東京アイランド

OCNブログ人サービス終了に伴い、ここに引っ越ししました!

トリックアート

2016-10-22 00:00:00 | 2016栃木・鬼怒川

 お金見っけ!!お財布ではなく、裸で落としているから、そっくり自分の懐へ!!(ネコババを企んだ私が恥ずかしい)あのー、原則として、裸の現金であっても、ちゃんと警察に届け出ないと遺失物横領罪になってしまいます。警察に届出をして、3ケ月?6ケ月どちらか落とし主が現れなければ、自分のものになります。
 ずーっと昔、都心でのサラリーマン時代、通勤途中の地下鉄東西線大手町駅(東京駅)で財布拾得。持ち主の手がかりになるようなカード類は入っていない。現金6千円と、小銭が入っていました。財布なので、駅構内の鉄道交番(?)ずっと昔なので記憶はうろ覚え。交番に届け出をして、数か月後。「○月○日、大手町駅での取得物はあなたの権利になりました」と警視庁からの連絡があったので、あのころは若くて貧乏サラリーマンなので喜んで受け取った思い出があります。
 父も「お札見っけー!」と拾おうとしてしまいました。そりゃ、ここは「トリックアート」。ホンモノなわけではありません。

 これも目の錯覚、トリックアート。我が家ではいつも、こう。母がいつも優位に立ち、父はいつも下っ端。国王様のお出まし、となると母はナンバー2の補佐。私は3番目、という感じになるでしょうか。あのー、世帯主は私だってば!
コメント

鳥取地震・・・下関は気づかず

2016-10-21 23:00:17 | 2016栃木・鬼怒川
 宿に着いたのは17時過ぎ。テレビをつけたら・・・「本当に!?」と信じられないような映像。めったに地震の起きない鳥取に震度6弱。すかさず、スマホで確認すると、各地の県内最大震度は 山口県震度4。
 電話代行リレーサービスを利用して実家の伯母にコール。「地震があったことすら全然気づきませんでした。携帯がブーブー鳴りっぱなしでね、なんのことなのかわからなくてね・・・ガス漏れ?かと思ったくらいですから」拍子抜けでした。伯母は携帯を持っていても、もっぱら音声のみ。
 あとで詳しく調べてみたら、山口県東部の岩国あたりは震度4。下関は2。そう、山口県西部はずーっと昔から地震とは無縁な地帯のようです。
 テレビを見ていると、去年の山陰&中国山地JR旅で訪ねた地域です。倉吉も通りました。甚大な被害があったようで、本当に心からお見舞い申し上げます。
 2016年は熊本地震、函館地震、鳥取地震。日本のあちこち大きな地震が起きています。明日は我が身なのかも知れない。災害は忘れたころにやってくると言われているとおり、普段から気をつけなければなならないと思います。
コメント

きぬがわ

2016-10-21 22:25:39 | 2016栃木・鬼怒川
 本当は・・・毎年の定例行事として山口の叔父も東京で開かれるクラス会の次いでに一緒にここに来る予定だったのに、事情により来れなくなってしまった。直前になって宿をキャンセルというのは少し気が引けてしまうので、1人減員して予定通り。
 東武鉄道の観光特急「スペーシア」で鬼怒川温泉まで直行できるはずですが・・・うちの家族は「非鉄」。自宅からクルマです。
 アクアライン経由と首都高速湾岸線経由比較してみると、後者のほうが距離は短い。それを選んで向かうと、C2(中央環状)は大渋滞。いくつかのジャンクションがあるため、いつも混んでいる。すると、父が「この道ダメだね、別のルートは?」しかめっ面にして「東北道に向かうのにこの道しかないってば!!」(怒)。
 うちの父はいつも「とんちんかん」なことばっかり言うので、私はいつも「怒」。

 埼玉県を抜け、栃木県。鬼怒川方面を走らせると、あちこち地名を示す「鬼怒」の漢字。
 
 すると父が

 「いつも鬼のような顔をして怒ってばかりだから、ここはおまえの里じゃないのか?」

 「余計なお世話っ!!」(怒)
 「鬼怒って読み方わかる?」(ろう者の方は漢字の字を見て意味を理解したり、イメージや想像力は強いが、音声の読み方が苦手な方が多いようです)
 「鬼が怒る」
 「鬼怒と書いて、きぬ」
 「鬼怒」の手話表現は「鬼、怒る」だけど、地元ではちゃんとした表現はあるなのかも知れない。
コメント