駿 府 は 96 か 町

【 す ん ぷ は 96 か ちょ う 】

「丁目」はまさに一丁だった(江戸の町割のプロトタイプ ・ 駿府碁盤の目地区=現中心市街地)

3008年12月02日 10時11分39秒 | 碁盤の目地区
この記事を最上段に表示させるために投稿日を先付けにしてあります。 (実際の投稿日は2008年12月2日)

◇ 江戸の八百八町に対して駿府は九十六箇町と言われています。
(武家地、寺社地は原則として町名は付けられていません。また、江戸は江戸時代末期には1600ほどの町数があったといわれています。
 なお、「◯◯町◯丁目」で一つの町として機能しているので、「◯ 丁目」は番地のような町の下位区分ではなく町名の一部 ととらえるべきです。
 したがって、96か町というのは「◯◯町◯丁目」で1町と数えます。)

  駿府は今も一丁四方(約109m×109m)の慶長の町割りでできた碁盤の目地区が中心市街地となっています。  
  その駿府城下の碁盤の目地区の位置を分かりやすくするために、
現状(2008年12月現在)の建物・施設等を重ねてみました。
  当然のことながら当時とは道幅も違うこともあり、現施設等の本来の位置や広さとは違います。
     
▽ 上方向が駿府城
(現駿府城公園)、右手方向が現JR静岡駅(現静岡駅附近は駿府市中ではない)です。


▽ 江戸期の町名は、原則として通り沿い(通りの両側が同じ町)の1丁ごとに町名が付けられていました。
   (現在の※住居表示制度よりも、はるかに分かりやすい)
     ※住居表示制度=1962年から始められた住所・所在地を土地の地番(いわゆる番地)でなく「○番○号」のように「街区符号+ハウス番号」で表示する制度


▽ 家の向きは原則として横丁(図の緑)には向いていないで
いわゆる「通り
(図の赤と黄色)」に向いていたため横丁には町名が付けられていません。
 横丁でも町に準じるような箇所では玄南横丁、中之店
(なかんたな)のように名前がついていたところもあります。

▽ 碁盤の目地区では、整然と1丁
(約109m)ごとの街区になっていて、
「◯ 丁目」 は文字通り1丁ごと でした。
   ( したがって、呉服町一丁目から六丁目まで歩けば、測らなくても約650m歩いたことになる。)
現在、呉服町通りと平行の街路は、半丁ごとになっていますがこれは静岡大火
(1940年)のあと、街区の中間に設けられたものです。

▽ 中心部には江戸期の町名がかなり残っているようでも、この地図からその実態は大きく変えられてしまっていることが分かると思います。

  (町名が改正されたのは1940年の静岡大火後で、施行は1945年9月20日)

▽ 新谷町と旧紺屋町通りは、1930年に御幸通りが開通したとき御幸通りと接続する部分が直線から曲線状に付け替えられてしまったので
現在その一角は碁盤の目状の街区が破壊されてしまっています。
(現伝馬町通りは江川町通りと直角に交わっていた。)

◆ この地域内で失われた町名は → こ ち ら

※ 参 考:江戸時代の駿府 新考(若尾俊平著 静岡谷島屋発行 絶版)ほか

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

◆ カワヅザクラ(河津桜)が街かどに

2017年02月13日 18時00分00秒 | 街かどのメヌエット




またサクラの話題です。

シャッターを下ろしたままの店舗が目立つ七間町商店街
その七間町商店街の十メートほどの間隔である外灯の柱に括りつけられた竹筒に
本物のカワヅザクラが活けられました。

以前から花を飾ることに熱心な七間町商店街ですが
三丁
(一丁≒109m) にわたってカワヅザクラを飾り付けるとは
その熱意が伝わってきます。

落ち目の商店街に華やかなカワヅザクラ
ややむなしさが強調されてしまう感が
なきにしもあらずですが・・・・


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

◆ Frühlingsstimmen (Voices of Spring)

2017年02月03日 18時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 伊東小室桜(イトウ コムロザクラ)






▽ 薄寒桜(ウス カンザクラ)




駿府城公園(葵区・駿府城公園・1番)にある早咲きのサクラ
先週見たときは開花の気配がほとんどなかったのですが
きょう('17年2月3日 金曜日)見たところ
一気に5分咲きとなっていました。

今週になって静岡市内の最高気温は14℃まで上がることが多く
比較的暖かい日がつづいた ためなのでしょう。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

◆ 静岡鉄道A3000形 第2編成 一般公開

2017年01月23日 18時00分00秒 | 電車・バス
▽ 長沼車庫(葵区・長沼一丁目・2番)


▽ A3001(青)と並ぶA3002(赤)
















▽ 廃車予定の1002編成





地方私鉄は、大手私鉄の中古車両を使うのが一般的で
凡て自社発注の車両のみの静岡鉄道は稀有な存在でしょう。


その静岡鉄道に昨年
(2016年3月)
久しぶりの新形式A3000形が登場しましたが
その第2陣
(A3002+A3502)の公開が行われました。

2017年1月19日未明、横浜市の総合車両製作所から静鉄長沼車庫に到着
2017年1月20日 一般公開


編成ごとに七色のカラーリングにすることが発表されていますが
第1陣の富士山にちなんだクリアーブルーにつづき
今回は久能の石垣イチゴにちなんだ「パッション レッド」が採用されました。

なお、運用開始は2017年3月24日(金)からの予定だということです。

また、会場で現有車両の1000型のうち
1002編成(1002+1502)の廃車が発表されました。


1002号引退イベント 2017年3月18日(土)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

フウの木がやっと紅葉

2017年01月12日 18時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 葵区・追手町(おうてまち) ・10番




普通は秋に赫赫(かくかく)たる紅葉を見せるフウですが
温暖な静岡では枯れて落葉するばかりで
なかなかフウの紅葉は見られません。

今年は紅葉のための条件がよかったのか
年が明けた今になった
紅葉した姿を見せていました。

さすがに真っ赤にはなりませんが
それでもけっこう見栄えのする姿です。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

街かどの「門松」

2017年01月02日 09時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 葵区・駿府城公園・1番


デパートなどの立派な門松は
それはそれで一種の正月の光景となっていますが
やはり駿府城址の枡形門、東御門のような場こそふさわしいように思われます。



▽ 葵区・旧江尻町(現:常磐町一丁目・6番地)


こちらは1880年(M13年)創業の
高級料亭として有名な求友亭

清楚な門松ですが
商業施設などの取っ手付けたような感がなく
静謐さのなかに品格さえ感じさせるものがあります。


この記事をはてなブックマークに追加

郷土玩具「おかんじゃけ」が正月の飾りに変身

2017年01月01日 12時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 葵区・ 呉服町二丁目(旧呉服町六丁目)




一昔前まで 正月の商店街は華やかな装飾が
誇らしげに施されていたものです。

商店街の地位が以前ほどではなくなったり
個人商店が全国資本のチェーン店に置き変わったりしているためか
ここ数年、商店街の統一された飾りつけは
控えめで簡素なものになっているようです。

札之辻からスクランブル交差点までの3街区からなる呉服町二丁目のうち
最も静岡駅寄りの街区の呉六名店街(旧六丁目)では
静岡市の郷土玩具である「おかんじゃけ」を用いた正月飾りがしてありました。

従来の装飾に比べるとやや地味ではあるものの
意表をついたユニークな発想に感心してしまいました。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

メタセコイアも紅葉

2016年12月06日 17時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 富士山を挟むかのように屹立するメタセコイア(葵区・駿府城公園・1番1号)





駿府城公園にあるメタセコイア
単に枯れて茶色になっているだけではないかという見方もあるかもれませんが
それなりに紅葉しています。





こちらの幼木は、昨年 植栽されたカエデです。

モミジで有名な京都の東福寺から移植されたカエデということですが
東福寺は静岡市出身の聖一国師
(1202年11月1日~1280年11月10日)の開山です。

その縁で駿府城公園内に植樹されたものなのでしょう。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

中堀沿いの夏みかんが色づきました

2016年12月03日 00時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 遊歩道の夏ミカン並木、左手に見えるのは巽櫓 (たつみやぐら、巽=辰巳=東南)




駿府城二之丸の中堀沿い遊歩道に植栽されている夏ミカンの並木
この夏ミカンの品種はスルガエレガントだそうです。

毎年、この時期になると黄色く色づき
ここを通る人の目を楽しませてくれます。

静岡の人にとっては
ミカンが色づく風景を見ても特段の感動もないのですが
東北などミカン類が育たない寒冷地の人には
とても珍しいようです。



※ 以下余談です。
中堀
(なかぼり)は、内堀と言われることも多いのですが
駿府城は本来、三重の堀で「中堀」という方がより正確です。

1897年(M30年)、歩兵34連隊を誘致するため
市民を動員して天守台を破却、内堀も埋められてしまいました。
(そのほか、大字北安東に練兵場
(現在の城東町)がつくられました。)

現在の価値観でいうと、なぜそんなことをしたのかと思われるかもしれませんが
明治時代においては、徳川家は逆賊の立場で徳川家ゆかりの静岡市としては
政府に忠節を尽くす態度を示すことが重要だったのでしょう。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

静岡赤十字病院 増改築完成

2016年12月01日 17時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 1号館・御幸通り側から







5年前から増改築を進めていた
静岡赤十字病院
(葵区・追手町・8番2号)の工事がやっと完成し
きょう
(’16年12月1日)正式にオープンしたということです。

外観から分かる範囲で言うと
御幸通りに面していた1号館(旧 本館)の正面玄関が
建物左手横になったことが目立つ変更点です。



▽ 1号館・裏手の呉服町側から


▽ ’84年まで使われていた旧々本館(2代前)の壁面の赤十字マークのモニュメント


▽ 旧々本館は1945年の静岡大空襲にも奇跡的に類焼することなく治療の拠点になったという



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加