みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

レビヤタンは私

2016年12月17日 | ヨブ記

ヨブ記 41章13−34節

 レビヤタンについての神の描写が続きます。それは恐ろしくグロテスクでとても人間の手には負えず、やっつけようとしても歯が立たないようなものです。当たり前のことですが、神がご自分のお造りになったものについて熟知しておられることを、それゆえに、ヨブに克明に語っておられることがわかります。

 「そのくしゃみはいなずまを放ち」、「その口からは、たいまつが燃え出し」、「その鼻からは煙が出て、煮え立つかまや、燃える葦のよう」などという描写は、ユーモラスでさえありますし、絵に描いてみたらどんなものなのだろうかと想像力が膨らみます。それとともに、そんな「怪物」が自分の目の前に現れたならば、恐ろしくて凍り付いてしまうでしょう。

 ヨブはいったい、どんな思いでレビヤタンについての神の描写を聞いていたのでしょうか。もちろん、自分にはこんな恐ろしいものを手なずけることなどできないという思いもあったことでしょうが、聞いている中で、この恐ろしい生き物に勝るとも劣らずに、自分もまた恐ろしい生き物なのではないかという思いに駆られたのではなかったでしょうか。語りかけの最後の神のことばは、「それは、すべての誇り高い獣の王である」です。彼は、恐ろしい怪物に何の手出しもできない自分の小ささを思い知るとともに、自分の高ぶりの罪をここで自覚するに至ったのです。レビヤタンとは私だと…。

 「神は、高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをお授けになる。」イザヤ書4章6節

コメント

だれが、だれが?

2016年12月16日 | ヨブ記

ヨブ記 41章1−12節

 当地に来てすぐに引き継いだ電話メッセージの録音が昨日で終了しました。福音放送局の方針の変更に伴うものとのことです。ほぼ毎月一度は録音のために片道70キロ通っていましたので、これからはいいのかと思うと少々寂しさを覚えています。担当の方も3月で定年とのことです。ただし、これからも3分程度の聖書のお話をお聞きいただくようにと、考えております。

 神はヨブに、レビヤタンという動物のことをお話になりました。いきなり、「あなたは釣り針でレビヤタンを釣り上げることができるか」から始まって、レビヤタンを手なずけヨブの手の中で動かせるか、またはレビヤタンの力よりも大きな力を出すことができるのかと問うておられるのです。これまでと同じように、答えは「できません」です。

 これは、神とヨブとが力比べをしているのではありません。圧倒的な力を神はヨブの前に示し、それによってヨブの「おしゃべり、雄弁、美辞麗句」が神の前のどれほどの罪であるのかを徹底してわからせようというのです。前の箇所でヨブは、「私はつまらない者です」と神の前に降参したかのようなことばを吐きましたが、神はヨブがご自分の前に罪を悔い改めるなければならないとの意図をはっきりと持っておられました。

 「だから、だれがいったい、わたしの前に立つことができよう」ということばをおぼえます。神の尊厳、偉大さを、あまりにも小さく見積もり、人間の心が肥大することを神はこのことばをもってやめさせようとしているように聞こえました。

コメント

手を緩めることなく

2016年12月15日 | ヨブ記

ヨブ記 40章

 二泊ほどのショートトリップをして戻って来ました。二日目の朝、突然けたたましい音がホテルの廊下に響き渡りました。初めは何の音やらと思っていましたが、鳴り止まないのでこれは火事かも…とロビーまで降りてみましたら、すでに何人かの人もいました。実際には火災ではなかったので、胸をなで下ろしました。警報が鳴ったらすぐに避難する! 鉄則ですね。

 38章、39章と、神はご自分がお造りになった世界の不思議をヨブに次々に拡げて、知っているか、できるのかと問い詰めてこられました。38章1節だけでなくて、40章6節にも「主はあらしの中からヨブに答えて仰せられた」ということばが繰り返されます。神はヨブのことを「非難する者」「全能者と争おうとする」「神を責める者」などと呼んでおられます。大変厳しいことばです。

 それに対してヨブは、「私はつまらない者です」「口答えしません」と答えます。これがあらしの中から語りかけた神に対する、ヨブの最初の応答です。ヨブは自分がつまらない者だと認めたのだから、口答えしませんと言ったのだから、「そうか、わかればよい」として神が手綱を緩めるのかと思ったら、そうではなくてさらに厳しいことばが投げかけられていくのです。

 「みことばの光」は、「神は、…ヨブの中にまだ残っている自我のかけらをご覧になったのであろう」と書いています。「つまらない者」とか「小さな者」という自覚で終わってしまうのではなくて、自分はあなたに罪を犯しました、悔い改めますという態度にまで神は導こうとされているのです。それは、神がそれほどヨブのことを心に掛け、ヨブをいつくしんでおられるということではないのかと考えるのです。

コメント

足りなさを知る

2016年12月14日 | ヨブ記

ヨブ記 39章13ー30節

 動物園に行って思うのは、「ヘェ〜こんな形の、こんな色の生き物がいるのだ」という不思議を発見することです。もっとも、夜行性の動物は昼間は静かにしていて、なかなか「本領を発揮する」ことができません。囲いの中に閉じ込めることで、人間の力や知恵に動物たちが縮こまっているように思えます。

 この箇所で神は、だちょう、馬、鷲と鷹を見るようにとヨブを促しています。だちょうについては、ーその不思議な修正を与えたのはあなたなのかとヨブに語りますし、馬の力はヨブが与えたのかと問うておられます。そして、鷲と鷹が高く舞い上がったり、巣を作るのはヨブが命じたからなのかと迫るのです。

 山の上の城見学をしました。権力者たちの血で血を洗うような抗争の跡がそこにはあるのですが、どれほどの知恵や力、富を我がものにできても、その人にヨブと同じことばを神がおかけになったらどうなるのだろうか!と考えるのです。

コメント

手に負えないもの

2016年12月13日 | ヨブ記

ヨブ記39章1ー12節

 プリンタの調子が悪くて、買い換えることになりました。よりによっていつもよりもたくさんを印刷するこの時期に調子が悪くなるのですから、どうしたことでしょう。手に負えません。

 手に負えないといえば、野生の動物をなんとかできるのかと神に問われたヨブは、それこそ、まったく手に負えませんと、神に答えたことでしょう。きょうの「みことばの光」に書いてあるように、多くの家畜をヨブが飼っているというのをご存知の神が、野生の生き物をあなたは治められるのか、いやないだろうと、ヨブに問いかけるのです。

 人間は、これまで隠されてきた、生き物や自然の仕組みを様々な発見や努力によって、克服してきたかのように考えられています。けれども、大きな災害が起こるたびに、人間の小ささを思い知らされるのも確かです。いや、そのようなことでなくとも、野生の生き物を思いのままにできないではないかと問われているのです。

コメント

2011-2019© Hiroshi Yabuki