Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

志の教育

2015年11月25日 | Weblog
本日、専門学校での「志の教育」のモデル授業、
全8講座が終了しました。

皆様と共に、素晴らしい時間を過ごせました。

第8講座は、これまでの講座で、
「感じたこと・気づいたこと・学んだこと」であり、
「自分自身の志」を語るということでした。

学生の皆さんのスピーチは本当に素晴らしかった!

自分の言葉で思いを語っていた、
その成長の姿に本当に驚きました。

そして、自分のつらい過去を語り、
それを乗り越えようとしている勇気に感動しました。

そのスピーチの深さには、思わず涙が出ました。

素晴らしい皆さんと共に学ばせていただいたことに、

また、その時間を共有させていただけたことに、
心からの感謝を申し上げます。

どうか、恐れずにチャレンジし続けて下さい。

人の痛みの分かる優しい人になって下さい。
同時に、痛みを救える強く明るい人になって下さい。

皆さんなら必ずできます!

今もまだ、素晴らしい時間の余韻が残っています。
本当にありがとうございました。
コメント

正邪の秤

2015年11月23日 | Weblog
場面場面で切り取って見れば、
邪なことがうまくいっているように
見えることもあるのだと思います。

しかし、
正邪の秤は、
必ず正しい所に落ち着くものなのです。
天秤の動きとはそうしたものです。

私が私利私欲のために行動しているのであれば、
きっと上手くいかなくなることでしょう。

しかし、そうでなければ、
仮に、一時的に騙されたり、
人に利用されることがあったとしても、

時がたてば、
正邪の秤は正しい位置に戻るのだと信じています。

それは、
社会のため、未来のために、
真摯に尽くそうと努力を重ねる人間に、
天は必ず報いてくれるからです。

人間であっても、
心の目が曇っていなければ、
私利私欲のために行動している人と、
公のために尽くそうとしている人との区別はつきます。

今まで振り返ってみて、
「私心なかりしか」は、
私の行動の一つの指針です。

色々な非難があったとしても、
心静かに、その非難が、
どのような心から出てきたものかを考えれば、

答えは自ずと見えてくるのだと思います。

コメント

理解

2015年11月23日 | Weblog
理解していただくことは、
なかなかに困難なことだと思います。

私が講演や研修で語ったことの
いったいどれほどの部分が、

本当に私が心から思っている意味合いにおいて、
聴いて下さった人の心に届いているだろうかと思うと、
心胆を寒からしむるものがあります。

勿論、
それは伝える私の力の不足でもあり、
迫力の足りなさでもあります。

更に言えば、
信ずるものの違いというか、
見ている世界や、目指してる世界の違いでもあると感じます。

そうした誤解も突破していくだけの、
迫力と繊細さを持ち合わせていこうと思います。



コメント

ネガティブな発言

2015年11月18日 | Weblog
ネガティブな発言は、
最悪の事態を想定して、
良い忠告をして下さっていると受け止めて、
感謝します。

しかし、

想定して下さった最悪な事態は、
ネガティブな発言をする人の元に、
形を変えて訪れることを、
私は如何ともすることができないというのも事実です。

なぜなら、
ネガティブな発想をするから、
ネガティブな言葉が生まれ、
ネガティブな行動となり、
ネガティブな事態が引き起こされるのが原理原則だからです。

心の習慣が生み出す、
負の循環に気づくことが大切なのだと思います。



コメント

逆境の中で

2015年11月17日 | Weblog
逆境にある人に、
どのような言葉をかけることができるか。

また、

どのような行動をとることができるかで、
その人の器の大きさや誠実さがわかります。

どこに本当の思いがあったのかは、
誤魔化しようもなく伝わってくるものです。

コメント

蚊のたかってくるように

2015年11月17日 | Weblog
「蚊のたかってくるように、
用のたかってくる人にならなければいかんよ。
役に立つ者は用に追いかけられるが、
役に立たん者は用の方で逃げてゆく。」(渋沢栄一の言葉)

この言葉は渋沢栄一が口癖のように言っていた言葉だそうです。

「バランス良くみんなで仕事を割り振って・・・」
というのは理想論であって、
現実にそうは成らないものです。

仕事に命を賭けておらぬ人に頼んでも、
いつまでたってもその仕事はできあがって来ないし、
仕事と気がつかないから、やるべき事も見えては来ないのです。

必然的に仕事はできる人、責任感の強い人、
向上心のある人の所に集まってきます。

「私に言ってくれたら・・・。」と言っている時点で、
もう誰も仕事を頼みはしないのです。

・・・と、仕事を抱え込んで悩ましいところを、
何とか脱却しようと一歩一歩頑張っています。

コメント

真善美

2015年11月11日 | Weblog
今は、あまり語られなくなった言葉ですが、

真・善・美 は、やはり大切だと思います。

大人になるということは、
それらの価値を
冷ややかに眺めるようになるということでは
断じてないと思います。

私はそう信じています。
コメント

美しい心を

2015年11月11日 | Weblog
仕事ができることも大切です。
お金持ちであることも良いことです。
美人であることも良いことだと思います。

しかし、それらのことは、
心の美しさとは必ずしも一致しない。

私は心の美しい人が好きです。

私利私欲が好きな人とは馬が合いません。
噂話や陰口や悪口が好きな人とも馬が合いません。

良い悪いではありません。

ただ、馬が合わないだけです。
価値観が違うだけなのです。

価値観が違っていても、
全ての人が幸せになればよいと心から思います。

コメント

大義を心に留める

2015年11月10日 | Weblog
大義がなければ、

些末なところに目が向き、
些末な視点での判断となってしまいます。

喜びも、悲しみも、怒りも、
それはどこから湧き出て来ているものなのか、
常に自問自答していきたいと思います。

自分の損得や、
つまらぬ意地や、
他との比較から生じる感情ではなく、

良き大義を持ち、
それに照らし合わせての、
怒りや、悲しみを持ちたいと思います。

そして、
大義と合致してこその、
大きな喜びではないかと思います。
コメント

念じ続ける

2015年11月08日 | Weblog
念じ続けていれば、

いつかそれが実現していくのだと、
この歳になって感じています。

困難もあり、
逆境もあり、
油断もあります。

時には、
道が行き止まりだと感ずることもあります。

しかし、
思い続けている限り、
少しずつ、その方向に向かっていくのだと思います。

時に道が見えなくなったように思えても、
念じ続けている限り、
実現に向かっての歩みは止まっていないのだと思います。

だから、善きことを念じ続けなければなりません。

思いがかなうのであれば、
やはり、善きことを思い続けることが大切で、

その思いとその実現に対する疑念は、
自分自身のパワーを削ぐことになります。

だから、
「思い続ける」という、
その一事を大切にしたいと思います。

コメント