Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

アカデミー第1講座・終了

2018年06月30日 | Weblog
アカデミー第1講座、
「いま求められる「志の教育」」が、
無事に?何とか?終わりました。

今回は、
1.志を立てる困難
2.志を保ち続ける困難

この二つにどう向き合い、
どう乗り越えるかをテーマとしました。

新しい切り口で、
どのように伝えたら良いか、
試行錯誤しましたし、

もっともっと、
お伝えしたいことがありましたが、
2時間では何ともしがたく・・・。

その後の懇親会では、
大いにしゃべり続けていました。

二次会に行って、
ふと気が付けば、一時を過ぎていて・・・。

次回講座は、
「いま求められる「伝える力の教育」」
をテーマとして、

新たな切り口で、
全力で伝えさせていただきます。

皆様のご参加を心よりお待ちしています。
コメント

エクスプレッション・アカデミー2018

2018年06月28日 | Weblog
エクスプレッション・アカデミー2018
第1講座が、いよいよ、明日に迫ってきました。

このセミナーは、
いつものテーマであっても、

今までに話したことの無い内容を
お伝えできるように準備をしています。

私にとっても大きなチャレンジの場です。

その後の懇親会も楽しみですが、

今のところは、
まずは直前まで準備に、
集中していこうとしています。

異業種交流の場であり、
知的刺激が満載の、
私の大好きな場所です。

よろしければ、
是非、お運び下さい。
コメント

政と官

2018年06月26日 | Weblog
「政と官 ゆがむ統治」という
日経新聞の連載記事が出ている。

「?」と思ったのは、
つい数年前までは、
官僚主導の政治を変えなければ!
と言っていたのではなかったかな?
と思ったからです。

選挙で選ばれている政治家こそが、
民意を代表するのだから、
官僚にいいようにあしらわれていては駄目だ!
政治家主導にすべきだ!

与野党共に(特にかつての民主党に)
そういう主張を感じていたのですが、
いざ、政治家主導になってみると、

メディアの人たちには、
どうもそれが良くないと感じるようです。

それでも日経新聞は
バランス感覚に富むと思います。
経済の新聞であるから、
空理空論や願望ばかりを書くわけにはいきません。
他紙よりも、
現実に即しているのが大きな救いだと思います。

それでも{?」と思うのだから、
他は推して知るべきなのかも知れません…。

政治家が99国民のために働いて
成果を出していることよりも、
1の失言や不祥事が大きく報じられ、

99人の教師たちが頑張っていても、
1人の不祥事が大きく取り沙汰される。

そして、政治や教育の地位は貶められていく。

良識在る人たちの代表として
コメントをしているのは、
芸人たちであり、

現場で汗を流している、
財界人でも官僚でも、
医者でも教師でも、
現場の労働者たちでもない。

芸能人と呼ばれる人たちイコール、
模範的生き方をしている人たちではないし、
そうしたことを期待してもいませんが、
影響力があるのは、
TVに良く出ている人たち
ということになっています。

メディア内部では、
個々、個別には真摯に考えて、
報道が作られているのだと思いますが、

今の在り方は、
ちょっと離れて見ると、
何だか可笑しくもあり、
哀しくもある気がします。

それでも、
「メディアという王様は裸だ!」
という声はどこにも届きはしません。










コメント

メディアの罪?教育の罪?

2018年06月25日 | Weblog
また、あおり運転での逮捕者が出ました。

これだけあおり運転の問題を
メディアが報じているのですから、

他山の石として、
あおり運転をやめる方向に、
人々の意識が行けば良いのですが、
そうはなりません。

むしろ、類似の事件を
引き寄せている感じがします。

おそらく一定数の人たちには、

「あおり運転+してはいけないこと」

と本来受け取るべき情報が、

「あおり運転+?」

という形で
インプットされているのではないかと思います。

「?」の部分は、
「やることの引き金」となるニュアンスです。

「あおり運転+上等」

などと勝手な解釈を
しているのではないでしょうか。

だから、
飲酒運転でも、
通り魔事件でも、
模倣犯が次々に出てくるのです。

つまり、

正しい読解力の無い人たちにとっては、
メディアの警告は、
逆のメッセージとなり得ると言うことです。

これはメディアの問題ではなく、
教育の問題なのかもしれません。

しかし、
いずれにしても、
私に出来ることは、
身近な人たちと共に、
読解力の重要性を学ぶことでしかありません。

丁寧に読むこと、丁寧に聞くことが、
安定した社会の根幹には、
大切なことなのかもしれません。



コメント

休んでも

2018年06月25日 | Weblog
休んでも疲れは取れない。
そう思うようになりました。

心身共に弛緩させてしまうと、
疲れがにじみ出てくるだけのようですし、

むしろ目標を持って、
気を張って走り続けている方が、
活き活きとしているものです。

少なくとも私はそうです。


コメント

心の持ち方

2018年06月23日 | Weblog
人間にとって大切なものの一つに、
心の持ち方を磨くということがあります。

しかし、
多くの人は、
そのことに気づかぬまま
生涯を終えるのかも知れません。

目先に追われ、
まさか、自分の心の持ち方が、
上手くいかない原因を作っているとは、
夢にも思わぬままに・・・。

逆境に負けないために、
成功していくために、
多くの人に喜んで頂くために、
どのような心の持ち方をすれば良いのか。

それは、
元プロ野球の桑田選手風に言えば、

表の努力だけでなく、
裏の努力の大切さを
知っているかどうかだと思います。

人の見ていないところでこそ、
その人の心の習慣があらわれ、

その心の習慣が、
その人の人生を、
良くも悪くも形作っていくのだと思います。




コメント

ここのところ

2018年06月21日 | Weblog
ここのところ、
連日のように、
殺したり、殺されたり、自殺したり、
というニュースが流れています。

私の身近な人たちは、
幸いそうしたことになったと
耳に入ってくることは、
今のところありませんが、
他人事ではないと思います。

生物としての本能が壊れていくような、
そんな社会の中での、
子育ての在り方や、

人として生きる道を、
どのように再構築していくべきか。

それはとても大切で、
私の中での大きなテーマです。
コメント

今週は

2018年06月21日 | Weblog
今週は企業研修が続いています。

今週だけで研修先は、
三社ありますから、
それぞれの会社のことや
その業界のことを考えながら、
様々な人たちと学ばせて頂くことになります。

バッカーズ寺子屋は、
来年度に向けて準備を整えていきます。

福岡雙葉学園のことも、
お伝えする内容を刷新しつつやっていて、
大きな手応えを感じ始めています。

下半期は、
専門学校の研修も入ってきます。

あらゆる教育現場で、
効果ある教育実践とは何かを模索しつつ、
成果を出していこうと思います。

そのために、
この他流試合の連続ともいえる、
講演・研修の機会があることは、
本当に有り難いことです。

誰も歩いたことのない道を歩いて、

新しい教育の地平を切り拓いて行きます。




コメント

胎動

2018年06月20日 | Weblog
今、日本は変革しようと
し始めていると感じます。

ちょっとした、
新しい本の見出しにそれを感じたり、

新しい人との関わりの中に、
それを感じたり、

私も少しでもお役に立てるように
全力を尽くさなければなりません。

遅くはないと信じます。

子供たちの未来が、
そして、
全ての人たちの未来が、
明るいものになるよう、
力を尽くします。
コメント

日本の教育課題

2018年06月20日 | Weblog
日本の教育には、
様々な課題があると思います。

特に、
自分で考えて行動できないという問題は、
非常に大きいと思います。

これは、
表面的にキチンとなっている姿が
指導者たちに好まれるがゆえに、

結局、

自分では、何一つ、
考えて行動する力が育たぬままに、
大人になってしまうということだと思います。

待つこと、
我慢することが、
大切なのです。

混沌とした中から、
力強さは育っていくのだと思います。




コメント