みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

違いがわかる

2015年03月24日 | マラキ書

マラキ書3章13節―4章6節

 「寒の戻り」というのでしょうか。ぶるぶるっと震えて早朝の祈祷会に出かけました。でも、陽射しは春のもの。

 預言者マラキの時代は、念願だった神殿は再建されたのにもかかわらず人々の生活が困窮していたと、「マラキ書を読む前に」(「みことばの光」3月号48、49頁)にあります。「神に仕えるのはむなしいことだ…」という3章14節に見られるつぶやきにも、このような背景があったのでしょう。

 神に信頼しても信頼しなくても違いはないのではないか、いや、神に信頼しないのに良い生活を楽しんでいる人もいるではないか、というような思いが民の間に拡がっていたと考えられます。

 心に留めたのは「そのとき、主を恐れる者たちが、互いに語り合った」という3章16節のことばです。神を信じて生きるのはあまり意味がないという時代の中で、ほんの一握りの主を恐れる者たちが、主に信頼して互いに語り合ったというのです。もしかしたら彼らは、むなしい、何の益になろうとつぶやいていた人たちの仲間だったかもしれません。しかし今は、向きを変えてつぶやきではないことばを語り合うのです。

 それに主は耳を傾けておられるというのです。励まされます。

 違いなどないのでは…という不信に対して、そうではない、必ず主が正しい人と悪者、神に仕える者と仕えない者の違いを明らかにてくださるさばきの日が来ると預言者は主のことばを伝えています。

 「違いがわかる人」でありたい、と思いました。

コメント

どのように

2015年03月23日 | マラキ書

マラキ書2章17節―3章12節

 土曜日、年に一度ずつ持ち回りで開催されているライブがあり、東京三河島の荒川聖泉キリスト教会を訪ねました。教会の皆さまの温かなおもてなしを受け、すばらしい時を過ごしました。今回はこのライブの10周年記念とのことで、Tシャツを作ったのです。とてもおしゃれなデザインです。

 さて、駅に行ってびっくり。皆さんにお知らせした発車時刻の電車がありません。ピンときました。3月14日のダイヤ改正前の時刻表を見て「お知らせ」を出してしまったのです。幸い私たちは5分早い電車に乗ることができたのですが、ある方は間に合わずに次の電車に…。さて、次の電車に乗った方はどのようにしたら間に合うだろうか…。そこで登場したのは、乗り換え案内アプリ。すぐに代替ルートを探し出してくれました。こんなときには便利ですね。

 きょうの箇所には、「どのように」ということばが二回登場します。一度目は2章17節。ここでの「どのように」からは主への不信の空気が伝わってきます。民は神への不信をあからさまにするのです。神が愛ならなぜ…、神がおられるならどのように…と疑問を抱くのです。二度目は3章7節。「わたしのところに帰れ」と招いておられる主に、「どのようにして、私たちは帰ろうか」と民が言うのです。「みことばの光」が解くように、これは「帰りたいけれども帰れない」というのではなくて、神の呼びかけを拒む態度です。

 「わたしはあなたがたを愛している」(1章2節)がマラキ書の主題だと前に書きました。その主題は、神に背きながら「どのように」と疑い、また「どのようにして」と拒む民を忍耐して、帰る道を用意しておられることにも具体的に表されているのですね。

コメント

愛に応えず

2015年03月21日 | マラキ書

マラキ書1章

 「わたしはあなたがたを愛している」という神の告白でマラキ書は始まります。けれども、見えない神が私たちを愛しているのをどのように確かめることができるのか、というのは、多くの人の疑問であり問いかけだと思います。

 神はイスラエルの民の問いかけに、エサウの子孫であるエドムの荒廃を見よとお答えになります。神を私たちは自分の目で見て確かめることはできません。しかし、きょうも無事に一日を迎えられたという当たり前だと思うことにも、特別に良いことが起こらなくても、神の愛を覚える心でありたいです。

 神の愛の告白に民は、特に神に仕える祭司はどのように応えているのかが、6節以降に記されます。それはひどいもの…。不真実な信仰、いい加減なささげ物、取引のような奉仕の姿勢があばかれます。

 ペテロは私たち信仰者は、だれもが「王であり祭司」だと言っています(ペテロの手紙第一 2章9節)。だから、ここに指摘されているのは私たちのためでもあるのです。

 月に一度通っていた川越にある高齢者施設での宣教の最後の日、ケアハウスの皆さまのすてきなサプライズが用意されていました。良いかおりが家中に拡がっています。

コメント

2011-2018© Hiroshi Yabuki