駿 府 は 96 か 町

【 す ん ぷ は 96 か ちょ う 】

江戸の町割のプロトタイプ ・ 駿府碁盤の目地区(現中心市街地)、〇丁目はまさに一丁だった

3008年12月02日 10時11分39秒 | 碁盤の目地区
この記事を最上段に表示させるために投稿日を先付けにしてあります。
(実際の投稿日は2008年12月2日)


◇ 江戸の八百八町に対して駿府は九十六箇町と言われています。
(武家地、寺社地は原則として町名は付けられていません。また、江戸は江戸時代末期には1600ほどの町数があったといわれています。
 なお、「◯◯町◯丁目」で一つの町として機能しているので、「◯ 丁目」は番地のような町の下位区分ではなく町名の一部 ととらえるべきです。
 したがって、96か町というのは「◯◯町◯丁目」で1町と数えます。)

  駿府は今も一丁四方(約109m×109m)の慶長の町割りでできた碁盤の目地区が中心市街地となっています。  
  その駿府城下の碁盤の目地区の位置を分かりやすくするために、
現状(2008年12月現在)の建物・施設等を重ねてみました。
  当然のことながら当時とは道幅も違うこともあり、現施設等の本来の位置や広さとは違います。
     
▽ 上方向が駿府城
(現駿府城公園)、右手方向が現JR静岡駅(現静岡駅附近は駿府市中ではない)です。



▽ 江戸期の町名は、原則として通り沿い(通りの両側が同じ町)の1丁ごとに町名が付けられていました。
   (現在の※住居表示制度よりも、はるかに分かりやすい)
     ※住居表示制度=1962年から始められた住所・所在地を土地の地番でなく「○番○号」のように「街区符号+ハウス番号」で表示する制度


▽ 家の向きは原則として横丁(図の緑)には向いていないで
いわゆる「通り
(図の赤と黄色)」に向いていたため横丁には町名が付けられていません。
 横丁でも町に準じるような箇所では玄南横丁、中之店
(なかんたな)のように名前がついていたところもあります。

▽ 碁盤の目地区では、整然と1丁
(約109m)ごとの街区になっていて、
「◯ 丁目」 は文字通り1丁ごと でした。
   ( したがって、呉服町一丁目から六丁目まで歩けば、測らなくても約650m歩いたことになる。)
現在、呉服町通りと平行の街路は、半丁ごとになっていますがこれは静岡大火
(1940年)のあと、街区の中間に設けられたものです。

▽ 中心部には江戸期の町名がかなり残っているようでも、この地図からその実態は大きく変えられてしまっていることが分かると思います。

  (町名が改正されたのは1940年の静岡大火後で、施行は1945年9月20日)

▽ 新谷町と旧紺屋町通りは、1930年に御幸通りが開通したとき御幸通りと接続する部分が直線から曲線状に付け替えられてしまったので
現在その一角は碁盤の目状の街区が破壊されてしまっています。
(現伝馬町通りは江川町通りと直角に交わっていた。)

◆ この地域内で失われた町名は → こ ち ら

※ 参 考:江戸時代の駿府 新考(若尾俊平著 静岡谷島屋発行 絶版)ほか


<お茶の花>

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

◆ 中堀沿いの夏みかんが色づきました

2016年12月03日 00時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 遊歩道の夏ミカン並木、左手に見えるのは巽櫓 (たつみやぐら、巽=辰巳=東南)


駿府城二之丸の中堀沿い遊歩道に植栽されている夏ミカンの並木
この夏ミカンの品種はスルガエレガントだそうです。

毎年、この時期になると黄色く色づき
ここを通る人の目を楽しませてくれます。

静岡の人にとっては
ミカンが色づく風景を見ても特段の感動もないのですが
東北などミカン類が育たない寒冷地の人には
とても珍しいようです。



※ 以下余談です。
中堀
(なかぼり)は、内堀と言われることも多いのですが
駿府城は本来、三重の堀で「中堀」という方がより正確です。

1897年(M30年)、歩兵34連隊を誘致するため
市民を動員して天守台を破却、内堀も埋められてしまいました。
(そのほか、大字北安東に練兵場
(現在の城東町)がつくられました。)

現在の価値観でいうと、なぜそんなことをしたのかと思われるかもしれませんが
明治時代においては、徳川家は逆賊の立場で徳川家ゆかりの静岡市としては
政府に忠節を尽くす態度を示すことが重要だったのでしょう。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

◆ 静岡赤十字病院 増改築完成

2016年12月01日 17時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 1号館・御幸通り側から







5年前から増改築を進めていた
静岡赤十字病院
(葵区・追手町・8番2号)の工事がやっと完成し
きょう
(’16年12月1日)正式にオープンしたということです。

外観から分かる範囲で言うと
御幸通りに面していた1号館(旧 本館)の正面玄関が
建物左手横になったことが目立つ変更点です。



▽ 1号館・裏手の呉服町側から


▽ ’84年まで使われていた旧々本館(2代前)の壁面の赤十字マークのモニュメント


▽ 旧々本館は1945年の静岡大空襲にも奇跡的に類焼することなく治療の拠点になったという



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

◆ 青葉通りのイルミネーション試験点灯

2016年11月11日 18時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 葵区・常磐町一丁目 (青葉通り交番前)


ついこの間まで
夏のつづきのような暑さだったのに、もう年末

11月18日(金)からと伝えられる
青葉通りのイルミネーション

設置工事もほぼ完了に近づいているようで
街区ごとに工事が完了すると試験点灯が行われています。

明るい時間の点灯なので
写真ではほとんど分かりませんが・・・




追 記
▽ 同じ場所の11月18日の点灯後です。


▽ 葵区・常磐町二丁目(常磐公園前)



※「常磐町」は、しばしば「常盤町」と誤記されますが、「磐」が正しいです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

動かぬ人

2016年11月04日 18時00分00秒 | まつり・イベント
▽ 細いワイヤーの上で、自在に様々な演技をあざやかに披露する中国のリ・ウェイ(ワールドカップ部門)


東洋一の規模の大道芸フェスティバルと言われる
第25回「DAIDOGEI WORLD CUP in SHIZUOKA 2016」が
11月3日~6日までの予定で開催され
中心市街地や駿府城公園などに設けられた30か所以上の演技ポイントで
パフォーマンスが実施されています。

今年はワールドカップ部門、オン部門、フリンジ部門合わせて
過去最高の108組のアーティストの出場で
開催中毎日出かけても総てを見ることは到底不可能です。


▽ ドレミ

▽ Statue Kai ・ ペインター

▽ KURAU ・ June bride


ワールドカップ部門の大技はもちろん一見の価値があるのですが
なかには街かどでまばたきもせず立ちつくすことで存在を主張している
アーティストもいます。

動かぬこともまたパフォーマンスなのでしょう。
なお、投げ銭をすることで人形のごとき動きをみせてくれます。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

風景の一変

2016年09月03日 18時00分00秒 | 街並みのうつろい
▽ 葵区・七間町・3番地の11





1950年代からあったと思われる
かつお節や黒はんぺんなどの練り製品を扱っていた「大阪屋」が閉店。
閉店は8月末か9月初めごろだと思われます。


追記
その後の報道によると七間町の店舗は1957年から
戦前は呉服町通りにあったということです。



▽ 葵区・七間町・7番地の1






カーサ七間町店が8月21日で閉店。
いつごろ開店したかは記憶がはっきりしませんが
ここには1980年ころまで大東京火災があり
大東京火災が移転後にカーサが開店したと思われます。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

スクランブル交差点の上島珈琲店閉店

2016年06月05日 06時00分00秒 | 街並みのうつろい
▽ 葵区・紺屋町・3番地の1


呉服町二丁目と紺屋町の境にあるスクランブル交差点
この交差点のクロスナインビルの1階にあった
上島珈琲店が'16年5月31日で閉店していました。

内部的にはかなり前から決まっていたのでしょうが
部外者的には突然の閉店で少々意外でした。

場所的には決して悪いところではないのですが
数百メートルの範囲内には
スターバックス、サンマルク、ドトールなどの
チェーン系珈琲店がひしめく地域なので
家賃の高さもあって
(この場所は県内一の地価)
経営はなかなか大変なのかもしれません。



▽ 葵区・呉服町二丁目・3番地の13


こちらは、谷島屋書店向い側に
6月1日オープンした「KEY'S CAFE」
 
キーコーヒー系のチェーン店のようです。

この二つだけをとらえると
中心商店街から同時期に
関西系が撤退、関東系が出店という形になりましたが
単なる偶然なのでしょう。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

“たそがれどき” のコンサート

2016年06月02日 20時00分00秒 | まつり・イベント
▽ 基幹道路が北西を向いている静岡市の道路では、この時期は日の入りが道路の先に見える。


1年で最も日の入りが遅いのが6月です。
(昼が最も長いのとは意味が違います。)

静岡市の最も日の入りが遅いのは
6月21日から7月7日の19:04分
(2016年)
以後徐々に日の入りが早くなります。

気候も真夏ほど暑くはないので
天気さえよければ
6月は、“たそがれどき”を楽しむ絶好の時期です。



▽ 葵スクェア(葵区・呉服町二丁目・3番地の13)でのコンサート


きょうの静岡市の日の入りは18時56分

この“たそがれどき”を利用して
葵スクエァで静岡県警察音楽隊の夕涼みコンサートが
行われていました。

(7月7日に、もう1回実施されるようです)

まさに、絶好の時期をねらっての
夕方のコンサートなのでしょう。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

静鉄沿線に咲くタチアフヒ(立 葵)

2016年06月01日 18時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 葵区・駿府城公園・1番 (本丸堀)


タチアオイは、そのアオイの名から
徳川家ゆかりの旧静岡市が1964年9月15日、静岡市の花に制定し
それを受け新・静岡市でも市花に制定されています。

(徳川家ゆかりの会津若松市でも市の花にも制定されています。)

以前は駿府城公園内のあちこちで見ることができましたが 
積極的に増やそうという考えも市側に特にないようです。

咲いた花の種が飛散して翌年花を付けているのみで
年々減少しているようです。


▽ 葵区・音羽町・16番 街区先


一方、こちらの音羽町の静岡鉄道沿線では
地元住民が10年ほど前から
毎年、大切に育てているということで
見ごたえのあるタチオアイを見ることができます。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

エキウラ の ルノワール

2016年05月07日 18時00分00秒 | まつり・イベント

▽ 駿河区・南町











静岡市の姉妹都市であるフランスのカンヌ
そのカンヌで行われるカンヌ映画祭に合わせて
(便乗して?)
行われる静岡市のカンヌウィーク

その一つとして5月7日(土)、
静岡駅南口にあるルノワール広場で
路上コンサートやオープンカフェが行われていました。

広場というにはかなり狭小なのですが
ここにはルノワール作の「勝利のヴィーナス」「洗濯する女」の
2体の像があります。

ルノワールの彫刻作品は数少なく
2体とも世界に14体しかない
貴重なものだということです。

場所的に表口である静岡駅北口でなく
いかにも裏口という趣きであった南口であるため
せっかくのルノワールの彫刻像が
生かされていないと一部で指摘されていました。

したがって、このようなイベントを通じて
少しでもその存在を市民に知ってもらおうと
いうことなのでしょう。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ
 ↑ 静岡県情報の人気ランキング

この記事をはてなブックマークに追加