Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

原点を大切にする

2013年09月30日 | Weblog
私たちの日常において、
日々、様々な問題が発生し、
惑わされたり、悩んだり、心配したりもします。

しかし、問題は、原点に立ち返れば、
意外とすっきりしたものになります。

自分のミッションという大きな原理原則に
照らし合わせて正しいかどうかを確認するということです。

つまり、

「それは、日本の教育をより良いものにすることに繋がるか?」
「それは、子供たちの成長にとって大切か?」

そして、

「私は、その意識で行動しているか?」

残念ながら、私には、
全ての職務を完璧に遂行する能力はありません。
むしろ、抜けている方でしょう。


ただ、そこに、私心が含まれていないかどうか。
それだけは、自分を厳しく断じていきたいと思います。







コメント

行動あるのみ

2013年09月26日 | Weblog

いにしへの 道を聞きても 唱へても

わが行ひに せずばかひなし
コメント

言論

2013年09月25日 | Weblog
教育に関しての意見を
発信する必要に迫られることがあります。

考えを発信すれば、
当然に賛成もあれば反対もあります。

誤解も受けるであろうし、
学校関係者や先生方にとっては面白くない意見を
言わざるを得ないこともあります。

そのときに思うことは、
未来を担う子供たちにとって
何が最善かと言うことです。

言おうとすることが、
子供たちの未来のためになると確信できたら
私はためらわずに発信していきます。

ただ、言論は副次的なものに過ぎません。

私が大切にしているのは、あくまでも実践です。

子供たち、若者たち、
全ての学ぶ意欲のある人たちと共に、
学ぶ時を大切に過ごしていきたいと思います。


コメント

悩み抜いて

2013年09月24日 | Weblog
悩み抜いても、
なかなか考えがまとまらない時もあります。

それでも考え抜くことで、
一筋の光明が差してくる瞬間があります。

少しでも人生が楽しいものになるよう、
志の大切さを伝えたいと思うのですが、

どのように伝えるかは非常に難しいことです。
コメント

出会い

2013年09月23日 | Weblog
志の教育を軸とした学びは、
少しずつ形になってきました。

バッカーズ寺子屋の教育
バッカーズ九州寺子屋の教育
エクスプレッションスクール雙葉の教育
雙葉での志の授業
様々な社員教育
専門学校での志の教育&人間教育
お母様方との親心の学び舎
幼稚園・保育園の先生方との研修
エクスプレッションアカデミー

願うことは、
人生の中で出会った人たちの心に、
小さな灯りを灯せたらということです。

絶望が希望に変わり、
哀しみが喜びに変わり、
苦渋の表情が笑顔に変わるのなら、

これほど嬉しいことはない。

そのためであれば、
どんな困難にも立ち向かっていこうと思います。

人の喜びと共にある人生でありたいと思います。









コメント

今求められる稚心を去る教育

2013年09月21日 | Weblog
今日の産経新聞「解答乱麻」に、
「今求められる稚心を去る教育」
という原稿を寄稿しています。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130921/edc13092108320001-n1.htm

しかし、
結局は、
「何を言うか」ではなく、
「何をするか」しかないのだと思います。

ただ、

言論によって、
何かしらの縁が生じ、
教育実践の連鎖が生まれたら、
それは一筋の光明なのかもしれません。

とにかく、
私は目の前の子供たち、若者たちと、
共に全力で学び続けていくだけです。

そこに本当の教育的価値はあるのだと思います。







コメント

秋の気配

2013年09月08日 | Weblog

秋の気配が感じられるようになってきました。

暑かった日々が、嘘のようです。

少し落ち着いて、
じっくりと仕事に取り組みたいと思います。

もっともっと教育観を
深化させていくことが大切だと感じるのです。

エクスプレッションアカデミーもスタートしました。

今年も、あと、4ヶ月になりました。

更に加速していこうと思います。
コメント

志の教育

2013年09月05日 | Weblog
私のミッションは、
「志の教育」を
日本の社会の中で、
力あるものに育て上げていくこと。

そのためには、
一人でも多くの方に、
志の大切さをわかっていただくしかありません。

そのためには、
自分の思いを深く掘り下げ、
自分を磨き続けるしかありません。

自分の志を高く持ち、
自分が必死で実践し続けることです。

そう思って、
走り続けて来ました。

しかし、
ふと、顔を上げてみると、
多くの仲間たちが、
共に走ってくれていることに気がつきました。

種は蒔かれていたのです。

今、私の方が学ばせていただいていると感じる
沢山のメッセージに触れる喜びを感じています。

私も頑張ります。

日本の未来のために。

コメント

夏の終わり

2013年09月04日 | Weblog
ふと手のひらを見ると、
左右の薬指の付け根にタコができていました。

野球を始めたわけでも、
剣道を始めたわけでもありません。

この夏、キャリーバッグを転がして、
全国を駆け回っていた結果、
キャリーバッグダコができてしまいました(笑)。

怒濤のような
夏の研修の日々が終わりました。

手のひらを見ながら、
過ぎ去った暑い夏の日々を思い返しました。

コメント