Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

ノーベル賞・野依博士の怒り

2019年06月26日 | Weblog

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6328026

 

ノーベル賞を受賞された野依博士の

教育への怒りが記事になっていました。

全く同感です。

そして、

そのことへ対応できる教育実践を、

15年間作り続けていたのだと思いました。

まだまだ時間は必要ですが、

もっと広めていけるように頑張ります。

東京の卒塾生のくれたメッセージが心に響いています。

「この一年間で学んだことは、

今の日本に本当に足りていない所だと僕も感じています。

だからこのことを僕やバッカーズの卒塾生だけに

とどめるのではなく、発信していくために、

将来、僕は教育に携わる仕事につきたいと思っています。」

私も子どもたちにエールを送り続けます。

 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 些事が些事に思えなかったの... | トップ | まだまだ未熟 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (omachi)
2019-06-26 21:50:18
お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事