◉興津氏の居館跡を見に行く

2018年6月21日
僕の寄り道――◉興津氏の居館跡を見に行く


クリックで取材メモ一覧に戻ります

清水区興津本町 363 にある宗徳院のある場所が入江氏を祖とする氏族興津氏の居館跡だというので、『季刊清水』編集会議前に、清水美濃輪町の友人と待ち合わせして歩いてみた。

入江氏の祖と言われる藤原為憲は 939(天慶 2 )年、常陸国で起きた平将門の乱を藤原秀郷に協力して平定し、恩賞として木工寮次官となり、藤原の「藤」と木工の「工」をあわせて「工藤」の姓を興した人。平将門、鎌倉北条氏の祖となる平貞盛とは互いに従兄弟となる。

この為憲の三代あとが入江氏の祖維清(これきよ)、その二代あとの枝分かれに清綱が出て岡部氏、清綱の息子が息津(おきつ)六郎であるという説がある。入江氏から分かれた吉川、船越、矢部、三沢、渋川、興津などの各分家が源家棟梁に直接奉公することで御家人化していく。

狭隘な海辺、それゆえに交通の要衝である興津郷を掌握した興津氏の経済基盤は清見ヶ関の関銭と地元船持を掌握しての海運だった。それゆえに海道を眼下に見渡せる高台の居館が必要だったのではないかと思い、実際その場所に立ってみたら雨だった。

杉並木が視界を遮っているものの、「この場所なら昔は海道によく目配りできたはずだよね」と友人と話した。「ここは何宗ですか」と聞かれたけれど激しい雨で手帳が取り出せない。山梨の天沢寺から出た明光德舜大和尚による開基が 1505(永正 2 )年だから、箱根を越えた北条早雲が相模を平定していた頃にあたる。戦国の時代が始まり、居館ではなく城が必要になったわけだ。当然武田家に縁があるので境内には武田菱が多く見られる。

ここに居館を構えた興津氏が興津川西岸に横山城を構えて居城としたのが延文年間 1356 から 61 年頃。宗徳院開基までにある約 150 年の空白期間、この場所がどうなっていたのかは知らない。数時間後の会議で、編集長に宗徳院の話をしたらよくご存知で曹洞宗だと言う。なんで知っているのかと聞いたら、愛犬の墓があるのだと言う。

雨降りでは町歩きもままならないので早々に切り上げ、編集会議のある静岡駅南口、水の森ビル前に行ってみたもののちょっと早い。傘をさして町歩きしたら「鯖大師」の文字が見え徳雲山崇福寺とある。

鯖大師ってなんだっけと記憶を辿ったら、清水にチャンチャン井戸、興津川上流に黒川の昔話があるように、由比にもやはり似たような民話があり、それを調べて鯖大師の話を知ったのだった。各地に伝わる弘法大師伝承である。

この徳雲山崇福寺は稲川町にあるのだけれど、開基は稲川村を領有していた稲川氏だという。1811(文化8)年、その稲川家の株を庵原出身の漢詩人山梨(稲川)が買い取って長男清臣に継がせ、自身も後見人として稲川村に移住し、字を玄度、名を治憲、号を稲川(とうせん)としたのだという。清水の偉人山梨稲川の名はこの場所から来ている。(2018/06/20)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉日本地名大辞典と谷崎潤一郎

2018年6月19日
僕の寄り道――◉日本地名大辞典と谷崎潤一郎

 

『角川日本地名大辞典 22 静岡県』が欲しくなったのでネット検索したら、汚れたり破れたり書き込みがある古書があり、本は実用にたえれば汚れていても気にならないので、送料込み 1,000 円という最低価格のやつを注文した。

届いたので受け取ったらずっしり重く、段ボール箱をあけてみたら立派な谷崎潤一郎全集が二冊梱包されており、値段も 9 倍近くしてびっくりした。ずいぶん高い古書である。

古書店に電話したらラベルの貼り間違いだそうで、返送用の空箱を送るので送り返してほしい、こちらが注文した本は間違えた送り先から返送されしだい再発送してくれるというので「わかりました、返送します。こちらのは急がないのでいいですよ」と答えた。

しばらくしたら電話があり、同じ本の在庫があったのですぐに送る、その箱に谷崎潤一郎全集を入れて送り返してくれという。最低価格のものより汚い『角川日本地名大辞典 22 静岡県』はなさそうなので、ちょっと儲けた気分になっている。(2018/06/19)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉Mr. Lonely

2018年6月17日
僕の寄り道――◉Mr. Lonely

妻が老人ホーム訪問の合間を縫い、息抜きとして遊んでいる 20 音のシート式手回しオルゴール。既存の曲をオルゴールにするときは、半音のない限られた 20 音で、どうごまかしてそれらしく聴こえるようにするかのゲームになる。

1964 年にボビー・ヴィントンがヒットさせた『Mr. Lonely』が 20 音でオルゴールにできないかリクエストしてみた。1970 年レターメンによるカバーの方をよく聴いたけれど、FM 放送人気番組テーマ曲としても懐かしい。

高校生の英語力でも

I'm a soldier, a lonely soldier,

の意味は聴きとれて、ベトナムの戦場に送られる兵士のさみしさに心を寄せることはできた。だが、つたない語学力では

Letters, never a letter,
I get no letters in the mail.

の部分が理解できなかった。

さみしさ、かなしさ、くるしさにひとりで耐えることはできても、「さみしさ、かなしさ、くるしさ」を感じずに済む他人たちと自分を比べてしまうと、人はひとりで耐えることが難しくなるかもしれない。「なぜわたしだけ…」などという言葉が口をついて出てしまい、幸せな他人と不幸な自分を比べることは、人を心理的な地獄へいざなうのだとおもう。

「手紙」はある、でも自分宛ての手紙はない。
郵便物の中に自分に宛てられた手紙はない。

そういう世界の見え方に孤独を感じてしまうと、歌の中の兵士のように、自分は「世界から忘れ去られてしまった人間である」というかなしみから抜け出せない。

齋藤慎一『中世を道から読む』講談社現代新書を読み始めた。おもしろい。「第1章 路次不自由」に「北条氏康の空間認識」という小見出しがあって、ふと『Mr. Lonely』を思い出した。兵士のさみしさは 20 音のオルゴールシートになるだろうか。(2018/06/17)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉惜しい

2018年6月16日
僕の寄り道――◉惜しい

空になった缶や瓶に愛着して捨てられない度合いは、ひと缶もしくはひと瓶を使い切るまでにかかる時間の長さに比例している。空になるまでに経過した日々が思い出されて捨てるに惜しい。

「ブラックペッパーまでは合ってるけど『荒挽』じゃない方を買わないとだめよ」
と間違えた買い物をして妻に言われ、肩身の狭い思いをして使い切ったので、ついに使い切った時に去来する感慨はひとしおである。関係ないけれど『荒挽』という文字を眺めて、どうして『粗挽』と書かないんだろう、などと思う。

裏面の表示を見たら加工所は静岡県なので「なんだ郷土じゃないか」と奇遇に思う。掛川市大渕を地図で調べたら掛川市街地からずいぶん離れた海辺だった。地図を眺めているだけで海鳴りの聴こえる遠州灘を思い出し、香辛料の製造場所として悪くないと思う。

そういえば晩年の次郎長は、山岡鉄舟に頼まれて石岡周造の遠州相良油田開発に協力したのだけれど、あの話にも大渕は出てこなかったっけと思い出し、「どうだこの記憶力」と自信を持って調べたら、大渕は次郎長開墾の富士山麓だった。惜しい。(2018/06/16)

→次郎長開墾まで行ってきた話


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉縄文食

2018年6月15日
僕の寄り道――◉縄文食

仕事をしながら素炒りしたアーモンドをぽりぽり食べている。美味しい。いわば縄文食のようなものだ。アーモンドは瀬戸内や九州でも栽培されているらしいけれど、おそらく縄文人は食べたことがないのではないか。

若くして亡くなった清水の友人は、街場から庵原の農家に嫁いだけれど野生的で、縄文食が好きだと言って山芋の「むかご」を食べていた。耕地が少ないのに古くから人が住み着いた庵原は、そもそも縄文的な食べ物に恵まれていたように思われる。

わが母は縄文的などという現代人的にしゃれた嗜好もなく、ただ単に拾い食いが好きで、たくさん椎の実を拾って来て食べていた。非常に大雑把な人なので殻つきのままフライパンで素炒りしたり、茶封筒に入れて電子レンジで破裂させて食べていたが、あれもなかなか美味しくて酒のつまみにもよい。

仕事中に木の実の類を食べていると眠くならない。木の実を食べている間は頭が冴えているような気がする。焚き火に突っ込んで焦げた木の実を、ポケットに入れておいてぽりぽり食べていたガキ大将がいた。 「うまいぞ」と言われて貰った胡桃は本当にうまかった、勉強はできなかったけれど、縄文的に頭の良い奴だったのだろう。(2018/06/15)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉七夕のころ

2018年6月15日
僕の寄り道――◉七夕のころ

小さな福祉系出版社があり、もう本は作らないと言いながら毎年一冊だけ年度版の本を出されている。出せば必ず売れるので、この一冊だけを続けておられるのだそうで、出版点数年一冊の小さな出版社である。年度版のフォーマットも定まっているので手間賃程度の請求をさせていただいているけれど、うっかり忘れているとちゃんと定額の振り込みがある。去年は、たまには昼食くらい奢らせろと駒込まで出てこられた。

今年も電話がかかって来たので
「そうか、もう一年経ちましたか」
と話していたら、傍で聞いていた妻が
「あ、誰からかわかった」
と笑っていた。

 

この季節になると毎年、郷里清水の興津川上流、西里にある茶業農家『水声園』にファックスを一枚送る。
妻の従姉に新茶を送るからで、毎年同じ申し込み用紙を消しゴムで訂正しながら使っている。年老いたお義母さんを在宅介護している従姉から妻に、「いま新茶が届きました」と携帯メールが届き、請求書を忘れているのではないかと心配になる頃、一杯分の新茶を添えた振り込み用紙が届く。

いつでも縁側を空けて待っていますとお便りをいただき、天国に近い山里に妻を連れて行きたいが、老人介護中なので泊まりがけの旅ができない。毎年毎年水声園の周りに咲く花の写真が添えられており、今年はイタヤカエデだった。(2018/06/15)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉藤岡屋日記と鍵屋

2018年6月14日
僕の寄り道――◉藤岡屋日記と鍵屋

夕方になって女性編集が仕事の打ち合わせに寄り、「夕方」ということは、さっさと仕事を切り上げて飲もうという合図になっている。いちど根岸にある日本百名居酒屋のひとつ『鍵屋』で飲んでみたいと思っていたので電話して予約した。

バスで団子坂下まで出て三崎坂を登り、谷中墓地で編集者の亡きご主人の墓参りをした。墓参りを終えてのんびり言問通りを歩いていたら台東区の掲示板があり、台東区立中央図書館で企画展「日記が語る台東区5『藤岡屋日記』の世界─安政江戸大地震と幕末の台東区─」が始まるというポスターが貼られていた。

『藤岡屋日記』というのは、江戸時代末期、須藤(藤岡屋)由蔵という人が路上にムシロを敷いて露天古本屋をを営みながら、江戸市中の事件・噂・落書などを情報収集し、文化元(1804)年から明治元(1868)年までの65年間、全152巻150冊の日記にまとめたものをいう。展示は 6 月 22 日から、9 月 16 日まで。よい散歩になる距離なので出かけてみようと思う。

『鍵屋』に着き、座敷に上がり込んで飲んでいたらご主人がわきに座られ、小金井市にある『江戸東京たてもの園』に行ったことがあるかと聞く。かつて言問通りにあった居酒屋『鍵屋』の建物がそこに移築保存されているという。行ったことがないと言ったら 24 ページの小冊子をいただいた。妻も編集者も行ったことがないと言うので、こちらも是非出かけてみようと思う。(2018/06/13)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉高台の家

2018年6月13日
僕の寄り道――◉高台の家

田端駅近くの切り通し上あたりにあった家に、1914 年から 27 年まで芥川龍之介が住んでいた。近藤富枝『田端文士村』中公文庫を読むとその頃の様子がよくわかる。

「住んでいた」という事実には終焉の地であることも含まれており、何度かその場所を訪ねてみたけれど、個人の業績を顕彰するような場所ではなく、そっと垣間見るふつうの生活がある住まいとなっていた。

北区がその土地約330平方メートルを約2億2000万円かけて取得し、2023年に芥川龍之介記念館開館をめざすと新聞記事にあった。費用はふるさと納税、寄付金そして文芸愛好家などから調達するという

高台のほとんどが縄文の昔からの遺跡になっているような日当たりの良い場所なので、記念館が開館すれば田端文士村界隈は散策コースとして明るさを増すと思われる。(2018/06/12)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉遺跡発掘現場、謎の「X(エックス)」

2018年6月12日
僕の寄り道――◉遺跡発掘現場、謎の「X(エックス)」

昼休みに地域文化情報収拾を兼ねて田端文士村記念館まで散歩したら、無料オーボエコンサート情報という収穫があった。ついでに田端西台通遺跡、道路拡張工事現場の遺跡発掘調査の様子を見に行ったらまだ進行中だった。

住まいのある六義園脇は染井遺跡、駒込一丁目遺跡、上富士前町遺跡、籠町遺跡に囲まれており、囲まれているというか六義園自体も含んだ大きな遺跡だったようにも見える。

今回の発掘現場である田端西台通遺跡の周りも遺跡だらけであり、六義園側遺跡群との間に帯状の空白域があるのは谷田川が流れる低地だったからだ。

調査の様子を覗いたら露出した地表に大きな「X(エックス)」が縄張りされている。これはなんだろう。こういう「X」型をした構造物がかつてここにあったということだろうか。発掘調査が終わると説明会があるはずなのでぜひ聞いてみたい。(2018/06/12)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◉日本の大意

2018年6月12日
僕の寄り道――◉日本の大意

「大意は人おのおのにある」ものなので、述べられた大意に唯一これが正しいと言えるものなどないだろう。網野善彦を読んでいたら〈日本の歴史〉についてその大意を一気呵成に言い立てたものがあってちょっと感心した。田辺一鶴さんに会いに行った上野の夜を思い出した。

ちょっと感心したその文章は〈従来こう要約されていたが〉という〈日本の歴史〉のステロタイプを簡潔に示したものなので、内容が正しい正しくないは脇に置くとして、必要なとき「話の釈台(しゃくだい)」としてそこに置くことができると便利なので、書かれたものを自分の言葉に約(つづ)めて書き直してみる。

「日本は、弥生稲作文化到来で水田中心の農耕社会となり、班田収授制で班田農民を基礎とした律令国家ができ、水田開発が進んで荘園が形成されると有力農民が名主となって年貢米を貢納し農村の自治が進展するが、江戸時代になって士農工商の身分制度が定められて人口の八割が農民となり、本百姓と水呑百姓に貧富の差が拡大し、収穫の四割から五割の米を年貢として収めさせられ、農民は自給自足の生活をしたが江戸後期になって農民の商品生産が見られるようになり、農村への商品貨幣経済浸透に伴い窮乏した農民が一揆を起こすようになり、幕府の支配は根底から揺らぎ開国と倒幕という内外からの圧力によって崩壊し、封建主義的支配の一新を目指した明治政府が誕生し急速な工業化により産業革命を達成する」

児童・生徒だった時代に教えられた日本史の大意は確かにこういうものだった。張り扇(はりおうぎ)で釈台を叩きながら、ポケットに入る320字ちょっとに収めたことになる。きょうは暑い。(2018/06/12)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ