Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

偶然の出会いは必然

2007年04月23日 | Weblog
今日、東京の幼稚園で、お母様方を前に話をしていたら、
何だか見たことあるような顔がいくつか目に入ってきました。

「誰かに似てるぞ」と思いつつ、「誰だったかな~」と悩んでいたら、
一人はその園の先生だと言うことはすぐにわかりました。

わからなかったのは、もう一人の方でした。
「う~ん・・・」悩み続けて、「・・・!」。
「知り合いの高校の先生に似てるんだ!」
・・・すっきり!(笑)

人の顔というものは、他人のそら似ってこともあるし、
たいへんなものです。

そんなことがあった後で、
福岡に戻ろうと大門行きの地下鉄に乗っていると、
またまた、どこかで会った誰かに似ているような素敵な女性が・・・。

う~ん。
声をかけるべきか、かけざるべきか。
でも、違ってたら恥ずかしいし・・・。
最近、ボケも始まってるし・・・。

ふと目があって、目をそらそうとした瞬間に、
「木村先生ですよね!」と
声をかけられてしまいました。

一度お目にかかった、
素敵なお仕事をなさっている
会社の社長さんでした。

それにしても、
私は博多から来ているのに、
この広い東京で偶然出会うなんてことは、
そうそうあるものではありません。

このご縁を大切にさせていただこうと改めて思いました!!
コメント

バッカーズ寺子屋 第三期生募集

2007年04月21日 | Weblog
バッカーズ寺子屋の第三期生の募集を開始いたしました。
詳しくは、バッカーズ寺子屋ホームページを御覧下さい。
http://www.backers-terakoya.com/

今の教育界の様々な問題点を改善していくために、
最高の教育プログラムの一つだと私は確信しています。

学校というシステムの中では、
決して学ぶことの出来ない、
本質的で、かつ、時代の先を見据えた教育の姿です。

私は昨年度、高校の教壇にも少しだけ立たせてもらいました。
そこで感じたことは、
生徒たちは求めていると言うことです。

感動を、教養を、あこがれを、そして志ある生き方を…。
本質的な人間としての生き方を学びたいと思っているのです。

それは、言い換えれば、
大人が本当に輝いていなければ、
子どもたちの心に火をつけることなどできないのだ、
ということでもあります。

教育の難しさ。
それは、大人が自分自身を磨き続け、
感動ある毎日、志高き人生を生き続けることの難しさに他なりません。

素晴らしい生徒諸君からそのことを
学ばせてもらいました。

私はこれから寺子屋教育を全国に拡げつつ、
地に足の着いた教育改革を実践していこうと考えています。

志を同じくする方と、
世界中のどこかの街で、
いつの日にか出会えますことを
楽しみにしています。
コメント

引っ越し

2007年04月10日 | Weblog
福岡事務所の引っ越しをしました。
JR香椎駅にも、西鉄香椎駅にも二分で行けます!
道路が出来れば西鉄香椎駅は30秒!
8階だから海も見える!山も見える!

ビルの名前は、ベリタスビル!!
VERITAS(ヴェリタス)は、
ラテン語で「真理・真実」を意味し、
米国ハーバード大学のモットーでもあります。

また、京都工芸繊維大学にある喫茶店の名前は、
アルスとベリタスだそうですが、
一階がアルス(芸術・技術・学問)、
二階がベリタス(真理)で、
アルスがベリタスを支える構造となっているとのこと。
ちなみに命名者はノーベル賞をとった福井謙一先生だそうです。

聖書「ヨハネによる福音書」にも登場します。
ピラト「Quied est veritas?(真理とは何であるか?)」
イエス「Est vir quiadest.(あなたの前にいるものがそれです)」

イエスは裁判でピラトに「ユダヤ人の王か?」と尋ねられますが、
「わたしは、真理について証するために生まれ、
また、そのためにこの世に来た。…」と答えます。
イエス=ベリタス(真理)ということですね。

う~ん。なんて素敵な名前のビルでしょう。
そんなビルに居を構えることが出来て幸せです。

でも、極めつけは、やっぱりイタリア語のこれ。
「IN  VINO  VERITAS 」(真実はワインの中にある!!)
ワイン好き、酒好きの私にぴったりじゃないか!
ちなみに一階には、
パスタがとても美味しい行きつけの店、
ブラッスリー・ヒロ(洋食・レストラン&バー)があります!

ふふふっ♪
コメント

すべては心が創る

2007年04月04日 | Weblog
昨日は、佐賀のある幼稚園に行っていました。
その幼稚園は、日々、素晴らしく進化しています。
色々なこともあるのでしょうが、
みんなで笑顔で乗り越えていこうというマインドが、
しっかりと園の空気の中に根付いています。

経営には様々な方法があると思います。
今、関わらせていただいている教育機関や
企業などを見させていただくと、
本当に勉強になることばかりです。

変な言い方かも知れませんが、
良い仕事をしているところでは、
働いている人たち、
関わっている人たちが、
本当に光り輝いていて、
その光が見えるような気がするのです。

「目に見えるものの全ては、
たとえ塵ひとつであっても、
自然の創造物以外は、
すべて人間の心の中の思考が生み出したものである」と
中村天風氏は仰っていますが、
本当にその通りだなぁと思います。

まず、心の中に何を創っていくか。
それがこの二度とない人生を
いかなる方向にも導いてくれるものなのだと
しみじみと実感させられる今日この頃です。

コメント

バッカーズ寺子屋ホームカミングデイ

2007年04月02日 | Weblog
昨日は、バッカーズ寺子屋のホームカミングデイでした。
一期生、二期生がほとんど全員、
そして、保護者の皆様も沢山集まってくださって、
とても素晴らしい会になりました。

一期生たちが卒塾して一年、
声変わりしたり、背がとても伸びていたり、
顔つきがしっかりしていたりと成長に驚かされました。
何よりも、話す内容がしっかりしてきていることに感動しました。

私たちが託そうとしたバッカーズ少年教育10原則はじめ、
「志」という言葉を心に留めてくれていたことをとても嬉しく思いました。

バッカーズ・ファンデーションの皆様と出会い、
そして、バッカーズ寺子屋をスタートさせ、
素晴らしい子どもたちと出会えたことに感謝です!

いよいよ第三期生の募集も始まりました。
もっともっとバッカーズ寺子屋を発展させていこうと、
新たな決意をした一日でした。

皆様本当にありがとうございました。

バッカーズ寺子屋はこちらから↓
http://www.backers-terakoya.com/
コメント (2)