Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

無知な自分を憐れむ

2021年03月30日 | 人生

自分の学問の浅さを感じる日々が続きます。もっと深く広く学びたいと思います。

しかし、人間が一生のうちに学べる範囲には限りがあるようにも思います。

吉田松陰は、「学者になってはいけない。人は実行が第1だ。」と仰いました。

その通りだと思います。そして、拙いなりに自分の考えを確立して語ることが大切だと思います。

それでも、この歳になって、「早く知っときゃ良かった」と思うことがたくさんあり、己の学問の浅さを恥ずかしく思うことがたくさんあります。

こうした後悔は、きっと死ぬまでなくならないのだろうなぁと思います。

 

コメント