私のなべ四器(規矩準縄)

今、自分の周りで起きていること。ご近所のトマソンもそんなに、気にしてない。深めにかぶった帽子で、年内不定休営業中。

引越し

2017-03-20 05:49:00 | ひとり独り言
町田の不動産屋で9時からアパートの本契約をするために愚息と連れ立って6時過ぎに出発する。
新生活をスタートさせるために必要と思われる最低限の物を車に積み込み、前日出来なかった墓参りをして高速道路に乗る。

足りない物は現地調達の積りなので後は行ってから言わば見切り発車なのです。
彼の希望はテレビが有ればなんとかなると言うので清水の家電量販店で調達しておいた。

さて、不動産屋で重要事項説明を聞いていたら、居間の照明器具が無い事が判明。アパートの説明書には照明器具が付いて居る様な事が書いて有ったのだけどそれは、玄関やトイレ、台所等の事で居間は無いと言う。

此れは困った。

器具は買えば良いのだけど取りつけるための踏台が無い。そのためだけに脚立を買うのはどうかと思案していると愚息が馬に成る事を提案して来た。
なるほど。

*-*-*

初めて愚息の背中に乗ると、しっかり育っている事を足の裏で実感し泣きそうになる。

後は足りない物を書き出すように言い、現金を渡す。洗濯機や冷蔵庫を一人で買に行くのだ。

愚息が住む街の散策と生活雑貨の買い物をしアパートに戻ると、愚息は必需品のテレビの取付を始めた。
そんな愚息を横目に、其処に有る布団に横に成らせてもらうと、「本人より先に寝る親」と言われ苦笑する羽目に成る。
でもフローリングの上じゃ固すぎるでしょう。

夕食を近くのファミレスで一緒に済ませ、帰る事にした。二人の外食も慣れて来たのかも知れない。
愚息は部屋の整理で数日残る事にしていたけど、此処に置き去りにする様な罪悪感が有り、妻を病院のロビーに置き去りにした(車を取に行く間)事がフラッシュバックして玄関先で泣きそうになる。
寂しくなるのはこっちだよ。

このアパートに大学生が170人くらい住む事に驚くのだけど、周りはマンションばかりで人口密度が高く気が集まっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムスカリ

2017-03-15 07:21:45 | ひとり独り言
昨夜の雨も上がりベランダに植えて有るムスカリに朝日が当たり綺麗だなぁと思い写真を撮ってみた。
すると花火がパンパン上がり朝から五月蠅いけれど何の花火だろうと不思議に思いつつ記憶を辿る。

3月15日美濃輪神社の大祭だ。
そうそう、馴染みの魚屋は水曜定休日を返上して店を開くと張り紙がして有った事を思い出した。
忙しさに便乗して刺身を注文しに行こうか。(笑)

写真整理をしていて驚いた。
毎月何かしらの写真を写していたはずが、今年に成ってから一枚も撮られて居ない。
カメラはいつも持ち歩いているし、スマホでも写せるのだけど、ホルダーの中身は空っぽ。

写真を写す余裕も無かったのでしょうか。それとも写す気力が無かったのでしょうか。
ブログも文字だけで写真が有りませんでしたね。

*-*-*

ムスカリの花が好きだ。
元々妻が植えていたのだけど、ここまで沢山咲くように成るまでに数年かかっている。
地面の中から葉っぱを掻き分けて出て来る花が健気に思える。

始めは6個しか咲かなかったけれど、今年は50個は咲くと思う。数えるのが面倒なほど咲くはず。
来春はもっと増やそうかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新規

2017-03-14 06:02:00 | ひとり独り言
愚息の送金用に大きな銀行の口座を開こうと出向いてみると、なんだか妙に待たされる。
愚息の暮らす街にその銀行のATMが沢山有るので、こちらから通帳を使って入金すれば、愚息がカードで引き出せて手数料ゼロ。

窓口で質問攻めにあう。
「何故、口座を開設したいのですか。清水区には当行のATMは此処にしかないので静銀さんなどの方が便利だと思いますが…」

こんな質問をするのは、通帳を悪用されないためらしいのですが出先で現金買い物をする時に便利だからと答えて置くと、
「具体的にその出先はどこですか」と更に突っ込んできた。

町田です。この町に行ったらこの銀行のATMが有ったので、便利だと思ったからだ。などと答えて置く。

更に「自営業の様ですが、仕事関係で使う事は有りませんか」と続く。
ありません。事業と関係ない生活の買い物ですと答える。

こんな調子で手続きが行われて居れば時間が掛かるのも頷ける。平成29年の初頭に新しい法律が出来てそれに該当するらしい。

やっと審査が通ったようで、今度は営業活動が始まる。こんな機能が有るとか、こんなカードが便利とか(買い物時)ちょっと便利そうだったのだけどクレジットカードは一つで充分。既に三枚を使い分けているから、もう要らないって事です。

1時間30分くらい掛かって(待ち時間含む)やっと解放された。

入学金も振り込んだし、後はしっかり勉強してくださいよ。とはブログでしか言わない。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スタートか

2017-03-11 14:08:31 | Weblog
愚息の後期日程の試験結果をネット検索している。

本人が簡単な問題だったと言っていた武蔵野大学に不合格を突き付けられ落ち込んでいた。

続いて本日T大学の発表。
墓参りに来ていた弟と居間のソファーでテレビを見ていると、二階の愚息の部屋から大きな足音が階段を駆け下りて来た。

此れはもしかしてと思う間もなく扉が開き「受かってた」と満面の笑顔で興奮しながらスマホの画面を見せて来る。
合否判定はスマホで出来るのだ。

とりあえず浪人は回避された。
「良かった。」と心の中でニンマリして、これからのアパート探しに気持ちが移る。

便りが無いのが悪い便り。
合格を待ち望んでいた人達に連絡する。

今、本当に仕事、忙しいんですけど。
アパート探しどころじゃないんですけど、でもちょっと嬉しい。
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

終了

2017-03-08 09:26:08 | Weblog
最後の後期日程の受験を終え、夕日の残る清水駅に降り立った愚息は晴れ晴れとした顔で後部座席に滑り込んできた。
ここで手応えを聞いたところで掴み処の無い答えが来るだけだから聞かないで置く。

夕飯の支度をしていないので、焼き肉屋で彼の一人受験の話を聞く事にしてハンドルを切った。

第一に話し始めた事は、試験の内容よりもホテルのレストランで夕食を摂って居る時の事で、愚息の隣の席に座った女性も受験生である事に気付いたと言う。
翌日の試験会場で斜め後ろの席に彼女を見つけた時は驚いたと言って笑った。

世間は狭いようであるが、二人とも合格してキャンパスで再会したらそれは運命かもしれないとニヤリとするのだけど、今は唯、合格してくれることを願うだけです。

状況は可成り厳しいけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加