みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

ヨナの怒り

2018年04月30日 | ヨナ書

ヨナ書 4章

 35年にわたってヨーロッパを中心に、音楽によって福音を届けてこられた工藤篤子さんがきのうの礼拝でご自分がどのようにしてイエス・キリストを信じ、今に至ったのかを話してくださいました。かつての罪を包み隠さずに話すことができるのは、ほんとうに罪がキリストの十字架によって赦されているからだと、聴きながら神さまをほめたたえました。

 4章には、ヨナと神との対話が綴られています。それは、遠慮のない対話です。ヨナはニネベが都を挙げて罪を悔い改めてことで不愉快になり、怒りを神にぶつけます。

 読みながらクスッとしたのは、2節のヨナのことば。「あなたが情け深くあわれみ深い神であり、怒るのに遅く、恵み豊かで、わざわいを思い直される方であることを知っていた」として彼は怒っているのです。喜ぶべきなのに…と誰もが思うでしょうが、いざ、自分がいやでいやでたまらない人が神の恵みを受けたときに、「ほんとうに良かった」と心から喜べずに複雑な思いになる、人間の心の狭さのようなものを、ヨナの態度から知るのです。

 2節でヨナは、ニネベの人が悔い改めたので神がわざわいを思い直されたことに怒り、8節では1本の唐胡麻が枯れてしまったことに怒ります。しかし、彼の怒りには通じるものがあります。自分の思いどおりに物事がならないことに怒るのです。

 神の愛の想像もつかないほどの大きさと人間の心の小ささとが浮き彫りにされるやりとりとして、ここを読みました。

コメント

大魚の腹の中で

2018年04月28日 | ヨナ書

ヨナ書 2章

 ヨナは大魚の腹の中で三日三晩過ごしました。2章には、その時に彼が何を祈ったのかが書かれています。

 彼は、神の命令を聞かずに反対の場所に向かう所で嵐に遭い、海の中に投げ込まれました。ここでヨナは、海に投げ込まれた彼がどんなにもがき苦しんだのかを祈っています。6節の「地のかんぬきは、私のうしろで永遠に下ろされました」ということばは、海の深みに閉じ込められてしまったという絶望の様子です。その深みから彼は、天の神に扶けを祈り求めました。

 もっとも深い所から最も高い所へと祈りは届くのです。そして、彼は助かったのです。「あなたは私のいのちを滅びの穴から引き上げてくださいました」と6節の後半で祈ります。同じ節に絶望と救いとが並んでいます。絶望の中からの祈りを神は聞いてくださるのです。

 祈りの終盤はヨブの決意です。「私の誓いを果たします」と彼は決意し、「救いは主のものです」とほめたたえます。この時、神は魚に命じてヨナを陸地に吐き出させました。彼の姿勢が変わったからです。

 ヨナにとって大魚の腹の中は、神とのかけがえのない結びつきを持てる恵みの場所でした。それは、どんな所ででも神との豊かな結びつきを持つことができると、私を励まします。

[おわびと訂正]

4月29日(日)の「みことばの光」5行目からの文章に誤った記述がありました。おわびとともに、次のように改めさせていただきます。

(誤)「さて、ヨナが吐き出されたタルシシュの海岸からニネベは、、おおよそ八百キロである。」

(正)「さて、ヨナが吐き出された地からニネベは、おおよそ八百キロである。」

コメント

主の御顔を避けて

2018年04月27日 | ヨナ書

ヨナ書 1章

 旧約聖書の中でも特異な書の一つがヨナ書です。

 「みことばの光」の「ヨナ書を読む前に」には、主が預言者に与えられたことばではなく、預言者が自ら経験したことを伝えている書だとあります。預言者なのに、神に従わずに働きを放棄して逃げようとしました。人を呑み込む大きな魚が出てきます。神がヨナに託したことばが人々の心を刺して悪から立ち返ったにもかかわらず、預言者ヨナは機嫌を損ねました。

 本章は、神からの使命を託されたにもかかわらず逃げる預言者の姿を描きます。

 神はヨナに、イスラエルの東にあるアッシリヤの首都ニネベに行って叫べとお命じになります。なぜなら、「彼らの悪が私の前に上って来たから」です。何を叫ぶのかはここには記されていませんが、3章4節には「あと四十日すると、ニネベは滅びる」とあります。アッシリヤはイスラエルにとっては脅威。やがてこの時から数十年後にヨナが活動していた北王国イスラエルはアッシリヤによって滅ぼされてしまうのです。

 それを聞いたヨナの決断はすばやいものがありました。神のことばに従ったのではなくて逆らって、しかも地理的には正反対の地中海の西の端へと逃れようと船に乗り込んでしまいます。なぜヨナがこのような行動をとったのか、単純に考えるならば行きたくなかったのです。そこには、自分の宣言があるいはニネベの人々の心を打って滅ぼされないための行動をとるかもしれないとの思いが、ヨナの心の中に生じたのかもしれません。

 行くべき所だと神が指し示した地を避けて逃げようとするヨナを、そうではなくてあなたが行くべきはここなのだととどめようとする、方向を何としてでも変えようと働かれる神のお姿が表れているような箇所。私にとっては、これまでの歩みを振り返り、「そうなのです」とうなずかなくてはいられないような箇所です。

コメント

知っているのに…

2013年05月13日 | ヨナ書
ヨナ書4章


 日曜日には、岩倉キリスト教会(愛知県)を訪ねました。土曜日に伺ったのですが、雨上がりの夕焼けが息を飲むほど美しかったです。それも刻一刻と変わる色の変化に、素晴らしい芸術作品を見たようでした。
 W牧師ご夫妻はじめ、教会の皆様とゆたかな時間を持つことができました。
 それから、午後には久しぶりに友人のO牧師との語り合い。そこで初体験しました、「モーニング」とやらを…。「モーニング」なのに夕方5時までのサービス! びっくりしました。あまり驚いたので、夕焼けも、「モーニング」も写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。

 ヨナ書4章を読み、ヨナの態度やことばに心を留めました。
 ヨナのことばによって、ニネベは上から下まで悪の道から立ち返ろうと努力しました。その結果、神はニネベを滅ぼすのを思いとどまられたのです。「良かった」「預言者としての生き甲斐はここにある」と喜ぶかと思ったら、ヨナは「非常に不愉快に」なり(新共同訳聖書では「大いに不満であり」)怒りました。

 彼は、神が「情け深くあわれみ深い神であり、怒るのにおそく、恵み豊かであり、わざわいを思い直されることを」知っているのです。にもかかわらず、主がニネベの人をご自分のご性質通りにお赦しになったことで不愉快になり、怒ります。それでもヨナは、神が自分の不満に耳を傾けてくれるものと、町を出てニネベが滅びるのをこの目で見届けようとまでするのです。
 
 努力しないで備えられたとうごま一本のことで一喜一憂するのに、12万人のいのちの浮沈に思いが至らない心の狭さは、ヨナばかりの問題ではありません。
 自分の利害や好みゆえに、回りに張り巡らしている目に見えるあるいは目に見えないボーダーにふさがれているので、神がどのようなお方かを正しく知っていても、生活の中に適用されないことが多い…。
 ヨナの不愉快、不機嫌、怒りの姿は、自分に時々もたげてくる思いに通じることに気づかされます。

 日曜日の夜は「マナハウス」というすてきな所に泊めていただきました。ご厚意に感謝します。

   

コメント

よみの腹の中からの叫び

2013年05月11日 | ヨナ書
ヨナ書2章


 何日かぶりでの早朝ウォーキング。数日のうちにバラが咲き揃っていました。最寄り駅の近くにある自転車預かり所の店頭にはたくさん野ばらの鉢植えがありますが、今が盛り。「バラを採らないでください」との張り紙がありましたが、あんまりきれいなので「撮って」しまいました。Img_0795


 きのう、「聖書を開くセミナー」で紹介しました、新しい「毎日聖書を読むための聖書同盟の方法Ⅱ」に沿って、この箇所を読み、神と語り合いました。
 私のノートはこんなふうになりました。
 
●「私への特別なメッセージを…」
・苦しみの極みにあっても、そこから主に祈りなさい。自分ではもうダメだと思ったとしても、主は祈りに答えてくださるから。

●「あなたにお目にかかりたいのです」~神はヨナにとって、私にとってどのようなお方なのか
・主は願いに答えてくださった
・主は叫びを聞いてくださった
・主は私を海の真ん中の深みに投げ込まれた
 海の真ん中の深みの苦しみ:潮の流れ、あなたの波と大波が私を越えて
・私の神、主よ。あなたはわたしのいのちを穴から引き上げてくださいました。
・主はヨナを魚の中から陸地に吐き出させた。もう地上には戻れないと思いながら

●「導きと助言をください」
・むなしい偶像に心を留める者は、自分への恵みを捨てる。
・感謝の声を上げて、あなたにいけにえをささげ、私の誓いを果たしましょう。
・救いは主のものです。「救いは主にこそある」(新共同訳)

●「あなたがご覧になっている私」~ヨナの姿を通して自分を見る
・海の真ん中の深みから悔い改めた~どんなところからでも祈る、悔い改める
 「私はあなたの目の前から追われました。しかし、もう一度、私はあなたの聖なる宮を仰ぎ見たいのです。」
 だが、なおも水は私ののどを絞めつけ、深遠は私を取り囲み、海草は私の頭にからみついた。もう二度と地上には戻れないとまで思った。
 ~「私は山々の根元まで下り、地のかんぬきが、いつまでも私の上にありました。」(新改訳)
 ~「わたしは山々の基まで、地の底まで沈み/地はわたしの上に永久に扉を閉ざす。」(新共同訳)
・私のたましいが衰え果てたとき、私は主を思い出しました~弱っているときに主を思い出す
・わたしの祈りはあなたに、あなたの聖なる宮に届きました~祈りは届いたと信じる

 あしたは「母の日」ですね。良き週末を、そして日曜日をお迎えください。

   

コメント

2011-2019© Hiroshi Yabuki