Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

鬼滅の刃

2020年04月20日 | Weblog
子どもたちの間で大人気の「鬼滅の刃」を読んでみました。素晴らしく面白かったです。
人物の設定の緻密さと深さ、世界観の面白さ、凄い想像力だと思います。本当に独創的であり、様々なことを学んだ上で描き出された世界観であり、作者に畏れ入るばかりです。
また、台詞も深く、ぐっとくる言葉がたくさん出てきます。どちらかというと大人向けのマンガのような気もします。
でも、描かれているテーマは、家族の絆、兄妹愛、友情、正義、信念、勇気、困難を乗り越える力、強い意志の大切さ、そういったものだと思います。その本質を子どもたちは鋭く感じ取る力があるのだと思います。だから流行っているのだと思います。そのことを嬉しく思います。未来への希望を垣間見たような気がします。
家族の絆など、大切なことをそのまま言うのではなくて、作品の中で描き出して伝えていくことは、本当に素晴らしい力だと思います。私にはとてもできません。そして、まだ、私よりも若い人だろうに、どうしてそんなに深く心の世界を描き出せるのだろうかと思いました。
アマゾンプライムで見るか、コミックスを読むか、皆様もお楽しみ下さい。まだ、完結してないので、これからも楽しみです。




コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 10万円と言うけれど | トップ | 政治とどう向き合うか »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (無垢品法生)
2020-05-20 09:41:51
今、息子と一緒に木村先生の漫画の感想を読んでました。

私も大人向けのマンガのような気がしていて、木村先生のコメントを拝見するまでは、息子がこの漫画にハマっているのを心配してました。描写が怖くもあり。血とか。

木村先生のコメント感想には、
「でも、描かれているテーマは、家族の絆、兄妹愛、友情、正義、信念、勇気、困難を乗り越える力、強い意志の大切さ、そういったものだと思います。その本質を子どもたちは鋭く感じ取る力があるのだと思います。だから流行っているのだと思います。そのことを嬉しく思います。未来への希望を垣間見たような気がします。
家族の絆など、大切なことをそのまま言うのではなくて、作品の中で描き出して伝えていくことは、本当に素晴らしい力だと思います。私にはとてもできません。」

私の感想は、最初は、「そうなんだ。うそ〜?」と正直びっくりしました。

この漫画を流行ってるからと息子が見せていた、親として、不安でしたが、木村先生の感想に救われた気がしました。

親として、ちゃんと内容を確認、見ずにジャッジしてるいたんだと反省してます。

息子の感性信じようと思います。

子供は、自らの素晴らしい感性で判断して、成長しているだなぁと思いました。

私も子供に教えてもらって、みてみようと思ってます。

ありがとうございました😊

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事