東京アイランド

OCNブログ人サービス終了に伴い、ここに引っ越ししました!

2013年10月還住丸実績

2013-10-31 23:26:26 | 還住丸実績

10月 1日(火) × 欠航 条件付き。青ヶ島に接近したのに、引き返し
10月 2日(水) × 欠航 未明、22号が青ヶ島に最も接近
10月 3日(木) ○ 就航 
10月 4日(金) ○ 就航 貨物船入港
10月 5日(土) × 欠航 台風23号の影響
10月 6日(日) 日曜運休
10月 7日(月) × 欠航 台風24号の影響
10月 8日(火) × 欠航 24号のうねりが届く
10月 9日(水) ○ 就航 条件付きでも無事就航
10月10日(木) ○ 就航
10月11日(金) ○ 就航 貨物船入港
10月12日(土) ○ 就航 条件付きでも就航
10月13日(日) 日曜運休
10月14日(月) × 欠航 台風26号の影響
10月15日(火) × 欠航 かなり強く大型なので、次第に波が高くなる
10月16日(水) × 欠航 三宝港は完全に海の中(波の高さ7メートル超え)
10月17日(木) × 欠航 
10月18日(金) ○ 就航 条件付きで就航 貨物船入港
10月19日(土) × 欠航
10月20日(日) 日曜運休
10月21日(月) ○ 就航 条件付き 台風接近前のワンチャンス就航に成功
10月22日(火) × 欠航 台風27号の影響
10月23日(水) × 欠航 沖縄近海へ接近
10月24日(木) × 欠航 向きを東寄りに変わる
10月25日(金) × 欠航 伊豆諸島に接近(25日未明から朝にかけて)
10月26日(土) × 欠航 
10月27日(日) × 欠航 すでに27日まで欠航決定(村役場からのお知らせ)
10月28日(月) ○ 就航 貨物船入港 2個の台風が消滅、爽やかな秋晴れ
10月29日(火) ○ 就航 高気圧に覆われ、穏やか。日中の気温上がる。
10月30日(水) ○ 就航 
10月31日(木) ○ 就航

 就航しなければならない日28日
(10月27日の日曜日は、木~土連続欠航した場合、予定日になっていました)
 就航した日12日 就航率42.8%
 10月は、22号、23号、24号、26号、27号が立て続けに接近したため、就航率がぐーんと下がりました。台風が去って、次の台風が来るまで連続就航もありましたが、今月の就航率は冬季と同じくらいなんです。さて、11月は6割まで復活しそうかな・・・。

コメント

11月5日夜19:54~テレビ東京

2013-10-31 23:03:40 | 青ヶ島

 またもや、青ヶ島が出ますっ!!最近、テレビに日本の秘境、青ヶ島ばかり出ますな~!!青ヶ島のお友達からのメールによると、年末もまた放映されるそうです。
 ・ありえへん世界 
 ホームページを拝見すると、青ヶ島村は無番地。しかも4割が同じ苗字(広江さん、佐々木さん、奥山さん、菊池さんが多いそうです)。郵便配達員はどうやって配達しているだろうかというところに興味あり。下の名前がなくても、ゆうパックに電話番号があれば、間違いなく届けられそう。有名ブロガーのハンドル名だけでも、郵便局員さんは本名を知っているから、間違いなくお届け。ブログによく登場する「100-1701 ワンちゃんの名前」だけでも飼い主さんのお家のポストに投函されるかも。郵便番号とワンちゃんの名前だけでもちゃんと配達できるのは、たぶん、ここだけかな?
 11月4日から1週間は、木枯らしが吹くかも知れない?と、11月3日までの予想天気図を見ながら予想してみました。等圧線に大きな乱れはなく、木枯らしが吹く気配はなさそうです。10月上旬になってもまだまだ夏日だったので、もっと先になりそう??もしかすると、来週も安泰になりそうです。(?)気象庁の発表した天気図を見ながらこの先どう変わるか、あくまでも私の予想なので、万が一その通りにならなくても責任は持てません。悪しからず・・・。

 10月28日(月) ○ 就航 貨物船入港 爽やかな秋晴れ
 10月29日(火) ○ 就航 
 10月30日(水) ○ 就航
 10月31日(木) ○ 就航 
―――(ここから予想)―――
 11月 1日(金) ○ 就航 貨物船入港
 11月 2日(土) ○ 就航 パーフェクト就航!!
 11月 3日(日) 日曜運休
 11月 4日(月) ○ 就航
 11月 5日(火) ○ 就航
 11月 6日(水) ○ 就航 となりそうです。
 還住丸の乗組員さん、連続出勤は本当にお疲れかと思いますが、島民たちのインフラを守るためになにとぞよろしくお願いいたします。

コメント

式根島もそろそろ終焉・・・

2013-10-31 01:05:06 | 式根島
 

201310310001式根島のシンプルな民宿だけど、お食事の内容もボリュームたっぷり。
 チェックアウトすると、「2時に港までお見送りします。お荷物はここに置いてもいいですよ~」と言われてしまいましたが、「ありがとうございます。私たちはレンタカーなので大丈夫です」。
 式根島に着いた初日、港でしばらく写真撮影。なかなか私たちが現れてこないからと「台風が近づくからとドタキャンしたな~」って思われたのか、清水屋さんのクルマが出てしまいました。出発当日の朝、「心配していた台風の影響がなく、よかったです。今からお伺いしますので、よろしくお願いします」ってメール送ったのに~!!
 なかなか迎えに来ないから、頭の中で記憶していた電話番号を入力し、呼び出し。市外局番04992は伊豆大島、利島、新島、式根島、神津島。市外局番に続く、市内局番の「2」と「4」は大島、利島村は青ヶ島と同じく秘境の島だから「9」、新島本村は「5」、式根島は「7」、神津島「8」。
 04994は三宅島、御蔵島。04996は八丈島、青ヶ島。04998は小笠原。
 島の旅館は、できるだけ若い番号を割り当てられるところが多く、清水屋は40番でした。
 わざわざメモをしなくても、049927の・・・40番と頭の中でインプット。(笑)
201310310002
 お世話になりました~!!


201310310003  まず、友人と荷物を野伏港に送り、レンタカーの中身をからっぽにしてガソリンスタンドへ。離島の輸送料もかかるので、リッターあたりの単価は高いっ!!内地の差は50円くらい。

201310310004  式根ののどかな道路。
式根島のレンタカーは先払いではなく、後払い。2千円札をもっと流通させたいと思い、利用料金を2千円札払い。式根島もあまり通流していないせいか、笑いながら数えていました。
 金融機関の郵便局も近いから、2千円札をゆうちょ銀行窓口に戻すことはせず、一般島民の手に渡って欲しいな。手元に2千円札があると、それを嫌がり、ATMに戻し、結局銀行の金庫で眠らせているところが多いと聞いています。店舗でもおつり用としてお客さんに渡すことはなく、即金融機関行きだそうです。沖縄では当たり前のようにATMから2千円札が出てきます。(2千円を指定すると、千円札2枚。3千円は2千円札1枚と、千円札1枚)
201310310007

 野伏港。

201310310006  新島村営の「新島-式根島」連絡渡船の「にしき」。
 還住丸(八丈島-青ヶ島)と同じくらいの大きさかな。
 新島から式根島は目の前にあるので、20分で行けてしまいます。
 同じ大きさの船で、2時間半も揺らされる「還住丸」は黒潮を横切るので、これに比べると大変な航海かも・・・。20年以上も動き続けている「還住丸」は今年いっぱいになります。長年も憧れていた青ヶ島へ連れてくれたこの船は思い出深く、引退はとても残念ですが・・・。初めての青ヶ島は島に近づくつれに見上げるそびえ立つ断崖絶壁の風景にカルチャーショック。港から集落に行くときの道もまるでジェットコースター。これもカルチャーショックの連続。(1999年の回想)平成26(2014)年からは下関で製造された、真新しい「あおがしま丸」就航予定。新しい船も長年も慣れ親しんでいる「還住丸」を引き継げばよかったのにと思います。

コメント

苫小牧の居酒屋「のんきや」は名前とおり「のんき」

2013-10-30 00:28:03 | 2013北海道・江差・小幌駅
 

201310300001もうすぐ11月だというのに、7月下旬に行った北海道の話です。自分の好きな場所に行くと、話が長くてきりがなく・・・・(笑)
 苫小牧駅で翌日乗車予定の指定席券に変更してもらい、目の前にある「ホテルルートイン苫小牧駅前」にチェックイン。苫小牧に向かう電車の中で携帯電話から予約したこともあり、チェックイン手続きはスムーズ。携帯電話で予約した同時にカード決済なので、フロントに私が来たことを伝えるだけですぐに部屋を用意してくれました。部屋の高さは特にリクエストしていないのに、最上階の11階を案内されました。1番上のお部屋なんて、VIP気分(笑)
201310300002
 晴れていれば、明日は小幌に行きたいのに、にわか雨。
 部屋から見える、苫小牧の街並み。
 雨が降っているので、できるだけ外出せず、ホテル内で夕食を済ませたい。
 ところが・・・7月28日は日曜日なので、ホテル内のレストランは休業日とのこと。
 フロントの係員に「歩いて行ける距離に、食事ができるところはないですか?」と聞いてみました。
 「少し歩いたところに、居酒屋ののんきやがあります。ホテルと提携していますので、ルームキーを見せると5%の割引になります」
201310300006
 言われたとおり、「のんきや」に行ってみました。お店の雰囲気からにすると、喫煙OKっぽい。ドアを開けて、中の様子をチェック。奥の座敷に男性軍団がパカスカとタバコ吸い。手前のテーブル席は誰も座っていません。
 店員さんに「奥の座敷にどうぞ」と案内されました。あの座席だと、タバコ吸いの横なんでしょ、「ここがいいですよ!!」とテーブル席を希望。
 「あっ、ここは雨もりのしずくが落ちるんですよ。テーブル席はダメなんですよ!!」と「雨漏り」の仕草。不運にも、パカスカ族の横・・・。男性ばかりで、肺気腫(※)の一歩手前、ひっきりなくタバコを吸いながら酒を飲んで食事。そんなの同時によくできるな~と感心。タバコの先っぽから出てくる煙は、有害物質たっぷりで吸わない人の髪の毛や服にこびりつくなんて、非常に迷惑っ!!やはり、ここは喫煙率ワーストワンの北海道っ!!日本全国の喫煙率を調査したところ、北に行くつれに喫煙率が上り、北海道がワーストワンになっています。ちなみに喫煙率が低いところは西日本、ナンバーワンは奈良県。
 (※)肺気腫と診断されると、もう治療の施しようがない。余命数年というパターンが多い。長年の喫煙が原因でお亡くなりになった方も知っていますので、タバコを吸う人にはさりげなく禁煙の奨めをしています。喫煙者は、自分はニコチンの支配下に置かれている自覚がないようです。ニコチンに振り回されっぱなしの一生はもう勘弁だと目覚めて欲しい。

201310300003
 注文しても、なかなか料理は運ばれてきません。飲み物を頼んだのに、すぐには出ません。
 お店の名前が「のんきや」だから、注文を受けても、の~んきにしているでしょうか・・・。カウンター越しに厨房なんだけど、料理人が忙しく動き回っています。
201310300004 201310300005  この写真だけではなく、他に北海道しか出ないメニューを注文しましたが、運ばれるまでの時間が長すぎる。
 腹ペコなので、待ちきれずに「さっき○○を注文したんだけど、それはまだ出ていません。新たに別の料理を注文しますが、○○はタブって作るようなことはしないようにお願いします」と慎重にリクエストする始末。頼んだものがまだ来ないとしびれを切らしても、友人は「まあまあ、落ち着いて。これからの時間たっぷりあるし、のんびりすればいい」となだめられてしまいました(笑)。
 料理は美味しかったですけど、お店の名前とおり「のんきや」。注文してから運ばれるまでの時間が長いというのは覚悟です。
201310250004  夜景。雲が出てきて、少しずつ晴れたようです。
 明日の小幌行きは・・・・。テレビの天気予報を見ると、29日の室蘭地区は雨60%。期待できない。
 今も日本一の秘境駅、小幌に降りてみたい気持ちは変わらず。友人も同じような気持ちでいっぱいなはずなので、リベンジはいつになるのか!?(笑)

コメント

熱帯低気圧がなかなか台風29号昇格できず

2013-10-29 23:35:50 | 青ヶ島

 28号が消えたとたん、気象庁の台風情報では怪しげな熱帯低気圧がずっと西へ西へ進んでいます。10月29日の千葉は1日中雨が降っていましたが、還住丸は就航。
 この先週末までの天気図を予想してみましたが、欠航になるような理由は見当たらず。台風29号に昇格しても、そのまま西へ行き、フィリピンに上陸する見込み。フィリピンから伊豆諸島までかなり距離があるので、一切影響はなさそう。週末までパーフェクト就航になりそうです。

 10月22日(火)~27日(日)6日連続欠航(台風27・28号)
 10月28日(月) ○ 就航 貨物船入港 爽やかな秋晴れ
 10月29日(火) ○ 就航 
―――(ここから予想)―――
 10月30日(水) ○ 就航
 10月31日(木) ○ 就航 
 11月 1日(金) ○ 就航 貨物船入港
 11月 2日(土) ○ 就航 パーフェクト就航!!
 11月 3日(日) 日曜運休
 11月 4日(月) ――― 
 11月 5日(火) ――― 

 11月4日からの1週間なんですが、ちょっと予想が難しくなりました。この1週間に関東で冬の来訪を最初に知らせる木枯らしが吹いてきそうな予想。風も強くなるので、還住丸に少し影響が出そうです。とりあえず、現時点の予想は―――(予想不測)にしておきます。

コメント

古宇利島でサンセット鑑賞

2013-10-29 00:47:07 | 2013沖縄&古宇利島

 今まで沖縄に行った回数は?と聞かれても、数えきれないほど・・・。飛行機のマイレージマイルを貯めた自分へのご褒美や、誕生割(昔は全国どこでも誕生割片道1万円均一をやっていた)、友人と超割(これも片道1万円均一)。タダまたは安く沖縄へ。今は燃料高騰や不景気のあおりなのか、ANA、JALどちらも昔みたいに誕生割や超割の企画はなくなったみたいです。元日のみ無制限で全国どこでも乗り放題というANAさんの企画もあったのに、最近は実施しなくなりました。元日のみ無制限で乗り放題だったら、羽田~沖縄~千歳~羽田。お正月の1日だけは、沖縄に行って、その日のうちに北海道に行って、東京に戻っても1万円っ!!しかし、元日は1日中「機上の人」はやはりきつい。飛行機が大好きなら、1日中飛行機に乗っても快適かと思いますが・・・。
 今まで何回も沖縄に行っているのに、こんなに素敵なサンセットに巡り合えたのは古宇利島が初めてです。
201310290004  
 部屋にいながらサンセット鑑賞ができるなんて、贅沢。


201310290005 201310290006 201310290007  

 

9月中旬、日没時刻18時30分。(沖縄)

201310290008_2 小さな、まん丸い太陽が完全に沈んでしまいました。
 その頃の母は、山口県に住むお友達とテレビ電話に夢中。
 KAYARESORT古宇利島は若い人が経営しているので、Wi-Fi完備。
 辺鄙な島に来ているのに、無線LANでビデオチャットなんて、時代が変わりましたね。

コメント (2)

故郷の阿川駅

2013-10-29 00:00:00 | 山口

 新聞テレビ欄のゴールテンタイムに放映される番組をちらっと確認してみたら、20時からのNHKに「阿川駅」を見つけましたっ!!阿川は山口県の故郷、長門二見から長門市方面へ滝部、難読駅の特牛(こっとい)、3つ目の駅になります。
 ゲストは阿川佐和子さん。最近出版されたのは「聞く力」という本です。阿川さんは有名なエッセイスト、しかもベストセラーなので無条件購入。

201310290002
 ずっと昔から変わらずの木造駅舎、阿川駅がっ!!
 もしかすると、開業時からそのままの姿かなと思い、調べてみたら1928(昭和3)年開業でした。

201310290003  國鐵様式の「阿川駅」看板も、かなり渋い。
 出札窓口、駅事務室、駅長室などもありますが、もうすでに20年以上前から無人駅化。広いスペースは閉鎖されたまま空洞化。
 國鐵遺産として、いつまでもその駅舎を残せたらいいな・・・。

 阿川駅に訪ね、阿川姓のルーツをたどる旅なんですが、阿川さんという人物はなかなか見つからず。鶴瓶さんは角島へ旅。故郷の懐かしい映像を全国ネットワークで放映されました。
 来週の11月4日(月)の20時からも続きが出ますので、是非ご覧ください。
 母曰く「阿川は同じ旧豊北町内といっても、私にとってあまり馴染みがないところだから・・・せめて二見で撮影が行われたら嬉しいわ」と言っていましたが・・・。二見にロケがあったのは、電波少年の「箱男」くらいでしょうか。いつの間にか、二見漁港に鉄の箱で覆われた「箱男」が置かれました。声で話しかけることができないため、要求は箱の上についている、電光文字。たとえば、メッセージ用のキーボードに文字を打ち込み、「食べ物ください」とか。地元の人が替わる替わる食事の世話までしていたので、テレビに出た顔を見ただけで、「あの人は○○さんで、この人は○○さん」と父が知り合いのように名前を言っていました。伯母も心配症なので、箱男に食事の差し入れも・・・。何もない「二見」だというのに、スナックバーに箱ごと持ち運ぶ様子が出ましたが、二見にスナックバーは1軒もありませんっ!やらせかと思いましたよ・・。
 VHS録画してありますが、今の時代、VHSを再生できる機器がなくなってしまいました・・・。

 今日のランチは・・・えび、ベーコン、とうもろこし、鮭、レタス、きゅうりを使った201310290001チャーハン。

コメント (2)

爽やかな秋晴れ

2013-10-28 09:27:54 | 青ヶ島

 2個の台風が消え、荒れていた三宝港もぴたっと凪ぎ、今日は1週間ぶりに就航。マリアナ諸島で発生している熱帯低気圧は台風29号になる見込み(?)ですが、日本列島は高気圧に覆われているので、予想進路は西になりそうです。今のところの予想では、日本列島や伊豆諸島への影響はなさそう。(あくまでも私の予想。台風の大きさや規模、そして進路により、海上状況が変わる場合もあります)

 10月22日(火)~27日(日)6日連続欠航(台風27・28号)
 10月28日(月) ○ 就航 爽やかな秋晴れ
―――(ここから予想)―――
 10月29日(火) ○ 就航 高気圧に覆われ、穏やか。
 10月30日(水) ○ 就航 
 10月31日(木) ○ 就航 
 11月 1日(金) ○ 就航 貨物船入港
 11月 2日(土) ○ 就航 パーフェクト就航!!
 11月 3日(日) 日曜運休
 11月 4日(月) ○ 就航

コメント

ドライブレコーダーin式根島

2013-10-28 00:00:00 | 式根島

 季節はもうとっくに晩秋になっていますが・・・夏に行った北海道、式根島、沖縄の話はまだ終わっていません・・・。気が向いたら、少しずつランダムにアップしていきたいと思います。
 泊海岸の動画を編集していたら・・・去年はあれほど砂を怖がっていたSOクン。今年は平気に砂風呂に入れるほど成長したな~っ思いきや・・・(笑)
 デジカメをドライブレコーダー代りに運転席に設置、前面の様子を録画。ハイビスカスやオレンジ色のお花が咲いていたりして、南国の島らしさ情緒たっぷり。民家も疎らに建ったりして、そこで暮らしている方々はのんびり過ごされているでしょうか。

コメント

青ヶ島熱狂マニアの「あおがしまラーメン」

2013-10-27 00:02:07 | 青ヶ島
 

201310270011青ヶ島のお友達から送ってくれた、新製品「ひんぎゃの塩ラーメン」。日本一、超ミニ自治体の青ヶ島村だというのに、特産品は数えきれないほど沢山。
 北海道の札幌ラーメン、塩バージョンと同じ要領で作ってみました。

201310270009
 これが「あおがしまラーメン」!!
 麺を茹でてみると、まるで博多ラーメンみたいに細麺。
 札幌は縮れが特徴だけど、あおがしまラーメンは博多っぽい。
 スープは・・・青ヶ島らしく鰹節のダシが効いているのか、すごくあっさりしています。
201310270010  ラーメンだけだと野菜不足になるので、韓国のチョレギサラダも添えて。
 今までいろんな種類のチョレギサラダを作ってみましたが、友人から教えてもらったレシピはこれです。本当に美味しくって、父は全部丸ごと呑み込んでしまいました。

201310270012
 夕食。カンパチと真鯛の刺身がメインですが・・・味は所詮スーパーの刺身。
 これでもあまりぱっとしません。やはり美味しいのは、山口県日本海側や青ヶ島で獲れたお魚。(笑)

コメント (1)

檜原村を満喫中

2013-10-27 00:00:00 | 奥多摩&檜原

201310270001 陸地繋がりの東京都最果ての地、檜原村。最果ての地にふさわしい、「小笠原村」「青ヶ島村」も東京。
 叔父がリクエストしたとおり、自然散策。

201310270002
 檜原村で有名な観光地、「拭沢(ほっさわ)の滝」。撮影日は10月17日、その前日は関東を襲った10年に1度の猛威を振るった台風26号。
 真夏に来たときは、ひょろひょろ・・・の水でしたが、台風の影響なのか勢いよく流れています。



201310270003 201310270004  
 このあたりは湿度が高いせいか、天然の「きのこ」発見!!
 これは食べられる「きのこ」かな?
 「きのこ」と言っても、食べられない毒もあります。

201310270006
 大昔の檜原郵便局舎。
 2キロ先の天狗瀧遠望って書いてありますね。

201310270007  
 叔父が「あっ、あの滝だ」と指差し。


201310270005  
 普段はひょろひょろ・・・なかなか見つけられなかったというのに、今回は台風の影響なのか、はっきり見つけられました。

201310270008
 払沢の滝に向かう遊歩道は急な坂道もなく緩やかなので、高齢者の足でも進んで行けます。



コメント

青ヶ島現在の様子(台風通過中)

2013-10-26 10:45:07 | 青ヶ島

201310260001 数日前に発表された進路予想では、27号は26号と同じコースをたどることになり、十分警戒が必要とのことですが、南にそらしてくれたので、房総半島は暴風域に入ることはなくなりました。
 それでも前線を刺激し、雨量が多くなっているので、伊豆大島の二次災害が大きくならないように祈っています。
 中心気圧の数値が低ければ猛烈になってしまいます。今回は970ヘクトパスカルなので、「やや強い」かと思います。
201310260002  
 9時40分の三宝港。970ヘクトパスカルを通過中。数年前、920や930ヘクトパスカルの猛烈な台風通過、桟橋が見えないほど完璧に水没。少し高台にある旧待合室が壊れてしまいました。

 村役場が設置しているライブカメラの動画を少しアップしてみます。(10月26日午前9時40分現在の様子)
 朝の臨時ヘリ、定期ヘリは欠航。夕方は臨時ヘリを期待できるほど回復する見込みですが・・・夕方臨時ヘリは10月下旬から翌年3月下旬くらいまでは日没時間なので、飛ばないことになっています。(夕方臨時便は八丈空港16:20→16:40/16:45→17:05)

コメント

札幌 → 苫小牧

2013-10-26 02:19:51 | 2013北海道・江差・小幌駅
 

201310250002札幌発苫小牧行はJR北海道発足後まもなく製造された電車、721系。寒冷地帯向けなのか、首都圏のようなロングシートではなく、ドア付近のデッキと客室の間に仕切扉がついています。
 白石駅で千歳線に分岐し、最初の駅は「平和」。平和の次は新札幌。本州の「新」が付く駅は新幹線停車駅に多いが、北海道の「新」が付く駅は、あとからできた「新しい街」かな??
201310250001
 「かみのっぽろ」。駅名票に「札」が付いているので、ここでもまだまだ札幌市内。
 漢字にすると「上野幌」。東京の上野を意識して読むと「うえのほろ」になってしまいそう。

 上野幌の次は「北広島」なので、札幌市内はここまで。北海道北広島市に入ります。1996(平成8)年9月1日に市制施行、「札幌郡広島町」から「広島市」に改めようと思いましたが、西の広島市と混同を避けるために、千歳線の駅名通り「北広島市」に。「久留米市」の本家は福岡県。東京でも「久留米」はありますが、そちらは「東」を冠して「東久留米市」。手話表現も、「東」+「久留米」になりますが、東京なのに九州手話の「久留米」でも通用。(腕に2本の指を当て、ひっくり返す)福岡が本家だから、東京でも本家の表現を引用。
 今のうちに今夜の宿を確保しなくちゃ!と携帯電話をいじっていたら、苫小牧駅すぐそこのホテルが2軒。口コミで★の数が多いほうの「ホテルルートイン苫小牧駅前」を選択。「予約する」のボタンを押し、部屋確保。音声ではなく、携帯電話のネット経由で予約ができるなんて便利な時代になりました。
201310250003  苫小牧駅到着!!
 汽車の左側に見える建物は今夜の宿。
 前面のフェースがキハ28、キハ58っぽいと近づけてみたら、日高線仕様のキハ40でした。18時13分に着いて、4分後の18時17分発、様似行き。

 苫小牧から様似まで146.5キロ、襟裳岬に近い終着駅の様似駅には21時34分着。
 「今度は日高線の旅もいいかも・・・」とこの汽車を見送りました。
 北海道に詳しい友人いわく「様似に行って、同じように戻るのではなく、帯広行きのバスがある。その逆もある。小幌、それから苫小牧に行って、日高線に乗換えて様似というコースを組められるかも」。終点まで4時間だけど、日高本線も風光明媚な景色ばかり続きそう。

201310250005  苫小牧の改札を出て、みどりの窓口へ。
 若いお姉さんがいました。
 余市駅で作ってもらったときは指定席が取れなかったので、現時点の空席状況を調べてもらいました。

201310250006  「苫小牧からだと満席で確保できませんでしたが、登別からは確保できました。登別まで約20分は自由席になります」
 なるほど・・・何年前だったか忘れたけど、年末年始の帰省で乗る直前に東京から新山口まで全区間の指定席が取れずに、東京~新大阪、新大阪~新山口の2枚に分けて発券、途中で席替えという経験あり。自由席から指定席への差額を少しお支払い。函館から新青森まで調べてもらったら、すでに満席。残念。指定席はキャンセルや乗車変更などで、直前に空席が出ることもあるので、乗る前に窓口で1度チェックしてみるのも良さそう。

コメント

次に来る船は予想とおり28日かも

2013-10-25 22:44:49 | 青ヶ島

 
 台風27号の進路が、当初予想よりかなり南にそらしてしまいました。御蔵島・八丈島・青ヶ島を直撃するようなコースになっています。26日の朝まで東日本各地での大雨が予想されるとニュースで言っていました。十分ご留意されますように・・・。
 さて、還住丸の就航予想です。

 10月14日(月) × 欠航 台風26号の影響
 10月15日(火) × 欠航 かなり強く大型なので、次第に波が高くなる
 10月16日(水) × 欠航 三宝港は完全に海の中(波の高さ7メートル超え)
 10月17日(木) × 欠航 
 10月18日(金) ○ 就航 条件付きで就航(食糧なし)貨物船入港
 10月19日(土) × 欠航
 10月20日(日) 日曜運休 三宝港は穏やか
 10月21日(月) ○ 就航 条件付き 台風接近前のワンチャンス就航に成功
 10月22日(火) × 欠航 台風27号の影響
 10月23日(水) × 欠航 沖縄近海へ接近
 10月24日(木) × 欠航 向きを東寄りに変わる
 10月25日(金) × 欠航 伊豆諸島に接近(25日未明から朝にかけて)
 10月26日(土) × 欠航 
 10月27日(日) × 欠航 すでに27日まで欠航決定(村役場からのお知らせ)
―――(ここから予想)―――
 10月28日(月) ○ 就航 貨物船入港 2個の台風が消滅、爽やかな秋晴れ
 10月29日(火) ○ 就航 高気圧に覆われ、穏やか。日中の気温上がるかも知れない。
 10月30日(水) ○ 就航 その後、天気が崩れる気配見られず。もしかすると週末までパーフェクト就航かも。 
 10月31日(木) ○ 就航 
 11月 1日(金) ○ 就航 貨物船入港
 11月 2日(土) ○ 就航 

 還住丸の就航記録は2年前の2011年から手帳に書き込みを入れていましたが、青ヶ島のツイッターやブロガーがきちんと情報を提供してくれるようになったのは2013年からなので、このブログにも就航記録を乗せるようになりました。平成(1992)4年から20年以上も活躍している119トンの小さな還住丸はもう少しで世代交代。最後の最後まで就航記録を残し、見送りたいと思います。来年から山口県下関市の三菱重工業で製造された、新しい「あおがしま丸」は500トンクラスの大型船なので、就航率アップするかも知れません。(今のところ、新しい船の就航スケジュールは月・水・金・土の週4回。水曜日、青ヶ島から戻ってきたら東京へ貨物積んで八丈島。金曜日の定期便は貨物船を兼ねるそうです。詳しいことは公表されていませんので、あくまでも私の憶測です)

コメント

ずっと前から目星つけていた宿到着!

2013-10-25 00:12:06 | 2013沖縄&古宇利島
 

201310250010故郷の角島大橋を連想させるような、古宇利島大橋。山口県の角島はミレニアムの年、2000年11月3日開通。全長1780メートル。
 沖縄の古宇利島は角島より5年後の2005年2月8日開通。全長1960メートル。

201310250011  数年前、古宇利島一周をドライブして、きれいなマリンブルーに感動。
 古宇利島で泊まれるところはないかな~とネットで検索すると、口コミが5つ星に輝いている「KAYA RESORT 古宇利島」というペンションを発見!!
 今度の宿はここにしよう!とずっとあこがれ続け、やっと予約が取れました。
 玄関に着いても、なかなか宿の人は現れてきません。そこが呑気なうちなーんちゅ(沖縄人)。玄関や客室は駐車場に面し、2階。スタッフは1階にいるみたいなので、下に降りて見ました。聞こえる人だったら、「ごめんくださーい」という声に気づいてくれるはず。顔がまっ黒で坊主姿、ここのオーナーっぽい男性が出迎え。

201310250007 「ようこそ、よくいらっしゃいました~!!さっそくですが、お部屋はあちらになります」と案内されたお部屋は・・・全面ガラス張りの角部屋でした。眼下にマリンブルーの海が広がり、とても快適なお部屋なんですっ!!
 部屋に入ったときからエアコンは入っていましたが、猛烈な西日のせいか、暑いっ!!沖縄の温泉に入ってきたばかりなのに、汗が噴き出てしまいました。
201310250008
201310250009  
 ベランタからの眺め。
 離島とはいえとも、大橋で本島とつながっています。
 そこから見える風景は喧騒さもなく、ゆったりした気分をさせてくれます。まだまだ続きはあります。

コメント