みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

引き受ける人がいて

2021年06月14日 | 創世記

使徒の働き 9章19節後半ー31節

 礼拝でお借りしている教会堂の近くに、「近日開店」の知らせが貼り出されていたのですが、それが「寿司店」だと分かりました。持ち帰り、あるいはデリバリー主体のお店のようです。味はどうなのでしょうか?

 サウロがダマスコに来たのは、もともとはイエスをメシア(キリスト)と信じる人々を脅かして殺すためでした。しかし、彼がこの町で最初に行ったのは、イエスについて「この方こそ神の子です」と宣べ伝えたことです。劇的な方向転換です。それまで仲間だと思っていた人々は、サウロのこの「変心」を裏切りだと捕えます。立場を変えればそうですね。以来サウロ(パウロ)は決して大げさではなく、自分のいのちを懸けて福音を宣べ伝えるのです。

 22-23節の間にはかなりの時間的経過があります。

 この間、サウロへの憎悪は殺意へと高まります。このような時、サウルを助け引き受ける人々が出てきます。サウロの弟子たちです。サウロの働きによってイエスを信じた人々のことでしょう。彼らがサウロを脱出させます。エルサレムでも、問題がサウロを待ち受けていました。サウロの「悪い」評判を聞いたエルサレムの教会は彼を恐れていました。そのために、サウロは教会の交わりに加わることができませんでした。この時にサウロを引き受けたのはバルナバ。しかしエルサレムでもサウロのいのちが狙われます。この時も兄弟たち(イエスを信じている仲間)がサウロをカイサリア経由で彼の故郷タルソへと送り出します。

 「一人だけで大きくなったと思うな!」とは、よく言われることば。ある時、ある場所で、そしてある局面で自分のような者を引き受けてくれる人がいたので今の私があると、誰もが言えるのではないだろうか…。

コメント

ちょうど…

2021年06月12日 | 使徒の働き

使徒の働き 8章26−40節

 夏らしい青空と白い雲。そして屋根裏の私たちの住まいは、午後になると室温が上昇。いつもがんばっているMacも、この暑さで動きがもたもたし始めたので、冷却材発動。するとしばらくして、またきびきびと動くようになりました。 

 8章は、ピリポに焦点を当てています。サマリアで福音を伝えていたピリポに、主の使いはガザに行くようにと告げます。学ぶべきはピリポの行動。「立って出かけた」というのは、すぐに行動したということです。この時、主の使いは何をするためにガザに行くのかを知らせてはいません。知らされていないのに出かけるなど、軽率ではないかと考える人もいるかもしれません。けれども、主はこのようなことをなさるお方なのです。

 行ってみると、そこでエチオピア人の宦官との出会いが待ち構えていました。映像にしてみたい場面です。ここには御霊がピリポに命じられたとあります。ピリポはこの時にも、すぐに従います。それにしても、馬車はどれほどの速さだったのしょう。ピリポが一緒に行けるぐらいなので、荒野を進む馬車はそれほど速くはなかったのかもしれません。

 この箇所には、「ちょうど」ということばがふさわしいと考えながら読みました。人が綿密な計画を立ててその通りに実行したのではなくて、ピリポも宦官も想像もしない時に二人は出会い、宦官はイエスをメシアと信じてバプテスマを受けるのです。そして、ピリポはその場を去ります。神が計画なさる「ちょうど」は人が企てるものと比べにならないほどのものなのです。

 39節を心に留めます。宦官はバプテスマを授けたピリポを二度と見ることはなかったのですが、喜びながら帰って行きました。主のためのお役に立つということについて、ピリポの姿はたくさんのことを教えています。

コメント

金(かね)で買えない

2021年06月11日 | 使徒の働き

使徒の働き 8章14−25節

 自動車のエアコンが効かず、夏に向けて厳しいので修理をお願いしました。圧力センサーが壊れていたとのことでした。朝預けて、午後には修理が完了していました。思ったよりも安く済んでホッとしています。

 サマリアでの宣教の結果多くの人々が福音を信じ、魔術師シモンもイエスを信じてバプテスマを受けたことは、きのうの箇所にありました。ここには、そのシモンの願いが何をもたらしたのかが書いてあります。

 シモンはエルサレムから来た使徒たちがしたことを見て、自分も同じようにしたいという願いを持ったのでしょう。使徒たちが手を置いて祈った人に子門の目で見て変化を見たのかもしれません。魔術を行って人々を驚かせていた彼は、自分もペテロやヨハネのような権威がほしいと思いました。

 そこで彼は、金(かね)で使徒たちの権威を手に入れようとしました。しかし、ペテロが言うように、金で神の賜物を手に入れようとするのはとんでもない罪です。この時ペテロは、シモンに大切なことを伝えています。それは、何ができるかできないか以前に、心が神の前に正しくあるということです。23節に「おまえが苦い悪意(胆汁)と、不義の束縛の中にいることが、私には見える」というペテロのことばに目が留まります。シモンががんじがらめになっていたのは、金で何でもできるということだったのかと考えます。

 金さえあれば…、と今も多くの人は考えます。神の賜物は金でな求めることのできるような物ではないほどの価値あるもの。しかし、いつの間にかこの真理を脇において、キリスト者も「金さえあれば…」という思いに縛られてしまっているのではないのだろうかと、わが身を省みつつ考える箇所です。

コメント

散らされて…

2021年06月10日 | 使徒の働き

使徒の働き 8章1−13節

 きょうからまた、使徒の働きを読み進めます。ホッとしている方もおられるかもしれませんね。

 前回は、ステパノの殉教まで読みました。ステパノの殉教がもとで起こった教会への激しい迫害。イエスをメシアと信じる人々の息の根を止めてやるとの勢いだったことでしょうが、それがかえって、福音が世界に拡がる大きな転機になったというのです。エルサレムから散らされた人々は、意気消沈して堅く口を閉ざしたのではありません。驚くのは、彼らが「みことばをの福音を伝えながら巡り歩いた」という4節のことば。

 迫害されても心が萎まないのは、彼らが福音を信じて得た新しいいのち、新しい生活、そして神との生き生きとした結びつきがあり、喜びで満たされていたからです。まるで種が弾け飛んで次々と芽を出していくように、神のことばは各地に伝えられていきました。そして、サマリアの宣教者となったピリポが紹介されています。さらに、サマリアで魔術をして人々を驚かせていたシモンという男も福音を信じて、バプテスマを受けたとあります。

 3節にサウロが出てきます。使徒の働き前半の大きな山場はこのサウロ(パウロ)の回心ですが、この書の著者ルカは、7章からすでにサウロを登場させています。ここではサウロが、熱心な迫害者の一人だったとして紹介されます。

 宣教の働きに限らず、自分が綿密に立てた計画どおりに物事が進むことを望むのが私たち。そうでなければ慌てたり、がっかりしたりすることも少なくありません。ここを読むと、そうではないのだとして励まされるのです。

コメント

幸せな晩年を過ごし

2021年06月09日 | 歴代誌第一

歴代誌第一 29章20―30節

 久しぶりにお二人のお宅を訪ねました。一人は少し高度の高い町に住んでおられます。蒸し暑さを覚える一日でしたが、さすがにそこは涼しかったです。日本は暑いと報じられていました。

 歴代誌前半はダビデからソロモンへと王位が継承されるところで閉じられます。列王記第一に描かれるダビデの晩年を読むと、ダビデの衰えを覚える表現が見られます。しかし、ここではダビデが「絶頂期」にいるかのように描かれています。「彼は幸せな晩年を過ごし、齢も富も誉れも満ち足りて死んだ」という28節に目が留まります。

 歴代誌の記者は、ダビデの真実を隠し、美点だけを脚色して描こうとしているのでしょうか。そうではないのだと思います。ダビデのさまざまな出来事、事件については、すでに歴代誌を最初に聞いた人々は知っていたことでしょう。あえてそこには触れずに、ダビデが神に信頼して「国造り」をして王としての権威を確かなものにしたことと、彼の代で王位を終わらせることなく、ソロモンに継承されたことがここでは強調されています。

 父祖たちの信仰による歩みを、これから国を建て直そうとしている人々が継承していくこと、しかも、それがさらに次の世代へと継承されていくべきだという、歴代誌記者の思いが表れているのだと、ここを読みました。

 私が神から賜わった救い、信仰の歩みを、次の世代へと継承するという責任をここから考えます。また、「満ち足りて死んだ」がすべての信仰者に共通するものでありたいとも願います。

コメント

2011-2021 © Hiroshi Yabuki