みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

千日にまさる一日

2020年10月31日 | 詩篇

詩篇 84篇

「まことに あなたの大庭にいる一日は 千日にまさります。」10節

 手作りのザクロのタルトをいただきました。種もボリボリととても美味、ごちそうさま! きょう、10月31日は当地では「宗教改革記念日」です。プロテスタントの多い州では祝日ですが、私が住む州は週末の普通の土曜日です。今回の感染症拡大で、ヴィッテンベルグがちょっと遠く感じます。

 本篇には神の家を慕う詩人の思いが歌われています。「あなたの住まい」、「主の大庭」、「あなたの祭壇」、「あなたの家」、「シオン」、「あなたの大庭」、「私の神の家の門口」ということばによって、「なんと慕わしい」、「なんと幸いな」ということばの繰り返しによって、神がおられるところに自分がいることのあふれるほどの喜びが伝わってきます。

 しかし詩人は、平穏無事な中でこの歌を詠んでいるのではありません。「涙の谷を過ぎるときも」や「悪の天幕に住むよりは」などとのことばは、彼が辛いところ、誘惑の激しい中にいたことを想像させます。

 神のそばにいるとは、実際にはどこで味わうことができるのだろうかと思い巡らします。実際に聖地と言われるエルサレムを訪ねることだろうか、日曜日にともに礼拝の場に加わることだろうか、そのようなことだけではない、自分が「ここは神の大庭だ」と思えるところならどこででも、神に会えるのです。想像もできないほどの神の恵みです。

 10節でうたわれているように、神のそばにいることを「なんと幸いか」「なんと慕わしいか」と、感謝し喜びとしているだろうか…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黙り続けないで

2020年10月30日 | 詩篇

詩篇 83篇

「神よ 沈黙していないでください。黙っていないでください。神よ 黙り続けないでください。」1節

 欧州の感染者急増の中、ドイツでも11月2日からほぼ前回のロックダウン並の厳しい制限が課せられることになりました。ただし、学校や幼稚園は開かれ、教会での礼拝についてもこれまでどおり。11−12月のクリスマス市(いち)も中止になりました。

 本篇は、ひっ迫した神への祈りから始ります。その後の展開を見ると、作者は個人的な悩みにあるのではなくて、自分たち神の民が敵の企てによって脅かされているとして、神に祈っていることがわかります。5―8節に登場する国々は神の民イスラエルの周辺の諸国。それらは「心を一つにして悪を企み」イスラエルを消し去ろうとしています。

 「あなたに逆らって」という5節のことば、「私の神よ」という13節のことばに目が留まります。自分たちが周りの国々から脅かされているのですが、作者は「私たちに逆らって」ではなく「あなたに逆らって」と祈ります。「私の神よ」も神と作者との近さ、親しさを覚えることばです。

 このことから、改めて1節の祈りを考えてみますと、そんなにも神と近くにいる者でも、いや、神と近くにいるからこそ、「沈黙しないでください」と祈らなければならない時があるのだということを考えさせられます。そして畳みかけるようなこの祈りは、神は必ず応えてくださるとの期待が込められた祈りなのです。 

 沈黙を当たり前のこととしないで…祈ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神々のただ中でさばきを

2020年10月29日 | 詩篇

詩篇 82篇

「弱い者と貧しい者を助け出し 悪しき者たちの手から救い出せ。」4節

 「エレミヤ書の続きか」と思って確認してみたら、詩篇82篇でした。10月の終りの三日間は詩篇を読みます。

 本篇は他の詩篇にはないユニークな始まりです。私が使用している聖書(聖書新改訳2017)には、1節に、三度登場する「神」(「神々」)ということばのヘブル語を欄外に注記しています。「神々」について、今日の「みことばの光」には「地上の支配者たち」だろうとしています。

 新約聖書には、神によらない権威はないということばがあります。ある人は社会を動かすよう力や知恵を持ち、またある人は大きなことをやってのけるだけの富を自分のものにします。そのほとんどはその人たちの才覚によって築き上げられたものでしょう。

 それを否定する気持ちはありませんが、この詩篇の始まりのことばを読みますと、それらの力や知恵などは神から来るのであり、支配者はそれをある限られた短い間だけ用いるように神から任されているということになります。

 自分の権力を誤用した者、つまり自分の欲得のために用い、弱い人々を顧みることなくかえって虐げた者を、神は正しくさばかれるのです。4節は、彼らが何のために力を与えられているのかを明らかにしています。

 コロナ感染者が急増している当地では、新たな規制が発表されました。政治的な責任を神から託されている人々のために祈ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喜び歌え

2020年04月02日 | 詩篇

詩篇 81篇

喜び歌え 私たちの父なる神に。喜び叫べ ヤコブの神に。」 詩篇81篇1節

 「朝ドラ」は、4月から郷里出身の作曲家をモデルにしたものが放映され始めました。この方によるメロディは数え切れないほどですが、私にとっては1964年10月10日の東京オリンピック開会式で入場行進で用いられた「オリンピックマーチ」が思い出深いです。

 本篇は、出エジプトの出来事を背景に歌われています。奴隷と苦しめられていたイスラエルの民を、神は奴隷の家エジプトから連れ出されました。「わたしは 彼の肩から重荷を除き 彼の手を荷かごから離してやった」ということばは、神が解放されたことを告げています。

 しかし、約束の地への道中は苦難の連続、というよりも、彼らは自分たちを解放してくださったお方への信頼を失ったのです。荒野の旅で水が無くなり、食べるものにも事欠きました。しかし神は、不信仰の彼らをあわれんで、岩から水を出し、天からマナやうずらを降らせて彼らを養ってくださいました。

 信仰者もイエスによって霊的な出エジプトを経験し、約束の場所を目指しての旅を続けています。それは文字どおり山あり谷あり。ですから日々、神のことばに聴き従うことがなければ、すぐに道をそれてしまうのだと、ここからおぼえます。

 本篇は、神を喜べとの呼びかけから始まります。これは私たちがともに持つ礼拝がどのようなものかを示しているように響いてきます。それは、信仰の旅路をたどる者たちにとって欠くことのできない営みです。

 当地でも祖国でも、礼拝に実際には集えないという環境が続く中、それでもともに神に喜び叫ぶという思いをいよいよ強くしたい、そう教えられます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御顔を照り輝かしてください

2020年04月01日 | 詩篇

詩篇 80篇

万軍の神 主よ 私たちを元に戻し   御顔を照り輝かせてください。 そうすれば 私たちは救われます。」詩篇80篇19節

 日本におられる同労の方から「だいじょうぶですか」とのメールをいただき、近況をお知らせしました。こちらは祖国を心配しています。

 詩篇80篇も、国家的な危機に際しての神への祈りがテーマです。ヨセフ、エフライム、ベニヤミン、マナセの名がありますので、南北に分かれていた時代の北王国イスラエルが敵から侵入されていたという背景が考えられます。大国アッシリアによって滅亡した後に神のあわれみを求めて祈ったことばでしょうか。

 南王国ユダがダビデの家系を受け継いだいわゆる正統であり、北イスラエルは脇に置かれていたという印象を抱きがちですが、神は北王国をもご自分の民とご覧になり心をかけておられました。預言者のエリヤ、エリシャ、それにホセアやヨナも、神が北王国にご自分のことばを届けにお遣わしになりました。

 北王国は王も民も誰もが神を離れ去ったと考えがちですがそうではなく、そこにも「神を恐れる民」がいたのです。廃虚に立って作者は、御力を呼び覚まし、御顔を照り輝かしてくださるよう、神に祈っています。もう駄目だ、おしまいだという局面にあっても、残りの民は希望をもって祈るのだということを、この詩篇から知ることができます。

 あきらめずに、神の御名を呼び求める…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011-2020 © Hiroshi Yabuki