Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

旅から旅

2017年05月31日 | Weblog
東京から岡山に入って二日間の研修を終え、
ようやく福岡に舞い戻ってきました。

新たな地で「親心の学び舎」が
新たにスタートしたことを嬉しく思います。

そして、一人でも多くの人たちの心に、
より良い教育に向かう灯を灯せたらと思います。

すっかり私の人生は、
旅から旅の人生になってしまいましたが、

限られた人生の時間の中で、
多くの人と出会い、

その出会いが、
新たにより良い教育の力を
生み出していく事に繋がればと思います。

祈るようにして、
全国を走り回っていこうと思います。

山口、鹿児島、大阪と、
新たな展開が始まります。
コメント

矜持

2017年05月29日 | Weblog
お金は大切なものです。

しかし、
私にとっては、
教育者としての矜持の方が大切です。

それが理解できない人が多いのですが、
それも当然のことだと思います。

志がなければ、
志ある生き方など理解できないのは当然です。

それは仕方の無いこと。

お金の方が偉いと思って生きていくのも人生です。
地位や肩書きが大事だと思うのも人生です。
それで満足するのもありだと思います。

しかし、私は、貴重な人生の時間を、
志の教育につぎ込んでいこうと思っています。

大人の打算には目もくれず、
未来ある子供たちに、
真剣に向き合っていこうと思います。

教育は、
私の心が死なない限り、
そして、
その思いが本気である限り、
一人でも、どこでもやっていけると思います。
包丁一本晒しに巻いて生きていくようなものです。

幸いここは日本ですから、
飢え死にすることはないだろうと思います。

聞く意味の無い雑音に、
無駄に時間を奪われないようにするためには、

また、0からやっていくことも一つの方法です。





コメント

エクスプレッションアカデミー

2017年05月27日 | Weblog
エクスプレッションアカデミーの
第1講座が終了しました。

講座の中身はいざ知らず(笑)、
懇親会も楽しく終了しました。

薩摩スチューデントの一人、
長沢鼎ゆかりのワインも楽しめましたし、

ペリーやハリスが飲んだ酒も楽しめました。

学んで、飲んで、食べて、話して、
これこそが学びだと私は思います。

そして、これこそが人生!

また、次回、お目にかかれますことを
楽しみにしています。

貴重な時間を割いてご参加いただき、
本当に有り難うございました。
心より感謝申し上げます。



コメント

会社がなくなったら

2017年05月25日 | Weblog
会社がなくなったら
自分はどうなるのかを考えてみると、
色々なことが見えてきます。

会社の伝統と看板のおかけで食べているのか、
自分の才能と努力で食べているのか。

後者の人間は、
会社から放り出されても、
また、一から仕事を生み出して、
食べていくことができる人です。

後者の人間は、
会社の売り上げを
生み出している人でもあります。

しかし、
売り上げを生み出していなくても、
経理や人事などの管理部門も大切です。

結局は、全ては互いに支え合って、
成り立っているのです。

大きな会社とて、
取引先やお客様があってこそ成り立つものです。

それぞれ様々に、
大切にしていることや
存在価値は違うのです。

自分が偉いと勘違いした時から、
終わりが始まります。

その上から目線に気づけないところから、
崩壊は始まっていると思います。





コメント

批判

2017年05月24日 | Weblog
他人の批判をするのは簡単だ。

しかし、
自分が「こうしたい」というビジョンを、
「思い」と共に人に伝えるのは難しい。

具体的に行動し、
実現していくことは、
更に難しい。

批判は、他人の考えという
土台があって成り立っているものであり、

言ってみれば、
他人のふんどしで
相撲をとっているようなものである。

大切なことは、
自分が何をするのかということだ。

面白いことに、
その人が、
日々、考え抜き、磨き抜いてきたことは、
誤魔化しようもなく人に伝わる。

信念というものは、
その人の言外のオーラとして、
また、存在感としてにじみ出てくる。



コメント

誰のための、何のための教育か。

2017年05月19日 | Weblog
本当に教えたいことはあるのか?
そのことは本当に教える価値があることなのか?
そして、
誰のために、何のために教えようとしているのか?

教育者としての自問自答の日々は続きます。

教育が力を失ってきたのは、
教師が指導書に頼り、
本気で教えたいことを見失い、
子供が好きと言うだけで教育をし、
日本の未来や子供の未来を真剣に考えず、
自分の給料のために教育をしている人が
増えたからではないかと思います。

師道を興さんとならば、
妄りに人の師となるべからず、
又妄りに人を師とすべからず。

それではいけないということを
吉田松陰は端的に語っています。

師となることの重さと、
私たちはもっと真剣に
向き合う必要があると思います。

そして、そのことが、
教育再生の大きな手がかりとなるのだと思います。

コメント

広島へ

2017年05月18日 | Weblog
久しぶりに、
広島平和記念資料館へ行ってきました。
小学校六年生の時の修学旅行以来です。

平和教育は、如何にあるべきなのか。
その可能性を探しに行った旅でもあります。

平和教育や人権教育から感じられる
何とも言いようのない嘘くささを、
子供心に感じていて、
できるだけ関わりたくないと
ずっと思っていました。

でも、
嘘くさくない、
本当に平和の実現に繋がる教育、
本当に人権を尊重する教育とは何かを
自分なりに改めて探究してみたくなりました。

平和を勝ち取るための闘争と言った瞬間に、
それはもう平和的ではないという
矛盾や欺瞞を抱えてしまう。

平和のための武力が大切だという方が、
よほど信頼ができます。
しかし、
それもまた矛盾であることに
違いはありません。

この矛盾には、
人間の根源的問題が潜んでいるのだと、
つくづく思います。

そこに向き合ってみようと思います。







コメント

エクスプレッション・アカデミー

2017年05月16日 | Weblog
エクスプレッションアカデミーは、
Vision&Education,Ltd.唯一の
自社セミナーであり、

私が研修の場で語っていないことを、
新たに語っていくチャレンジの場でもあります。

http://v-edu.co.jp/info/expressionacademy2017/

そして、同志との語らいの場でもあります。

よろしければお運び下さい。
コメント

提出物

2017年05月16日 | Weblog
今、多くの方と関わってきて、
確信を持って言えることは、

多忙で重責を担っていらっしゃる方ほど、
何かをお願いしたときの
レスポンスや提出期限が速く、
最低でも期限内を厳守されると言うことです。

大勢の人と関わっていると、
その仕事の後ろにどれだけの人たちが
存在しているかということが痛いほどよくわかり、

自分が遅くなることで、
後ろにいる人たちに、
沢山の迷惑がかかることが
見えているからだと思います。

ある企業の工場で、
「後工程はお客様」と掲げていたのも、
同じ意味の心懸けだと思います。

また、
時間の大切さが、
一分一秒の単位で、
心に刻まれているのだろうと思います。

時間は信頼そのものだという考えが、
徹底して、ご自身のものに
なっているからだと思います。

そこへ行くと、
私はまだまだ駄目だなぁと思います。

しかし、そうなれるように頑張ろうと思います。



コメント

教育

2017年05月16日 | Weblog
運動として教育をやろうとする人たちがいます。

しかし、

一時的なムーブメントが生まれても、
いずれは消えて行っていると感じます。

それは、教育と運動が本質的に、

相容れないものを持っているからです。

教育は、一人一人の子供や親の
具体的な姿を見ているけれども、

運動は、子供や親や国家という、
抽象に過ぎぬものしか
見えなくなってしまうということです。


やはり、教育は、
地を這うような、
地道な営みでしかありません。

一人一人の親や子供の悩み、
そして、成長と向き合うしかない。

私の教育も、そのようなものでありたいと思います。
コメント