Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

教育する心①

2010年06月21日 | Weblog
 国語の先生方に「詩の授業」に関しての私なりの試論をお伝えしようと思い、中原中也の年譜をまとめていた。年代を追って出来事をまとめていたのだが、ひょいと思いついて、その時々の中也の詩や言葉を年譜の中に盛り込んでいった。周辺の人たちの言動も盛り込んでみた。詩はその詩人の心を投影した言葉の芸術であるからして、人生における出来事や、そのことによって受けた心理の変化とは絶対に無縁ではいられない。面白がってついつい没頭してしまった。結果、実によく中原中也の心象風景が浮かび上がってきたのではないかと、少々の自己満足を得ることができた。あとは諸先生方のご批判を待つだけである。
 詩の授業で何を伝えるか。評論の授業で何を伝えるか。小説の授業で何を伝えるか。私には、「それぞれの作品世界をどう読み解いていくかという方法論を伝える」という明確な指針がある。それさえ出来たら、後の鑑賞については感性の世界のことであるから、それぞれが好きに感じ取っていけば良いのである。生徒たちの方が、私よりもはるかに素晴らしい感じ方をしてくれることは間違いない。ただ、「読み方」という方法論を伝えておくことには、文学や評論を囓ってきた者として、多少の意義があると思っている。
 受験対策だけを考えるのであれば、本当は、教師が教える現国の授業など数時間で良いのである。読解方法さえわかれば、後は自分で本を読んだり、漢字を書けるようにしたり、語句の意味を調べて語彙力を鍛えたりすれば良いのである。くだらない私の講釈を聴いて貴重な時間を無駄にする必要などどこにもない。
 ただ、教師が本当に、心の底から、その作品に感動し、その作家の人生に興味を持ち、語り尽くせぬものを心の中に持っていれば話は別である。友に語るが如く、汲めども尽きせぬ話ができるのであれば、その話は面白さを持つからである。しかし、これとても独善に陥ってはならない。あくまでも相手あっての対話だからである。
 人間として作家たちに向き合っていくこと。これが現代の国語教育に求められる最も大切なことなのだと思う。生徒にとっても教師にとっても、言葉が無機質な記号としてしか存在しないということが、国語教育の危機であり、ひいては教育の危機でり、人間性の危機であると思う。詩も小説も評論も、みんな人間が書いたものである。「言葉」というものは、切れば血が出るものだと私は思う。また、「温度」を持つものだと思う。それを教育の中で私は取り戻していきたい。それは実に手間暇のかかる、要領の悪い作業ではあるのだが、たとえ嘲笑されても、私はそれをやり続けたい。なぜなら、それが「教育する心」に他ならないと思うからである。
コメント

バッカーズ九州寺子屋

2010年06月15日 | Weblog
バッカーズ九州寺子屋の
第二期生が卒塾しました。
本当に色々な事があった、
そして、大きく成長してくれた
二期生たちでした。

いつも思うことですが、
「もっともっと色々な事をして、
充実した時間を過ごしたかった。」
「もっと高い世界を見せてあげたかった。」
そんなことを
塾生たちが巣立っていった後で、
一人静かに考えています。

それだけ一人一人の塾生のことを
鮮明に思い出すことの出来る
バッカーズ寺子屋という学びの場が
私は大好きです。

私は教育に人生を賭けると決めています。
何があろうとも、
たとえすべてが
またゼロからのスタートになったとしても、
一歩一歩、
教育という未来への投資を続けていく。
それが私のミッションです。
コメント

バッカーズ寺子屋第五期生卒塾式

2010年06月07日 | Weblog
バッカーズ寺子屋第五期生が卒塾していきました。
本当に素晴らしい成長を遂げてくれました。

みなさん本当におめでとう!

このような学びの場に
関わらせていただけていることを
心から嬉しく思います。

そして、素晴らしい仲間たちと出会えたことに、
共に学び合えたことに心から感謝しています。

また、逢う日まで!
コメント

自分自身の経営

2010年06月05日 | Weblog
「経営」という言葉を辞書で調べてみると、
次のように書かれている。

「事業目的を達成するために、
継続的・計画的に意思決定を行って実行に移し、
事業を管理・遂行すること。」

会社も団体も人間が集団となって
様々な活動が行われるものである。

だからこそ、自分自身を経営する力が個々人に問われる。
このことを最近より鮮明に感じるようになった。

自分自身の人生の目的は何か。
年間計画、月次計画、週間計画、一日の計画は。
遂行するためには、心身共に健康でなければならない。
そのために何をするか。あるいはしないのか。

自分自身の経営状態をもっと客観視し、
改善を加えていくことで、
私たちの仕事が更に発展充実したものとなり、
教育を通じて一人でも多くの方に喜んでいただけるよう、
頑張り続けて行きたい。




コメント

松下村塾

2010年06月02日 | Weblog
先日、萩にて若手経営者の皆様に講演をさせていただきました。
「志の学び舎IN萩」と題された二日間の研修の初日に、
吉田松陰先生のこと、志のこと、萩往還のこと、
さまざまなことを伝えさせていただくのが私の役割でした。

今回の第一講座は、松陰神社の拝殿で、
話をさせていただきました。
松陰先生の前で話をしているようで、
緊張感に身が引き締まる思いでした。

一昨年は、維新塾キッズの塾頭として、
子どもたちと松下村塾の講義室にあがって
話をさせていただきました。

今日までいただいてきた様々な「ご縁」と「思い」が結びついて、
このような機会をいただけているのだと思うと
本当に不思議な気がしますし、また責任を感じます。

これからも、さらに全力で「志の教育」のカタチを探求し、
それを実践していこうと思います。

これから私は、ただひたすらに実践をしていきます。
そして、自分の経験から紡ぎ出されてくるであろう言葉と共に、
皆様と学び続けて行こうと思っています。

いつかまたお目にかかる日が来ることを楽しみにしています。
コメント