ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。
当ブログの記事をコピーした、怪しいサイトにご注意ください。

キバ第3話「英雄・パーフェクトハンター」

2008-02-10 15:45:31 | 仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーキバ第3話「英雄・パーフェクトハンター」

電王の映画第2弾はキバとの共演。タイトルは「クライマックス刑事」。どうやらM渡の噂も。4月12日から公開。全国公開してくれるよね?答えは・・・聞きたい。

1986年
 出会った瞬間女を誘うナンパ男・音也。軽いのは体だけでなく、態度もか。ゆりの登場から少し遅れてファンガイア。わざわざ音也たちを狙ったのは?
 で、音也スカウト話。やめとけ。


2008年
 新聞を取ってくれと頼まれる渡。既に5件も取っているそうだ。勉強家だなぁ・・・まぁ単に断れなかっただけだと思うけど。
 喫茶店で父の事をマスターに聞かれる渡。音也を知っている素振りだが、どうなのだろう。
 弁護士の夏川登場。22年前音也が犯した罪を償えという。で、その罪は「過ぎた女遊びをさせ、破産」「無銭ギャンブル」・・・無茶苦茶な親父だ・・・で、何でその場にゆりがいる?
 落ち込んだ渡は、2時間ドラマのラストシーンで良くあるような崖。「1つでも良い事をしていたら許す」と被害者は言っているようだ。1つで良いんだ。
 
 金融会社で暴れる名護啓介。チンピラ役はキンタロスのスーツアクターの次郎さんか?
 そこから逃げたボスは静香を人質に取るが、追ってきた名護に瞬時にやられる。「どんな人間にも無限の可能性がある」良い言葉だ。バウンティハンター(賞金稼ぎ)らしき名護は稼いだ金を寄付しているという。良い人なんだが、キバを狙うのはどういう理由だ?
 
 また競技場で暴れるファンガイア。戦う恵の危機にキバ登場。キックしてきたファンガイアを掴んで投げるキバ。決着をつけようとする時、音也にまつわることを思い出し、拳が鈍り、結局取り逃してしまう。「ちょ、待てよ」と聴くとあれしか思い出せない。

キバを敵視する名護。果たしてその理由とは?

うーん・・・あの、どこを楽しんだら良いんでしょうか。いや、嫌いじゃないですけどね。どうも電王で楽しみすぎたせいか、見ていて飽きてくる。キバはカッコいいと思うし、主人公にも味がある。でも、何だろうこの違和感。その正体は分からない。まぁ期待せずに見ていこうと思います。今のところは不安しかありません。

過去と現在の行き来が今回は少なかったので、分かりやすかった。

次回、ガルルフォーム登場。あの弁護士ってあのファンガイアだよな多分。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 修行その49「ズンズン!獣... | トップ | みなみけ~おかわり~6杯目... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヤジャ)
2008-02-11 08:20:21
第3話の作りを見るとキバも電王と同じ様に
当分の間は前編・後編で一つのお話しになる
作りになるのでしょうかね
それと
ファンガイアハンターってもしかして22年間成果無し?
ヤジャさんへ (nexusseed)
2008-02-11 09:01:43
おはようございます。

どうやらその様ですね。無理やり一話に過去と今を詰め込むより、分かりやすくなると思います。

そういえば22年前のファンガイアが生きてましたね。22年間黙っていたとも思えませんし、何よりハンターといいながら、武装が十分ではなさそうです。空白の22年の説明はこれから行われるのか心配です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。