◉2019年8月25日(日)の日誌

2019年8月25日
◉2019年8月25日(日)の日誌



静かな日曜日の朝になった。朝食の準備をして妻を叩き起こし、飲み食いしながら NHK『さわやか自然百景』を見た。美しい山峡(やまかい)の渓流沿いに「ホクリク」の四文字を名に戴く植物が咲いているので、これは北陸の日本海にそそぐ川の上流だろうと思う。冷たく澄み渡った渓流の水中へナレーションとともにカメラが入ると、体側に横筋のある小魚たちが澄明(ちょうめい)な水の中で煌めいている。魚名を聞いたら知らないので
「これは『魚貝の図鑑』に載っていなかったなぁ」
とひとり言が出る。

『魚の図鑑』とは昭和の時代に小学館が出していた学習図鑑シリーズのひとつで、とくに好きだった『魚の図鑑』はおそらく百回以上繰り返し読んだ。今でもどのページにどんな図解がされていたかを空で思い描くことができる。ひとつ年下の妻も学習図鑑シリーズをそうして読んだ子どもで、いまでも『鳥類の図鑑』と『動物の図鑑』と『植物の図鑑』は中身を空で言い合って共有することができる。妻は『魚の図鑑』、僕は『昆虫の図鑑』をあまり得意としなかったので、その二冊に関しては記憶で共有できるページが少ない。

番組の映像にカマツカが登場して懐かしく、
「あ、カマツカだ、カマツカ!」
と声が出る。『魚の図鑑』にもちゃんと載っていた。砂地の川底に潜り込んで鳥などの天敵から身を隠すので各地に「スナホリ」「スナモグリ」に類する異名がある。コイ目コイ科カマツカ亜科の魚類で、体の形が鎌の柄に似ていることでその名がついたのだろう。

小学生時代、釣具店店頭で「がまかつ」という文字をよく目にし、見かけるたびに図鑑の「かまつか」のことが思い浮かんだ。今の子どもならスマホで検索して1955年に兵庫県西脇市で創業した「蒲克鈎本舗」のちの「株式会社がまかつ」という釣り具メーカーだとわかるのだけれど、昭和の子どもは「かまつか」と「がまかつ」は似ていて不思議だなぁと思い込んだまま大人になったので、いまでも「かまつか」で「がまかつ」が思い浮かんでしまう。もうどうにもならない。

番組最後に合原明子アナのナレーションが入り、なんと日本海側ではなく岡山県北部の山あいにある小さな渓谷「奥津渓」であることがわかった。妻が
「この子お腹が大きい」
と発見して程なく見かけなくなった合原アナが、「ごうはら」ではなく「ごうばる」だったこともついさっき知った。こちらは記憶の中で訂正した。(9:44)

   ***

午後から文京区立千石図書館で開かれた「第 95 回キネマ千石『ストラディバリ 〜クレモナの伝統〜』ドキュメンタリー映画上映とブックトークの会に行ってきた。映画も面白かったけれど、若い女性図書館司書が映画に関連して五冊の本をすすめるブックトークが良かった。妻はアンケートに、ブックトークがすごく良かったと書いておいたという。

映写会場隅でヴァイオリン演奏が BGM として貸し出し用 LP レコードを使って流されており、その簡便なレコードプレイヤーがなかなか良くて気に入ってしまった。ちゃんとしたオーディオ装置をもう一度あつらえる気はないので、その対極にあるレトロでチープなプレイヤーが欲しいと思っていた。演奏中の現物として興味深く観察したが、amazon で ¥7,980 で買える商品としてはとても良くできていると思った。なんと SP 盤も聴けるという。(17:12)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉2019年8月24日(土)の日誌

2019年8月24日
◉2019年8月24日(土)の日誌



フリークライマー楢﨑智亜(ならさき・ともあ )がニュース映像に登場するたびに、この人は元プロサッカーのゴールキーパー楢﨑正剛(ならざき・せいごう )の親戚に違いないと思い、検索してみた。同じことを思った人が大勢いるようで、結論から言えば縁つづきではないらしい。凛々しい眉の容貌が似ているというより、楢崎というたいして多くない姓の一致が、多くの人に「似てる!」と思わせたのだろう。妻は川島永嗣より楢﨑正剛の方がカッコいいと言い、川口能活の跡を継ぐ日本代表ゴールキーパーは彼だと応援していたのをもう覚えていないらしい。「ほらゴールキーパーの楢崎に似てるだろ?」と聞いても「え〜〜似てないよ〜」などと言っている。(10:07)


本駒込 2019

栃木県産の立派な梨をいただきものした。毎年届く季節の便りだけれど、今年は段ボール箱がふたつ同時に届き、驚いて送り主を見たら、ひとつは富山の友人からだった。富山には呉東・呉西を分ける呉羽山という梨の特産地があり、義父母が富山在住の頃はよく送ってくれたものだった。四つの品種が時期をずらして収穫され、呉羽梨は 8 月中旬から 9 月上旬が「幸水」、9 月上旬から 9 月下旬が「豊水」、9 月中旬から 10 月上旬が「あきづき」、そして 9 月下旬から 10 月中旬が「新高」だという。「幸水」、「豊水」、「あきづき」までは栃木の梨と同じだけれど、最後の「新高」だけが栃木では「にっこり」になる。「新高 + にっこり」で検索したら、にっこりは「新高」に「豊水」を交配して 1984(昭和59)年に栃木県農業試験場が選抜育成した赤梨の品種なのだという。

   ***


田端 2019

昼食を兼ねて下町商店街まで買い物に出たら、この夏のまとめが掲示されており、ああこういう夏だったなぁと思う。(13:21)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉2019年8月23日(金)の日誌

2019年8月23日
◉2019年8月23日(金)の日誌



親たちは「あの人、お天気屋だから…」などと他人について言っていた。お天気屋とは面白い言葉で、わが世代で話されるのをほとんど聞かないし、若者の口から聞いたこともない。

天気に関する感覚は多分に心理的なものだろう。朝のごみ捨てで人に会ったので「今日はようやく雨の一日のようですね」と言ったら「まったく、雨ばかり降っていて嫌になっちゃうね」と言う。カメラマンと編集者の友人夫婦は、やっとせいせい雨が降るので、鳥のフンまみれになっているベランダ掃除ができると喜んでおり、自分もまた「ちゃんとひと雨くればいいのに」と思って同感だったので意外に思う。

赤坂 2019

この夏は蒸し暑かったので毎日水出しの珈琲と緑茶を作り続けた。緑茶に関してはときどき水出し専用の煎茶パックを買っていたけれど、貰い物のお茶が冷蔵庫内に山積みだったので紙パックを買ってきて利用した。ペットボトル入りのお茶は日本茶だと認めないと郷里静岡の友人が言っていたけれど、確かに市販ではなく自分でつくる水出し緑茶は美味しくて来客にも大好評だった。

友人に限らず静岡県人は日本茶にうるさい。富山出身の妻は静岡県人がお茶ばかり飲んでいると驚いていた。そのお茶ばかり飲んでいる静岡県人は一軒ごとそれぞれに気に入りの生産者である茶園や販売者である茶舗があってそこからお茶を買っている。わが家にも茶園や茶舗を営む友人が多く、どこから買おうかと迷うけれど、やはり顔見知り・土地見知りの生産者に注文してしまう。なんだか作り手の人柄や土地柄の味がするからで、お茶の味もまた心理的なものなのだろう。

貰い物のお茶も底をついたので従姉が送ってくれた清水区西里の煎茶を水出しし、茶園主人の自信作だというその煎茶が美味しかったので追加で2パック注文した。美味しいお茶を送ってくれる清水の友人は、自宅で日常的に飲むお茶は、安い棒茶が好きなのだという。清水で暮らした頃のわが家も実は安い棒茶を飲んでいた。西里の茶園の商品一覧にも高級煎茶一覧の終わり近くに棒茶があり、棒茶にも高いのと安いのがある。

当座にがぶ飲みする日本茶として安い棒茶も買ってみた。あの人が作った棒茶はどんな味がするだろうと興味があった。届いたので煎茶と棒茶を各1リットル同時に水出ししてみた。水を注いでしばらくおいても棒茶の方はお茶の色が水に浸出しないので、やはり棒茶は水出しに向かないのかと思ったが、一晩置いてみたら棒茶の方が濃く出ていた。棒茶は出だすと短時間で抽出が終わるのかもしれない。味は苦味があって強いけれど酸味がなくて美味しい、これで十分と妻が言う。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

◉2019年8月22日(木)の日誌

2019年8月22日
◉2019年8月22日(木)の日誌


外出時に地下鉄を使うことが多い。地下鉄内にある構内地図が面白いので写真で採集している。

永田町 2019

構内地図は、引き剥がした敷石の下のアリの巣穴や、木材の樹皮を剥がした下にあるキクイムシの侵食地図に似ている。地下鉄内の構内地図は都市の表土を引き剥がして人間が侵食した巣穴が露わになったところのように見える。

永田町 2019

巣穴の内部にいるときは自分がいる現在地を起点にし、巣穴の曲がり具合を関係としてつなぎ合わせながら、進むべき通路を類推する地図に役立つけれど、地上に出て採集写真を見ると意義を失った生態標本に過ぎない。(5:56)

   ***

「宿題をすべてやり終える人を神と呼ぶ」(トーマス・エジソンの名言を意訳)

「それぞれがやり残す宿題がただの人間をつくる」(勝手につけちゃう蛇足)(6:13)

「おとなになっても夏は自然に宿題が出されている」(蛇足に蛇足を継ぎ足してみる)(今日は夏の宿題を片付けたい 6:17)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉2019年8月21日(水)の日誌

2019年8月21日
◉2019年8月21日(水)の日誌

寝る前に珍しく時事ネタについて思ったことを書いた。なぜか嫌な文化人の記事を読んで興奮したのだろう。他人の言動への神経反射的カウンターである。日付が変わって未明に目が覚め、朝食用に炊飯器をセットし忘れたので起きて米を研いだ。米研ぎを終えて再読したら、興奮した分だけ阿呆の成分が混じっていてよくない。瞬間的に投稿しづらいブログのシステムになっていてよかった。またひとつ「没日記」が増えた。

永田町 2019

洲之内徹の『気まぐれ美術館』を繰り返し読んでいた頃、まだ開館してそれほど経っていなかったいわき市立美術館企画展で、早世した画家たちを含む若描き作品が展示され、それが洲之内コレクションの一部と知って観に行った。松本竣介も初めて現物を見たのではないか。そのとき泊まった宿の名を友人の助けで思い出した。ちょっと良いまとまりの思い出だったので嬉しい。思い出は気まぐれな人生美術館の図録である。

洲之内徹を未明の枕元で読めないかと探してみたけれど、電子書籍化されたものは見つからなかった。もったいない。関川夏央が洲之内徹について書いていた気がしたけれど単著ではないので違うらしい。新潮社とんぼの本にアンソロジー形式で関川さんの文章があったけれどそれとは違うのではないか。

とんぼの本といえば読書会に来たライターの H さんが、元遊郭に泊まろうという内容で編まれた本を持ってきていた。とんぼの本にはいろいろある。出版社社長の M さんと地方公演旅行で元遊郭に泊まりたいのだという。人の好みは十人十色…で大瀧詠一風。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉2019年8月20日(火)の日誌

2019年8月20日
◉2019年8月20日(火)の日誌




色(しき)・声(しょう)・香(こう)・味(み)・触(そく)の五境に対して起こす欲望をそれぞれ、色欲(しきよく)、声欲(しょうよく)・香欲(こうよく)・触欲(そくよく)という。六境になると法(ほう)が加わり、六根の「法」は「意」なので欲は意欲(いよく)だろうか。それでいいのだ、…であるかどうかは知らない。

考えてみると意欲というのは不思議な欲だ。「どうしても意欲が湧かない」とか「その意欲だけは買おう」などという。 法欲というのはあるのだろうかと検索すると善法欲というのがあり、人には究極の善に対する希求がある、というのだとしたら麗しい気がするけれど残念ながら中国語のページなので何を言っているかわからない。

知求心(ちきゅうしん)平たく言えば知識欲だろうか。従うべき法を持ちたいという信仰への欲!。そう考えると意欲というのはたしかに信仰くさい気もする。よくわかりません。

よくわかりませんで思い出した。ソクラテスは自分が「知らないということを知っている」ことは大切でそれを「無知の知」であると言ったらしい。知らないことを知って、それを知ろうと努力することをフィロソフィアという。ソフィアは知ることでフィロは愛し求めること。そうか意欲はフィロソフィアなのかもしれない。1日ひとつ『知らない』を探してしつこく考えるルールづくり、それが意欲なのだ。そう思うことにした。ルールールルルー、夜明けの意欲、由紀さおり風。(3:44)

   ***

本駒込 2019

一日ひとつ名言を表示するアプリを入れている。

夜明けに立ち上げたらにやけたおっさんの写真があり、「何だまだ昨日とおんなじの画面のままだ」と思い、「このウォーレン・パフェットというおっさんは何者だろう」と検索したらアメリカ合衆国の投資家、経営者、資産家で大金持ちらしい。わが親たちと同世代で、そう思って読んだらある意味では面白い。

「あなたは株式市場というカジノでたくさんの愚かな人達を相手にしているようなものです。カジノにいる人達はみんな酔っ払っていますよね。でもその場の雰囲気に流されることなく、ペプシを飲むんですよ。そうすれば万事オーケーですよ。」ウォーレン・パフェット(4:43)

   ***

別の名言アプリより

“Hate the sin and love the sinner.”     Mahatma Gandhi

というガンジーの言葉を改ざんして

“Hate the politics and love the politician.”

後者が無理であることを先に考えると前者も実践が難しい。

   ***

 赤坂 2019

いつ雨が降り出しても良さそうな空模様なので、午前中早めに赤坂まで新刊本のプレゼンテーションに行ってきた。むんむんと熱気のこもった高橋是清翁記念公園で蝉が鳴いていた。是清像のある築山は樹木の根の張り方が荒々しい。

 

永田町 2019

結局雨に降られずに帰ってきた。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

◉2019年8月19日(月)の日誌

2019年8月19日
◉2019年8月19日(月)の日誌


今日は読書会『なるほど哲学の会』の日で、予想外の参加者がある夢を見た。慌てる夢を見て未明に目が覚めたので、1 時間ほど用意したまとめのチェックをした。第 52 節を読みながら、ショーペンハウアーは、ほんとうに音楽が好きだったんだなぁとしみじみ思う。エジソンが蓄音機を発明する前の時代の人である。

ショーペンハウアーは 1788 年から 1860 年まで生き、シューベルトはその間の 1797 年から 1828 年までを短く生きた。第 52 節まとめの最後にシューベルトの『楽に寄す』ドイツ語歌詞と対訳を書き添えた。作詞者のショーバーは 1798 年から 1882 年まで生き、『楽に寄す』(D.550)は 1817 年につくられて 1827 年に出版された。(4:45)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉2019年8月18日(日)の日誌

2019年8月18日
◉2019年8月18日(日)の日誌



今年になっていろいろと生活に変化があった。いちばん大きな変化のきっかけは昨年末に義母が他界したことで、2002 年から続いていた親たちの介護が終わって新しい年を迎えた。それに連動してドミノ倒し的にいくつもの変化が起きた。

毎日老人ホーム面会に通っていた妻がどこにも出かけなくなってずっと家にいる。それによって生まれた自分たちの時間を利用し、ふたりで協力して親たちの住まい、自分たちの住まい、職住接近で用意した仕事場、それらをこつこつ片付けた。他人の手伝いが必要な部分が明らかになったところで業者を手配し、必要最低限のコンパクトな暮らしのかたちを整え終えた。半年かけてよくやった、今の気力・体力があるうちにやらなければできなかったかもしれない、お疲れ様でしたと話し合っている。2002 年から 2018 年までの人生がひとつのパッケージになって片付いた。

本駒込 2019

最近はなぜか見る夢が変化してきて、ひどく現実的でとても長い。感情的でなく淡々と撮影された記録映画のようで、それも家事や仕事のありふれた作業に黙々と取り組んでいる夢ばかりだ。作業を終えて「ああ疲れた」と思いながら目がさめる。今朝も昔ながらのやり方で本づくりの版下作業を終えたところで目が覚めた。夢の中で仕事をしていたので爆睡したのに寝ていた気がしない。人生とはそもそもそういうものなのかもしれない。(6:16)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉2019年8月17日(土)の日誌

2019年8月17日
◉2019年8月17日(土)の日誌



妻がバロック音楽の作曲家ジャン=マリー・ルクレール(Jean-Marie Leclair 1697 - 1764 )を聴きたいというので図書館に予約して Fabio Biondi: Europa Galante『Leclair: Violin Concertos, Op. 7』という CD を借り出して聴いてみた。目当ての曲がないというので詳しく聞いたら「私が聴きたいのは、あなたが昔、NHK のラジオ番組『古楽の楽しみ』で録音して聴かせてくれたあの曲」だという。なんだ、それを先に言えばいいのにと思う。

そういうことについて自分はひどくマメである。早朝のラジオ番組を朝寝坊の妻に聴かせたということは録音して聴かせるしか手段はないわけで、ということはルクレールが録音データになっているということだ。持つべきものはマメな亭主、パソコン内を探したら 2014 年に録音したラジオ番組から切り出して保存してあった。ちゃんと「ルクレール_バイオリン・ソナタ 変ロ長調 作品1 第11」とタイトルをつけコメント欄に演奏者の情報まで入れてある。

マメな自分に感心するけれどまったく記憶がない。5年も前に「『古楽の楽しみ』を録音して聴かせてくれた」ということを覚えている妻とひと組でないと役に立たない長所である。長所とはそういうものだ。

   ***

図書館に借りた CD を返しに行ったら、クーラーの効いた自動ドアの内側で猫が涼んでいる。子どもづれでやってくる若いお母さんたちが
「図書館の猫かしら?」
と笑っているので見慣れない猫なのだろう。近所の飼い猫ではあるらしく首輪をつけている。公共の施設なのだから地域の猫が涼んでいてもノープロブレムで、幼児たちが屈みこんで嬉しそうに撫でていた。夏の図書館はいいなあと思う。(17:28)

千石 2019

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉2019年8月16日(金)の日誌

2019年8月16日
◉2019年8月16日(金)の日誌



午前 4 時に目が覚めたので起きて読書会の下準備。『ショーペンハウアー 意思と表象としての世界Ⅱ』担当の第 51 節を 7 割ほど読み終えた。面白かったけれど眠気が優ってきたのでひとまず終了。(5:44)

昨晩観た二・二六事件のドキュメンタリーで海軍がつけていた記録のタイムライン表記は
0544|16
横組なので時刻の下にアンダーラインを引いて日付。決められた書式なのだろうか。(5:49)

千石 2019

中村屋の『本格麻辣 花椒カリー』というのを買ってみたら、溶き卵と酢を加えて酸辣湯麺をつくれと箱裏メニューにあったので、今朝の朝食でやってみた。一人前の醤油ラーメンスープに一パックの『本格麻辣 花椒カリー』をのばして二人前のスープをつくり、酢と溶き卵をくわえて二人前の酸辣湯麺のできあがり。おいしい。ご飯でそのまま食べるよりこちらの方がおいしい。(8:47)

   ***

茅ヶ崎駅発車メロディの原曲をエンドレスで聴きながら一時間ほど朝のテーブルテニス。清水帰省に東海道本線を使うようになったせいか、朝のホームに立ったような旅愁がある。(11:16)

   ***

千石 2019

妻のリクエストで予約した Fabio Biondi: Europa Galante『Leclair: Violin Concertos, Op. 7』という CD が千石図書館に届いたので受け取りに行ってきた。(16:28)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ