みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

「きみもそこにいたのか」

2018年03月31日 | ルカの福音書

ルカの福音書 23章44−56節

 当地では、金曜日(聖金曜日)、日曜日(イースター)、月曜日(イースター後の月曜日)と祝日が続きます。ですからスーパーやデパート、お店もお休み。町がとても静かです。外に出ても寒さを感じなくなりました。遅めの春の到来です。レンギョウの花が満開!

 ルカの福音書が記すイエスの十字架上のことばのうちの三つめは「父よ、私の霊をあなたの御手にゆだねます」でした。このことばは、御子イエスと御父とが一つであったことを伝えています。「わが神。わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」(マタイ27章46節)と十字架上で叫ばれたときに主イエスのことばからは、人の罪の身代わりとなって十字架にかかり死ぬということの恐ろしさが伝わってきます。しかし、十字架上の最後のことばからは、父のみこころを成し遂げた主イエスの平安も伝わります。

 一部始終を見ていた百人隊長は、イエスがほんとうに正しい人であったと神をほめたたえました。処刑を見にやって来た人々は、悲しみに暮れて家に帰りました。議員の一人であったアリマタヤのヨセフは、イエスのからだを自分の墓に納めます。ヨハネの福音書19章39節は、埋葬にあのニコデモも携わったことを記します。二人は十字架を機に、信仰を公にしたともいえます。そして女性たち。彼女たちはイエスのからだが納められる様子を見届けていました。それは三日目(金曜日も含めて)に起こる、あの出来事を予感させるような記述です。

 「きみもそこにいたのか」という聖歌400番の歌詞を思い出しました。「きみもそこにいたのか」「なんだか心が震える 震える…」。

 讃美歌262番の「十字架のもとぞ」の歌詞も心に響いてきます。「十字架のうえに われはあおぐ わがため悩める 神の御子を 妙にもとうとき 神の愛よ 底いも知られぬ 人の罪よ」 アーメン。

コメント

十字架の上で

2018年03月30日 | ルカの福音書

ルカの福音書 23章32−43節

 きょうはイエス・キリストが十字架にかかられた「受難日」ですが、当地では「聖金曜日」と呼ばれます。

 前日の木曜日、ドイツで親しまれている聖書日課「ローズンゲン」には、Gründonnerstag(緑の木曜日)とありました。

 昼頃街に出てみると、マーケットの立ち食いのお店では、たくさんの人がスープ皿にジャガイモ、ゆで卵を4分の1ぐらいに切ったものが浮かぶ緑色のソースのスープを食べていました。Grüne Soße(グリューネゾーセ〜緑のソース)と言うのだそうです。八百屋さんには、グリューネソゾーセを作るためのハーブが束にして売られています。さらに、スーパーに行くと、入口で瓶入のGrüne Soßeが売られていました。

 調べてみましたら、受難日の前の日を「緑の木曜日」と呼び、その日に七種類のハーブで作った緑のソースを「初物」として食べるという伝統があるのだそうです。七種類のハーブで作るというのですから、「春の七草」のようですね。

 この箇所には、十字架上でイエスが語られた七つのことばのうちの二つが記されています。

 「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです」が一つめ。ご自分を十字架につけた人々のためにとりなしておられるのです。「こんな祈り、こんなことばは初めて聞いた」と、私は47年前のある夜行った教会で聞いたメッセージを聞いて思いました。そして、このことばがきっかけで私はイエスを心に迎えました。

 「まことに、あなたに言います。あなたは今日、わたしとともにパラダイスにいます」が二つめのことばです。イエスは十字架上の苦しみの極みにあって、なお小さな信仰を表す人に「いっしょにパラダイスにいます」と約束するのです。この二つのことばの前にずっと立ち続けるだけでも、イエスがキリストであることが伝わってきます。

コメント

心に留めて

2015年12月25日 | ルカの福音書

ルカの福音書 2章39−52節

 救い主、イエス・キリストのご降誕を心から感謝いたします。

 きのうは、休日でトラックが走っていない高速道路を通り、およそ50キロ北にある教会でのクリスマスイブの礼拝に参加してきました。たくさんの方で礼拝室はいっぱい。所々わかることばを繫いで、また、隣に座ってくださった方に通訳してもらって、メッセージを聞きました。帰り道、ガソリンスタンドを除くとどのお店も閉まっていました。

 きょうの箇所は、イエスが12歳の時の出来事が記されています。いわゆる公生涯に入る前のイエスについては、どのような生活をしていたのかはほとんど記されていません。けれども、ここを読みますと、すでにイエスの「不思議」を垣間見る思いがします。

 マリヤが「これらのことをみな、心を留めておいた」ということばを考えてみました。すでにこの時、イエスの行動やことばには周囲にいる人々、特に両親を驚かせるようなものがありました。母マリヤにとって、どのように受け止め説明したらよいのかがわからない出来事だったことでしょう。しかし彼女は、これを心に留めておくのです。

 わからないこと、不可解なことをどうしてもわかりたいと思うときがあります。それで、自分なりに「このことはこんな意味だ」とか「あの人はこんな人だ」とか考えます。実際はどうなのかはわからないのですが、わからないのはいやなので、結論を出したいのです。

 そのような場合、理解できなくとも自分の心に納める、あるいは心に留めるということが必要なのだと教えられます。わからないのは神さまの領域にあること。それを無理にこじ開けないで、いつか教えてくださいと神に任せて、心に留めるのです。それによって、誰かを決めつけることから守られます。

コメント

神に用いられる老人

2015年12月24日 | ルカの福音書

ルカの福音書 2章22−38節

 きょうはあちこちの教会でクリスマスの礼拝、燭火礼拝などが行われる日ですね。当地では、きょうの午後には町中のお店が閉まり27日まで続くのだそうです。ですから三日半、スーパーもデパートも一般のお店もお休みです(ガソリンスタンドは開いています)。ですから、きのう午後出かけたスーパーには多くの人が出ていました。なんとなく、以前の日本の正月を迎える前の大晦日の気分です。私たち…ですか? 「買い置きはしてありますか」と問われて、ヨーグルトを買い溜め(と言っても500グラムを3つですが)しました。ほかにも少しずつ…。

 レビ記によれば、男の子が生まれたあと、女性は七日間汚れていて、さらに33日間はあらゆる聖なるものから遠ざかっていなければなりませんでした。そのあとで、小羊一頭と山鳩か家鳩1羽をささげなければならなかったのです。あまりにも貧しくて小羊をささげられないならば、もう1羽の山鳩か家鳩を代わりにささげることでよいことになっていました。⇒レビ記12章1−13節でご確認ください。ですから、ここでマリヤがささげた物は、貧しい者のささげ物だったということがわかります。

 両親と幼子イエスが宮に入って来たとき、シメオンとアンナという老人が迎え、祝福します。ちなみに、「老人」というのは私にとっては蔑称ではなくて、自分もそう呼ばれたいと願っているゆえに用いていることばです。シメオンは主のキリストを見るまでは決して死なないと聖霊のお告げを受け、アンナは宮を離れずに夜も昼も、断食と祈りを持って神に仕えていました。その二人が幼子を迎えたのです。

 私はこの二人にさいわいな老人を見ています。神の約束を信じ続けてその実現を待ち望んで生きている姿、年を重ねてなお主に仕えている姿です。神との豊かな交わりを何よりも大切にし、神が何をなさり、自分がどのことのために用いられるのかを、何歳になっても期待して歩んでいるのです。過去を振り返って懐かしむ姿は二人にはありません。前のものに向かい続ける人生のさいわいを教えられます。

コメント

恐れるな

2015年12月23日 | ルカの福音書

ルカの福音書 2章1−21節

 きのうは冬至。ですから、きょうからは日一日と太陽の出る時間が長くなっていきます。でも、当地の本格的な春は4月なのだそうです(まだまだ…)。写真は近くを流れる川の橋上から。きのうは土手のところに見たことのない動物が。帰宅して調べてみましたら、ヌートリアという生き物のようです。

 神の使いは、ザカリヤ、マリヤ、ヨセフ,そして羊飼いたち、主イエスの誕生にかかわる人々に現れて、それぞれに同じことばをかけました。「恐れるな」との一言です。羊飼いは突然の空の明るさに驚き恐れました。「恐れ」とは、自分が体験したことのないことに遭遇したり、未知の分野に踏み出そうとしたりするときに経験するものだと言われています。すべてを自分の経験で語れるものならば、恐れる必要はありません。ところが、発見や発明によっていろいろなことがわかるようになったとしても、まだまだわからない領域が残ります。おそらくそれは、ずっと残り続けるものだと思うのです。

 神は「恐れるな」とのことばを恐れている人々にかけてくださいました。それは、私たちが互いに掛け合うことばとは違います。すべてを支配し、知っておられるお方からのことばです。恐れを取り除くことのできるお方からのことばです。

 クリスマスまでいろいろな贈り物を届け、届けられることでしょう。しかし、「恐れるな」とのことばこそ、神からの何よりの贈り物ではないのかと考えます。神のひとり子がこの世においでになったので、この命令には確かな裏付けがあるのです。ありがたいことです。

コメント

2011-2019© Hiroshi Yabuki