Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

小さなことを

2018年07月31日 | Weblog
小さなことを
誠実にやり抜いていこうと思います。

それがいつの間にか、
大きな力になっていくのだと信じます。

とにかく自分の信ずる道を、
一歩一歩歩いて行くこと。

それしかないのだと思います。

小さな約束を破ったり、、
小さな誤魔化しをしないこと。

それが大切なのだと思います。



コメント

教師の本分

2018年07月30日 | Weblog
教育者にとって「成長」とは、
教育力が上がることだと思います。

野球で、

打者の打率が上がったり、
ホームランの数が増えたりするように。

投手の勝ち星が増えたり、
いくつもの球種を身に付けたりするように。

また、ピアニストが、

その演奏を素晴らしいものに
磨き上げていくように。

官の世界にいると、
どうも、この「個」として自分を磨き上げることが、
疎かになっていくように思います。

私は学校の先生を辞め、
一人の市井の教育者として生きたことで、

自分の教育力を磨くことだけに専念できて、
本当に良かったと思います。

教育力を磨くこととは、

とりもなおさず、自分自身が学び続け、
見聞を広め、視野を広げ、

実践の中から、
自分自身の教育論を確立していくことです。

そのことを通して、

一人でも多くの人たちの
お役に立てたらと思います。



コメント

なかなか難しい

2018年07月26日 | Weblog
自分を磨くことは、
なかなか難しいものです。

いくつになっても、
なかなか成長したとは思えません。

もっと忍耐強くならなくてはいけないし、
もっと仕事が早くならなくてはいけないし、
もっと計画性を持たなければなりません。

経営者としてなら、
もっと他に要求していくことが
出来るのだろうし、
それが正しい方法だとも思います。
組織することが大切だからです。

しかし、
教育者としての自分は、
とにかく自分を追い込んでいって、
そこに活路を見出していこうとします。

道があるかどうかもわからないのに・・・。

ただ、それが私なのかも知れないと思います。

それを乗り越えて、
次のステージに行くかどうかは、
自分の意志次第です。










コメント

打算では無く

2018年07月25日 | Weblog
多少なりとも子育てをして、
良かったと思うことは、

無償の愛の大切さを
知ることが出来たということです。

何も出来ない赤ちゃんの時。
意味も無く反抗して荒ぶる反抗期。

そうした中でも、
子供を大切に育み続けなければ
ならない責任が親にはあります。

いや、責任などとは
その時には考えていません。

何とかしっかり育てなくてはという
思いがあるだけでした。

それは、何かをしてくれたから
相応のことをしてあげるというような、
打算的ではない愛情です。

理不尽さをも包み込んで、
自分以外の者のために、
自分のことは後にしてでも、
育んでいこうとする心です。

それがきっと親心なのだと思います。

その経験から得た心の持ち方は、
私の仕事の大きな糧となっていますし、
私の生き方ともなっていると思います。








コメント

瑕疵の無い人生

2018年07月21日 | Weblog
大きな瑕疵無く
人生を終えて行かれる人たちは、
素晴らしいなと思います。

私は、
その時々に良かれと、
最善を尽くしてきたつもりだったのですが、

やはり、
それは「つもり」に過ぎず、

振り返ってみると、
若い日々の言動は、

血気にはやり、
間違いも多かったのだと思います。

いわば瑕疵だらけの人生です。

しかし、それも人生。

失敗の苦しみを乗り越えて、
成長していく以外に道はないのだと思います。

大きな瑕疵なく人生を歩まれる人は、
凄いと思います。
先が見通せていた人たちなのだと
心から尊敬します。

私は瑕疵だらけの自分の人生を
愛おしみながら、

顔を上げて、
更にチャレンジしていくだけです。


コメント

エクスプレッションアカデミー第2講座

2018年07月21日 | Weblog
エクスプレッションアカデミー
第2講座が終了しました。

二次会まで行って、
今、オフィスに戻りました。

今、思っていることは、

こんな楽しい学びの場が、
たくさん生み出せたら良いなぁということ。

ただ、それだけです。

それが人生。
それが教育だと思います。

コメント

プライド

2018年07月19日 | Weblog
本当のプライドとは、

期待された以上の価値を、

必ず、常に、
生み出し続けていこうとする
執念のようなものだと思います。

そして、それは、
決して人との関係の中で、
存在するものではなく、

あくまでも、
自分との戦いの中で、

自分の弱さには絶対に負けぬという、
誇りを忘れないことだと思います。

他人との関係に左右されるようでは、

本当の意味でのプライドということが
まだわかっていないのだと思います。

そして、それは、人生の志が
立っていないということでもあります。

ようやくそうしたことが
わかるようになってきました。



コメント

正しさ

2018年07月18日 | Weblog
何が正しいと判断するかは、
非常に難しい問題だと思います。

歴史上の事件の一つ一つにしても、
今起きている事件の一つ一つにしても、

立場を変えてみれば、
違う意味合いを持つからです。

そして、その一つ一つを、
学ぶにせよ、検証するにせよ、
膨大な労力を必要とします。

正しいと言うことは、
簡単なことではないのです。

人生の中で、
正しいと思っていたことが、

よくよく調べてみたり、
よくよく考えてみたりすると、
実はそうでもなかったということだって、
しばしば出てきます。

だからと言って、
物を言わないわけにもいきませんから、

その時点で、
自分が正しいと信ずることを
語るしかないのです。

そのことがわかっていれば、
正しいということに対して、
謙虚になれますし、

他人の独善に対しても
寛容になれるものだと思います。



コメント

若者達に

2018年07月16日 | Weblog
若者達に、

何か一つでも、
プレゼントしてあげられたら
と思うようになりました。

より良い人生を生きる糧となる
プレゼントです。

共に過ごす時間の中で、
自分に与えられるものがあるのか?

とにかく自分が成長しなければ、
何も生み出せないことは確かです。



コメント

自助論

2018年07月15日 | Weblog
スマイルズの『自助論』を読み返しています。

この本は、
常に新鮮な響きをもって、
向き合うことの出来る一冊です。

同じ話を二度聴いたり、
同じ本を二度読んだり、
ということには実に深い意義があります。

一度聴いたり、
一度読んだりして、
わかった気になっている人には、
絶対にたどり着けない境地です。

今までは大して響かなかった言葉が、
強烈に響いてみたり、

大切だと意識していなかった考え方が、
もの凄く大切だと認識できたり、

やはり名著の力というものは、
凄いものだと思います。

毎年、1回読んでも損はないと思います。







コメント