みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

イエスが焼いた魚

2017年10月14日 | ヨハネの福音書

ヨハネの福音書 21章1−14節

 20章30—31節に、この福音書を著わした目的が書かれていますので、そのあとに続く21章はエピローグに当たります。ここには、イエスが弟子たちにご自分を現した三度目の出来事が記されています。そして、弟子たちの中で特にペテロとヨハネに焦点が当てられていることに気づきます。

 弟子たちは、特にペテロは、エルサレムでは整理しようともし尽くせないほどのことをわずかの期間で経験しました。日曜日に「ホサナ」との歓呼で人々はイエスを迎えました。イエスについて歩いた彼らの誇らしい表情が見て取れます。けれども、それに続く一週間に、イエスとの食事、「いなくなる」というイエスの衝撃的なことば、消化しきれないほどの教え、イエスの逮捕、自分たちの逃走、そして否認、十字架、復活…。

 イエスが彼らとガリラヤで会うと約束しておられたことで、彼らは故郷に戻るのです。高揚や混乱、恐れ、悲しみ、喜びをわずかの間に体験した彼らは、ガリラヤの山々や湖を見てどれほど心が落ち着いたことかと想像します。そのような中、「私は漁に行く」とのペテロのことばには、うなずけるような気がします。

 そして、彼らは自分たちのホームグラウンド(湖ですが)で、復活の主に会うのです。その晩から朝に掛けての出来事は、弟子たちに、特にペテロに「あの時」のことを思い出させるのに充分でした。きょうの「みことばの光」のタイトルは、「原点に戻れ」です。イエスはここで彼らに会ってくださったのです。そして、彼らのイエスの弟子、そして使徒としての歩みが再び始まったのです。

 イエスは、夜通り漁をして疲れ切り、空腹の彼らのためにパンと魚を用意しいてくださっていました。しかも、魚は炭火で焼いて…。どんなに良い匂いがしたことだろうかと嗅覚が刺激される場面です。ここにも、仕える者としての主のお姿を観ることができます。彼らはどんな思いで焼き魚の匂いを嗅ぎ、食べたのでしょうか。

コメント

わたしの平安

2017年10月13日 | ヨハネの福音書

ヨハネの福音書 20章19−31節

 ようやく天候が落ち着いてきました。久しぶりに空を縦横に描くかのような飛行機雲を見ました。

 ここには、イエスが復活された日曜日の夕方のことと、次の日曜日のこととが書かれています。日曜日の朝、ペテロと「もう一人の弟子」は、イエスのからだが納められた墓に行き、「見て、信じ」ました。けれども、それがすぐに彼らの、そして他の弟子たちの喜びにはつながりませんでした。彼らは、その日の夕方まで「ユダヤ人を恐れて戸をしめて」いたのです。

 そこに、「平安があなたがたにあるように」とのことばとともに、イエスが彼らの中にお立ちになりました。この時イエスは、傷ついたご自分の手とわき腹を弟子たちに示したあとで、もう一度「平安があなたがたにあるように」と言われました。さらに八日、イエスがよみがえられたことを信じないトマスのために主は現われてくださり、この時も「平安があなたがたにあるように」と声をかけてくださったのです。

 「平安があなたがたにあるように」とは、ユダヤの人々がよく交わし合うあいさつだと言われています。しかし、イエスがここで彼らに声をかけられたのは、単なるあいさつを越えたものではなかったのかと、考えるのです。

 思い起こすのは、もうすぐ弟子たちのところからご自分がいなくなると話されたとき、動揺する彼らにイエスは、「わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません」と話されました。⇒14章27節

 トマスは「疑い深いトマス」などと見られがちですが、自分は見ていないから信じないと彼が言ったことによって、イエスからのすばらしいことばを私たちも耳にすることができたのだと考えることもできます。

 ところで、「私たちは主を見た」と喜ぶ弟子たちと、「見ないから信じない」というトマスとは、どのような一週間を過ごしたのだろうかとも、想像してしまいます。彼らはどのようなことばを交わし合ったのでしょう。

コメント

最初の目撃者

2017年10月12日 | ヨハネの福音書

ヨハネの福音書 20章11−18節

 火曜日から始まったボイラー交換作業。水曜日夕方にはお湯が出るようになりました。けれども、暖房が動き始めるのは木曜日夕方とのこと。いっしょうけんめい作業してくださっています。もう少しの辛抱ですね。

 ペテロとヨハネの二人の弟子は、外で墓のところにたたずんでいたマグダラのマリヤには一言も話さずに家に帰ったのでしょう。「見て、信じた」彼らは、しかし、あまりの衝撃に喜ぶ間もなく自分のところに帰って行ったのかもしれません。

 それゆえ、マリヤは墓の石が取りのけてあるのを最初に見た時に持った印象のままでいなければなりませんでした。つまりそれは、「誰かが私の主を取って行った」ということだったのです。「みことばの光」には、「もし遺体が残っていたとするならば、それこそ人類に永遠の絶望と悲しみをもたらすものであった」とあります。墓が空っぽだったということこそ、私たちの希望なのです。

 けれども、この時のマリヤにとってイエスはなお、「慕わしい、しかし、お亡くなりになったお方」ということでした。

 そのマリヤに、復活された主イエスが現われてくださったのです。ところが、「彼女にはイエスであることがわからなかった」と記されています。マリヤの悲しみがどれほど深いものだったかということなのかもしれません。あまりの悲しみゆえに、気づくべきことに気づかないということがあります。それは、復活されたイエスが悲しみ嘆く自分のそばに、変わらずにいてくださるという事実です。

 「マリヤ」とこの時呼びかけてくださった主イエスが、悲しみや怒りで何も見えない、聞こえなくなっている時、私の名を呼んでくださっているのではないだろうかと、思いを巡らすのです。

コメント

わからないが

2017年10月11日 | ヨハネの福音書

ヨハネの福音書 20章1−10節

 火曜日と水曜日、アパートのボイラーの交換作業のために暖房がストップ。お湯も出ません。昨日の最高気温は15度。お借りしたヒーターが活躍。とても助かっています。

 ここには、イエスの復活が記されています。イエスは私たちの罪のために十字架で死に、そして復活されました。それは、イエスを信じる者にも復活の確かな望みが与えられているということでもあります。礼拝で唱える使徒信条の「三日ののちに死人の内よりよみがえり」ということば、「身体のよみがえり、とこしえのいのちを信ず」ということばが響いてきます。

 ヨハネの福音書は、復活の朝の出来事を描くのに、マグダラのマリヤとペテロ、そして「もう一人の弟子」(福音書記者であるヨハネ)に焦点を絞ります。その朝、墓のところに来たのはマグダラのマリヤだけではありませんでしたが、彼女一人を描くのです。マリヤはかつてイエスによって七つの悪霊を追い出してもらいました。彼女は破滅状態から救われたのです。彼女の喜び、感謝がどれほどのものだったは、以来ずっとイエスに付き従ってきたことからもわかります。多くを受けた彼女は、多く愛したのです。そして彼女は、復活したイエスに最初に会うのです。信仰の基本は「私とイエス」という一対一にあります。

 墓に急ぎ、中を確認するペテロのヨハネの姿には、微笑ましささえ覚えます。ヨハネはペテロより速く走ったということは、年齢的には若かったからだろうかとか、それなのになぜ墓の中に入ったのはペテロなのだろうか、などと考えるのです。当たり前のことですが、イエスを信じる者たち一人一人の個性のようなものを、二人の姿は伝えてくれているようです。

 「見て、信じた」と「聖書を、まだ理解していなかった」ということばが並んで出てきます。信じてはいる、けれども知らないことがたくさんあるのだということにも気づかされます。すべてを理解しなければ信じられないとしたら、いつになってもイエスは私の心の外にいつづけるしかないということなのです。

コメント

明らかにする時

2017年10月10日 | ヨハネの福音書

ヨハネの福音書 19章31−42節

 「みことばの光」来年1月号の編集中です。あらかじめのお知らせになりますが、5年で聖書全巻を読み通すスケジュールが来年1月からスタートします。みことばの光に足もとを照らされて日々の生活を歩むために少しでもお役に立てるようにと、その最初の号を制作しています。ご期待ください。

 ここには、十字架上で死なれたイエスの遺体が墓に葬られるまでのことが書かれています。特にこの時は、過越の祭りの安息日という特別の日が始まる前に、死体を日没前に葬る必要がありました。そのために死体のすねを折って死期を早めるために、ユダヤ人はイエスのすねを折るようにと願いました。けれども、イエスはすでに死んでおられたので、兵士はイエスの遺体のすねを折らなかったのです。そして、これが旧約聖書ゼカリヤ書の預言の成就だと、福音書記者が書いています。

 兵士が脇腹を槍で突き刺した時、イエスのからだからすぐに血と水が出て来たことについて、「みことばの光」とは異なる説明がありました。それによると、兵士の槍はイエスの胃を突き破り心臓から肺へと達したと考えられ、血は心臓や肺、大動脈から、そして水は胃から噴き出してきたのだろうというのです。いずれにしても、イエスの遺体からは血と水が出て来たのです。そして、血は小羊の贖いの血を、水は永遠のいのちの水を表わしていると考えられています。そして、血は聖餐を、水はバプテスマを象徴しているというのです。十字架の死は終わりではなく、新しい始まりだといえます。

 埋葬には二人の「隠れた弟子」が携わりました。自分の立場上、イエスの弟子であることを公にしなかった彼らは、今は恐れることなく、ひるむことなく、堂々とイエスの遺体の下げ渡しを願い出、葬りを行ったのです。今でも、自分がクリスチャンだということをまわりの人に明らかにしない人が少なくないと言われています。けれども、明らかにする時がそのような人々にも訪れるのではないかと、二人の姿を繰り返し読みながら望みを抱きます。

コメント

2011-2019© Hiroshi Yabuki