしく、娘に調子を合わせて「大変だったよ」などと言っていた。とくに体調を崩した様子もないのでホッとした。




この虫もまた昨日は激しく揺れたのかもしれない。



日当たりの良い老人ホーム内はポカポカと暖かく、窓の外を見ると白い虫がフワフワと飛んでいる。飛びつかれると窓ガラスにとまって休むので写真に撮ってみた。地震発生時、六義園のカラスは激しく鳴き交わして上空を飛んでいたが、こんな虫は大気と共に揺れたのだろうか。

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東日本巨大地震

 2011年3月11日、昼食を終え仕事で赤坂まで外出し、寄り道をせず地下鉄南北線で帰宅した。駒込駅から地上に上る階段に正装した母娘がおり、手提げ袋に卒業証書らしきものが見えたので、そうか今日は卒業式日和なのかと思った。帰宅して珈琲をいれて貰い、そんな話をしていたらグラッと来た。


地震だ。(11/03/11 14:47 Echofon で)
かなり大きい(11/03/11 14:48 Echofon で)
家具が倒れた。(11/03/11 14:51 Echofon で)

twitter の送信記録を見ると長い揺れだったことがわかる。

 仕事場のカウンターを兼ねた岡村製作所製オフィス家具が倒れた。地震がおさまったので家内と二人で起こしたが、下敷きになったらただごとでは済まないような重さだった。背が低く安定感のあるスチール家具が倒れたのだが、自宅や義父母の住まいの食器棚などはまったく無事だった。
 オフィス家具や北欧家具など、抽斗を軽く引き出せるものは、長時間の横揺れで抽斗が出てしまい、重心が前寄りに移動することでバランスを失って転倒することがわかった。激しい揺れを感じてもそういう家具に身を寄せてうずくまるのは危ない。

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )